« 昨日の東京地方は鉄道の運行支障多し | トップページ | 東京地方の気温は連日の30℃超え »

2011/06/23

府中の豚骨ラーメン店「節」

Fushi 東京府中のラーメン店「節」に入りました。
 府中に行った時いつもの入る「麺創研 かなで」と,同経営の「紅」の店が交換され(小路を挟んで向かい合っているのですが),現在「かなで」は旧「紅」の場所で「かなで・改」として営業しています(店の交換は3月11日の震災が契機となっているらしいんですが・・・)。「改」と称するのは,スープがにぼし味に変わったからのようで,それを聞いてかねがね是非食べたいと思っていたのです。ところが,店の大きさから以前より席数が格段に減ってしまい,満員で行列ができていました。
 そこで,同じ小路にある別のラーメン店「節」に入りました。ここは別名「九州男児」という名前がついており,バリバリの豚骨ラーメンです。
 店に入ったとたん,大声で客を迎え,動物系の匂いがぷんぷんしてきて,床が油でぬるぬるという,もう絵に描いたような豚骨ラーメン店です。ここで白潮豚骨らーめんというのを頼みましたが,まさしくこってりの豚骨ラーメンでした。
 食べた感想としては,豚骨ラーメンとしてのそれなりの風味がもう一つであり,まあ,申し訳ないですが,そこそこという感じがしました。
 実際のところ,端正な「かなで」のラーメンを食べるつもりでやってきて,それが果たせずに別の店に入って,ある意味「かなで」とは真反対のバリバリの豚骨ラーメンを食べたという状況であり,正当な評価ができていないのかもしれません。そういう意味でもう一回,入ってみようかという気もあるんですがねえ・・・。

|

« 昨日の東京地方は鉄道の運行支障多し | トップページ | 東京地方の気温は連日の30℃超え »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 府中の豚骨ラーメン店「節」:

« 昨日の東京地方は鉄道の運行支障多し | トップページ | 東京地方の気温は連日の30℃超え »