« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012/08/25

9月3日まで,ブログを休止します(かもしれません)

 ちょっと海外へ行ってきます。今回はパソコンを持って行きません。iPhoneを持って行きますが,現地のWi-Fi環境が分からないので,ブログを更新できるかどうか分かりません。
 そこで,最悪,9月3日まで,10日間程このブログの更新が行えないかもしれませんので,ここにお知らせしておきます。また帰って来たら「よろしく」という事で・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/24

喜多方ラーメンで昼食を

Koboshi

 ラーメンというのは時々無性に食べたくなるもので,今日の昼食は喜多方ラーメンの「小法師」でラーメンです。
 「小法師」は喜多方の坂内食堂の流れをくむラーメン店です。今日は普通のラーメンに味玉子とメンマのトッピングを加えました。
 腰のある麺の,あっさりした醤油味のラーメンを堪能しました。
 しかし,ラーメンというのは,今回の「小法師」といい以前紹介した「代一元」といい,写真にするとなかなか絵になると思いませんか? そう思うのはラーメン好きだけでしょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/23

「ステーキけん」でヒレステーキを

Steak_ken

 横浜市港北ニュータウンで,数年前まではサンマルクレストランだった所が,「ステーキけん」というステーキファミレスになりました。ちなみにサンマルクは,ベーカリーレストラン「サンマルク」が減少し,代わりに「サンマルクカフェ」が増殖しています。
 さて,知人とこの「ステーキけん」に行ってみました。「ステーキけん」は知人も私も初めてでした。
 サンマルクだったレストランをほとんどそのまま使っているようで,雰囲気はサンマルクレストランのようです。頼んだのは,ヒレステーキ150g。ヒレステーキはこの店で一番高いメニューです。牛肉はアメリカンビーフとのことでした。
 料理をたのめば,スープバー,サラダバーwithゼリー系のデザート,それにライスは食べ放題,カレーも食べ放題です。ドリンクバーは別料金で,ここら辺はステーキガストと同じシステムですね。ただし,12時までに入れば,ドリンクバーも無料になります。また別料金でアイスクリームバーがありました。
 サラダの種類は,ステーキガストの方が多少豊富のように思います。ステーキがストにあった食べ放題のパンも,こちらにはありません。
 料金はランチが880円,その他は全ての料理が1000円を超えているようで,ステーキガストより高めです。
 さて,ミディアムレアで頼んだステーキは焼き方も申し分なく,周りのミディアム具合,中心のレア具合も程よく仕上がっていました。塩糀ポン酢ソースで食べたのですが,柔らかくおいしいお肉でした。
 しかし,これで2500円を超える値段というのは,少々高めのような気がします。以前紹介した川崎子母口の単独ステーキハウス「カナディアン19」で,150gのかなり立派なヒレステーキが1680円だった事を考えると,サラダバー等がついている事を考えてもちょっと高めだと思います。まあ,「カナディアン19」のコストパーフォーマンスの良さは,ウチの近所では評判で,比べるのもかわいそうなのですが・・・。それに「カナディアン19」はランチ営業を行っていないし・・・,ランチで本格的なステーキを食べようと思うと,選択肢は限られます。
 この「ステーキけん」は,以前うちの近所にもあってよく通った「ふらんす亭」も運営しているようで,濡れティッシュの袋には「ふらんす亭」の名前も書いてありました。そういえば,「ステーキけん」には,「ふらんす亭」名物の「レモンステーキ」もありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/22

フレッシュネスバーガーの「フルーツバーガー(マンゴー)」

Freshness

 フレッシュネスバーガーの「フルーツバーガー」です。期間限定のバーガーで,8月18日に販売が終了しているのではないかと思います。食べたい方は,また次に発売されるのを待たねばなりません。
 フルーツバーガーは,ハンバーガーに大きくカットされたマンゴーがデーンとのっているもので,ミートパテの塩味とマンゴーの甘い味のハーモニーが美味しい一品。
 クラッシックバーガーの一つで,ミートパテのジューシーさが半端でなく,肉汁がたれるのを気にしながら食べる必要があるという品です。
 まあ,これで600円というのは,ちょっとばかし高い気が・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/21

相変わらずのスパムコメント,トラックバック

Spam このブログのプラットフォームであるココログは,自動的にスパムコメントとスパムトラックバックを排除する機能があります。スパム以外の全てのコメントやトラックバックの公開には,ブログ管理者(つまり私)の了解が必要になっていますが,自動的に排除されたスパムは,その公開前のコメントおよびトラックバックリストにも現れず,管理者の知らないうちに,30日の隔離保存期間を過ぎたら自動的にこの世から抹殺されてしまいます。
 このスパム,30日の間に何百件と来るのですが,その隔離されたスパムコメントやトラックバックをタマに覗くと,結構面白くバカにできます。
 トラックバックの方は日本語のサイトに誘導する事が多いです。芸能人を扱ったエロ関係のブログなどです。最近ではオリンピックがあったので,スポーツ選手のエロ関係ブログもあります。
 一方,スパムコメントの方は,英語を初めとした外国語が多いのです。その始まりの文章は,「The truth just shines through your post.」とか,「Great article, thank you again for writing.」など,感謝の言葉や賞賛の言葉で始まるのが常で,これもまた笑えます。しかし,どうも投稿者の名前をクリックすると,それなりの変なサイトへ導かれる様です(やった事は無いんですが)。前述の様に,スパムコメントの大部分は外国語ですが,日本のスパムコメント製作者の皆さんもがんばってください。
 スパムコメントもスパムトラックバックも,それを投稿した記事の内容とは何の関係もないもので,スパムとして隔離されていなくても,それだけでも公開に値しないものです。

(上の写真のスパムは,スパムコメントともスパムトラックバックとも関係ありません(もちろん)。こちらのスパムは,マヨネーズを添えておにぎりにして食べると極めておいしいもので,私は大好物です。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/20

PodCastの受難

Kerorog ここのところ,PodCastの配信サービス,ケロログの具合が悪く,全く落ちてしまったり,サイトは見られるものの画像の一部が表示されないなど,一部復旧しては落ち,一部復旧しては落ちという状態で,それに業をにやしたPodCastの配信者さんが,続々とSeeSaaなど他のサーバーへサイトを移しています。
 それに伴って,聴取者である私たちも,iTunesなどの設定を変更する必要があります。私の場合,MacBook,Windows PC,iPod touch,iPhoneと,4つのiTunesやPocCast受信ソフトの設定変更を行う必要があり,なかなか忙しい事になっています。
 ケロログさんは,現在ではPodCastよりもちょっとした自作自演曲の配信に使われる場合が多くなっているらしいので,それらに曲の発表と比較して重いPodCastを切り離すいい機会かな?
 さて,PodCastがひと頃より衰退し,引っ越し先のSeeSaaなども,「いつまでPodCast対応をするか・・・」という方もいます。しかし,あまりPodCastの衰退は感じていないんですがね。PodCast黎明期の爆発が終わって,しかるべきところに落ち着いたという感じで,爆発期のお祭りが終わって,「いいふうになった」という気がしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/19

Twitterとブログ

Twitter

 長い文章が苦手なので,ブログではなくTwitterで意見を発信しているという知人が居ます。長い文章が苦手だという割には,Twitterの140文字制限も何のその,Tweetの終わりに「続く」を連発して,一つの主題で2〜4個も投稿する事もあります。
 Twitterはミニブログなどと言って,ブログの一種だと思っている方も多いでしょう。ところが,決定的に違うところがあります。ブログはGoogleなどのポータルサイトでの検索で記事が引っかかってくるのに対して,Twitterでは引っかからないのです。以前,「ブログは読み捨てられる週刊誌ではなく,数年前の記事にまで検索で訪れる方がいるムックの様なもの」と書いた事がありますが,数年前の記事にも読者が居るのです。このブログにも,Googleのロボット,Googlebotが毎日の様に訪れ,何やら収集している様です。しかも,最新作だけでなく,かなり古い記事も見ているのです。
 知人には,「ちゃんと意見を言うには,Twitterではなくブログの方がいいよ」と言っているのですが,なかなかブログを始めようとはしません。長文が嫌いならブログで140文字の記事を書けばいいのです。ツイッターに「・・・なう。」式の「現在何をやっているか」という記事ではなく,何かしっかり意見をいうなり,何かを紹介するなりしたい場合は,やはりブログをお勧めします。だいたい,Twitterでフォローしているサイトが増えると,せいぜい一回のTwitter閲覧で10個程度のツイートを見るだけで,「あとのツイートにはごめんなさい」状態で流れ去るに任せるという事になるんですから。まあ,特に興味のある方については,過去にさかのぼってほとんどのTweetを見るという事はありますが・・・。
 またブログもTwitterもやっていない友人は,「ブログだとある意味気取ってしまいい本音が出しにくいが,Twitterだと気楽に本音をかけるのではないか?」といいますが,これは間違いですね。Twitterも,自分のTwitterが発見され,周囲に広まってしまい,先輩や上司や家族がアクセスする様になってくると,どうしてもそれを意識しないわけにはいきません。Twitterだって,バーチャルな世界に隠れていられなくなります。どうしても言葉を選んだり,当たり障りの無い事しかつぶやかない事になってしまいます。ブログはいくらでも文字数を使えるので,誤解を防ぎ,真意を伝えやすいという事があると思います。その意味で,自分の本音も言える範囲が増えるとも言えます。ブログではある程度文章にも気を配り,読み直して推敲などを行って(私のブログは,書きっぱなしの事も多いですが),ある程度形を整えてアップされますから,一見,本音を書いていないような雰囲気になる事があるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/18

日光に行きました(4)〜食事

Sano1

 今回の日光行きでの食事.朝食は車で走行中に自家製のオムスビ,昼食は森の中のベンチでやはりオムスビ,夕飯はカミさんお気に入りの金谷ホテルでと思っていました。ダイニングルームのコースでは重すぎるので,一階のカフェで評判のカレーでも食べようかと思っていたのですが,何と当日ホテルで盆踊りがあって,16時半には営業が終了していました。私たちが行ったのは,もう5時を過ぎていたので,閉店していたのです。どうも盆踊りに模擬店を出す為らしいですね。
 仕方ないので,車を転がしているうちに適当なレストランがあったら入ろうかと思っていましたが,適当なレストランも見つからないまま,自動車道に入ってしまいました。・・・で結局,東北道の佐野サービスエリアのレストランに入り,チャーシュー麺をたべました。カミさんはやはりカレーにこだわり,野菜カレーでした。
 ラーメンは細麺のあっさり醤油味。これってご当地ラーメン,「佐野ラーメン」なのかしら? 佐野ラーメンは青竹を使って打つのが特徴だと思いますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/17

日光に行きました(3)〜華厳の滝

Chuzennji_ko さて,小田代ヶ原から湯滝・湯ノ湖まで歩いた後,車で華厳の滝へ向かいました。当初は計画に入っていなかった華厳の滝ですが,小滝・湯滝を見て感動してしまったので,華厳の滝も見ようという事になったのです。
 華厳の滝駐車場に車を入れて,駐車場脇の無料展望台から見ようと思ったのですが,目の前が滝壺前の展望台へ降りるエレベーターのターミナルで,エレベータに乗ってしまいました。駐車場から滝の方を見ると,盛んに霧が吹き上がっています。それを見ると,間近に滝を見たいという気になった事もありました。
 1930年に開通し,現在ではリニューアルされた30人乗りの2台の大型のエレベータは,岩盤をくりぬいたシャフトの中を100m降りて行きます。ターミナルはまるで鉄道駅の様で,改札口があり切符にハサミを入れる光景は,いまでは鉄道駅でも見られません。
 さて下側のエレベータ終点から小さなトンネルを通って滝の真ん前に出て行きます。エレベータを下りたところのトンネルの気温は10度台前半だと思われ,とても涼しい。そのトンネルを出て,滝の前に行きました。
 ここの観瀑台は3層になってますが,どの階からも壮大な滝を見る事ができます。数分もすれば水しぶきでびしょぬれになるような近くで見る華厳の滝は,まあ一度は見ておくべき光景でした。・・・といっても,小学校の臨間学校でも見た筈なんですがね。
 湯滝は急斜面を滑り落ちる滝ですが,華厳の滝は落ち口から垂直に落下する滝で,その壮大さと音響の大きさはまた格別です。滝の中腹から数本の細い滝を従えています。これは岩の断面からしみ出している伏流水による滝だそうです。
 主として湧水による湖,湯ノ湖から流れ出る湯の川が湯滝,小滝,さらにその下流の竜頭ノ滝を作り,その川が中禅寺湖に流れ混みます。さらに中禅寺湖から流れ出る大谷川が華厳の滝を経て鬼怒川に合流,鬼怒川が利根川に合流して銚子市で太平洋に注ぐわけです。
 銚子には行った事がありますが,湯ノ湖や数々の日光の滝を思い出しながら,雄大な利根川河口と太平洋の景色を見に,銚子の犬吠埼燈台へもう一度行ってみたい気になりました。
(上の華厳の滝の写真をクリックすると,動画が現れます。)

 明日は,日光での食事の事(正確には,日光で食事しなかった事)を書きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/16

日光に行きました(2)〜湯滝

Yutaki_2Yutaki2_2 昨日紹介した日光小田代ヶ原から遊歩道を湯滝へ向かって歩きました。湯滝は奥日光湯ノ湖の湖尻から流れ落ちる湯川の滝です。
 小田代ヶ原から湯滝までは,木道を主とした遊歩道や立て看板が整備されており,道に迷う事はありません。戦場ヶ原や小田代ヶ原周辺には,湿原を歩くコースなどいくつかの遊歩道がありますが,小田代ヶ原〜湯滝のルートは,そのほとんどが森の中を抜けるコースです。
 湯滝の前に,小滝という落差5m程の小さな滝があります。小さな滝と言っても湯滝と同じ湯川の滝であり,湯滝と水量はかわらないはずです。ただ落差が小さいので「小滝」というわけです。
 小田代ヶ原から湯滝へは,1時間程で到着します。湯滝を初めて見ると,落差の低い小滝を見ているからか,その壮大さに驚きます。湯滝を正面から間近に眺める展望台がありますが,そこからの湯滝の眺めは,「ほー!」と思う程感動的でした。小滝と湯滝は,いいコンビといえるでしょう。こじんまりした小滝の後に湯滝を見るからこそ,感動が生まれます。
 小田代ヶ原から湯滝まで,1時間程のあまりアップダウンの無いコースです。山歩きではない,草原の周りの森の中の散策で,あまり疲れる事も無く,快適なハイキングを楽しむ事ができます。
 その湯滝の滝壺から,湯滝に沿ってジグザグに上って,湯滝の落ち口へ行く事ができます。湯滝の落差,50mを昇るわけで,今回の散策の中では唯一のキツイ登り道であり,なかなかキツイ行程でした。湯滝の落ち口の上流すぐの所が湯ノ湖の湖尻です。湯ノ湖から落ち口迄のゆったりした静かな流れが,急に落ち口から白い水流となって落ちて行く様は,なかなか面白い光景でした。
 一番上の湯滝の写真をクリックすると,湯ノ湖から流れ落ちる湯滝の滝口の動画が見られます。

 さて,明日は華厳の滝へ行った記事を書きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/15

日光に行きました(1)〜小田代ヶ原

Odashiro2

Odashiro1 日光に行ってきました。朝6時半頃,横浜を出発して車で日光に向かいました。途中,東北道の事故渋滞に引っかかり,着いたのは11時頃になってしまいました。以前アップしたTimes Plusのカーシェアリングを利用したドライブです。普通のレンタカーでは,営業が朝8時からなので,この時間に出発する為には前日から車を借りていなければなりません。早朝に出かけて,夜遅く戻ってくる場合,カーシェアリングは便利です。
 さて,東照宮や中禅寺湖などに目もくれず,車は一路日光戦場ヶ原へ。今日のメインは,戦場ヶ原周辺の散策です。戦場ヶ原の三本松に車を置き,光徳入口付近から戦場ヶ原の遊歩道に入るつもりでした。しかしこのルートは過去にも訪れた事があり,今回は別のルートをという事で,戦場ヶ原の奥にある小田代ヶ原へ行く事にしました。
 三本松から日光方面に徒歩で戻り,戦場ヶ原の入り口の園地,赤沼からバスに乗って小田代ヶ原へ向かいます(赤沼からバスに乗るのならば,三本松ではなくて赤沼の駐車場に車を止めればよかった・・・)。赤沼からのバスは低公害ハイブリッドバス。小田代ヶ原方面は,このバス以外の自動車の乗り入れが禁止されています。戦場ヶ原を貫く国道120号線から小田代ヶ原方面への日光市道1002号線には,国道からの分岐付近に鉄の門があり,バス以外の自動車を閉め出しています。この門は,バスが通行するときには自動(バスからのリモコン操作?)で開閉します。(下の写真は,小田代ヶ原のバス停に停まっているハイブリッドバス。)
Odashiro3 バスを小田代ヶ原で降りて,回転式の扉から小田代ヶ原へ入ります。小田代ヶ原は,白樺などの植物を鹿の食害から守る為に全体を柵で囲まれており,人はこのような回転扉から中へ入る事になります。
 小田代ヶ原の湿原はあまり大きな区域ではなく,浅い盆地になった地形が広がっています。雨が降るとここに水がたまって,小田代湖ができます。普段は現れない幻の池です。上の写真でも少し池が見えますが,大きな台風の後など大雨の後では,小田代ヶ原全体が湖になるほど大きな湖水ができるそうです。
 上の写真のような小田代ヶ原の気持ち良さげな草原ですが,人が立ち入る事はできません。弱酸性の土壌に育つ繊細な植生を保護する為に,人が立ち入りできる場所は遊歩道か展望台(台とは言っても草原から飛び出した高い展望台ではありません。展望場所とでもいう感じの所です)に制限されています。
 さて,これから小田代ヶ原から湯ノ湖へ向かって散策路を歩くつもりです。小田代ヶ原や戦場ヶ原周辺は,標高1400m程度の高原で,とても涼しい散策ができたのですが,続きはまた別の機会に

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/14

元住吉「ゆうき亭」のオムライス

Yukitei

 お盆休みの散歩中の昼食として,川崎市元住吉の有名店「ゆうき亭」で昼食です。「ゆうき亭」は地元の鉄板焼き洋食店として,昼食はリーゾナブルな値段でおいしい料理がいただけます。
 今日注文したのは「ゆうき亭風オムレライスと海老フライ」。オムライスには軽くトマトケチャップがかかっていますが,おいしいデミグラスソースも添えられています。中のご飯はトマト味無しのバター炒め。目の前の鉄板で調理されます。有頭の海老フライはタルタルソースでいただきます。
 結構ボリュームのある昼食でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/13

オリンピックも閉幕

Olympic ロンドンオリンピックもいよいよ終幕です。
 最後にレスリングの米満が金メダルを獲得し,アテネ五輪を越える史上最多の38個のメダルを獲得しました。実際にオリンピックを見てしまうと,東京オリンピック開催を期待してしまいます。
 ところで,何気なくネット上の言葉を意図も無くメモ帳(電子のね)にメモってしまうので,どのサイトだったかは思い出せないのですが,twitterで「日本が勝ったとか、中国が勝ったとか、どの国が勝ったとか負けたとか、まじどうでもいいー。同じ人間じゃんね。努力する姿は美しいね。でもそれはみんな同じ。国別対抗スポーツ大会とかまじナンセンス。国が違っても顔も色も違えど、みんな同じ様に悩むし親も子もいるしマンコもチンコもついてるし。」とつぶやいている人がいました。こういう人は,対戦のどちらを応援するとかいう事がないんでしょうかね。それはそれでつまらなくはないんでしょうか? まあ,こういう意見はよく聞くのですが,なんだかつまらない。
 私がどちらかに肩入れしたために手に汗握った試合というと,例えばサッカー男子の日本-スペイン戦とかメキシコ-ブラジル戦などですが,これをどちらにも肩入れせずに観る事ができるなんて,神様かよほどつまらない人か・・・。
 それに,ずいぶん「国」というものを重視しているというか意識している人なんですね。私は,競技を観るとき,国の区別を「私は横浜市に住んでいる。隣は川崎市だ。その隣は東京都だ。」というぐらいの意味しか感じていないんですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/12

今日の昼食はパスタ

Pino

 きょうの昼食は,地元の有名イタリアンでパスタランチです。
 トマト味のスパゲティー。コクのある野菜入りのトマトソースが美味しい一品でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/11

スダレを掛けました

Sudare 居間の窓の前に,スダレを掛けました。長さ180cm程度の長いスダレを2枚。スーパーで結構安い値段で売っているので,夏の間は毎年スダレを掛けます。南向きの窓で,日中の陽をさえぎる効果があります。
 ところがどうも,風が通りにくくなったような気がします。陽が当たる日中,冷房を点けて過ごすにはいいのですが,夕方,冷房を消して窓を開けて過ごすには,ちょっとばか邪魔になります。頻繁にスダレを掛けたり外したりすればいいのですが面倒くさい。まあ,風通りは少し犠牲になりますが,致し方ないとしましょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/10

久しぶりのやよい軒で「ミックスとじ定食」を

Yayoiken

 今日の昼食は,久しぶりに「やよい軒」です。やよい軒はほか弁の「ほっともっと」がやっている定食屋チェーンです。
 頼んだのは「ミックスとじ定食」。メニューで,「豚カツと海老フライと牛肉を玉子でとじたもの」ということで,ちょっと食べ過ぎかしらと思ったのですが,豚カツは半分でした。まあ,豚カツ定食が790円で,ミックスとじ定食はそれより安い690円というのが解せなかったのですが,豚カツが半分だったわけです。でも,玉子も含めて結構お腹いっぱいになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/09

久しぶりに「えん」でお茶漬けを

Ochazuke_en

 仕事で移動中,夏バテのせいか食欲もあまりないので,川崎ラゾーナのお茶漬け処「えん」のお茶漬けで昼食にしました.
 頼んだのは「漬け鮪の漁師風だし茶漬け」です。漬けマグロに熱い出汁をかけたので,マグロが白くかわっています。
 「えん」は久しぶりでしたが,出汁は相変わらずいい味でした。お茶漬けを食べた後,食欲が回復してしまい,何かもう一品食べたくなったのですが,時間がなく断念しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/08

またバーミヤンで昼食を

Bamyan1

Bamyan2 先日,中華ファミレス,バーミヤンで炒飯を食べた事をアップしましたが,今日も昼食にバーミヤンに入りました。
 今日は先日とは違い,東京自由が丘のバーミヤンです。先日のうちの近所のバーミヤンとは違って,内装がなんだかオシャレ。さすが場所柄ですね。
 今日頼んだのは,豚肉とキクラゲの玉子炒め。ライスとドリンクバーを追加しました。先日と同様,相変わらず「天津飯」が気になりましたが,きょうはおとなしく豚肉とキクラゲの玉子炒めにしました。豚肉とキクラゲと玉子の他に,タマネギが目立つ炒め物でした。まあ私はタマネギに偏見は無いので,それはそれで結構でしたが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/07

豚カツ「椿庵」

Tubakian2

Tsubakian1 近所の豚カツ店「椿庵」で知人と夕食です。
 ヒレカツ定食を注文したとたんに細長い重箱の様なものが運ばれてきて,作り置きのヒレカツかとびっくりしましたが,これは漬け物三種でした。
 やがて運ばれて来たヒレカツ。柔らかく美味しかったです。まあ,柔らかくないヒレカツというのは,お目にかかった事はありませんが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/06

久しぶりにバーミヤンで昼食を

Bamyan

 中華のファミレス「バーミヤン」で昼食をとりました。
 ここの炒飯が好きで,昼食は炒飯とビンチョウマグロの秘醤ソース。後者は鰹のたたき風に表面を焼いたビンチョウまぐろに中華風の甘辛いソースをかけたものです。
 これにドリンクバーをつけて,1200円強。安上がりに済ませるつもりで「バーミヤン」に入ったのですが,先日の「ビストロ ポップコーン」より高価な昼食になりました。格安イメージのファミレスでも,いくつかのメニューをとると意外に高価になります。
 ところで,「バーミヤン」でいつも頼んでいた「とりあえず三種盛り」がいつの間にかメニューから無くなってしまいました。もっとも三種盛りの素材,チャーシュー,メンマ,煮玉子は,別にトッピングメニューとして存在しており,これらを頼めば「三種盛り」になります。
 さらにところで,メニューに「天津飯」というのがあります。薄い卵焼きでご飯を包んであんをかけた料理ですが,卵焼きの為になかみがみえません。炒飯を頼む時天津飯にも心を動かされたのですが,天津飯の中身は炒飯なんでしょうか? 普通の白米のような気もして今回は頼まなかったのです。炒飯だったら頼みたかった・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/05

スモールガストの若鶏南蛮弁当

Sgusto 昨日は横浜市日吉の知人宅で,数人が集まって某催しの作戦会議。知人の奥さんが夏休みで実家に帰っている事もあり,昼食は皆で好きな弁当を持参する事になっています。
 私は,日吉の商店街にあるスモールガストで若鶏南蛮弁当を買って行きました。スモールガスト店で出している若鶏南蛮定食のテイクアウト版です。店で食べる時と違って,みそ汁がついていないので100円安い値段です。
 若鶏南蛮というのは,宮崎県延岡市名物のチキン南蛮です。揚げた鶏肉を南蛮酢とタルタルソースで味付けしたものなんですが,「チキン南蛮」でなく「若鶏南蛮」と呼ぶのは,揚げた鶏肉を南蛮酢につけ込んでいない(上にかけただけ)だからでしょうか? 以前から私はこのチキン南蛮が好きで,スモールガストに入ったときはいつも注文しています。
 さて,知人宅でおもむろにこのチキン南蛮を食べようとしたら,知人から「どこで買ったの?元住吉?」と問われました。「何で元住吉?」と聞いたら,なんと日吉の隣の駅,元住吉の商店街に,渋谷にあるチキン南蛮の有名店「虎視眈々」の支店があるのだという事でした。そんな情報,買う前に言ってくれと言いながら,ガストの若鶏南蛮は美味しくいただきました。
 写真を撮らなかったので,ガストのメニューからとった若鶏南蛮の写真を添付します。私が食べたものは,もっと南蛮酢もタルタルソースも,盛大にかかっていました。キャベツはこの写真と違って長手方向に敷き詰められており,キューピーのドレッシングが別の袋でついていました。ごはんは,おかずとは別のパックになっています。買ってすぐ食べれば,おかずもご飯も温かいものがいただけます。
 ところで,今度は元住吉のチキン南蛮を買ってこよう。それとも,渋谷の「虎視眈々」に食べに行こうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/04

そろそろお疲れ&寝不足?

Olympic 最近のtwitterをみていると,オリンピックTV観戦疲れ&寝不足がそろそろ溜まってきた方が多い様です。
 時差の関係で,ライブでオリンピックを見ようとすると,夕方から深夜にかけてTVにかじりつかなければなりません。
 しかしそんな時間の放送だからこそ,北京の時よりライブ放送を見る機会が増えた様に思います。北京では時差があまりなかった為,ライブ放送が日中の仕事時間と重なってしまい,ライブで見る機会があまり無かったのです。今回のロンドンは,時差のおかげでライブ放送を見られるのですが,その代わりに寝不足となるわけです。
 ところで,8月3日の段階で,男子柔道が金メダル無しに決まりました。柔道がオリンピックに採用された1964年以来初めてとの事です。今回,北京からまたルールが日本選手有利の方向へ変わったといわれていましたが,残念ながら金メダルは取れなかったわけです。しかしながら,日本選手が必ずしも優勢でないというのも,柔道が世界競技になった証なのかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/03

「ビストロ ポップコーン」でパエリアを

Popcorn2

Popcorn1 最近イタリアへ行って来た友人との会話で,なぜかブイヤベースの話になりました。ブイヤベースはフランス料理という感覚ですが,似たようなものはイタリアにもあるそうです。ただしブイヤベースとは呼ばず,友人から聞いたのですが忘れてしまった程なじみの無い名前でした。
 それでなんだかブイヤベースが食べたくなり,その連想で頭に浮かんだのは,先日このブログで紹介した「ビストロ ポップコーン」のパエリアです。パエリアは普通,サフランで炊き上げる黄色いご飯で,スペイン料理ですが,ポップコーンのパエリアは,魚介類のブイヤベースの中にご飯を入れたリゾットのようなものです。
 なんだか国が混乱している様ですが,ブイヤベースの代わりにこのパエリアを食べようと思い立ち,無理に仕事を作って「ビストロ ポップコーン」の近所の知人と再びポップコーンで昼食をとりました。
 もう何年振りかのポップコーンのパエリアでしたが,おいしさは変わらず,具沢山のリゾットを楽しみました。このパエリはは,平日のランチメニューにのみ存在するらしく,休日やディナーでは食べる事ができません。これで1050円というのはお得感があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/02

大山帰りにちゃんぽんを

ChanponSaraudon
 昨日書いた大山行きの帰りに,麓の街,伊勢原でチャンポンと皿うどんを食べました。
 大山には,大山豆腐の店がたくさんあるというのに,昼食はなぜかちゃんぽんと皿うどんです。もちろん,リンガーハット。
 久しぶりのちゃんぽんと皿うどんはうまかった。写真のちゃんぽんの方はまともですが,皿うどんの方は,盛り方が偏っていました。一人で両方食べたわけでなく,カミさんと半分ずつ分けて食べたのです。
 国産野菜が売りのリンガーハットですが,確かに野菜をたくさん食べられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/01

神奈川県丹沢の大山へ行きました

Ooyama

 神奈川県の大山に行ってきました。
 大山は昔からの信仰の山で,江戸時代には盛んに大山詣が行われていて,古典落語にも残っています。江戸から大山へ行く大山街道は,現在の国道246号線です。しかし現在では,246に沿って作られた東名高速道路を使い,厚木で下りて246号線に入るのが普通です。
 大山ケーブルカーの山麓駅にほど近い伊勢原市営駐車場に車を止め,ケーブルカーの駅を目指します。駐車場から駅迄の間は,土産物屋や蕎麦,名物の大山豆腐の店が並び,「日本の観光地」という雰囲気がいっぱいです。
 ケーブルカーに乗ると,6分程で阿夫利神社下社に着きます。下社は標高650m程,高尾山より少し高い程度です。そこから歩いて大山を上ると,標高1252mの山頂にある阿夫利神社本社に着きます。しかし,今回は下社へお詣りして終わり。本社への登山は行いませんでした。小学校の遠足では,本社まで登ったんですけれどもね。地上では気温30度の暑い日でしたが,下社付近では涼しいとはいかないものの,風がさわやかでした。1000mを越える山頂では,さぞ涼しかった事でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »