« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009/05/31

善光寺の御開帳

Onbashira 親戚の法事で長野へ行きました。折から長野市の善光寺では,7年に一度の前立本尊(まえだちほんぞん)の御開帳が行われていました。そもそも善光寺の本尊は秘仏となっており(秘仏にするというのは,もうその時点でかなり仏様が像としてぼろぼろになっていて,公開に耐えない場合が多いそうですね),何人たりとも見ることができません。その代わりに,7年に一度,本尊を模した,本尊の分身である前立本尊を公開するのです。また,本堂の前に高い白木の柱が立てられ,前立本尊と紐で結ばれます。その柱は御柱(おんばしら)と呼ばれ,それに触れば本尊に触ったのと同じご利益があるといわれています。
 今回の御開帳の人出はこれまでにはなかった程多く,前立本尊参詣と御柱に触るために,数時間は行列に並ばなければならないという騒ぎでした。不況の年は寺社への参詣が増えると言われますが,正にそんな現象が起こったようです。普段は禁止されている重要文化財の山門への登楼も行われていました(以前ここへ登楼した時の記事をこのブログに書きました)。
 結局私は,本堂にお参りしただけで,前立ち本尊参詣も御柱に触ることも止めにしました。

(写真は,国宝の善光寺本堂とその前に立っている御柱。本堂内の前立本尊と結んでいる紐もちょっと写っているのですが,分かるでしょうか?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/30

「吉田園」その後

Ezu_3 以前,「ネット上の昔の地図」という記事の中で,下高井戸に昔あった「吉田園」という行楽施設の事を書きました。その時は「吉田園」の事を,和風庭園を主とした当時の遊覧施設のようで,「今の目黒の八芳園や雅叙園と同じような感じだったんだろうと思います」と書いたのですが,どうもそれだけではなさそうです。
 ネット上で「吉田園」についての記事を見つけました。この記事よると,「吉田園」には,遊園地,テニスコート,アイススケート場,運動会のできるグランド,プール,田舎料理を提供する会席があったという事です。そうすると,庭園と飲食施設がメインである今の八芳園や雅叙園というよりも,できた当時の多摩川園や花月園や京王閣に近いものだった事になります。
 さらにネット上の記事では,「今では古い門にしか往時を偲ぶすべは無いが」と書いてあります。2005年の記事で,このように書いてあるという事は,今から4年前には「古い門」が残っていたという事なんでしょうか? もし残っていたのなら,これを見た事のある人がいるだろうし,写真もあるかもしれません。

(左上の図は,「大正の広重」,吉田初三郎による「京王電車沿線名所図絵」。吉田初三郎は,各地の絵図を,独特の俯瞰図として描いた画家で,この絵図は京王電車が沿線の観光地を宣伝するために,昭和5年に作成したものです。吉田園も小さく描かれています。白い四角はプールでしょうか,グランドでしょうか?)

−−−<追伸>−−−−−−−−−−−−−−

 その後,吉田園についてのネット上の記事として,次のものがあることがわかりました。

  ・ 川俣晶の縁側→下高井戸周辺史雑記
  ・ すぎなみ学倶楽部→謎の吉田園

 特に後者のサイトは,謎の吉田園の全てを明らかにするものといっていいでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/05/29

保護者の普段の行動と子供の学力

Study お茶の水女子大とベネッセ教育研究開発センターが,保護者の普段の行動と子どもの学力の関連を調査した結果を発表しました。各地の5年生2952人と保護者2744人を対象に,子どもにはベネッセのテストを解いてもらい,保護者には普段の行動などを選択肢から選んでもらうという方法での調査だとの事です。
 その結果,上位4分の1の最上位層の保護者は,本(漫画や雑誌を除く)をよく読む事,家に本(漫画や雑誌を除く)がたくさんある事,子どもが小さい頃,絵本の読み聞かせをした事,一方,下から4分の1の最下位層の親はテレビのワイドショーやバラエティー番組をよく見る事,カラオケによく行く事,しかし子供には,ほとんど毎日「勉強しなさい」と言っている,という結果になったそうです。
 なんだか絵に描いたような結果ですね。やはり子供は親の背中を見て育つという事ですか。最下位層の親ほど「勉強しなさい」と言っているようですが,私の経験でも,そもそも勉強のできる子は「勉強しなさい」などと言わなくても勉強しているのであって,そんな習慣も,やはり親をみて自然に身に付くように思います。
 まあ,親のしつけとか育て方とかの前に,親の日常や親の振る舞い自身が,子供に与える影響は思いのほか大きいという一例ではあります。人が何か悪い事をしでかした時に言う言葉として,「親の顔が見たい」というのがありますが,そう考えると,それはある程度正しいのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/28

北朝鮮,核実験実施

Atomic_bomb_2 5月25日に行われた北朝鮮の核実験。実験場は中朝国境に近いらしいですね。実験場から100km強しか離れていない中国の吉林省延辺では,実験による揺れを感じ,地震だと思って避難した学校もあったとか。妊婦や幼児を持つ母親は放射能を心配し,一般市民も野菜の汚染を心配しています。
 北朝鮮内の様子は知りようもありませんが,結局このような核実験で影響を受けるのは,実験場から最も近い自国民や近隣国民です。自国の環境にとってもいい事はないし,影響を受けた中国は,もっと北朝鮮を非難すべきです。何だか甘く見られているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/27

不便なビデオレンタル店

Video_shop 先日,駅前へ買い物に行く時,娘からビデオレンタル店へ寄って,DVDを借りてきて欲しいと頼まれました。自分の用事を済ませてビデオレンタル店へ行って頼まれた作品を探したのですが,なかなか見つかりません。見つけるのに結構時間がかかりました。
 図書館で本を探す時は,蔵書目録を閲覧できるパソコン端末が置いてあって,それで書名を検索すれば分類番号がわかり,どの棚にあるのかが分かります。ところが,ビデオレンタル店では,大きな店であるにもかかわらずそんなシステムがありません。作品によっては,ジャンルもあいまいで,たとえば今回借りた「ハリーポッターと秘密の部屋」などは,「ファミリー」なのか「サスペンス」なのか,ただの「ドラマ」なのか「ファンタジー」なのか,いったいどの棚へ行ったらいいのか分かりません。ハリーポッターのようなメジャーな作品ならば必ず店に置いてあることだけは分かっていますから,探す気になるのですが,マイナーな作品は,「店に置いてあるのかどうか」さえ知りようがありません。ビデオレンタル店も,図書館のようなパソコンベースの目録を整備してもらいたいものです。
 さて最近,ネットで借りて自宅に届きね,ポストへ返却するというビデオレンタルシステムがあります。これならば,ビデオレンタル店の棚の間を右往左往する必要がなく,検索で作品を特定して注文する事ができます。郵送してくる間,待ち時間が生じるのが難ですが,結構便利なシステムかもしれません。このようなシステムならば,かなりマイナーな作品も揃っている可能性もあります。

ーーー<追伸>ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 娘の話によると,検索できるパソコンを備えたビデオレンタル店もあるらしいですね。題名から検索すると,棚の位置を図で示すようになっているとか。そのくらいのサービスはして欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/26

通勤時の歩調

Road 朝,駅にバスがいつもより早く着いて,いつもより速い電車に乗る事ができました。下車駅に早く着いてしまったので,会社までゆっくり歩いて行こうと思っているのに,何故かいつものように早足になっている。なぜ?と思ったら,結局周りの人と同じ歩調で歩く事になってしまうということなんですね。自分だけゆっくり歩いていると,前の人との間隔が次第に拡がって,なんだか不安になる。後ろから他人が追いついてきて,圧力を感じる・・・などなど。結局いつもと同じ歩調になって,いつもより早く会社に着いてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/25

大きな政府?

Big_govement_2 某テレビ局のアンケート。民主党の代表選が終わり,「自民党と民主党,どっちに政権を担当してもらいたいか」というアンケートでは,民主党が40%台,自民党が20%台。「麻生氏と鳩山氏,どちらが首相にふさわしいか」についてもほぼ同様の結果です。選挙戦後の政府に望む事は,「介護,年金,医療など,将来に不安の無い社会を望む」という意見が多かったです。
 これは確かに切実にそう思うでしょう。年金にしろ介護にしろ医療保険にしろ,手当が少ない方へ少ない方へと動いている現状があって,どんどん将来への不安が募ってきています。この事から,消費よりも貯金を志向し,少なからず物が売れない社会を作り出しています。子供を作る事に対しても,養育費や教育費などへの不安から,少子化に拍車がかかっています。これらに対して,政府の厚い保護を望む・・・,つまり大きな政府を望んでいる国民が多いのです。どうも,お上の手厚い保護に頼るというのは,昔からの日本人の特質のような気がします。日本人には大きな政府が必要なのです。もちろん,大きな政府を志向するのならば,国民はそれだけの負担を負わなければなりません。ヨーロッパ流の「ゆりかごから墓場まで」を志向している国の消費税は,5%などというものではなく,10%〜20%は当たり前という世界です。世界に冠たる福祉国家である北欧の国々に至っては25%程度です。しかしその為に,老後の生活は保障され,医療は無料,教育も無料という世界です。実際のところ,25%も消費税を払っても,教育等いろいろな物が無料なので,結局生涯にかかる支払い金額はかえって少ないのかもしれません。麻生政権は,将来の消費税増税を明言しましたが,消費税が上がるのに対して,何を保証するのか,何を無料にするのか,そっちの方も合わせて明言しなければ片手落ちだし,国民の支持は得られません。
 小泉政権以来,政府に頼らない社会,小さな政府を志向してきたのですが,この不況を経験し,将来の不安から消費できない,物の売れない社会を経験した今,小さな政府か大きい政府か,どちらを望むのかを国民も考えて結論を出す時期にあるように思います。

(この記事に何か口絵的な写真を添えようと思ったのですが,せいぜい「大きな政府,小さな政府」をテーマにした本の表紙くらいしか思いつきませんでした。そんなわけで,アマゾン書店のサイトで検索して出てきたのが左上の本です。4000円近くする本で,東京大学出版会から出ている本なので,ひょっとしたら大学の教科書として使うものかもしれません。・・・というわけで,私が読んだというわけではありません。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/24

池尻大橋のハンバーグレストラン「Spring」

Spring 東京目黒区の池尻大橋の「Spring」というハンバーグレストランでランチをとりました。
 池尻大橋駅の出口前,国道246号線沿いのビジネスホテルの一階にあります。ハンバーグレストランと銘打っているので,ハンバーグランチを注文しました。ソースは和風とデミグラスソースが選べます。ランチにはカップスープ(この日はカボチャスープ)とライス,それにデザートのプリンがついて1000円です。
 ハンバーグはつなぎを入れない100%ビーフだそうで,周りのよく焼けた部分はしっかりしていて肉の密度が高い感じですが,内部はレアに近くとろとろです。なかなかおいしいハンバーグでした。
 実は,池尻大橋ということで,以前入った事のあるビストロ「Lyon」という店に入るつもりだったのですが,広い国道246を渡るのがめんどくさかったのでついつい手前のこの店に入ってしまったのです。しかし,少なくとも失敗ではありませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/23

新型インフルエンザがこの騒ぎなら,季節性インフルエンザである事が判明した場合,安心するのは正しいのか?

Mask 新型インフルエンザの感染者は,日々1名程度づつ増えている状態です。これまでは外国からの帰国者が感染者の中心だったのですが,22日に報道された埼玉の感染者と三鷹の感染者は,関西からの帰京者とのことです。マスクもますます品薄になり,以前このブログでPodCastを配信していた修介(今は彼女ができてPodCastどころではない高校生)がアルバイトしているコンビニでも,以前は本部から「いつもよりたくさんマスクを仕入れておくように」という指示がきていたのに,今では発注しようにも品物が無い状態だそうです。
 これまで,機内検疫などで陽性になり,その後の詳細検査で新型ではなく季節性のインフルエンザと判明した場合,報道でも「新型でなくてよかった」というように伝えられ,私たちも安心します。しかしこの反応は正しいんでしょうかねえ。季節性インフルエンザでも,日本で毎年100人以上,時として数千人規模の死者を出しているそうですから,新型でこれだけ騒ぐなら,季節性でも相当大騒ぎしなくてはならないのではないでしょうか? まあ,新型インフルエンザでは,人→人の感染を繰り返して教毒性になっていく可能性があるとか,感染力が強いとかいう事があるのかもしれませんが・・・。
 ところで,新型インフルエンザの感染者は80%以上が高校生以下のティーンエージャーで,その理由については,グループ行動をとる彼らの行動パターンにより感染しやすいのだとか,高齢者はある程度抗体ができているのかもしれないだとか,いろいろ取りざたされていますがよくわかっていません。
 感染者の出た学校は,当然のように1週間程度の休校になります。また,感染者の出た学校に対して,「なにやってんだ」とか「学校の前を通行できない」とか,誹謗中傷の電話があるようです。「どうしてくれるんだ」と金をせびるケースもあるらしく,インフルエンザを種に詐欺を働く者と共に,世の中には卑しい人がいるもんだと思います。これらの誹謗中傷の電話をかける者は,大半は世の中に不満を持った者による「憂さ晴らし」だという事です。最近感染者を出した川崎市の女子校でも1週間の休校を決めましたが,それは感染を防ぐ為というより,生徒に対する,そんな卑しい世の中への不満分子の嫌がらせを防ぐためだそうです。
 テレビニュースでは,感染者が出た学校の前から中継などが行われますが,そんな報道が,卑しい世の中への不満分子の嫌がらせを助長しているようにも思います。季節性インフルエンザでも数百人〜数千人の死者が毎年出ている事を考えると,季節性インフルエンザでも,感染者が出る度に大騒ぎをして,感染者の学校や会社の前から中継しなくてはならないし,私たちも新型と同じように,ぴりぴりしなくてはならないでしょう。実際,私の会社でも季節性インフルエンザにかかる人が毎年数人いて,別の事業所に打ち合わせに出かけようとしているときに電話がかかってきて,「○○がインフルエンザで休んだので,今日の打ち合わせは中止する。昨日からせきをしていたからな。5日間は休むそうだ。」などという事があります。新型インフルエンザだったら,前日咳をしていた感染者の周りの人は隔離され,翌日からその事業所では一斉にマスク装着が義務づけられるという事態になるでしょう。新型インフルエンザが危険な事は確かですが,季節性インフルエンザとそれほど扱いに差をつけるべきものなのかどうか? そこの所を考えて,政府も「対応を弾力化する」と言っているんでしょうがねえ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/05/22

裁判員制度スタート

Saibaninseido 5月21日,裁判員制度がスタートしました。
 それより3日ほど前,5月18日に最高裁判所が和歌山カレー事件の林眞須美被告の判決訂正申し立てを棄却,それより約1ヶ月前,4月21日に上告が棄却されており,死刑が確定しました。この死刑確定に関連して,以前このブログで,「状況証拠のみのケース,しかも死刑がかかっているケースをも一般人が裁く事になる裁判員制度について,改めて戸惑いを覚えます」と書きましたが,この気持ちは今も変わりません。

(左上は,裁判員制度のシンボルマーク)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/21

漢字検定,元理事長,副理事長が逮捕される

Kanken 5月19日,日本漢字能力検定協会の前正副理事長親子が逮捕されました。実体のない自分の関係企業に仕事を発注する事によって,協会に損害を与えたという容疑での逮捕です。
 そもそも,日本漢字能力検定協会というのは,文部科学省所管の特例民法法人(特例財団法人)で,公益法人ですが,まるで個人商店のように,理事長と副理事長を親子で勤めているというのが解せない所です。
 この協会は,1975年に,もともと貸しビル業をしていた元理事長の大久保昇容疑者が,ビル内にあった漢字塾からヒントを得て設立し,1991年まで任意団体として漢字検定を行っていました。その時は確かに個人商店のようなものだったのです。それが1992年, 当時の文部省認定の検定実施団体として財団法人日本漢字能力検定協会に改組されました。その時点で,公益法人として個人商店を脱皮しなければならなかった訳ですが,それにもかかわらず個人商店経営が温存されていた訳です。他の公益法人も,同じような経緯,構造を持ったものがあるのでしょうか? 今回の事件に関して,公益法人所管官庁の責任は,問われないのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/20

羽田空港では,マスクをしている人は少なかったです

Haneda 昨日は飛行機に乗って出張にでかけました。
 関西では,新型インフルエンザの感染者がここへ来て急に増えており,羽田空港はさぞマスクをした人がたくさんいるだろうと思っていたら,ほとんどの人がマスクをしていませんでした。まあ,関西からの到着ロビーではなく,また関西への出発ロビーでもなく,九州・沖縄方面の出発ロビーであったので,皆あまり新型インフルエンザを深刻に受け止めていないのかもしれません。また,ひょっとしたら,単純にマスクが売り切れで,手に入らなかったのかもしれません。
 折から,政府も鳥インフルエンザのような強毒性インフルエンザと同じ対応をとるのを止めて,季節性インフルエンザと同等の対応をとることに改めるという報道がありました。感染地方での学校,保育園の休校・休園を受けて,子供の面倒を見るために親も仕事を休まざるを得ず,その親が看護師などの場合,今こそ人手の必要な医療現場が手薄になるなど,過度なインフルエンザ対応による弊害も出ているようです。それらもこれから改まっていくでしょう。娘の大学も,新型インフルエンザ初期の頃は「日本に一人でも感染者が出たら休校とする」と言っていたのが,「関東地方に感染者が拡がったら・・・」に変わり,さらに最近は「学生に多数の感染者が出て,伝染を防ぐために休校が必要と判断される場合は・・・」に変わってきたようです。

(写真は,朝の羽田空港,九州・沖縄方面出発ロビー)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/19

東京目黒権之助坂のラーメン店「なおじ」

Naoji 銀行に振り込みに行った際,待っているときに見ていた雑誌のラーメン特集に載っていた目黒の「なおじ」というラーメン店。そんな事がきっかけになって,そのラーメン店にいってみました。
 目黒駅近くの権之助坂は,ラーメン店が並んでいるラーメン激戦区です。その中でも新参のラーメン店が「なおじ」です。どのくらい新参かというと,2009年2月下旬開店だそうです。そのルーツは新潟らしい。
 平日の午後1時すぎ,店に入りました。お客さんは2名ほど。目黒駅からここまでの間のラーメン店の中には,満員の店もありましたが,ここは空いていました。雑誌に紹介されていたここのおすすめは,牛スジのトッピングだという事なので,玉子ラーメンに牛スジをトッピングしました。ラーメンというと,私が必ずというほどトッピングするシナチクはメニューになく,残念でした。
 やってきたラーメンの丼は小振り。新しい店である事もありますが,この丼の小振り具合が,あまり量が多くないという印象になって,それが他店よりもお客さんが少ない原因になっているのかもしれません。麺は太めで腰があります。その太さは半端ではなく,直径2mmはあるかと思われます。スープは濃い目。魚介系のにおいが強い,どろりとしたスープです。まあ,この太麺に十分絡むスープというと,このくらいどろりとしていなければならないのかなと思いました。スープが塩からいという噂がありましたが,私はそれ程とは感じませんでした。チャーシューと玉子は,まあ普通ですね。玉子は程よい半熟でした。メンマは真四角の物が2切れ。形は特徴的ですが,味の方は普通です。底の方からスープをすくい上げると,ゆずが姿を現し,ゆず風味のスープとなりました。この店の売りの「牛スジ」は柔らかく,甘辛い味が確かにラーメンのアクセントになりました。そのほかに,標準のトッピングとして,あおねぎと刻みたまねぎがのっています。
 食べ終わった後の全体的な印象としては,結構普通においしいラーメン。たしかに,太麺,どろどろのスープというのは特徴的ですが,なぜか味の印象は「普通」です。特徴的なラーメンというと,毎日食べたいという事にはならず,しかし時に無性に食べたくなるものですが,ここのラーメンは,残念ながらそこまではいきませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/18

ここへきて,新型インフルエンザ感染者急増,84名に

Influenza_2_2 5月17日現在,新型インフルエンザ感染者が84名になりました。これまで,外国からの帰国者が簡易検査でインフルエンザを疑われ,結局新型インフルエンザでなかった事が明らかになるという事の繰り返しでいたが,ここへきて急に兵庫,大阪の高校生を中心として,感染者が増えました。なんだか感染者の爆発的な増加につながるような気がして,怖いですね。感染者が○人をこえたら,爆発的に感染が拡がるという事があるような気がします。
 教員や大学生10名の感染者がいるものの,感染者のほとんどが高校生というのはどういう事なんでしょうね。免疫のない若い世代が罹るのだとも言われていますが,新型インフルエンザは,これまでのインフルエンザの抗体は全く効かないというはずではなかったんでしょうか? それならば,大人でも高校生でも,条件は同じような気がするんですがね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/17

世論と党内派閥力学の乖離,その後

Minsyu_tou その後,やっぱり世論と党内派閥力学の乖離が起こっちゃったんですね。
 16日の民主党代表選,鳩山幹事長が代表に選出されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/16

武蔵小山のラーメン店「せい家」

Seike 武蔵小山のアーケード街「パルム」のラーメン店「せい家」。開店は昨年11月だったと思いますが,多分この街で一番新しいラーメン店だと思います。開店から長い間,行列ができていて入りづらかったのですが,最近は流石に席が空いているようです。
 この店の基本は,プレーンのラーメン500円(のり,ほうれん草のおひたし付き)に,たまごやメンマ,チャーシュー,高菜などを自由に選んでトッピングして,その合計金額が値段になります。写真は,メンマのトッピングで,500円+130円=630円のもの。麺は太麺と細麺を選べるのですが,これは細麺の方です。細麺は冷麦のように細いのですが,さすがラーメンの麺は歯ごたえがあります。スープは醤油とんこつで濃厚。いわゆる家系で,とんこつ味は比較的出ている方だと思います。私の好みからいえば,スープのとろみが少し多すぎるのですが,ラーメンを食べたくなった時のスタンダードにしてもいいかなと思えるものでした。
(写真は,私が食べたラーメン+メンマトッピング)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/15

民主党代表選,世論と党内派閥力学の乖離

Book 民主党代表候補として,鳩山氏と岡田氏の二人が正式に名乗りを上げました。
 代表戦に向けて,いままでよく知らなかった民主党の各派閥とその人数が報道されるようになりました。「○○グループは○○氏を押している」などと,自民党総裁選と同じ光景が繰り広げられています。
 党内派閥の力学によれば,支持派閥人数の関係で鳩山氏が有利らしい。一方,報道メディアの世論アンケートでは,「岡田氏を代表に」という声が多いようです。あるアンケートでは,岡田氏が鳩山氏よりも倍以上の支持を集めているという結果もあります。そんな状況で,民主党が党内派閥の力学で鳩山氏を次期代表に選んだら,「民意を反映していない」という批判を浴び,それが衆院選結果に影響するかもしれません。世論と党内派閥力学の乖離。民主党にとって,面倒な事になってきたような気が・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/14

民主党,次期代表候補は・・・

 民主党の次期代表戦代表選には,岡田副代表と鳩山幹事長が出るらしい。私は岡田氏が次期代表だとばかり思っていたんですがね。自民党にとって,鳩山氏より岡田氏の方が,近づきつつある衆議院選挙で戦いにくいと思いますが・・・。
 いずれにしても,この100年に一度の不況の時期に,政治的な不安定が続きますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/13

うちにも届いた「定額給付金のご案内」

Kyufu_kin 横浜市の我が家にも,定額給付金の申請案内が届きました。
 給付金の金額は,2009年2月1日現在の年齢で決まるという事ですが,ウチの上の娘は1月29日に18歳になり,3日違いで,2万円が1万2千円になりました。
 横浜市からの「定額給付金のご案内」と書いた封筒の中には,左のような書類が同封されていました。曰く,「寄付のご案内」(クリックすると,拡大します)。「定額給付金を横浜市に寄付してくれませんか?」という,市からのお願いです。寄付の使い道は,A~Dの4種類の中から選ぶことが出来ます。
 「国民一人一人細切れに1万~2万程度の給付金を支給する金があるのならば,それをまとめて,もっと有益に使うことができるはず」と思っていた私は,大いに賛同したい内容なのですが・・・さて,どうしたものか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/12

民主党小沢代表,辞任

Ozawa 5月11日,民主党の小沢代表がついに辞任の意向を示しました。「次の総選挙で政権交代をめざすには挙党態勢を立て直す必要があると判断した」ということです。
 選挙の日程が決まった後,もっと選挙の間際に辞任するのかと思っていたのですが,案外早く辞任しましたね。できるだけ自民党を油断させておいて,選挙の直前に代表を岡田氏に譲り,選挙戦を有利に進める戦略かと思っていたのですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/11

血糖値抑制にはコンニャクを?

Konnyaku 会社の健康診断結果が出て,「まだ基準値以内であるが,血糖値が年々上がっているから気をつけなさい」と言われました。
 カミさんにそれを話したら,血糖値を下げる食品としては,コンニャクがあると言いました。ウィキペディアで調べてみると,食物繊維が豊富で,血糖値やコレステロールを下げる効果があると書いてありました。コンニャクはダイエットに役立つ食品というイメージでしたが,血糖値やコレステロールにも効果があるというのなら,なんだか現代病の救世主のような食べ物ではないですか? かつての納豆などのように,スーパーからコンニャクが消えても不思議ではない!
 このコンニャク,立派な芋(サトイモ科だそうですね)であるのに,なんでカロリーがほとんどないのでしょう。ウィキペディアの説明を読んでも,余りはっきり分からないのですが,「ほとんど胃で消化されないので,栄養にならない」と理解しました。理解としてはそれで正しいのでしょうか? それとも,成分的にそもそもカロリーが無いのでしょうか? もしそうなら,芋としてのカロリー源(炭水化物など)はどこへいってしまったのでしょうか? う~ん,謎の食品です。
 ところで,今回この記事を書く為に,何回も「こんにゃく」という語をローマ字でパソコンに打ち込んだのですが,いつも「婚約」になってしまいます。ローマ字入力で「コンニャク」をパソコンに打ち込むには,「n」を続けて3回も打たなくてはならないのです。「n」を2回しか打ち込まないと「婚約」になってしまうんですね。頭で分かっていても,指が動いてくれなくて・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/10

「角福園」はここですか?

Map333 先日,このブログで,昭和10年頃の古い地図上に,名所のマーク(三ツ星マーク)がつけられた「○○園」という場所がいくつもあって,それはたいてい,和風庭園を主とした当時の行楽施設だったという話を紹介しました。ところが,下高井戸の「暁雲園」と碑文谷の「角福園」というのが,何者なのか分かりませんでした。
Map555_2 さて,左の地図(クリックすると拡大します)は,「マイタウン目黒」のホームページに載っていた目黒区の公園を示す地図ですが,このうち「すずめの宿公園」というのが,何だか「角福園」の位置とかぶるように思えませんか? どちらも現在の柿の木坂交差点の南で,環状七号線の東側です。
 この「すずめのお宿緑地公園」というのは,角田セイさんという方が持っていた土地で,筍の産地であったこのあたりで唯一現在も残っている竹林を主とした公園だということです(下の公園の由来を書いた看板をご覧ください)。ここは後に,角田セイさんの遺言によって国に寄付され,現在では目黒区立の公園になっています。つまりここは角田さんの筍園であったわけで,その昔「角福園」という名がついていた事もありえたかなと思えます。
 しかしながら,まあ,私がそう思うだけで真相は全く分かりません。「すずめのお宿緑地公園」と「角福園」をつなぐ確かな証拠は,今のところ何もありません。調べてみると,角田家の一族が碑文谷の大地主らしく,「角福園」はその角田一族と関係ある何らかの「園」という推測は,あたっているような気がします。

<「すずめのお宿緑地公園」にあった由来の看板>
       (クリックすると拡大します)
Suzumeno_oyado

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/05/09

休日の朝食は・・・

Sunny_side_up ゴールデンウィークはもう終わってしまいましたが,ゴールデンウィークの日を含めて,休日の私の朝食の定番は,トーストと目玉焼き,それに付け合わせ風の野菜サラダ。トーストの方は,カミさんの気まぐれでご飯になる事があります。
 先日,その朝食を食べながら,niftyのブログネタ(「こんなテーマでブログを書いたらどうですか」という趣旨で,niftyが提供しているネタ帳)に「塩,醤油,ソース…,目玉焼きにかけるのは?」というテーマがあったのを思い出しました。
 子供の頃,確か醤油をかけていました。我が家では皆醤油で目玉焼きを食べていたので,それに従っていただけだと思います。実際,目玉焼きは醤油で食べるものだと思い込んでいて,友人の家でごちそうになったとき,ソースをかけているのを見て,カルチャーショックを受けた覚えがあります。それが今では塩をかけるようになりました。いつの頃から「塩」になったのかは覚えていませんが,醤油だと,時として目玉焼きがはじいてしまい,十分味付けができない場合があったからだと思います。
 休日は目玉焼きとサラダ付きですが,ウィークデイの朝食はトーストと牛乳だけです。仕事に出かける20分前に起きるので,目玉焼きとサラダを食べる余裕がないんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/08

東急武蔵小山駅にロータリー出現

Musashikoyama 何かとおいしい店のある「武蔵小山」。東急目黒線が地下に入り,駅が地下駅になった事は,以前このブログに書いた事があります。それは2006年7月の記事ですしたが,それから3年たって,やっと地上の駅前(というかかつての線路跡)が整備されつつあります。
 地下化前は,駅前が狭く,ロータリーも無かったのですが,地上の線路跡に立派なロータリーが出来つつあります。駅から商店街アーケード入り口まで,屋根付きの歩道ができて,駅から全く雨にぬれずに買い物ができそうです。駅の西側の道路をバスが通っていますが,ひょっとしたらこのロータリーに乗り入れるのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009/05/07

Google,おそるべし?

Google 最近,このブログの記事で,一番見てくださる方が多いのは,「レンタルETCはどうですか?」という記事です。2004年8月に書いた古い記事で,「レンタルETCがあったらいいな」というだけの,ほとんど有益な内容のない記事で,見ていただくのもおこがましいというものです(恐縮!)。まあ,アクセスが多いのは,最近の高速道路1000円化で,なにかとETCは関心を持つ方が多いのだろうと思っていました。
 最近,それと同じくらい見てくださる方が多いのが「すき家,豚丼の販売終了」という記事です。これがよく分からない。こちらの方は2009年4月の記事ですが,「豚丼の販売終了」が「レンタルETC」と同じだけ,世の中で関心をもたれているとはどうしても思えないのです。
 アクセス解析をいろいろ見ているうちに,どちらの記事も,Googleの検索で,「レンタルETC」,「すき家 豚丼」で検索した時,5本の指に入るくらいの上位に並ぶことが分かりました(少なくとも現在は)。やはりブログ記事は,内容に対する世の中の関心度に係わらず,検索サイトで上位に並んでいる記事のアクセス数が多いという結果になるようです。まあ,あたりまえと言えばあたりまえですが,以前,検索サイトによる世論の意図的な形成について書いた事があります。実際,そんな事も本当に可能なような気がしてきます。
 Google,おそるべし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/06

ネット上の昔の地図

Map111Map222Map333Map444 ネット上で東京の古い地図を探していて,みつけました。
 「日文研」,大学共同利用機関法人「国際日本文化研究センター」という組織のサイトです。初代所長が,著名な哲学者である梅原猛氏で,ドナルド・キーン氏なども過去に所属していた事があるようです。ここのサイトの「データベース」の一つとして「所蔵地図データベース」というのがあり,明治時代から昭和までの日本各地の地図が収められています。ただ,地方に関しては,主要都市の一つ,二つくらいしか無いのですが,東京の地図はかなり充実しています。しかも,各地図は,地図上の小さな文字がはっきり読み取れるくらい拡大する事ができます。
 このサイトで,昭和10年の「模範新大東京全圖」という地図を何気なくみていたら,当時の東京郊外であったろうと思われる所に,「○○園」という名所のマーク(三つの点)のついた場所がある事に気づきました。東北沢付近に「大山園」,下高井戸付近に「吉田園」「暁雲園」,碑文谷に「角福園」,目白に「林泉園」。
 「○○園」というと,考えられるのは遊園地,農園,幼稚園のような教育施設または福祉施設・・・。そこでネットで検索してみると,このうち,「大山園」と「吉田園」は,和風庭園を主とした当時の遊覧施設であったようです。つまり今の目黒の「八芳園」や「雅叙園」と同じような感じだったんだろうと思います。「林泉園」は池のある谷戸を公園としたところのようです。ことによったら「大山園」も,「林泉園」と同じような,飲食抜きの庭園だけの施設かもしれません。一方,「暁雲園」と「角福園」は,ちょっとばかりネットで検索してもわかりませんでした。
 古い地図を眺めるのは面白い。古い地図上で興味深い場所があって,でも行ってみると現在は何の変哲も無い街角で,昔の面影が無くてがっかりしたりします。

---<追伸>---------------

 東北沢大山町の大山園は,その昔は明治維新の立役者の一人,桂小五郎(木戸孝允)の農園で,その後ここの持ち主となった鈴木善助という人が「大山園」として庭園を開放したということですが,その跡地,持ち主がいろいろ変わり,今では最近の不況でも特に元気な某アパレル企業の有名な社長さん宅になっているらしいのです。そしてそれは,下の航空写真の場所だと思います。この写真は1948年(昭和23年)のもので,年代的に大山園そのものが写っているのかどうか解りませんが,なんだか庭園らしく見えます。

(国土地理院の国土変遷アーカイブより)
Ohyama_en

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009/05/05

二階堂黎人 編 「新・本格推理 特別編―不可能犯罪の饗宴」

Shin_honkakusuiri 鮎川哲也から二階堂黎人が引き継いで編集に当たっている光文社文庫の「新・本格推理」シリーズは,ノンプロ作家の投稿で成り立っているシリーズです。それが今回は,これまでのシリーズの著者で,プロの作家になった人達が書き下ろした作品を集めた「特別編」です。1篇だけ,ノンプロの投稿作品が含まれています。
 現実にはありえない構造の館や現実にはありえないシチュエーションでの事件。そんな推理小説が好きな私はにはお宝のような本です。新型インフルエンザや1000円高速道路の混雑をおそれて家にいる事が多いこのゴールデンウィーク,「本格推理」三昧の日を送っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/04

荒玉水道道路を散歩

Suido_douro 今日の散歩は,荒玉水道道路。多摩川に近い世田谷区喜多見からJR高円寺駅に近い中野区梅里まで,密集した住宅地の中を9km弱,ほぼ一直線に貫いている道路です。
 荒玉水道とは,多摩川の水を多摩川べりの砧浄水場から中野区の野方配水塔(以前このブログで紹介した事がありますね),板橋区の大谷口配水塔に送る,大正時代に敷設された水道です。その水道管の上が道路になっていて,それが荒玉水道道路です。世田谷区の成城学園に近い東宝撮影所付近から京王井の頭線の永福町付近までを歩きました。とにかく真っ直ぐな道路で,周りは住宅地。終いには,ちょっと飽きてきました。
 ところで,「荒玉水道」の「玉」は多摩川(二子玉川の玉川です),「荒」は荒川だということは分かるのですが,実際には荒川には繋がっていない。どうして「荒」の字が付くのかと思ったら,計画では多摩川と荒川をつなぎ,荒川からも取水する予定だったらしいです。ところが,その第一期工事の多摩川~大谷口間だけが完成したのだとか。

(写真は,京王線桜上水駅付近の荒玉水道道路。google street view映像です。クリックすると拡大します)

Aratama_suidou_2 もう一度ところで,直線の水道道路は梅里で途切れて,野方,大谷口までは至っていません。それから先はどうなっているのかというと,建設当時の一般道路下に水道管が敷設されたそうです。その経路は下の地図に示されています。この地図で見る限り,砧浄水場と野方,大谷口の配水塔は直線上にあるようで,資金的に許されれば,全て直線道路になっていたのかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/03

初めてのバスに乗って

Bus_time_2 知り合いの男の子,小学4年生なんですが,はじめて一人で電車とバスに乗って,転校した友達の家へ行ったそうです。
 その時びっくりした事は,「バスがねえ,なかなか来ないんだよ。」 友人宅へ行くバスが,なかなか来なくて,駅を降りてから30分位待ったそうです。「もうこないのかと思った」との事。
 それはさぞ驚いたでしょうね。なにしろ,その男の子が普段乗っているバスは,左の写真のようなダイヤです。日中の閑散時でも一時間に8本,朝のラッシュ時には一時間に24本もあるのです。つまり,閑散時で7~8分間隔,ラッシュ時には2~3分間隔でバスがやってきます。バスを30分も待つなんて,この男の子には初めての経験だったのでしょう。

(時刻表は,クリックすると拡大します。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/02

マスクは売り切れ?

Mask スーパーの薬品売り場。棚の一段がすっかり空っぽになっています。風邪用マスクの棚です。
 トイレットペーパー,納豆アンチョビバターの次は,マスクですか。ある薬局などは,売り切れで,ガーゼのマスクしかありませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/01

インフルエンザの簡易検査で陽性

 4月30日午後,米ロサンゼルスから成田に着いたノースウェスト航空機で帰国した日本人女性1人が,機内簡易検査でA型インフルエンザの陽性反応が出たとして,救急車で成田赤十字病院へ搬送されました
 この女性は,せきや鼻の症状はあるものの発熱は無いという事で,詳細に検査が行われると同時に,周辺に座っていた人も,10日程度近所のホテルに隔離され,経過観察されるそうです。されに,他の乗客の住所も聴取され,居住地の保険所が10日程度経過をみるとのことです。一人でこの騒ぎなので,続々と陽性反応の人が出てきたら,相当大変な事になりそうですね。
 今回は検疫での発見でしたが,検疫所を除く国内で患者が1人でも出た場合,ウチの娘の大学は全面的に休講となるそうで,ここのところ,インフルエンザのニュースに敏感になっているようです。まあ,確かに学校というのも,人口密度が大きいところではありますからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »