« 今度は,大塚家具店へ | トップページ | バブルでない証拠---地価動向リポート »

2008/05/30

サマータイムは何故失敗したの?

 サマータイム。夏の間に1時間だけ時間を進めるものです。5月26日に,福田首相は「特に環境の問題があり,私もサマータイムをやってもいいのではないかと思っている」と語り,サマータイム制導入に前向きのようです。
 このサマータイム,戦後の一時期,GHQの命令で実施された事があったものの,日本の実態にそぐわないとして4年程度で廃止になった制度です。結構前から,サマータイム制導入は日中の明るい時間を有効活用してエネルギー消費量を抑えるのに有効だという話があり,導入を推進する超党派の議員連盟ができたりしている割には,戦後のサマータイム制がなぜ失敗したのかという詳細な解説,分析を新聞やテレビで見たことはありません。
 サマータイム制は,時間に関係するコンピュータシステムなどの改修も必要になり,ただ宣言すれば実行できるというものでもありませんし,またちょっとやってみようなどという代物でもありません。結構社会的にはお金もかかり,また国民の生活も混乱すると思います。そんな一大事を決定するには,まず過去の失敗を検証するところから始めるべきだと思います。

|

« 今度は,大塚家具店へ | トップページ | バブルでない証拠---地価動向リポート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1297/41357460

この記事へのトラックバック一覧です: サマータイムは何故失敗したの?:

» サマータイム制、早くも、不具合!!! [義によりて勇を馳せる、保守派へ]
サマータイムは健康に悪影響」睡眠学会が導入反対声明 6月5日20時25分配信 読売新聞 超党派の議員連盟が2010年の導入を目指す、サマータイム制度について、日本睡眠学会は5日、「体のリズムを乱して睡眠に影響を与え、健康を損なう」として反対の声明を発表した。 サマータイムは、夏季に時計を1時間進める制度。欧米各国で実施されている。同学会の特別委員会(委員長=本間研一・北海道大教授)は、これら先行実施の国での調査や研究文献をもとに、 夏時間への移行後、最長で2週間程度、睡眠時間が短くなり、眠りの質が下... [続きを読む]

受信: 2008/06/06 01:11

« 今度は,大塚家具店へ | トップページ | バブルでない証拠---地価動向リポート »