« ニュースが消える・・・ | トップページ | 笹寿司の「国産」 »

2010/12/11

新しい靴を履くと右足だけが痛くなる

Shoes 新しい靴をおろしました。買ってあったのをすっかり忘れていて,玄関の天袋を整理していたときに見つけたものです。
 ここ数年来,おろしたての新しい靴を履いた時,右足の足首の後ろというか,かかとの上の細い部分が,靴の後ろの縁(バックステイというらしい)に当たって痛くなるのです。それが2〜3日,履く度に続き,皮膚がこすれて皮が剥けてしまいます。
 そうなるのは右足だけ。左足は何ともありません。そこで,靴の履き初めには,バンドエイドをかかとの上の部分に貼って靴を履きます。すると2〜3日で,その靴を履いても痛くならなくなります。バンドエイドも必要なくなるのです。
 痛くなる右足と痛くならない左足では,どこがどう違うのか,履き初めと2〜3日経った後ではどう違うのか,さっぱりわかりません。まあ,その靴に慣れるという事なのか,靴が慣れるのか,何だか不思議な気がします。

|

« ニュースが消える・・・ | トップページ | 笹寿司の「国産」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1297/50050116

この記事へのトラックバック一覧です: 新しい靴を履くと右足だけが痛くなる:

« ニュースが消える・・・ | トップページ | 笹寿司の「国産」 »