« 6月9日,ボンバルディア機で2件のトラブル | トップページ | 鳩山総務相,辞任 »

2009/06/13

三谷幸喜脚本・監督作品「ザ・マジックアワー」

Magic_hour 三谷幸喜脚本・監督の映画「ザ・マジックアワー」をDVDで見ました。一緒に見ていたカミさんと娘は,ロードショー当時映画館でこの映画を見ていますが,爆笑シーンの前にすでに笑い出していて(思い出し笑いの一種か?),鑑賞効果を著しく阻害するものでした(笑)。
 舞台はギャングのボス(西田敏行)が牛耳る港街「守加護(すかご)市」。そのボスの女(深津絵里)に手を出した・・・というより,普段から憎からず思っていた女の方から誘われてつい手を出したと思われる,ボスの配下でクラブの支配人(妻夫木聡)。その彼は,女の事がボスにばれて,ボスから殺されそうになったとき,ボスの命を狙った殺し屋「デラ富樫」を知っているとウソをつき,デラ富樫を5日間で探すはめになってしまう。そこで,売れない俳優(佐藤浩市)を「デラ富樫」に仕立て上げ,俳優にはこれは映画の撮影だと思わせ,ボスには俳優を本物の殺し屋だと思わせ,その間に立って四苦八苦する・・・,というのがメインのストーリーです。
 全体的に,往年のギャング映画へのオマージュが感じられ,私などはそれに同感するのですが,その大真面目なオマージュの部分がウザイと思う人もいるのではないでしょうか? オマージュのシーンが爆笑の流れを止めるようにも感じられるかもしれません。
 名優である佐藤浩市が,大げさな演技をする大根役者を演じるというのも面白いですが,まるでゴッドファーザーのマーロン・ブランドのような大ボスを演じる西田敏行もすばらしい。恐ろしい大ボスが最後にはいささか滑稽な役回りとなりますが,その両方を実にうまく演じていると思います。
 最後に大団円で終わったと思った後に現れる意外な本物の殺し屋「デラ富樫」。それを売れない俳優が,そして映画のスタッフが,映画の技術を使って追い返す本当のラストシーン。爆笑の流れをを止める昔のギャング映画に対するオマージュシーンも,実はこのラストシーンを生かす為に用意されたのかもしれません。

|

« 6月9日,ボンバルディア機で2件のトラブル | トップページ | 鳩山総務相,辞任 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1297/45197704

この記事へのトラックバック一覧です: 三谷幸喜脚本・監督作品「ザ・マジックアワー」:

« 6月9日,ボンバルディア機で2件のトラブル | トップページ | 鳩山総務相,辞任 »