« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008/06/30

Krispy Kream Doughnuts,渋谷へ進出

Krispy_shibuya このブログでしつこく何回も紹介したKrispy Kream Doughnutsの渋谷店ができました。
 渋谷店は,映画館の渋東シネタワービルの1階です。6月29日の日曜日,Krispy Kream Doughnuts名物の待ち時間看板は「20分待ち」という表示でしたが,並んだら比較的すぐ店に入れました。
 オリジナルグレーズドの12個入りセット(12個で10個分の値段というお徳用セット)を買って帰ったら,早速カミさんは連続2個をペロリ。この甘い甘いドーナツを,よく2個も続けて食べられるものだと思います。

(写真は渋谷店の店内)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/29

米による,北朝鮮テロ支援国家解除

 アメリカによる北朝鮮に対するテロ支援国家解除の方向に,日本の拉致犠牲者救出の上から懸念を持つ人が増えています。
 ただ,拉致問題も北朝鮮問題も,今のままで手詰まりとなっている事は確かで,何か環境を替えて様子を見ることも必要な段階になっていることも事実だと思います。今回の北朝鮮に対する米の融和方針,北朝鮮を国際社会に引っ張り出し,普通の国にする試みの第一歩であると思いますが,吉と出るのか凶と出るのか,したたかな北朝鮮相手ですから,どっちに転ぶのかはわかりません。
 しかし今回の成り行きを考えると,「核」というのは,「持ち得」だということを示しているように感じ,それが将来に禍根を残すように思えてなりません。それを考えると,アメリカはやはり事を逸りすぎたのではないかという気がしてきます。「核」がなければ,北朝鮮はイラクと同じ境遇の,イラク以上のただの最貧国です。おそらく,イラクのように,米にとって爆撃の対象国であったことでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/28

悪質なうなぎ産地偽装,発覚

Kabayaki 大量に売れ残っていた中国産うなぎを,愛知県一色産として販売した大阪市の水産会社「魚秀」と神戸市の販売会社「神港魚類」に対して,農林水産庁がJAS法に基づいて改善を指示,魚秀の本社機能がある徳島県警が社長を任意取調べを行ったという事件,これはひどい事件ですね。実在しない愛知県岡崎市の架空会社を製造者としたり,産地証明書を偽装したり,口封じのための金のやり取りもあって,ここまでいくときわめて悪質な詐欺事件です。
 そもそも,うなぎについては過去にも産地偽装があり(今回は被害者のような存在である一色うなぎ漁協も,台湾産のうなぎに一色産のラベルを付けて販売していた事が今月中旬発覚している),また外国産のうなぎをほんの少しの期間日本で育てれば日本産になってしまうという話も聞いており,ほとんど産地表示を信用していません。それでなんとなく蒲焼を見る目が疑惑の眼(まなこ)になってしまい,好きであるにもかかわらずここのところ食べたいという気持ちも萎えてきていましたが,そこへ来てこの事件です。完全にうなぎ不信になってしまいました。
 今回の事件,関係した水産会社に対して農水省は改善指示を出しただけのようですが,警察の捜査で,いったいどのような罪になるのでしょうか? このような悪質な事件で,改善指示だけで済んでしまうのであれば,とんでもない事です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/27

IWC,反捕鯨団体の過激な工作を非難

Hogei_stamp 6月25日に開かれたIWC,国際捕鯨委員会総会で,日本はシー・シェパードなどの反捕鯨団体による過激な調査捕鯨妨害工作に懸念を示して,「総会として妨害工作は許さないという姿勢を示してほしい」と要望しましたが,反捕鯨国のオーストラリアからも「抗議のエスカレートに懸念を覚える。寄港国として警察当局が捜査する」と述べ,米国も「日本に同意する。意見は平和的に表明すべきだ」との意見を表明しました。
 実際,シー・シェパードやグリーンピースなどの団体の過激化,反社会化が目立っています。シー・シェパードによる調査捕鯨船への薬品入りの瓶の投げつけや,グリーンピースによる最近の鯨肉窃盗事件など,社会的なバランスを欠いた行為で,「オタク」という言葉を連想させます。オタクに止まっているのならばいいのですが,さらに「タリバン」などという狂信的テロ集団を連想してしまいます。社会的なバランス感覚の欠如は危険です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/26

NHKスペシャル,マネーの暴走が止まらない」

 6月23日のNHKスペシャルで,アメリカのサブプライム問題を取り上げ,そのローンがどのように生まれたか,どんな問題があったか,誕生から崩壊まで,借り手と貸し手はどのように動いたかなど,分かりやすくレポートしていました。
 世界にあり余る巨額のマネーが,怒涛のように(番組では龍のCG映像として表されていましたが)この金融商品に押し寄せ,いったん住宅の値段が下がってバルブが弾ける事を予感すると,サッと別の獲物,石油や穀物に向かっていく・・・。その恐ろしさ,強大さがよく表現されていました。その巨額のマネー,自分には関係ないマネーだと思っていたらそうでもなく,健康保険組合の掛け金などがその一端を担っているわけです。これまで,金をふんだんに持っている金持による,けしからんマネーゲームの結果だというイメージで捉えていたサブプライムローン問題も,石油や穀物の値上がりも,なんだか急に身近に感じられるようになってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/06/25

今度はディズニーランドで客を刺し殺してくると携帯サイトに予告

 先日,大阪府の橋下知事を殺すとネット掲示板に書き込んだ男が逮捕されたと思ったら,今度は「ディズニーランドで客を刺し殺してくる」と携帯サイトに書き込んだ19歳の男が逮捕されました。
 秋葉原事件以来,連日のようにネット上にこのような書き込みが行われ,そのたびに逮捕者を出しています。このような書き込みを行えば逮捕される事が分かっているのに書き込みが後を絶たない。どうしてなんでしょうね。キーを打って,最後のエンターキーを押す事が余りにも簡単な事だからでしょうか? 多くは実行する気のない愉快犯ですが,逮捕されるリスクを犯してまでこのような書き込みを行う事が,そんなに面白い事なのでしょうか? そんな事を面白がっているというのも,なんだか寂しい人生です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/24

こんどは飛騨牛で偽装

Hidagyu_2 今度は飛騨牛の偽装が発覚です。岐阜県の食肉卸小売業「丸明」が,飛騨牛とはいえない格下の牛肉を飛騨牛と偽って販売していたものです。
 丸明の社長が,それを「従業員がラベルを張り間違えたか偽装した。自分は関与してない。」と言った事から従業員が反発,社長はしぶしぶ自分の指示であったことを認めたとの事です。以前のミートホープといい比内鶏といい,肉屋の社長というのは,誰もかれも往生際が悪いのは何故でしょうね。
 このようなブランドの偽装は,その会社の商品のみならずブランドの価値を低下させるのは言うまでもなく,多くの人の努力によって築いてきたブランドを貶める行為で,どうもこれらの社長はブランドを大事にしようという気がさらさら無い人たちだという事です。ブランドに乗っかって商売ができればいいのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/06/23

副都心線渋谷駅は,地下迷宮?

Shibuya1 先日紹介した地下鉄副都心線。その渋谷駅は地下5階の深さにあります。この渋谷駅が,まるでダンジョンのようだと評判になっています。
 そもそも渋谷駅は,昔から分かりにくい駅でした。JR山手線,東急東横線,同田園都市線,京王井の頭線,地下鉄銀座線の各線が,全て異なった階にホームを持ち,しかも各線は東西方向と南北方向に線路が走っていて同じ方向を向いていない。だいたい地下鉄が,各線のうち最も高い地上階から発車するのが,知らない人には信じられない・・・。各線の線路が十文字に交差しているため,駅前広場も4箇所あって,バスの乗り場も4箇所に分かれている。電車を降りて目的地に行着付けるかどうかは,4つの広場のどれに出るかにかかっている・・・。そんな渋谷駅に副都心線が加わったわけです。
Shibuya2 左の図は東京メトロのHPにあった渋谷駅の図です(クリックすると拡大します)。東京メトロ線だけの図で,副都心線,半蔵門線,銀座線だけを扱った図ですが,それだけでもこの複雑さ。地下5階の副都心線から地上3階の地下鉄銀座線まで8階層に分かれ,十文字に交差し,階段,エレベータ,エスカレータがいたるところにあって,初めての人はこの図を見てもどうしたらいいのか分からないでしょう。私はといえば渋谷駅を利用してうん十年,その渋谷駅に副都心線が加わっても何とかわかります。
 ところで,副都心線渋谷駅は,著名な建築家,安藤忠雄氏が構想を手がけ,「地宙船」といわれる楕円球型の構造をしていますが,地下にあって全体像が見えにくく,あまり乗降ではその特異な形状が認識できないのが残念です。駅の模型やポスターが飾ってありますが,それでしか「地宙船」というコンセプトは実感できません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/22

小江戸,川越散歩

Kawagoe 昨日の土曜日,前日の天気予報では雨でしたが,傘をさして歩く事を覚悟して,川越に行ってきました。
 渋谷から,副都心線と東武東上線を使って川越市まで行って,そこから15分ほど歩いて蔵の街へ。小江戸と呼ばれる川越の街の昔の情緒を最もよく残している地域です。そのメインストリートは,頭上の電線が取り払われ,スッキリした町並みとなっています。蔵造りの家々の瓦屋根,そのてっぺんの冠振やのし,それにその両端の鬼瓦が思いのほか大きく立派でした。
 その蔵の街のメインストリートから少し入ったところにある「時の鐘」は,高いやぐらの上に寺にあるような鐘を吊ったもので,川越のシンボルのようになっています。観光案内などの写真ではよく見かけますが,これも思っていたよりずっと大きなものでした。午後3時,この時の鐘が鳴って時刻を知らせました。
 本当は喜多院や東照宮など,重要文化財に指定されている寺社のあるゾーンも回って見たかったのですが,蔵造りゾーンで時間をとられて今回は回る事ができませんでした。
 帰りは本川越駅から西武線の特急で帰ってきました。行きの副都心線は今日も遅れており,新宿三丁目で長く停まっていたり,和光市での乗り換えの待ち時間が長かったりして時間がかかりました。しかし帰りは西武線の特急で40分程で新宿に着きました。410円の特急料金がかかりますが,座席指定制で必ず座れるし,停車駅が少なくて乗降のざわざわ感もなく,散歩の後の居眠りにはもってこいの列車で快適でした。
 結局雨は降りそうで降らず,家に帰ってきてから降り出しました。

(写真は蔵造りの街並みと「時の鐘」)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/21

平城遷都1300年祭キャラクター「なーむくん」登場

Nara 平城遷都1300年キャラクターとして,このブログでも「せんとくん」「まんとくん」を紹介しましたが,今度は「なーむくん」というのが現れました。
 「南都二六会」という,奈良市周辺の19寺でつくる親睦団体が作ったものです。キャラクターは子供の聖徳太子だそうで,そのポーズを見て「なーむくん」の名を聞けば,南無阿弥陀仏からとった名だとすぐ分かります。
 これまでの3キャラクターを比べると,「まんとくん」と「なーむくん」は1300年の重みを背負うにはちょっと軽く,私はやはり「せんとくん」がいい。しかし,以前も言ったとおり,頭の角がなければね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/20

東シナ海ガス田,日中共同開発に合意

 東シナ海の日中中間線付近のガス田の共同開発について,日中双方が合意しました。
 まさかの中国政府の態度変化でしたが,四川地震への日本チームの派遣で,中国国内で日本の評判が比較的いい時期をみて,中国政府は大急ぎで合意したという感じがします。人口が多いだけに国民の圧力というのも日本とは比べ物にならないようで,中国政府も国内世論の動向には神経を尖らせているようです。政府・共産党の言う事は絶対という過去が嘘のようで,今回の合意に対して,ネットでは過激な反対意見が書き込まれ,政府が躍起になってそれを削除しているという状況です。
 今回の事を見ると,中国も政府ベースでは日中間のわだかまりを何とかしたいと思っているのだなと感じます。それを,大きなマスである国民が阻んでいるという構図が見えてきました。インターネットがある世の中だけに,世論のコントロールに苦労している政府の姿が見えてきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/19

プリンタのインク

Ink 今,パソコンからの印刷に使っているプリンタはCanonのものですが,インクは純正品ではありません。同じようなパッケージだったので純正品だと思って買ってきたのが,そうではなかったのです。確かに安かったのですが,4色セットになったパッケージ品のためだろうと思っていたのです。でもそのインクで印刷して見ると,特に純正品と変わったところはありません。色合いも純正品と同じようにきれいだし,乾きが悪いわけでもありません。
 しかしこのインクで印刷した写真,写真立に入れて机の上に飾っておいたら,やたら色あせするのです。特に直射日光が当たる場所ではありません。隣に同じように飾っている,それよりも1年は古いCanon純正インクで印刷した写真が,全く色あせているように見えないのに比べると,その色あせの速さに驚きました。
 最近このインクがなくなる時期のようで,印刷しようとすると黄色が少なくなったというコメントが出るようになりました。今度は迷うことなく純正品を買います。特に長くとっておく写真などは,純正インクに限るといってよいでしょう。ただ,純正以外のインクでも,メーカーによってその特性は様々なようで,友人が会社で使っているインクは乾きが悪いというし,別の知人が使っているインクは色合いが純正品に比べて薄いというし,私が使ったものは色あせが早いものだったわけです。そのインクの特性を理解すれば,それでもいいという用途はあるのでしょうが,まあ純正品というのは,高いだけあるということですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/18

Speedo社の水着とカミさんの下着の共通点

 日本水泳連盟が解禁したというSpeedo社の水着は,体を締め付けて水泳に理想的な体形を強制的に作ってしまうというタイプの水着らしいですが,カミさんが以前から着ている下着が,まさに同じようなタイプのものです。
 体を締め付けてメタボ気味の腹部やたれ気味の臀部を理想的な形に整形するという下着なのです。Speedo社の水着を着るのに30分位かかるといいますが,カミさんの下着も着るのに時間がかかります。出先でトイレなどに入ろうものなら,ずいぶん待たされます。
 みんな苦労しているんだなあ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/17

日朝外務省実務者公式協議

 6月11日,12日に北京で行われた日朝外務省実務者公式協議。北朝鮮側が日本人拉致問題の再調査を約束し,されに日航機「よど号」ハイジャック事件関係者の日本への引き渡しに向けて調整することになりました。
 拉致被害者家族会は,今回の会談結果と北朝鮮に対する一部の制裁解除について,「全く満足していない」といっています。気持ちは分かりますが,北朝鮮のこれまでの「拉致問題は解決済み」というかたくなな態度から一歩進んだことは事実だと思いますし,現在北朝鮮ができる最大の譲歩であると思います。関係者に対する多少の感謝くらいは表明してしかるべきだったと思います。
 ただし,「拉致問題の進展がないまま北朝鮮のテロ支援国家指定を解除しない」とした米国に対して,支援国家指定解除を狙っただけの北朝鮮の態度変化であることは明らかで,「再調査」の結果がでるまでは余り喜んでいられない事も事実です。家族会が苦言を呈さなければ,苦言を言える人がいないだろうなとも思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/16

後期高齢者医療制度の事

 高期高齢者医療制度。テレビや新聞でも毎日のように報道され,首相の問責決議の原因の一つとされています。
 「毎日報道されているのに」というべきか「毎日報道されているから」というべきか,なんだか味噌も糞も一緒くたに報道されて,何がなんだかわからなくなりつつあるというのが正直なところです。ここで少し頭の中を整理する必要があります。
 後期高齢者医療制度改革は,要するに,老人が増える中で,医療費も年々膨れ上がり,その医療費の保険負担分の見直しをしようということで,公費,若年層,高齢者の各負担割合を変更していこうというものです。2008年4月1日から適用が始まった現在の制度では,旧制度に対して若年層も高齢者も負担が増えて,公費負担が減ったという割合になっています。公費負担とはいっても,公費はもともとは税金で,払うのは若年層であり高齢者であるのですから,それが減るのがけしからんという事にはならなりません(減った分が何に使われるのか明らかにして欲しいということはありますがね)。
 若年層の負担が旧制度では青天井であったのが,一定の限度が決められたのは良かったと思います。一方,高齢者の負担が増えたわけですが,それが裕福な高齢者の負担が増え,低所得者の負担は減るといわれていたのが,そうなっていないという事があり,「だまされた」という感は強いです。この一点だけでも,今回の制度を見直す必要があるといえます。これまで公表されたとおりの運用になっていないのですから。
 6月13日に,年金からの第二回目の保険料天引きがあり,テレビニュースではそれがけしからんというおきまりのインタビューが流れていましたが,自分で支払うという面倒なことをしたい人がいるというのが私には不思議です(まあ気持ちはわからないではありませんが)。支払い方式の徴収には事務費もかかるし,内容さえ納得できれば天引きで結構です。このような味噌も糞も一緒くたに報道されるからわかりにくくなるのです。
 野党の後期高齢者医療制度廃止法案が6月6日に参院で可決されました。結局野党は現行制度を廃止して以前の制度に戻した後今後の保険制度を考え,国民のコンセンサスをとっていこうということ,それに対して与党は,現行の制度を継続しながら今度の保険制度を考え,国民のコンセンサスをとっていこうということであって,今後制度を考えていこうということでは一致しています。今後の制度の検討を,現行制度の下で行うのか,旧制度の下で行うのかが違うだけです。それを重大な相違点のように言い募る野党というのも,なんだかなあと思います。しかし,若年者も低所得の高齢者も負担が増える現行案は元に戻した上で,今後の事を考えていくという野党案の方が,筋だとは思います。
 ところで,後期高齢者問題もその一端を担っている野党の首相問責決議。これもどうかと思います。多数を頼んで参院で問責決議を可決して総選挙を迫る。しかも,当日,福田首相と小沢代表の党首会談がセットされていたのを反故にして問責決議を出す。党首会談で国民に双方の意見を明らかにする機会を奪って問責決議を出したわけで,多数を頼んで自分達の意見を押し通そうというのは,野党も与党も同じ穴の狢だということです。民主党が政権をとっても,そのやり方は現与党と何ら変わらないと思わせるに十分な行動でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/15

東京メトロ「副都心線」開通

Shibuya_2 東京メトロ副都心線が,6月14日,開通しました。渋谷-新宿-池袋という3副都心を結び,西武池袋線,東武東上線を新宿,渋谷に直通させる地下鉄です。
 写真は開通当日の渋谷駅の光景です。副都心線渋谷駅は東急の管理駅。東急の駅員が副都心線に乗り入れた西武の車両(急行「飯能」行き)を見送っています。しかし,今のところ東急の車両がこの駅にやって来る事はありません。東横線代官山‐渋谷間の地下化が完成する4年後までおあずけです。その昔,西武と東急は何かとライバル関係にあり,渋谷への西武百貨店の進出や伊豆東海岸の鉄道敷設(現在の伊豆急行線)での対立などがありましたが,そんな昔,西武の車両を東急の職員が見送る事になろうとは考えられませんでした。
 開通初日,副都心線は混雑で遅れが出ていました。その遅れが,西武線,東武線内にまで持ち込まれ,両線も遅れていました。各線の案内では確かに「副都心線内の混雑のため」といっていましたが,ホーム扉の関係で停止位置の修正のためのバックも頻発していて,そのせいで遅れが拡大したのかもしれません。本当に停止位置の修正は頻発しているようなのです。私の乗った3本の列車全部が,どこかの駅で停止位置の修正を行いました。知人の乗った別の列車も修正を行ったと言っていたし・・・。副都心線の列車は,自動的に停止位置に停車する装置が付いているのではないかと思いますが,その調整不足とかあるのでしょうか?

<副都心線渋谷駅,新宿方にある引き上げ線(右奥の線路)>
 その線路は,奥の方でコンクリに埋め込まれており,路面電車の線路のようになっています。

Fukutoshin_sen1

<駅名板>
 東急の車両は全く来ないにもかかわらず,東急式の渋谷駅名板と,新宿三丁目の東京メトロ式駅名板。

Fukutoshin_sen2

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2008/06/14

秋葉原無差別殺傷事件の身勝手な犯人

 6月8日に起こった秋葉原の無差別殺傷事件。逮捕後の犯人の供述がわかってくるにつけ,何と身勝手な人なんだろうと思います。今回の犯行動機を,職場に,両親に,ブログの書き込みに,社会になすり付け,今回の犯行はこれらのせいだと自分を正当化しようとする。なるほど,これでは社会に受け入れられないだろうなと思います。
 さらに,最近の若い立場が不安定な労働者やフリーターやニートなどの社会的閉塞感の持ち主とアキバ系文化の支持者がつながり,今回のような事件がまず秋葉原で起こったという事になんだか納得してしまうのが悲しいです。
 言いにくいことで,誰も言いませんが,犯人の両親の責任は大きいと思います。私も娘の父として,痛切にそう思います。これまで,犯人の気持ちに気付いていなかったんでしょうか?どのように息子を見守ってきたのでしょうか? 自分の気持ちを他人に相談できなかった犯人。親にさえ相談できなかった,そんな親子関係であっただけでも親には責任があります(私も親として自責を含めてそう思います)。
 社会的閉塞感の元凶の一つに「格差社会化」の進展があるように思います。このままだと,「格差社会化」はどんどん進んでいくと思いますが,そこから来る閉塞感というのも今後どんどん進んでいくのか,あるいは現在は過渡期であって,やがて「あきらめ」を伴って飽和してどこかに落ち着いていくのか,私にはわかりません。
 このような事件は昔にもなかったわけではありません。横溝正史の「八つ墓村」の冒頭に描かれた津山30人殺傷事件は,直接の原因が女性関係にあったとはいえ,22歳だった犯人の社会的な疎外感がその背景にあったといわれています。今回の事件は,その現代版といえない事もなく,昔は稀にしか起こらないタイプの事件であったのに,現在ではいつでも起こりうる事件だと感じられるのが恐ろしいです。
 昔と違い,ネットの存在がこのような犯行を抑止できなくしているという事は,確かにありえると思います。もしネットが無かったら,あのような長期間,自分の気持ちをネットに書き込む事もなく,他人に肉声で伝えるしかなく,あるいは誰かに肉声で伝えていて,それが抑止力になるということもあったかもしれません。実際今回の犯人は同僚などにその気持ちの一端を話しているようですが,もしネットがなかったら,もう少し他人にその気持ちをネットではなく他人に話していたかもしれません。それにこのようなサイトでは,自分の不幸自慢になりやすく,どんどんそのような中にはまって不幸だと思う気持ちが深化してしまうということもあるかもしれません。だからといって,一部の者のためにネットがなくなっていいというものではありませんが。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008/06/13

iPhoneはソフトバンクから

Iphone アメリカで大ヒットしているアップルのiPhone。ソフトバンクから2008年度中にも発売されることがきまったようですね。
 この携帯電話,確かにいじってみたい気がしますが,操作性はどうなんでしょう。さわったことがないのにこんな事を言うのも何ですが,タッチスクリーン操作というのは,ビジュアル的に華々しくできる割には実際の操作性はそれほどでもない場合が多いように感じます。現在携帯は,通話用というよりメール用としての役割が大きいと思いますが,片手にかばんを持ちながら,またはつり革につかまりながら,またはサンドイッチを持ちながら,片方の手で携帯を握って,その同じ手で文章を打ち込めるというボタン式の携帯の操作性は,ちょっと平面的なタッチスクリーン操作では実現できないし,だいいちあの大きさでは,片手で掴んで親指でタッチと言うのは本来無理と思います。2週間くらい遊ぶにはいいと思いますが,メール通信機としての実用性は,ちょっと?です。それに,日本では仮名漢字変換システムを搭載する必要がありますが,それが入ってもなおさくさく動くのでしょうか? それから,モバイルである限り電池の消耗具合は重要だと思うんですが,初期のiPodはその点問題がありました。iPhoneはどうなんでしょう? ちょっと心配・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/12

北島はスピード社のレーザー・レーサーで五輪に臨む

Lzr_racer 日本水泳連盟が,北京五輪でスピード社の水着を含むどのメーカーの水着を来て出場してもよい事を正式に決定し,有力選手の動向が注目されていましたが,先日のジャパンオープンで世界記録を出した北島は,スピード社のレーザー・レーサーを着ることを公式ホームページで明らかにしました。
 契約しているミズノも他社の水着を着ることを認めるとの事で,太っ腹なところを見せました。もっとも,ここで契約を盾にとって自社の水着しか認めないなどといったら,かえってイメージダウンになるでしょうから,スピード社の水着を着たい選手がいれば,反対はできなかったでしょう。
 先日のジャパンオープンではたいした調整もせずに,万全の状態ではなかったといわれ,それで世界新ですから,オリンピックでの活躍を期待しています。

(写真は,スピード社の日本代理店Goldwinのホームページより)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/11

山手線の6扉車,廃止へ

 山手線の電車は現在,2両の6扉車を連結しています。この車両は,ラッシュ時に座席も折りたたまれ,無座席となります。この6扉車が2012年には,廃止されるそうです。
 これは,先日アップした山手線ホームへの可動柵設置に伴う措置とのことです。時として京浜東北線電車を山手線に通すことがあり,京浜東北線の4扉車と山手線の6扉車の両方に適用できる可動柵設置が不可能なので,山手線も全て4扉化するというわけです。
 4扉化してラッシュ時の対応ができるのかと思うのですが,湘南新宿ラインや2013年にできる東北縦貫線など,山手線に並行する路線ができつつあることで混雑解消されているとのこと。
 今の混雑は仕方ないという考えの座席無し化,6扉化でなく,やはり様々な手段で混雑を緩和して,座席なし6扉車を解消するというのが正しい方向でしょうね。同様の6扉車を運転している東急田園都市線も,大井町線方面に乗客を誘導しようと上野毛と旗の台に急行列車の待避線を作り,二子玉川-梶ヶ谷間を複々線にするなど改良工事を行っていますが,これも混雑緩和を図るものです。そんな6扉車が,混雑緩和によって解消に向かうのは,ある意味結構なことだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/10

日本水泳連盟,スピード社の水着を解禁

 北京オリンピックに出場する日本選手の水着について,日本水泳連盟はスピード社製のものを含めてどのメーカーの者を着用してもいいという方向で調整するようですね。
 6月6日から開かれていたジャパンオープンで,スピード社の水着を着用した選手が15個の日本新を出し,さらに駄目押しで,8日に北島康介が200メートル平泳ぎで2分7秒51の世界新記録を出しました。これまで米国選手が持っていた世界記録を0.99分というほとんど1分にせまる記録更新です。
 北島自身「水着が泳ぐわけではない」と言い,複雑な心境らしいですが,その記録を見れば,日本水泳連盟が事実上スピード社の水着を解禁するのは必然でしょうね。
 しかしこの水着,体を締め付けて強制的に水の抵抗が少ない体形にしてしまうタイプのもので,着用するのに30分はかかるといわれています。水着というより,ほとんど鎧のようなイメージのものなんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/09

かまくら散歩

Kamakura 6月8日の日曜日,鎌倉にアジサイを見に行ってきました。
 北鎌倉で横須賀線を下りて,円覚寺,明月院と見ていきましたが,まだアジサイの満開には早く,せいぜい2~3分咲きといったところ。それでも,鎌倉駅に出て江ノ電に乗って行った長谷寺は,北鎌倉よりは咲いていました。
 昼食は,北鎌倉から鎌倉駅に行く途中にあるビーフシチューで有名な去来庵。薄味で比較的あっさりしたビーフシチューでしたが,牛肉が思いのほかたくさん入っていて,カミさんなどは残してしまったほど。それは私がすっかりいただきました。
 余りいい天気ではなく,少しばかり雨も降りましたが,円覚寺,明月院,長谷寺などの有名寺院は沢山の人でにぎわっていました。その中で感動したのは,余り知られていない海蔵寺です。昔は七堂伽藍の大きな寺であったらしいのですが,現在では余り大きな寺ではありません。しかしそれだけによく手入れされた庭は清潔感に溢れ,アジサイのほかアヤメなど花々が美しく咲いていました。またこの寺は扇が谷のがけに囲まれた位置にあり,境内にいくつも大きい祠があって,それが鎌倉の寺らしい雰囲気を醸し出しています。この寺は拝観料が不要ですが,お賽銭をはずみたくなるような居心地のいい寺でした。


(写真は上から,去来庵入り口,同亭のビーフシチュー,海蔵寺境内とその本堂裏の庭園)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/08

男子バレーボール,北京オリンピック出場を決める

Ganbare 男子バレーボール,オリンピック出場を決めましたね。16年ぶりのオリンピック出場です。世界ランク第6位のアルゼンチンに5セット目の勝利で決めました。(ところで,全勝中のイタリアは第10位。アルゼンチンはそれより上位だったんですね。)
 ずっと前,私のジンクスを紹介した事がありますが,「私がTVなどで,生放送のスポーツ中継を見ていると,応援している方が負ける」というものでした。ところが今回の北京五輪世界最終予選男子バレーボールの一連の試合,娘達がキャーキャー言って生中継を見ているのを横目でながめながらテレビを見ていて,6月1日のイランとの試合あたりから,私が見ているても日本チームが勝つ事に気づきました。「見ていても勝つ」どころではなく,「見ていなければ勝たない」とさえ突然感じてしまい,それから試合毎にテレビ観戦に励み,おかげで日本チームはイタリアに敗れた後5連勝,ついに昨夜オリンピック出場を決めてしまいました。それはまたジンクスが変わった瞬間です。
 このようにジンクスが変わったのでは,これからはしっかりスポーツ中継を見なければならず,忙しい事になってきました(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/07

グリーンランドから3000年前の先住巨人の毛髪が?

Greenland デンマークコペンハーゲン大などの研究チームが,グリーンランドの3000年前の遺跡で見つかった凍結した毛髪を検査したところ,現在の住人であるイヌイットとは異なった遺伝子を発見したと発表しました。
 イヌイットの伝説に,ツニートと呼ばれる心の優しい巨人が昔ここに住んでいたという話があり,それを裏付けるものとして注目されています。
 巨人の伝説というのは世界いたるところにありますが,本当にいた可能性があるんですね。もっとも,毛髪の主が巨人だったという証拠はないようですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/06

韓国で米国産牛肉輸入解禁反対デモ

 韓国で,米国産牛肉輸入解禁に対して大規模なデモ。その民意が,韓国政府への不満や大統領の退陣要求へ向かい,6月3日,ついに韓国政府は事実上の再交渉要請を発表しました。
 月齢制限をなくすという米国との合意の見直し,米国に生後30カ月以上の牛肉の輸出禁止を求めるものですが,米国は応じようとしません。韓国政府も米国との交渉に手を焼いているようです。
 日本でも,私を含めて米国産牛肉輸入解禁に対し反対意見があったものの,案外すんなり決まってしまいました。潜伏期といわれる10年以上経って,慌てるのはどっちの国?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/05

JR東日本,恵比寿駅と目黒駅でホーム可動柵の試験をおこなう

 JR山手線の恵比寿駅と目黒駅に,可動式ホーム柵が設置されるそうです。今回の2駅への設置は試行であって,設置後3年をかけて技術的な課題や運行ダイヤへの影響などを検証するとの事。
 最近,人身事故が多いですからね。可動柵設置はその為もあるのでしょうね。東京では東急目黒線,東京メトロ南北線,都営地下鉄三田線など,ワンマン運転されている路線で可動柵が既に採用されています。田園調布-武蔵小杉間の東横線と目黒線の併走区間では,一つのホームの片側(東横線側)には可動柵がなく,片側(目黒線側)には可動柵があるという状態ですが,東横線側を急行や特急が通過していくとき,「可動柵があったらな」としばしば思います。これまで,無いのがあたりまえだったんですけどね。ホームの一方に可動柵があってみると,やはりあった方が安心できます。
 JRでは今回の試験結果を踏まえて,2013年から順次設置して,2020年には山手線全駅に設置を完了する予定だとの事です。最近の人身事故の多さを見ると,他の私鉄や路線などにも可動柵が設置されていくのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/06/04

平城遷都1300年キャラクター,「まんとくん」登場

Mantokun 奈良「平城遷都1300年祭」の公式キャラクター「せんとくん」に対していろいろ異議があることは,以前このブログに書きました
 今度はその「せんとくん」に対抗して,「まんとくん」というキャラクターが表れました。「せんとくん」に批判的だった市民有志「クリエイターズ会議・大和」が独自に公募して,応募作の中から選んだものです。
 「せんとくん」と同じように,「やはり角が生えているのね」と思ったら,鹿の擬人化らしいです。しかし説明を受けなければ,ちょっと鹿とはわかりません。前の記事では批判的でありましたが,奈良のキャラクターとして納得できるのは,私はむしろ「せんとくん」の方です。「まんとくん」の方が一般的なものだとは思いますが,「せんとくん」の特異性こそ捨てがたい。ただしあのツノさえなかったらねえ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/06/03

プリントゴッコ,販売終了へ

Print_gokko_3

 かつて私も年賀状作りに使っていた「プリントゴッコ」。年賀状作りの定番だったプリントゴッコも,すっかりパソコンとプリンタに取って代わられ,ウチのものも押入れにいれたまま,ここのところ使っていません。
 そんな中,メーカーの理想科学工業が5月30日,プリントゴッコ本体の販売を2008年6月30日で終了することを発表しました。ただし,ランプやインクなどの消耗品は,当面は販売を継続するそうです。
 謄写版を現代に復活させたプリントゴッコは,なかなかの発明だったと思いますが,その販売終了というのも時代ですね。上の写真は,理想科学工業のホームページに載っていた現在のプリントゴッコセットです。ウチにあったのは,初代(多分)の黄色の物です。全体が写真のランプ部分のような黄色でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/02

バレーボール男子,北京五輪最終予選兼アジア大陸予選

 5月31日のバレーボール男子の北京五輪最終予選兼アジア大陸予選。娘達がキャーキャー言ってみていたので,私も見るとも無く,聞くとも無く,TVを眺めていましたが,なんとも惜しかったですね。日本が世界ランク12位,相手のイタリアが10位。終わってみると,なんだかその通りの試合だったという印象です。
 最後,あれだけはしゃいで,それで流れに乗って勝つということもあるんでしょうが,31日はそれが逆効果になったという感じです。
 ちなみに,6月1日は,26位のイランと試合。1セットとられたものの,まずまず快勝といっていい試合で,確かに世界順位が妥当だという感を強くしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/01

石油バブルは,そろそろ弾けるか?

Oil ガソリンの値段が上がり,レギュラーで1リッター170円の声も聞こえようという今日この頃,ガソリンの消費が月平均1~2%づつ減少しているそうです。6月に入って,ガソリン価格が1リッター170円の大台に乗ると,前年比で5~10%もの減少になると予想されています。
 現在,半分以上(一説によると80%)のガソリンスタンドが赤字経営で,確かに車で走っていると閉鎖したガソリンスタンドが目に付きますが,さらにスタンドの廃業が加速する可能性があります。東京都内では,渋滞で1時間はかかった車通勤が,渋滞が解消されて30分足らずになったとか,日曜夕方の環状8号線に渋滞していないとか,車で乗り付けるしかない郊外のロードサイド型レストランが閑古鳥だとか,とにかくみんな車に乗らなくなったという話を最近よく聞きます。
 今回のガソリン高騰は,需給バランスの関係ではなく,ガソリンへの投機による価格上昇の要素が強いバブルですから,このままどんどんガソリンが売れなくなると,バブルが突然はじける可能性があると思います。投機筋は,もう石油から手を引く潮時ではないですか? そうしないと,ババを引く事になりますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »