« クリスマスも終わり | トップページ | クリスマスの後の物寂しい気分 »

2009/12/27

「筆ぐるめ」が何故一位?

Fude_gurume このブログの右側に貼ってある@niftyの「瞬ワード」。Cocologへの検索wordが,多い順に表示されるサービスです。
 25日の「瞬ワード」を見ると,一位が「筆ぐるめ」となっていて,目を疑ってしまいました。「筆ぐるめ」ははがき作成ソフトで,年賀状の時期にそんなソフトが話題になるのはもっともな話なのですが,なぜ「筆ぐるめ」なのか? はがき作成ソフトとしては「筆まめ」とか「筆王」とか,もっと有名でスタンダードなものがあります。
 富士ソフトの「筆ぐるめ」は,何を隠そう私が以前から使っているソフトです。はじめは,もう10年以上前,パソコンを買ったら付いてきたソフトで,それで住所録を作ったために,他のソフトに乗り換えられないでいるのです。操作に少し癖があり,「とても使いやすい」とは言い難いかもしれませんが,慣れれば問題ありません。機能も豊富で,いまさら他のソフトに乗り換える必要性を感じていません。それで毎年,年賀状に特化したバージョン「筆ぐるめ 年賀状」を買って使っています。5000円近い値段の通常版では,暑中見舞いをはじめいろいろなケースでのイラストやサンプル文章などを内蔵しているのに対して,年賀状バージョンは年賀状と喪中の欠礼はがき素材のみを内蔵したものです。ネットでのダウンロード版を買えば,2000円を切る価格で購入できます。
 この種のソフトを売っているショップへ行くと,この種のソフトとしてはどちらかというと隅の方にひっそりと置かれる事の多い「筆ぐるめ」ですが,それが瞬ワードで一位になったのに驚きました。いったい何故?

(写真は筆ぐるめ 年賀状2010版。私はネットからのダウンロードで購入するので,こんな立派な箱は持っていません。富士ソフトのホームページより拝借しました。)

|

« クリスマスも終わり | トップページ | クリスマスの後の物寂しい気分 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1297/47116173

この記事へのトラックバック一覧です: 「筆ぐるめ」が何故一位?:

« クリスマスも終わり | トップページ | クリスマスの後の物寂しい気分 »