« 関東甲信越が梅雨明け | トップページ | チャーハンが食べたい »

2009/07/16

なぜ「横浜 奇珍楼」の記事にアクセスが多いんでしょうか?

Access_data2 先日,横浜の中華料理店「奇珍楼」の事を書いた記事が,アクセス数で1位になりました。もう3年も前の記事で,「横浜 奇珍楼」や,まちがえて「珍奇楼 横浜」または「横浜 珍奇楼ねぎそば」などの単語で検索した結果,皆さん,この記事にたどり着いているようです。同じ方が何回も検索しているのかと思ったのですが,リモートホストの所在地がいろいろで,1人の方が検索しているのでもないようです。横浜と奇珍楼の言葉で指し示すのは、やはりあの奇珍楼の事に間違いないと思います。
 いったい奇珍楼に何があったのでしょうね? どうしてこんなに何人もの方が,奇珍楼の事を調べていたのでしょうか?

(左上の図は,ある日のアクセス解析結果で,くりっくすると拡大します。奇珍楼の記事にアクセスが集中しています。)

|

« 関東甲信越が梅雨明け | トップページ | チャーハンが食べたい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なぜ「横浜 奇珍楼」の記事にアクセスが多いんでしょうか?:

« 関東甲信越が梅雨明け | トップページ | チャーハンが食べたい »