« 八重桜はまだ咲いています | トップページ | 会津の桜 »

2009/04/22

砒素入りカレー事件,最高裁が弁護側の上告を棄却

Spring8 1998年,和歌山市の夏祭りで起きた砒素入りカレー事件。4人が死亡したこの事件の,林真須美被告の上告審で,最高裁は4月21日に弁護側の上告を棄却しました。これで林被告の死刑が確定します。
 状況証拠は十分理解できますが,本人は最後まで無罪を主張しており,なんだか気持ちが悪いです。これから死刑囚となり,死刑はすぐ執行されるわけではありませんが,その間に何らかの心境の変化で,自供するでしょうか? 砒素という,そこら辺に転がっているわけではない毒薬が使われ,それを確かに持っていた者がいて,その者がカレーに近づいていたというだけで,それはもう状況的には黒である事は理解できます。しかし繰り返しになりますが,このままではなんだか気持ち悪いです。さらに,このような状況証拠のみのケース,しかも死刑がかかっているケースをも,一般人が裁く事になる裁判員制度について,改めて戸惑いを覚えます。

(写真は,この事件で砒素を分析した,兵庫県播磨科学公園都市にある放射光施設,Spring8。財団法人高輝度光科学研究センター(JASRI)のホームページより。)

|

« 八重桜はまだ咲いています | トップページ | 会津の桜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1297/44748222

この記事へのトラックバック一覧です: 砒素入りカレー事件,最高裁が弁護側の上告を棄却:

« 八重桜はまだ咲いています | トップページ | 会津の桜 »