« 参議院補欠選挙 | トップページ | また湯島天神へ »

2009/10/12

大崎 梢「配達あかずきん」

Haitatsu 久しぶりに創元推理文庫を読みました。大崎梢著「配達あかずきん」は,「成風堂書店事件メモ」という副題の付いた短編集です。
 この作品は,東京郊外の駅ビルの中にある書店「成風堂」が舞台です。ここの店員である杏子とアルバイト店員の多絵の二人が主人公。杏子の遭遇する事件を,大学生の多絵が解き明かします。事件といっても,殺人事件は起こりません。書店のディスプレーがスプレーで汚された事件,入院患者への贈り物の5冊の本を,的確に選んだ書店員,しかし,そんな書店員はこの店にはいない。ではいったい誰が?というフーダニット,書店で買ったコミックを読んで失踪した常連客の事件,本を使った暗号事件などなど。小さな事件かもしれませんが,一つ一つに謎があり,その謎的なサスペンスはなかなかのもので,どの話も興味深く読む事ができます。入院患者への贈り物の事件などは,書店ならではの「見えざる人」テーマの作品であり,そのテーマの歴史に新たな一頁を加えるものです。どの作品もハッピーエンディングであり,読後感がとてもいい作品集です。
 本書はこの作者の処女作らしいのですが,この調子ならば,この作者の作品をもっと読んでみたい。しかし,文庫本になっているのは,まだこの一作だけらしいんですね。

|

« 参議院補欠選挙 | トップページ | また湯島天神へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1297/46329818

この記事へのトラックバック一覧です: 大崎 梢「配達あかずきん」:

» 書評『配達あかずきん』 大崎梢 [身勝手な書評たち -書評のブログ-]
ご存知の通り、 私はめっちゃ本が好きなので、 毎日本屋さんに行きます。 大げさじゃなくて毎日行きます。 もちろん、たまーには行かない日もありますが、 逆に一日に二軒も三軒も行く日がありますから、 平均したら一日一軒は余裕でクリアしてます。 そんな私のような書...... [続きを読む]

受信: 2009/10/17 20:41

« 参議院補欠選挙 | トップページ | また湯島天神へ »