« 谷原秋桜子「砂の城の殺人」 | トップページ | 生協商品ばかり・・・ »

2008/02/21

「頑張れば夢かなう」は幻想か?

Associe 著名な脚本家の山田太一氏が,「日経ビジネス アソシエ」という雑誌に「僕は一握りの成功者が『頑張れば夢はかなう』と言うのは傲慢だと思っています。多くの人が前向きに生きるには、可能性のよき断念こそ必要ではないでしょうか」と書いた記事が話題になっています。
 この記事について,ネット上で賛否両論があるようですが,私はバランスだと思いますよ。「頑張れば夢はかなう」というのは確かに幻想かもしれないが,「頑張らなければ夢はかなわない」のも事実だと思います。ただ程度問題であって,夢がかなわないと悟って,ある時にはあきらめるのも大切だとも思います。別の可能性を探すためにも,ある道はあきらめる事も重要でしょう。そこら辺の見極めが難しいんでしょうね。ある人は,もう少し努力すれば夢が実現できるのに,簡単にあきらめてしまって落ち込んでしまう。ある人は夢を追って,別の道で成功する機会を失してしまう・・・。
 でも,夢を追ってがんぱっている人というのは,傍で見ていて「かっこいい」と感じる事が多いですね。

|

« 谷原秋桜子「砂の城の殺人」 | トップページ | 生協商品ばかり・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1297/40199679

この記事へのトラックバック一覧です: 「頑張れば夢かなう」は幻想か?:

« 谷原秋桜子「砂の城の殺人」 | トップページ | 生協商品ばかり・・・ »