« JR都区内パス | トップページ | 崩壊したバブル都市,ドバイ »

2008/12/17

北森鴻「メビウス・レター」

Mevius_letter 北森鴻著「メビウス・レター」を読了しました。
 冒頭で,建設中の高速道路橋脚の下から人骨が発見されます。次に場面が変わって,ある幻想作家の元に,高校生だった少年の,焼身自殺事件の調査内容を書いた手紙が届き始めます。その作家は,この事件に何か関わりがあって,その手紙におびえているらしい。さらにその作家の近所に住む女性が,作家に対するストーカー行為を始めます。それらがいったいどうつながってくるのか・・・。
 過去の手紙の内容と現在の状況が交互に語られ,「現在のこの人が過去の手紙のあの人だったんだ」と思って読み進むと,そこにどんでん返しが待っています。ラストは,いくつもの加害者と被害者の入れ替わり,つまり被害者が加害者となり,加害者が被害者となり,めまいを覚えるようです。
 さすが,北森鴻は面白い。1日で読み終わりました。

|

« JR都区内パス | トップページ | 崩壊したバブル都市,ドバイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1297/43343521

この記事へのトラックバック一覧です: 北森鴻「メビウス・レター」:

« JR都区内パス | トップページ | 崩壊したバブル都市,ドバイ »