« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009/12/31

紅白歌合戦・・・

Yazawa 矢沢永吉,貫禄でしたね。
 かっこ良かった! すばらしかった!
 それにしても,矢沢永吉をはじめ,アリスやDreams come trueなど,たった数分,1曲歌うだけなのに,まるで彼らのコンサートを見ているような気分にさせてくれる存在感というのは,ただ事ではありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月30日のデパートの食品売場風景

Department 暮れも押し迫った12月30日の昼頃,デパートの食品売り場に行ったら,いつもより多くの人で賑わっていました。人出の年齢層が,クリスマスの時より高いように見受けられました。
 何はともあれ,暮れを実感しますね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/30

キティーちゃんのSDカード

Sd_card 先日,高校生の娘のデジカメに入っているSDカードを取り外してみたら,何とキティーちゃんがついていました。「内蔵して使うものにキャラクターがついていても仕方ないじゃなか」といったら,「わかってないね〜」と言われました。「パンツだって,キャラクターが付いていたり,フリフリだったり,形にこだわったりしているでしょ!」との事。
 何だかえらく納得してしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/29

国交省,新幹線の羽田乗り入れをJRに打診

Shinkansen 前原国交相が,新幹線の羽田乗り入れをJR東海に打診した事が明らかになりました。現在の大井車両基地から羽田まで線路を延伸して東海道新幹線を羽田へ乗り入れさせるという案です。しかしながら,東京駅や品川駅の容量の問題で,JR側は難色を示しているようです。
 このプランは,羽田空港のハブ空港化の一環という事ですが,これは案外航空行政の根幹に関わるプランだと思います。これまでのように地方空港を乱立させるのではなく,ハブ空港から東京に近い地方へは高速鉄道で結ぶという大きなプランの一部になりえるものだと思います。
 できれば,羽田からは東京駅,品川駅経由ではなく,南方に路線を新設して,羽田から直接東海道新幹線へ入れるような路線にして欲しいですね。そうすれば,東京駅や品川駅の容量の問題も解消できます。そして,JR東海の新幹線だけでなく,JR東日本の新幹線も羽田へ乗り入れられるよう計画して欲しい。そして羽田から新幹線で2時間程度の地方を対象とした空港は廃止する。そのような空港には,飛行機もあまりやってこないはずで,新幹線で羽田へ連絡した方がずっと便利だし合理的であるはずです。
 新幹線の羽田乗り入れは,安直な方法を採らずに,未来のことも考えてじっくり案を練って欲しいものです。 ことによったら,新幹線と同じゲージ幅で,空港ビルの地下に乗り入れている京急空港線へ,小型の新幹線車両が乗り入れる事を考えてもいいのかもしれません。また,新幹線に限らず,羽田に在来線も乗り入れられるようにできれば,中央本線沿線,常磐線沿線,千葉方面なども,それら地方の空港を利用するよりも,航空機へのアクセスが格段に便利になります。前にも言った様に,それら地域に空港があったとしても,そもそも飛行機はほとんど来ないんだから・・・。

(写真は,山形新幹線E3系。JR東日本のホームページより。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/28

クリスマスの後の物寂しい気分

Cake 先日,25日の夜にある店の前を通ったら,ウィンドウのクリスマス飾りを刮げ落としていて,なんだか物寂しい気がしたという記事を書きましたが,クリスマスの数日後まで残っているクリスマスケーキを食べるというのも,物寂しい気分になりますね。

(写真は,シンプルな自家製クリスマスケーキ。まだ残っている・・・。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/27

「筆ぐるめ」が何故一位?

Fude_gurume このブログの右側に貼ってある@niftyの「瞬ワード」。Cocologへの検索wordが,多い順に表示されるサービスです。
 25日の「瞬ワード」を見ると,一位が「筆ぐるめ」となっていて,目を疑ってしまいました。「筆ぐるめ」ははがき作成ソフトで,年賀状の時期にそんなソフトが話題になるのはもっともな話なのですが,なぜ「筆ぐるめ」なのか? はがき作成ソフトとしては「筆まめ」とか「筆王」とか,もっと有名でスタンダードなものがあります。
 富士ソフトの「筆ぐるめ」は,何を隠そう私が以前から使っているソフトです。はじめは,もう10年以上前,パソコンを買ったら付いてきたソフトで,それで住所録を作ったために,他のソフトに乗り換えられないでいるのです。操作に少し癖があり,「とても使いやすい」とは言い難いかもしれませんが,慣れれば問題ありません。機能も豊富で,いまさら他のソフトに乗り換える必要性を感じていません。それで毎年,年賀状に特化したバージョン「筆ぐるめ 年賀状」を買って使っています。5000円近い値段の通常版では,暑中見舞いをはじめいろいろなケースでのイラストやサンプル文章などを内蔵しているのに対して,年賀状バージョンは年賀状と喪中の欠礼はがき素材のみを内蔵したものです。ネットでのダウンロード版を買えば,2000円を切る価格で購入できます。
 この種のソフトを売っているショップへ行くと,この種のソフトとしてはどちらかというと隅の方にひっそりと置かれる事の多い「筆ぐるめ」ですが,それが瞬ワードで一位になったのに驚きました。いったい何故?

(写真は筆ぐるめ 年賀状2010版。私はネットからのダウンロードで購入するので,こんな立派な箱は持っていません。富士ソフトのホームページより拝借しました。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/26

クリスマスも終わり

 昨日の午後8時半過ぎ,某キャリア系の携帯電話店前を通ったら,店員さんが大きなガラスウィンドウに貼ったクリスマスのデコレーションを剥がしていました。なかなかとれないらしく,けっこう一生懸命こそげ落としていました。
 それを見て,なんだか物寂しい思いがしました。正に宴の後という感じでした。これから,正月休み突入→大晦日→正月と,別の宴が待っているというのに・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/25

新しいパソコンがやってきた

 新しいパソコンを買いました。写真のように,うちで初めてのWindows7が稼働するパソコンです。

Pc1


 しかし,裏はこんな具合。

Pc2

 アップルマークがついているMacBookです。
 VMware Fusionという仮想化ソフトをインストールして,MacBookの中にWindows7パソコンを仮想的に作ってあります。某英語学習サイトがWindowsにしか対応していないので,このような形にしたのです。たまにインターネットエクスプローラーにしか対応していないサイトがありますが,もちろんそんなサイトもIEで表示できます。Windows付属のソリティアもできる様になりました。
 マイファーストMacでもあります。 でも今まで,娘のMacBookをさんざん使っていたんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/24

電車シールが当たりました。

 遅ればせながら年賀はがきを買いました。
 そうしたらくじ引きがついていて,くじを引いたらシールが当たりました。どういう訳か東急電鉄の電車シールでした。3枚一組になっています。郵便局でなぜこのような「鉄」なものを景品にするのかわかりませんが,「鉄」な私としては,ちょっとうれしい。
(下の写真はスキャナーで取ったもので,古いスキャナーの性能のせいか,色が再現できていません。本物はもっと鮮やかな緑と赤です。)

Seal

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/23

コンビニも売上げ減

Convini 一時,小売りの中でコンビニだけが伸びていた時期がありましたが,昨今はコンビにも消費低迷の嵐に見舞われているようです。12月21日,11月の売上高が前年同月比6.3%減となったと,日本フランチャイズチェーン協会が発表しました。
 タスポ効果がなくなったともいわれていますが,結局無駄なものは買わないようになったんでしょうね。コンビニというと,目当てのものを買うとき,買うつもりのないものまでついつい買ってしまいがちだったのですが,そんな余裕がなくなり,目当てのものだけを買うようになったことも売上げ減の原因の一つだと思います。それにコンビニは基本的に高いんですよね。多少不便でも,安さを求めて,より安い店で買うようになったという事もあるように思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/22

「鳥一代」のランチタイムは,参鶏湯を食べられません

Tori_ichidai 東京港区,JR田町駅東口近くにある「鳥一代」。ここの名物は鶏の煮込み料理「参鶏湯」です。
 そもそも韓国料理ですが,日本風にアレンジしたという参鶏湯は,テレビなどでも紹介され,私も一度食べてみたいと思っていました。
 昼にいってみたら,昼は参鶏湯はないんですね。仕方ないので,雉焼き定食を頼みました。ご飯の量に比べて鶏肉の量が多く,幸せな気持ちになりました(笑)。海苔に区切られて,鶏そぼろものっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/21

大岡山,ハンバーグとステーキの店「King Kong」へ,ふたたび

King_kong1

 以前このブログに記事を書いた事のある,東京大岡山のハンバーグとステーキの店,「キングコング」へまたいってきました。用事で近くへ言ったので,昼食に寄ったものです。
 以前はハンバーグを食べたような気になっていて,今回はステーキにしようと思い,「1日10食限定,赤字覚悟,和牛ステーキ 1300円」というのを頼みました。(事後,前回の記事を見たら,なんとハンバーグではなく,前回もステーキを食べていたのでした。)
 今回のステーキは鉄板ではなく,白く四角い大きな皿の上に載せられ,なんだか上品な感じです。定番のガーリックソースとともに,塩とレモンとワサビが付いてきました。それにサラダとみそ汁が付きます。和風テイストなんですね。
 ステーキは余り厚いものではありませんでしたが,箸で切れるくらい柔らかいもので,おいしくいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/20

地震が頻発していますね

Earthquake このところ地震が頻発していて,なんだか不安です。
 12月17日23時54分に伊豆半島東方沖で発生した地震は最大震度5弱,それからこの辺りで地震が頻発し,18日8時45分頃にはやはり震度5弱の地震が起こりました。伊豆の地震は,体に感じるものだけでも20日0時現在,230回を超えているそうです。その他の地方でも,18日5時41分に栃木県南部で震度4,18日12時13分には奄美大島近海で弱い地震が起こり,南の方でも地震が起こったと思ったら,19日22時2分には台湾付近で地震が発生して沖縄で震度3程度の揺れを観測しました。この地震,マグニチュード6以上の地震で,台湾では窓ガラス,ガス管の損傷や火災が発生したとのことです。
 伊豆の地震は火山性で,プレートの跳ね返りが関係する大地震の予兆ではないということですが,この台湾の方はちょっと心配です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/19

犯罪の猟奇化?

 12月18日,東京都瑞穂町で,帰宅した女性がアパート外の廊下にクーラーボックスが置いてあるのを発見し,あけてみたら同居女性の遺体だったという事件がありました。女性は裸で入れられており,セメントがかけられていたという事です。
 また,12月16日には,新宿百人町のフタのしてある排水溝で,男性遺体が発見されました。また,11月には島根県立大女学生のバラバラ遺体が発見された事件もありました。
 なんだかここのところ,普通ではない状態の遺体が発見されるケースがやたら多いように感じます。統計的に,最近多くなっているのでしょうか? もしそうなら,何か社会の変化と関係しているんでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/18

新型インフルエンザによる死者,世界で1万人突破

Influenza_2_2 WHO,世界保険機構のフクダ事務局長特別顧問が,12月17日の記者会見で,世界の新型インフルエンザによる死者が1万人を突破したと発表しました。
 WHOの調査では,新型インフルエンザによる死亡率は,日本が100万人あたり0.2人,それが例えばアメリカは3.3人,イギリスは2.2人,南半球のオーストラリアは世界的な流行初期が冬だったせいもあってか8.6人だそうです。日本の死亡率が他国に比べて非常に低いのが目立ちます。
 この理由として,日本には保険制度があって,熱が出ただけですぐ病院に行くから重症化しないのだとか,保菌者が発症する割合が高い民族で,保菌者中の死者の割合としては世界共通レベルであるが,発症者に対する死者という統計では低率になってしまうという説など,いろいろ理由は考えられるようです。私などは,日頃日本人はすぐマスクをつける習慣があり,それが大量の菌を体内に入れる機会を減らしている事もあるのかなと,素人なりに考えています。外国では,マスクをつけた人というと余程の重病者だという認識があるらしく,まして予防の為になどマスクをつけないのが普通だという事です。そんな習慣の違いも,死亡者率の違いになって現れているのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/17

スパコン復活へ

 事業仕分けで凍結とした次期スーパーコンピュータ予算が復活される事になったそうです。
 「2位ではだめなのか」という事業仕分けを受けて,施設費など29億円しか認めないとしていた予算ですが,2010年度予算で227億円を計上することになり,文科省の概算要求,268億円より15%程削減されたものの,スパコン開発が続けられる事になるようです。
 ノーベル賞科学者などの働きかけが功を奏した形ですが,以前このブログで書いたように,将来への投資も必要ですからね。
 しかし,この不況のため,富士通以外のコンピューターメーカーがプロジェクトを降りてしまったというスパコンは,予算はついたものの,前途多難かもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/16

閣僚同士の対立が,民主党スタイル?

Cabinet 藤井財務相が農水省に「事業仕分けで求められた基金の返納に応じていない」と指摘した事に対して,農水相が「事実と違う」と反発したり,長妻厚労相と原口総務相の,子供手当の財源を国費で賄うか地方自治体に負担させるかを巡る対立など,閣僚間の対立や意見の違いが目立ちます。
 おそらく自民党時代も,このような対立はあったのに水面下で調整され,国民の目の前には現れなかった事でしょう。このような対立を見せられる事になれていない国民は,なんだか不安になるのですが,おそらくこれが民主党スタイルなのでしょう。悪い事ではないと思います。国民も,このような情報に慣れないといけませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/15

3D映画やテレビは,隆盛になっていくのか?

Jaws 12月14日のNHKクローズアップ現代で,3D映画やテレビのトレンドを紹介していました。
 全体的に言って,「これからの映像は3Dの時代」という意図でしたが,どうなんでしょうね。以前このブログで書いたように,3D映画などは昔からあり,しかも1950年代にはブームがあったし,3Dビデオもビデオディスク時代にありました。番組の中で紹介された,右と左の映像を交互にテレビに映し出し,それと連動した液晶シャッター付きの眼鏡で見るという方法は,ビクターのVHDディスクで実用化され,1980年代に実際に発売されていた方法です。
 なんだか,古い方法を持ってきて,それに過度に期待を寄せているような気もするんですが・・・。まあ,問題は方式よりもコンテンツ次第という事ではあるんでしょうね。

(写真は「右と左の映像を交互にテレビに映し出し,それと連動した液晶シャッター付きの眼鏡で見るという方法」によって発売されたVHDディスク「JAWS 3D」。1985年頃発売されたビデオディスク。ヒチコック監督の「ダイヤルMを廻せ!」とか「肉の蝋人形」とか,1950年代の立体映画ブームの時に製作された昔の立体映画が,立体VHDディスクで売り出されたのが1980年代。その1980年代も,プチ立体ブームだったようです。さすがに名作,「ダイヤルMを廻せ!」の全編立体バージョンVHDビデオディスクは,某オークションサイトで,今では10000円の値段が付いていました。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/12/14

今年の漢字

Bou 12月に入って,いろいろな所で「今年の一文字」という企画をやっています。
 私の場合,今年の漢字と言えば,「忙」でしょうか。なんだか仕事が多忙。12月に入って,さらに多忙になりました。まあ,何のかんの理由を付けて,これまで延ばし延ばしにしてきた打ち合わせが,年末になってもう延ばしきれなくなってドッと入ってしまったという事なんで,自業自得なんですが・・・。
 「この不況に仕事が多忙とは!」とお思いかもしれませんが,不況で自然減の退職者の補充がなされず,残された者は多量の仕事を抱える事になったという事です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/13

モノレールは鉄道として受け入れますか?

Monorail 毎週木曜日,NHK総合で夜の10時からやっている番組「ブラタモリ」。タモリが東京の町を,古地図を持ち,その土地を良く知っている人と歩くという番組で,同好の士でなくては多分何も面白くないだろうと思われる番組です。私は同好の士であるので,時間的に都合が付く限り見ています。街歩きに於けるタモリの独特の目線というものがあって,まったく同情を禁じ得ない番組です。
 12月10日の放送は,品川から東京湾岸ぞいに北上して台場のあたりまで舟でたどっていましたが,その途中,東京モノレールが走っているのを見て,「鉄道ファン(タモリは鉄道ファンです)の中で,モノレールを鉄道として受け入れる人と受け入れない人がいる」という話をしていました。タモリは鉄道とは見なさない派らしいのですが,私は鉄道として受け入れるのに全く問題ありません。ケーブルカーもいけます。原理的に,ケーブルカーが垂直になったのがエレベーターですが(エレベータにもレールがあって,ワイヤーで引っ張っていますから),エレベーターまでくると,もう受け入れられません。そんな話を友人にしたら,「じゃあ,何度までなら受け入れるんだ」と言われましたが,角度の問題というわけではないんですがね。
 ロープウェイはいけます。法律上は鉄道の扱いを受ける(法律用語では無軌条電車という)トロリーバスは・・・うーん,微妙ですね。

(写真は,東京モノレールのホームページより。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/12

GMが,日本市場に小型車投入

Vita 米GMが,2010年後半に,日本市場に小型車を投入するという報道がありました。
 1400CCクラスで,韓国で開発された車種らしいんですが,シボレーブランドになるらしいです。前にもこのブログに書いた事がありますが,アメ車の小型車というのはどうなんでしょうね。大型でばりばりガソリンを食って走るからこそアメ車なんで,小型車では,何もアメ車に乗る必要も魅力も無いように思います。

(写真は,2005年まで日本で販売していたGM系の小型車,オペルヴィータ。オペルは,アメ車というよりドイツ車というイメージだったのですが・・・。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/11

エドワード・D・ホックの「サム・ホーソーンの事件簿VI」

Sam エドワード・D・ホックの「サム・ホーソーンの事件簿VI」を読了。
 サム・ホーソーンシリーズもこの第6巻で最後です。著者のホックが,昨年亡くなってしまったからです。最後の12篇が収められています。
 ここで描かれているのは,日本の真珠湾攻撃から始まる戦時下のアメリカニューイングランドの田舎町,ノースモントで起こった不可能犯罪を解決するホーソーン医師の活躍です。この田舎町,のどかそうなのに異常に不可能犯罪が多発する町です(笑)。
 ホックの他のシリーズにも言える事ですが,第1巻から第6巻まで,作品のクウォーリティーが変わらないのがすばらしい。
 ミステリー以外のところで,第二次世界大戦下のアメリカでガソリンの配給制が始まり,あまり車を使えなくなった事や,金属類の供出の話などが描かれ,戦時下といえども当時の日本に比べて豊かだったと思っていたアメリカでも,そんな事が行われていたという事を初めて知りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/10

インドネシア料理「スラバヤ」で昼食を

Indonesian_food 港北ニュータウン,センター北駅近くにあるショッピングセンター,「ノースポートモール」内のインドネシア料理店「スラバヤ」で昼食をとりました。
 ランチメニューの中から,ナシゴレンのランチセットを注文しました。炒飯の上に目玉焼きと海老せんべいが載っています。焼き鳥風の串焼き,サテも付いていました。それとスープはチキンのさっぱりウコンスープ。紅茶のようにレモンの輪切りを入れていただきます。食後にココナツミルクの中に果物を入れたデザートとインドネシア風のコーヒーが出てきました。粉コーヒーを使ったもので,ミルクや砂糖を入れてかき混ぜた後,しばらくそのままにしてコーヒー粉を沈殿させます。後にどろっとした粉コーヒーが残りました。
 これで980円というのはお得感があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/09

「お茶漬け膳 八十八楽」で昼食を

Komeraku 六本木一丁目のアークヒルズ(六本木ヒルズではないですよ)内の「お茶漬け膳 八十八楽」で昼食。「八十八楽」は「こめらく」と読むようです。
 豚肉の八丁味噌炒めとお茶漬けのランチ。玄米ご飯と茶漬け用のだし汁はお代わり自由。カウンターに,おひつとだし汁の入ったポットが用意されていて,客が自由におかわりするようになっています。だし汁は透明な鰹だしと豚骨だしの2種類があり,私は豚骨だしを頼みました。
 初めはだし汁をかけずに,豚肉でご飯をいただき,次にお茶漬けで2杯おかわりをして,都合3杯のご飯をいただきました。もうお腹いっぱい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/08

田町駅前で鰻丼を

Unagi 港区田町駅前で,昼食時,初めて入った焼き鳥の店。
 焼き鳥の店なのに,ランチのメニューに鰻丼がありました。900円だというので,うなぎの大きさに期待しないで待っていたのですが,やってきた畝丼は結構立派。感動したので写真を撮りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/07

仲町台の地中海料理 「Piatto del Jorno」

Piatto_2

 港北ニュータウン,仲町台の地中海料理の店,「ピアット デル ジョルノ」。散歩の途中で初めて立ち寄った店でしたが,中に入ってみると雰囲気もいいし,料理もおいしいし,すっかり気に入りました。
 写真は,手前がランチの「今日の肉料理」である「ポークの香草パン粉焼き」,向こうは「今日の魚料理」の「カジキマグロのグリル」。ポークの方はフォンドボーソース,カジキマグロの方はトマトクリームソース。どちらも優しい味でした。これらのランチは,パンかライス,食後の飲み物がついて1100円。お値段もお手頃です。ランチにはその他にパスタも2種類あります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/06

「科学」「学習」の休刊

Furoku_2 学研の学年別学習雑誌「○年の科学」と「○年の学習」が,今年度末までに休刊となる事が発表されました。
 私も,ある時期「学習」を,またある時期は「科学」をとっていました。今回の発表について,「雑誌の休刊」という言い方がされていますが,実際のところ,私の目当ては付録でした。今の小学生は,あの付録を欲しいと思わないんだろうか?

(写真は6年の科学の付録,電気メッキ実験セット。学研のホームページより。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/05

ANAが米航空2社と日米間の旅客航空事業を統合

Ana 全日空とアメリカのユナイテッド航空,コンチネンタル航空の3社は,日米間の旅客航空事業を事実上統合する方針を固めました。3社の太平洋便を一体運営して,路線や便数を効率的に割り当てたり,営業や空港窓口業務などを集約したりして,収入増とコスト減を狙うとの事です。
 地方空港への就航など航空行政に左右され,航空機の選定でさえ政治に左右され,天下りの受け皿となってきた御用会社,JALとは対照的に,民間はやる事が早いですね。そのうち,スターアライアンス航空とかになるんでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/04

北朝鮮で,住民が抗議行動

N_korea 新聞報道によると,北朝鮮でデノミが行われ,商品の売買停止や新貨幣への交換制限などを政府が行ったことが原因で,各地で住民の抗議行動が起きているとの事。
 デノミ自身は,統制が効かない闇市場の商売人たちから金を吸い上げるのが目的という事ですが,闇で生きなくてもいい手だてを施す事無しに,闇でやっと生きている人々を弾圧しているという事ではないんでしょうか?
 北朝鮮国内の情報は,ガセであったり針小棒大であったりして,今回の抗議行動もどのくらいの規模なのか分かりませんが,こんな事から,状況が住民にとっていい方向に動いていくのでしょうか。

(地図は,Google mapより。北朝鮮だけ真っ白で,世界からの疎外感が漂っています)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/03

実感するデフレ

Matsuya 久しぶりに入った地元のラーメン屋さん。あれっ,値段が改定されている。
 値段が安くなっているんです。以前は各種トッピングの入った1100円のラーメンがあったのに,1000円台のメニューはなくなってしまいました。各種トッピングを全て盛り合わせたラーメンは,ある意味,バブリーなもので,この時代にふさわしくないのは確かです。
 また,某アメリカンレストラン。以前はランチでも1000円以上のメニューだけだったのに,たいていのものが1000円以下になっていました。
 そういえば,松屋の牛めし,豚めしなども値下げになったようだし,こんなところでもデフレを実感します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/02

今年も,黄色いじゅうたん

Icho_3 イチョウの葉が色づき,それが落葉の季節になりました。
 黄色いじゅうたんが,いろいろなところで見られます。

(横浜市,日吉駅前の慶應義塾大学入口の銀杏並木で)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/01

「てんや」の牡蠣天とマツタケ入りかき揚げ定食

Tenya1 先日,散歩に出て,昼時になったので昼飯に何を食べようかと,見たら「てんや」の前だったので,また入ってしまいました。たまたま黒烏龍茶も持っていた事だし・・・(笑)。
 先日は牡蠣天とマツタケ入りかき揚げ丼でしたが,今日は同じものの定食にしました。定食は丼+100円になります。先日の丼は,盛り方が上手かったのですが,今日の店はちょっと天ぷらの盛り方が下手ですね。
 ・・・というのは,もう1週間以上前の事です。今日,「てんや」の前を通ったら,既にこの秋メニューは終わりになり,冬メニューに代わっていました。11月25日から始まったという冬のメニューは,ずわいがにと活〆煮穴子だとか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »