« 富山県内でO157集団感染 | トップページ | 今度は8月辞任が最有力? »

2011/06/05

内閣不信任案否決以降,混迷が続く

Gijido 菅内閣不信任案否決から2日目。当初はこのブログにも書いたように比較的肯定的に受け取り,これで一段落付いて,与党も結束が固まり,野党も折れて,ある程度挙国一致ができる情勢になるかと淡い期待があったのですが,どうしてどうして,菅首相の辞任時期をめぐって菅対鳩山が対立し,民主党内は以前より混迷と混乱を来たしています。問題は辞任時期をめぐり,投票直前の両者の会談で言った言わないという話ですが,現首相と前首相の言い草としては,なんともお粗末です。
 しかし,民主党も野党も,菅辞任以降どのような体制になるのかを示す事ができず,菅首相が辞めた方がいいのか原発が収束するまで続投した方がいいのか,また菅以降の体制が,菅首相よりも迅速に,かつ効果的に震災復旧や原発事故収束に対処できるのか,国民は判断できません。不信任案投票では,共産党と社民党は,だからとりあえず不信任決議には賛成しなかったわけです。これまでの菅政権の震災復旧に対する動きや原発に対する対応に問題はあるが,菅首相の続投も致し方ないと思っている国民が多いというアンケート結果も存在しています。
 今回の投票後の混乱は,菅首相が早急に辞めれば収集できるのかもしれませんが,それでもっとましな政府ができるのかどうかもわかりません。いったい私たちはどうしたらいいんでしょう。

|

« 富山県内でO157集団感染 | トップページ | 今度は8月辞任が最有力? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 内閣不信任案否決以降,混迷が続く:

« 富山県内でO157集団感染 | トップページ | 今度は8月辞任が最有力? »