« 森繁拓真「となりの関くん」(コミック) | トップページ | 紳助さんの代りは? »

2011/08/25

久しぶりの海南鶏飯

Kainankeihan 以前紹介した水道橋の海南鶏飯店。店名と同じ「海南鶏飯」という蒸し鶏料理をはじめとする,シンガポール料理の店です。神保町の古本屋に行った帰り,久しぶりにこの店で海南鶏飯を食べました。
 以前このブログを紹介したのは,もう2年前,2009年7月のことでしたが,その時の記事を見ると当時は880円+増量200円だったようです。ところが,今回は850円+増量200円で,どうしたわけか安くなっています。
 海南鶏飯は,写真の通り,蒸し鶏,チキンスープで炊いたご飯,それにチキンスープが付いています。蒸し鶏に味はなく,小皿に盛った三種類のソースをつけて食べます。鶏肉の好きな人なら,おいしく食べられるでしょう。
 私は,ここ水道橋と支店である汐留店で食べた事があります。もう一つ,こことは別の系列の「海南鶏飯食堂」というのが恵比寿にあって,少し構成が違いますが,三種類のソースで蒸し鶏を食べるのは同じです。しかし,このソースが,どれも甘いのですね。いつも甘くないラー油の塩味またはポン酢などで食べてみたくなります。
 「海南鶏飯」という店は,水道橋が本店で,その他汐留シティーセンター,赤坂TBS構内のBIZタワー,恵比寿ガーデンプレースにあります。水道橋以外はかなりオシャレな場所で,値段もそれなりに違うようです。本店の水道橋店は吉野家の二階にあり,一番庶民的です。

|

« 森繁拓真「となりの関くん」(コミック) | トップページ | 紳助さんの代りは? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1297/52525987

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの海南鶏飯:

« 森繁拓真「となりの関くん」(コミック) | トップページ | 紳助さんの代りは? »