« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008/02/29

2月29日

Ninniku 2月29日。今日は4年に一度しか無い日です。ニンニクの日だそうですが,4年に一度しかないんですね。
 また,29日のある年はオリンピックのある年でもあります。今年のオリンピックは,食品の問題,大気汚染の問題など,これまでに無い問題に対する対策を参加者に要求する大会でもあります。イギリスの女子マラソン選手,ラドクリフなどは,防毒マスクを装着して走る練習さえ行っているとか・・・。
 世界中の国々の人が訪れ,世界に注目されるオリンピック開催国は,その前後で劇的な変化がある場合がありますが,中国は変わったのでしょうか? 昨日の中国公安省による農薬入り餃子事件に対する記者会見,「捜査の結果,中国で混入した可能性は極めて低い」というコメントを聞くと,オリンピックを前に,隠して早く終結させようという意識ばかりが見えてきて,当惑するばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/28

えっ! バターが売り切れ?

Ok1_2_2

 カミさんから「ケーキを作るから,無塩バターを買って来い」と言いつけられました。ところが,カミさん指定の「カルピスバター」は売り切れ。
 ほんの少し前までは牛乳が余っていて,「牛乳を飲みましょう」キャンペーンをやっていたと思います。多分そのために生産調整をした結果なのでしょうが,今度は牛乳が足りなくなってバターが作れなくなったようです。全くなにやってんだか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/27

映画「アヒルと鴨のコインロッカー」

 以前このブログでで紹介した伊坂幸太郎著「アヒルと鴨のコインロッカー」が映画になって,この2月にDVD化されました。この映画は,原作を読んだときから見たいと思っていたものですが・・・というより,私の場合,映画の紹介番組を見て原作を読んだんです。さてこの映画,原作を読んだ者としてはやはり本と比べてしまって,正当な映画としての評価ができないんですね。
 原作では「種明かし」が本当にラスト近くにあって,その衝撃の余韻覚めやらぬ間にエンディングを迎えるのですが,映像ではそうはいきませんでした。種明しの後に前のエピソードが別の俳優で繰り返され,その分エンディング迄の時間を取ってしまいます。そして,原作では現在と2年前の河崎のエピソードが交互に語られるのに対して,映像では種明しの後に語られます。つまり,あの人を演じる「あの俳優」は種明しの後にしか登場しないのです。あの原作を映像化するとき,そんな構成となってしまうのは必然なのかもしれませんが,物語の印象というか,物語の「キレ」が,そのために大分変わってしまいました。
 濱田岳や瑛太達,俳優陣は頑張っているし,あの原作はこのようにしか映像化できないと思います。多分原作を読んで無い人が映画を初めて観たら,また別の感想を持つのだろうなと思います。
 瑛太など,初めて登場した時,NHK大河ドラマ「篤姫」でのイメージとずいぶんと異なり,さすが役者だと思いました。大河ドラマでは,今のところなんだか頼りない若者というイメージですが,後に薩摩藩家老となり,西郷隆盛や大久保利通等,下級武士でしかない彼らに対して藩上層部として明治維新へ繋がる行動へのお墨付きを与え,維新を支援して,鹿児島で銅像が立てられるような人物になっていく様を,確かに演じられるだろうなと思える演技でした。
 この映画,過去の部分が原作に比べて手薄に感じられました。それはやはり120分以内に収めなければならないという映画の宿命と,あのどんでん返しの存在のせいだろうと思います。やはりこの原作は,映像化に無理があったのだと思うんですが,原作を読んでいない人の評価も聞いてみたいと思います。
(あからさまに内容を紹介すると,原作を読んでおらずかつ映画も観ていないひとの楽しみを奪うことになるので,あいまいな表現になって,内容を知らない人にとって何の紹介にもなっていない文章になってしまいました。)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008/02/26

スーパーの冷凍食品売り場では・・・

 近所のスーパーの冷凍食品売り場。表示でいっぱいです。
 もうこれ以上,表示が増えないことを願います。

Ok2

 いくら問題製品は撤去したといっても,これだけの表示を見せられたら,買う気が失せてしまいます。
 でも安いんだよな~,冷凍食品は! ちなみに,下の表示は,問題が起こる以前からあったもので,以前から冷凍食品は安かったんです。冷凍食品は食卓の味方だったのに・・・。

Ok3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/25

映像業界はブルーレイを選択してよかったの?

Bulue_lay 東芝が2月19日に,次世代DVDであるHD-DVDから撤退すると発表しました。
 えらく思い切りのいい事で,買った人は,世界で100万台を売った責任をどうしてくれるのかと言いたい事でしょう。これも,昨今言われている事業の選択経営の一環でしょうか。一方,私も含めて「規格の勝ち負けが決まってから」と思っていた次世代DVD買い控え組は,よく早々に決断してくれたと思います。いわば,映画会社などの映像業界がブルーレイを支持した結果です。
 しかし,10年後にも,今回映像業界がブルーレイディスクを選んだ事が正解だったと思えるのかどうか,疑問だと思います。メモリーがどんどん大容量化,高密度化してますが,10年たたないうちに「家庭用の映像記録は半導体メモリーで」というのが常識になるような気がします。円盤が回るタイプのメモリーは,一般用途からは駆逐されてしまうのではないでしょうか? そもそも,ディスクを買ってきて,または借りてきて家庭のプレーヤーで見るという方法自体がなくなり,テレビに直結した光ネット回線からテレビに内蔵された,または専用のネット映像プレーヤーのメモリーにダウンロードして見るというスタイルになるのではないかとさえ思います。10年もたたないうちにディスクがなくなるのならば,現状ではたいした設備投資なしで,従来のDVD製造装置でディスクを製造できるHD-DVDを当面の次世代ディスクとするという方向は,映像業界にとって悪い選択ではなかったはずです。容量などでHD-DVDを上回るスペックを持つブルーレイディスクの方が,ちょっと見には華々しく,優れているように見えますが,さてそれが10年後を見据えた選択だったのかどうか,疑問が残ります。
 東芝はHD-DVD撤退と同じ日に,1兆円を超える費用で半導体メモリーの新工場を岩手県北上市と三重県四日市市に建設すると発表しましたが,ディスクにこれ以上投資せず半導体メモリーに投資するという動きは,ブルーレイディスクを選んだ映像業界に対して「本当にそれでよかったのかい?」と言っている様な気がします。
 冒頭に「えらく思い切りのいい事で」と書いたのですが,発表翌日から東芝の株価が高くなったのは,その思い切りのよさのせいでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/02/24

三浦和義氏,27年目の逮捕

Miura 何と懐かしいことか,三浦和義氏が再び脚光を浴び,ロサンゼルス市警に逮捕されました。
 1981年,ロサンゼルス市内で妻を殺害したのではないかという銃撃事件から27年後の逮捕です。その間,日本の法廷では,2003年に最高裁で上告棄却の決定があり,結局無罪となっています。しかしその後,銃撃事件の3カ月前に知人の女性に妻を襲わせて殺害しようとしたという「殴打事件」が発覚して,これに絡んだ殺人未遂罪で1998年10月,懲役6年の実刑判決が確定して服役しました。そんなことがあるものだから,三浦容疑者を今でも疑惑の目で見ている人が多い様ですが,今回の逮捕は,どんな新事実が出てきたというのでしょう。日本では15年で殺人事件も時効になってしまいますが,アメリカは殺人事件の時効がないそうです。そんな時効の無い国で事件を起こしてしまって,痛恨の涙を呑むことになるのかどうか,今回の逮捕を受けて,またワイドショーが賑わうことでしょう。
 しかし今回の逮捕から,日本でも殺人罪の時効のあり方についての議論になっていけばいいと思うんですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/23

工業地帯の夕焼け

Sunset 京浜工業地帯の夕焼けです。
 ゴミが水面に浮いている様に見えますが,これは水鳥です。工業地帯の海もきれいになり,魚が泳いでいるのが見えます。
(横浜市の岸壁から)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/22

生協商品ばかり・・・

 2月19日には中国の工場で製造された「ニラ海老(えび)焼きまん」から微量の有機リン系農薬成分「メタミドホス」を検出したとの発表があり,20日には「CO・OP 手作り餃子」1袋の包装材から,高濃度の有機リン系農薬成分「ジクロルボス」が検出された上,さらに同じ袋から有機リン系農薬成分の「パラチオン」と「パラチオンメチル」も検出されたと発表があり,同じ20日に「レンジDEロールソースかつ(アスパラ入り)」から、食品衛生法で定められた基準値を超える有機リン系農薬「ホレート」が検出されたと発表されました。
 ここ2~3日の間に発表された前述の中国加工冷凍食品は,全て生協が扱っていた商品だったということで,安全なCOOP商品のイメージが完全に覆ってしまいました。中国産食品それ自体もさることながら,生協の商品選択や検査方法にも問題があるようです。生協だから,販売している商品をここまで調べて農薬残留・混入を発表できたといえるのかな?

 ところで,20日の東アジア選手権男子サッカーの日本―中国戦のラフプレーや審判,観客の態度はひどかった。オリンピックを開催する国の試合とは思えないものでした。食品の問題,空気汚染の問題で,各国からオリンピックへの懸念が出ていますが(英国チームなど,ガスマスクを用意するとか),おまけに試合がこれでは・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/21

「頑張れば夢かなう」は幻想か?

Associe 著名な脚本家の山田太一氏が,「日経ビジネス アソシエ」という雑誌に「僕は一握りの成功者が『頑張れば夢はかなう』と言うのは傲慢だと思っています。多くの人が前向きに生きるには、可能性のよき断念こそ必要ではないでしょうか」と書いた記事が話題になっています。
 この記事について,ネット上で賛否両論があるようですが,私はバランスだと思いますよ。「頑張れば夢はかなう」というのは確かに幻想かもしれないが,「頑張らなければ夢はかなわない」のも事実だと思います。ただ程度問題であって,夢がかなわないと悟って,ある時にはあきらめるのも大切だとも思います。別の可能性を探すためにも,ある道はあきらめる事も重要でしょう。そこら辺の見極めが難しいんでしょうね。ある人は,もう少し努力すれば夢が実現できるのに,簡単にあきらめてしまって落ち込んでしまう。ある人は夢を追って,別の道で成功する機会を失してしまう・・・。
 でも,夢を追ってがんぱっている人というのは,傍で見ていて「かっこいい」と感じる事が多いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/20

谷原秋桜子「砂の城の殺人」

 先日このブログに書いた,「創元推理文庫の中で,今まで敬遠していた作品を読む」というシリーズを続けています。
 今回読了したのは,谷原秋桜子の3作品,「天使が開けた密室」「龍の館の秘密」,そして今回紹介する「砂の城の殺人」です。
 この3作とも,スペインで行方不明になった写真家の父を探すために,実入りはいいが奇妙なアルバイトに精を出している女子高生,倉西美波を主人公にしたライトノベル感覚の推理小説です。美波とその江戸前の友人の直海,大金持ちのお嬢さんのかのこの3人が活躍します。「砂の城の殺人」では,アルバイトで廃墟写真家の助手となった美波が行った先のぼろぼろの洋館で発見されたミイラ,次々起こる不可解な殺人事件・・・。直美が,かのこが推理しますが,結局その推理を修正して完全に解決するのは,美波の家の隣にすむ大学生,修矢でした。
 確かに高校生を主人公にしたライトノベルかもしれませんが,しっかり「本格推理小説」しています。ミイラが殺人を犯したと思えるような状況もあり,宙をまう状況もあり,本来ならば不可能興味が刺激されるところですが,いまひとつ背中がぞくぞくするところまではいきません。口の悪い名探偵,修矢をはじめとして登場人物が余り性格が良くないのが興ざめな感じです。江戸前の直海,周囲に気配りのできるお嬢様,かのこはいいのですが,泣き虫の主人公,美波が,私の好きなタイプではないということもあり,小説としてもう一つ乗り切れないという感覚もあります。しかし,さらっと読める「本格推理小説」として,このシリーズの新作が刊行されれば,おそらく読むことになるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/19

戸越公園へ散歩

Togoshi_park_2

 東京品川区の戸越公園は,もと熊本肥後藩,細川家の下屋敷だった所です。門や庭園などに武家屋敷らしい風情を残していますが,細川家当時の建物ではなく,その後に整備されたもののようですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/18

すかいらーくグループ,中国製食材の使用を再開

 以前このブログでも紹介したように,すかいらーくグループは,中国製餃子事件を受けて中国で加工した食品の使用を取りやめていましたが,残留農薬検査により安全が確認されたとして,このほど使用を再開するそうです。
 これまで73品の中国製食材の使用を取りやめていたものを,20品目余りは国産に変更,約50品は中国製の使用を再開するとの事。やはり中国製食材を使用せざるを得ないのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/17

富士山

Fuji

 出張で行った,静岡県庵原郡富士川町の道の駅「富士川楽座」からみた富士山です。
 日本海側は大雪で大変のようですが,太平洋側は晴天が続きます。寒波の襲来で寒いことは寒いですが,太陽が出てれば,体感温度は+10度だということです。
 富士山といえば休火山で,いずれ再度噴火する事は確実だそうです。火山は噴火のたびに形を変えますが,今私達は富士山の最も美しい形を,偶然見ているんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/16

アダムスキー型UFO?

 中野区哲学堂公園付近,新青梅街道を歩いていたら,左手建物の向こうに異様な古い建造物が顔を覗かせているのに気づきました。上の部分だけが見えて,なんだかアダムスキー型UFOのような形です。

Nogatahaisuitou1_2

 「あれは何だろう?」というので,横道にそれてそちらの方へ行ってみると・・・。

Nogatahaisuitou2

 この形は,古い配水塔に違いありません。近くに「水道タンク前」というバス停もあり,やはり配水塔に間違いないようです。さらに近寄ってみると,塔が立っている周りは「みずのとう公園」という小公園になっていました。
 ネットで調べたら,この塔は野方配水塔といって,多摩川の水を砧浄水場で取り入れて,鉄管で北東へ引っ張ってきている,その途中に設けるられた配水塔であることが分かりました。これと全く同じ姿かたちをした大谷口配水塔というのが,ここよりさらに北東へ行った先,板橋区にあったそうですが,2005年に老朽化のため取り壊されたとの事。ひょっとしたら,この野方配水塔も,近い将来取り壊されてしまうかもしれませんね。
 配水塔といえば,以前このブログでも駒沢配水塔を紹介したことがあります。駒沢の配水塔は,やはり多摩川の水を東京の水道水として利用するために,その水道鉄管上に設けられたものです。こちらの方は,砧浄水場より下流の砧下浄水場から取水しています。
 町を歩いていると,不意にニョキッと現れるこれら異形の塔には,何だかいつもドキッとさせられます。まあ,街の風景の中に現れた大きな怪物のような感じですね。野方配水塔の方はドームがある分,駒沢のものよりされに妖しさが増幅されているように感じます。

Nogatahaisuitou3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/02/15

たまごかけご飯食べ放題定食

Kamechi_2 タマゴかけご飯を売り物にするタマゴ料理専門店が,岡山県美咲町の中央運動公園内に開店したそうです。
 「食堂かめっち。」という店で,町や農協などによる第三セクターの経営だということですが,お昼時には行列ができるほどの人気だとか。卵とじ,オムレツ,だし巻きなどのタマゴ料理はサブメニューで,メインメニューは食べ放題の生卵とご飯,みそ汁,しょうゆ,漬物が付いて300円という「黄福(こうふく)定食」。これはつまり食べ放題のタマゴかけご飯です。
 私もタマゴかけご飯が大好きですが,2膳食べようとするといつもカミさんに止められます。卵の食べすぎだというのです。卵は高コレステロール食品で,コレステロール値を上げて動脈硬化の原因になるといわれてきました。コレステロールは食べ物から摂る以外に体内でも合成されます。そしてコレステロールを摂り過ぎた場合,体内で合成するコレステロールの量を調節して正常な状態を保とうとします。ところが,調節できる以上に高コレステロール食品を摂り過ぎると,動脈硬化や心疾患などの病気を引き起こしてしまうというわけです。うちのカミさんは,一日1個以上に卵を食べると,高コレステロール食品の摂り過ぎになると考えているようですが,実際はどうなのでしょうね。1日卵いくつ食べることが許されるのか? たしかに卵は,タマゴ料理で取るだけでなく,ケーキなどの菓子や多くの食品に含まれていて,知らず知らずのうちに食べてしまうということがありますが・・・。
 タマゴかけご飯の食べ放題があったら,私など3~4杯はいけると思われ,確かにコレステロールの心配をした方がいいかもしれません。

(写真は,岡山県美咲町のホームページより)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/14

オバマ候補,着々と大統領候補指名へ

White_house アメリカ大統領選の前段階である党内の候補指名争いで,オバマ候補がクリントン候補に対して7連勝し,選挙人数でも優位に立ちました。
 着々と大統領に近づいているオバマ候補ですが,もちろん大統領に選出されれば黒人初の大統領となります。黒人である事に対するアメリカ国民のアレルギーについて報道される事はありませんが,実際はどうなんでしょうね。
 かつて,ブッシュ政権の国務長官で,国民に絶大な人気のあったパウエル氏が,大統領に立候補する事を望まれながらそうしなかったのは,黒人が大統領になることに対するアメリカ国民のアレルギーを考えて,夫人が大反対したからだとも言われています。
 しかし,オバマ候補は黒人の父と白人の母をもち,白人家庭で育っています。その事がアレルギーを緩和すると思われます。オバマ氏のような生い立ちの人が大統領になれば,やがて純粋な黒人大統領誕生への布石にもなるように思います。
 しかし,日本にとっては,日本重視を言及しているクリントン候補の方が望ましいという話もあります。さらに,日本で会社社長をやっていた人がブレーンにいて,その人が重要な閣僚になる事が予想される共和党のマケイン候補が大統領になるのが一番好ましいといわれています。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/02/13

タイ産ほうれん草から殺虫剤成分検出

Spinach 中国産冷凍食品に続いて,タイ産ほうれん草から基準値を超える「クロルピリホス」という有機リン系殺虫剤が検出されたそうです。
 1月25日に東京港に入ったほうれん草で,国の残留農薬基準値,0.01ppmの8倍にあたる0.08ppmのクロルピリホスという農薬を検出したそうですが,この程度では人体への影響は低いとのこと。
 スーパーで売っているほうれん草などは,少なくともうちの近所のスーパーでは「茨城産」などの国内産だけです。外国産野菜というのは業務用なのでしょうね。報道によれば,このほうれん草は大学生協食堂などで使われていたということです。こうなってくると,国産表示のある素材を買って,自分で料理を作るしかないということですね。まあ私が子供の頃は,それがあたりまえであったのですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/12

2月11日(祭日)のKrispy Kremeドーナツ

Krispy211 2月11日月曜日の祭日,久しぶりに新宿サザンテラスのKrispy Kremeドーナツの前を通ったら,「45分待ち」となっていました。
 Krispy Kremeも,この新宿の他に,有楽町,川口に店ができて首都圏に3店舗となり,さすがにこの店も少しは空いてきたんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/11

また雪が積もった

Yukigeshiki 2月9日の夜から雪が降り出し,2月10日の朝8時ごろ起きたらすっかり雪景色。先日,2月3日に続いて,首都圏には雪が降り,3日程ではなかったものの,積雪がありました。
 最近,一冬に2回も積雪があると言うのは珍しいと思います。しかし,10日はよく晴れて,午後にはすっかり融けてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/10

昭和22年当時の,仙川の上流端

Sengawa4_2

 昨日,仙川の上流端についての記事をアップしましたが,そこでは,上流端からパイプ状の暗渠になり,さらに上流に続いていると書きました。その後,国土交通省の「国土変遷アーカイブ 空中写真閲覧システム」で昭和22年当時の空中写真を見る事ができました(同システムで,「東京学芸大学」と入力して出てきた空中写真,USA-R556-No1-7が仙川上流端を写したもの)。
 この写真を見ると,当時の仙川は,現在の上流端の看板付近からさらに西に続き,東京サレジオ学園を横断してさらにその西へ,少なくとも情報通信研究機構構内を突っ切って構内と道路との境界付近まで続いているように見えます。上の地図で青線が開渠となっている現在の仙川。その左端が「上流端の看板」の位置ですが,昭和22年の航空写真では,上流に向かってされに赤線のように続いているのです(ちょっと最上流部分は,木陰になっていて怪しいのですが・・・)。
 この場所へ行っても,現在は何も無いと思いますが,当時の本当の上流端には,湧水などがあったのでしょうか?

 ところで,仙川の上流部分は,実は昭和になって開削されたもので,自然の川としての水源は,新川の勝渕神社付近にあった丸池の湧水群だったといわれています。たくさんある丸池の湧水口,これを「千釜」と呼び,これが「仙川(せんがわ)」の語源になったという説があるそうです。丸池は一時全て埋め立てられたのですが,現在では池が復元されています。この池の水は仙川に流れていますが,もはや湧水では無いようです。

(地図は,国土地理院の地形図閲覧サービス「ウォッちず」より)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/09

仙川の源流?

 仙川は,東京世田谷区の二子玉川近くで国分寺から流れて来る野川と合流して多摩川に注ぐ川です。都市内河川としては大きな川で,小学生の頃世田谷に住んでいた私は,学校で「世田谷区を流れる川」として習い,また学生時代,この川から名前をとった京王線の「仙川駅」の近くでバイトをしていた事もあって,特に家の近くにあったわけでもないのに比較的馴染みの川です。
 先日,仕事でJR中央線の武蔵小金井駅近くに行った時,新小金井街道沿いに「仙川上流端」という看板を発見しました。「ここがあの仙川の源流か!」ということで,ちょっと感慨にふけってしまいました(笑)。下流の世田谷区では,都市内河川としては結構大きな川なのですが,「上流端」では小さなコンクリートに固められた川というより「溝」といった感じです。だいいち,水が全く流れていません。干からびているのです。

Sengawa1_2

 この上流端の看板から180度向きを替えて,新小金井街道の反対側を見ても,この川はありません(下の写真)。川の延長線上の位置に,住宅地の奥へ入っていく道があるだけです。だから確かにここが川の始まりらしいのです。

Sengawa2

 しかし,ネットで見つけた「仙川のほとりを歩く」というサイトの「1-2 暗渠入口と暗渠内部」というページを見ると,この「上流端」からさらに上流が暗渠となっていて,まだ仙川は存在しているようです。暗渠で,しかも太いパイプ状の流路で,地上にマンホールも無い形式なので,この暗渠をたどっていく事はできません。しかし,上述の,川の延長線上の「住宅地に入っていく道路」に暗渠が続いていると容易に想像できます。そしてこの道路は,しばらく行くと東京サレジオ学園にぶつかります。ネットで検索してみると,この学園内に池があり,そこが仙川の本当の源流という説もあるようです。どうもここら辺一帯は,その昔湧水地帯で,あちらこちらから水が湧き出ていて,それを集めた流れが仙川だったように思えます。
 下の写真はサレジオ学園の北西方にある「小平市立つつじ公園」という公園にある池ですが,この池などもひょっとしたら仙川の源流の一つだったのかもしれません。

Sengawa3_2

(写真をクリックすると拡大します)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/02/08

節分の恵方巻

Ehomaki もう節分は過ぎてしまいましたが,節分に食べる恵方巻。その年の最も良いといわれる方角を向いて,太巻きを一本丸ごと食べる風習です。そもそも関西の風習らしいですが,関東地方でもここ数年,節分前にコンビニで恵方巻のポスターをよく見かけます。今年の節分には,クリスマスケーキのように,コンビニ前で恵方巻の特別販売を行っていました。
 しかし,この太巻を丸ごとかじるというのが,どうもなんだかダサい。粋に見えなくて私は好きではありません。私の友人に大阪出身者がいますが,恵方巻を食べたことが無いといっていました。関西人でも,そういう方もいるんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/07

餃子問題,国内の対応もお粗末

Supermarket JTフーズが扱った冷凍餃子など,中国天洋食品製冷凍食品は,昨年4月以来,11件のクレームがJTフーズに届いていたことが分かりました。同社製冷凍食品各種にわたっている事もあって,JTフーズでは個々の製品の問題と考え,検査,ましてや回収などを行いませんでした。
 各種にわたっているといっても,11件のうちの4件は「ひとくち餃子」,4件は「手作り餃子」に関するもので,これを個々の製品の問題だと考えたのは,「事なかれ主義に流された」といわれても仕方ないように感じます。以前専売公社として,電電公社,国鉄と共に「三公社」と呼ばれた国営公共企業体の一つであったJTの関連会社として,役人体質が色濃く残っているのかとさえ思ってしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/06

へぎ蕎麦

Hegisoba

 写真は,新潟県魚沼地方の名物,「へぎ蕎麦」です。「へぎ」とは,剥ぎ板で作った四角い器のことで,蕎麦は布海苔をつなぎに使用しているのが特徴です。
 最近,東京でもあちらこちらで見かけます。写真のそばは,東京湯島の蕎麦屋さんのもの。以前新潟県十日町で食べたへぎ蕎麦は,腰が強くておいしかったのですが,ここのものはもう一つ腰が強くありません。その分,布海苔のねっとり感が強調されているようでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/05

国産でも,餃子が売れない

Gyoza 中国産餃子の農薬汚染に端を発し,中国産,日本産にかかわらず,スーパーでの餃子の販売は30%減だそうです。うちのカミさんによると,某デパートの人気餃子店では,いつも夕方にはほとんど売り切れているのに,昨日などは山のように残っていたそうです。その餃子店は,その場で製造販売しているにもかかわらず,餃子を買うという行為に対して抵抗があるというのがここ数日の傾向のようです。
 餃子の売り上げ減に対して,餃子の皮の売り上げは20%増だそうで,餃子はすっかり家庭で自作するものになっているんですね。ついでに,ニラの売り上げも増えているそうです。しかし国産でも,ニラにはかなり防腐剤などの薬品処理がなされていると思いますよ。カミさんの実家から,義母上(ははうえ)が庭で作っているニラを送ってくるのですが,冷蔵庫に入れても,数日でベロベロになってしまいます。ところが,買ったニラは1週間以上たってもそのようにはなりません。ニラに限らないことだと思いますが,野菜類の薬品処理というのは,日本でも結構行われているのではないかと思います。まあ薬品も基準値以下ではあるんでしょうが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/04

雪の首都圏

Snow_2

 2月3日の東京地方は早朝から雪。
 雪が積もっている光景を見るのは,少なくとも私にとってはこの冬初めてです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/03

東京芝,増上寺の準備

Zojoji

 昨日,1月2日の東京芝増上寺。浄土宗大本山で徳川将軍家の菩提寺である寺院です。
 紅白の垂れ幕で飾られているのは,本日の節分の準備。本堂前に舞台が設えられ,そこから豆を撒くんですね。後方には,東京タワーがそびえています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/02

さらに広がる中国産冷凍食品被害

Bamiyan 中国製冷凍食品を食べて不具合を訴えた人が,一説によると一千人を超えているそうです。同一の冷凍食品でも,農薬を検出したものとしないものがあるらしく,また包装に小さな穴が開いていて毒物を後から注入した事を疑える製品もあるとの事で,事件はさらに不気味な様相を呈してきました。しかし,生協が問題の餃子を取り扱う際に検査した時,基準値を下回る程度であったが農薬「メタミドホス」を検出していたという話もあり,やはり材料の何かにそもそも付着していた事を疑える事実もあります。
 すかいらーくグループや居酒屋の和民は,いち早く中国加工品の排除を決めました。写真はすかいらーくグループの中華ファミレス「バーミヤン」の入り口に貼ってあった表示です。中国加工品を排除したために,いくつかのメニューが提供できなくなった事を示すものです。
(写真をクリックすると拡大します)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/02/01

Co-opの冷凍餃子で食中毒

Gyoza 生協で購入した中国産冷凍餃子を食べて,千葉県市川市で親子5人,同じ千葉県千葉市で親子2人,別の餃子製品を食べて兵庫県高砂市の親子3人が食中毒になっていたことが分かりましたが,一昨日,昨日と,大きく報道された後,同様の嘔吐,下痢の症状を訴えた人が続々と現れ,一説によると400人を超えているということです。餃子は千葉県の物が「CO-OP冷凍食品 手作り餃子」という製品で,兵庫県のものが「手包みひとくち餃子」という製品。いずれも東京都品川区のジェイティフーズが中国から輸入したものだとの事。いずれの餃子かも「メタミドホス」という有機リン系の農薬が見つかっています。
 生協で販売されている製品は,普通のスーパーで売られている商品よりも安全という認識が私にはあったんですがね・・・。それにしても,また中国製か・・・。
 北京五輪に出場する欧米のチームは,中国に近く,設備の整った日本で事前調整するチームが多く,ヨーロッパの某国チームなどは試合直前まで日本に居るということですが,それには食材への不安があるからといいます。特にドーピングを疑われる薬物が食品に入っていることを恐れているらしいですが,中国当局も国の威信をかけて,問題に取り組んで欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »