« フレッシュネスバーガーのスパムバーガー | トップページ | 曲がったキュウリは,味も品質もかわらない?? »

2010/03/02

東京府中のラーメン店「麺創研 かなで」

Kanade 東京都府中市,その府中駅前の小路にあるラーメン店「麺創研 かなで」。建物は古いものの,店の構えは新しく奇麗な店でしたが,ここで昼食をとりました。初めて入るラーメン店です。
 食べたのは,支那そば700円也にチャーシュー200円,味玉100円,メンマ100円のトッピング。出てきた印象は,上品で薄味かなといった感じ。チャーシューが大きい事,メンマの穂先具合が大変よろしいという事。特に私はメンマが異常に好きなので,これはうれしい事です。麺は比較的細め。自家製麺らしいです。
 箸で麺を持ち上げて口元に持ってくると,昔ながらの支那そばの香りがします。この香りと穂先から根元までを長く使ったメンマの見た目によって,食べる前からもう「贔屓にするぞ」という感覚に襲われました。
 食べてみると,薄味かと思っていたのに対して結構塩気が効いています。麺の腰も特に強いという訳ではありませんが,ちょうどいい調子です。大きなチャーシューは一口ではいけません。このチャーシューにもっと風味があれば,なお素晴らしいラーメンになったでしょう。味玉はいい具合の半熟でしたが,以前驚くほどおいしい味玉を食べた事があり,それが私の基準になってしまっているので,もう一歩といったところです。
 全体的には,なかなかおいしいラーメンでした。とにかく,あの穂先感満点のメンマだけ考えても,またこの店に来たくなりました。

|

« フレッシュネスバーガーのスパムバーガー | トップページ | 曲がったキュウリは,味も品質もかわらない?? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京府中のラーメン店「麺創研 かなで」:

« フレッシュネスバーガーのスパムバーガー | トップページ | 曲がったキュウリは,味も品質もかわらない?? »