« 立川の「かにチャーハンの店」 | トップページ | 太平洋の周りで,連続して大地震発生 »

2009/09/30

立体映像って,これから流行っていくんでしょうか?

Dial_m 先日,某家電量販店に行ったら,3Dテレビのデモをやっていました。テレビは韓国製で,立体テレビ専用の放送チャンネルがあるらしく,その放送を受信していました。
 最近,映画,ゲーム,テレビと,3Dが話題になっています。3D映画が続々と製作されているし,3Dテレビ放送技術が規格化され,パナソニックなどの国内メーカーも3Dテレビを発売するらしいし,9月24日に開幕した東京ゲームショーでは,3Dゲームの展示に人気が集まったといいます。3D映画が結構ヒットしているらしく,ゲーム,テレビもその流行に乗りたいということのようです。
 立体映画といえば,ディズニーランドで短編を見たことがありますが,あの状態を2時間近く続けるというのは,ちょっと苦痛が伴うような気がします。まあ,当時に比べ技術も進化しているのかもしれませんが・・・。
 その昔,1950年代にも立体映画の流行がありました。当時の巨匠アルフレッド・ヒチコックも「ダイヤルMを廻せ!」という立体映画を作っています。しかし,結局数年で下火になってしまいました。何故下火になったのか定かではありませんが,結局,「見世物」でしかなかったという事だと思います(しかし,流石にヒチコックの「ダイヤルMを廻せ!」は,2Dで見てもおもしろい)。
 ということで,立体映像というのは,見世物としての映画では成功しないとは限らないが,テレビでは,結局長続きしないのではないか,やはり一時の流行だと思っています。

(写真は,ヒチコック監督の「ダイヤルMを廻せ!」のDVD。アマゾン書店のホームページより。)

|

« 立川の「かにチャーハンの店」 | トップページ | 太平洋の周りで,連続して大地震発生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1297/46312058

この記事へのトラックバック一覧です: 立体映像って,これから流行っていくんでしょうか?:

« 立川の「かにチャーハンの店」 | トップページ | 太平洋の周りで,連続して大地震発生 »