« 鶴見COMIN全館閉店 | トップページ | 値段なりの価値 »

2008/08/31

風呂の椅子

 高校生の娘の友達が泊まりに来るというので,長年使って汚れている風呂の洗面器と椅子を買い換える事にしました。
 以前も100円ショップで買ったんだからというので,100円ショップへ行ってみましたが,洗面器はあったものの椅子がありません。そこで仕方なく,椅子は渋谷の某有名Do It Yourselfの店で買いました。1000円は切る値段でしたが,何しろ私としては100円で買うつもりだったので,大奮発したような気分になっていました。
Isu その椅子を風呂場でいざ使ってみると,これが具合いいのですね。風呂ですから体を洗い,尻も石鹸まみれになッた時,前の100円の椅子では滑ってそのまま座っていられませんでした。体を洗うとき椅子に座るのに,かなり苦労したのです。しかし今度の椅子は中央に向かって凹面になっており,石鹸まみれでもすっぽりと凹面に納まって,何の苦もなく座っていられます。その凹面も軽く付いているだけなので,尻が固定されてもそれほど押し付けがましさはありません。その絶妙な固定のされ方が心地良いとさえ感じてしまいます。さらに,前の椅子も足の先にゴムのような滑り止めが付いていたのですが,堅さの問題か材質の問題か,床との滑り止めの役に立たず,座って洗っていてもよく床上をすべるのです。ところが今度の椅子は滑り止めが効いて滑りません。それもまったく滑らないのではなく,滑らそうと思う時は座ったまま苦もなく床上を滑って移動できるという,これも絶妙な具合のよさです。
 今考えると,前の100円の椅子は,ただ椅子の形をしていただけという代物で,何も考えずに形だけ作りましたという物だったんだと思います。最近,安いものはやはりそれなりの価値のものだと感じる事がよくありますが,風呂の椅子でもそれを感じてしまいました(笑)。

|

« 鶴見COMIN全館閉店 | トップページ | 値段なりの価値 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1297/42306316

この記事へのトラックバック一覧です: 風呂の椅子:

« 鶴見COMIN全館閉店 | トップページ | 値段なりの価値 »