« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013/06/30

皿うどんはソースをかけて

Saraudon_2 昨日アップした様に,武蔵小山のリンガーハットで皿うどんを食べたのですが,いつもは酢をかけて食べる所を,備え付けの皿うどん用ソースを掛けてみました。
 本場長崎では,皿うどんにウスターソースをかけて食べるのが普通だそうで,他の地方で酢を使うというと,長崎の人はびっくりするそうです。
 結局,皿うどんは少し酸っぱくして食べるのが美味しいという事で,ソースをかけても美味しく頂きました。まあ,酢よりソースの方がウマミが加わるわけで,やってみるとこっちの方がいいじゃないかという気分になります。「本場の食べ方だ」という意識も,美味さにつながるのかもしれません。

(写真の皿うどんは,昨日の記事に貼付けたものと同じものです。すみません。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/29

別のものを食べようと思っても,やっぱり,けっきょく,和風冷やし

WafuhiyashiSaraudon

 用があって武蔵小山に行って,昼食はリンガーハットの皿うどんを食べようと思ったのですが,ふらふらと喜多方ラーメンの「坂内・小法師」に入ってしまい,和風冷やしラーメンを頼んでしまいました。もうほとんど病気状態ですね。
 ちなみに,別の日に皿うどんを食べました。

(写真は和風冷やしラーメンとリンガーハットの皿うどん。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/28

プロ野球選手会がコミッショナー解任を要求

Baseball プロ野球選手会がプロ野球コミッショナー解任要求を第三者委員会と日本野球機構に対して提出しました。
 これは実にもっともな行為だと思います。ボールが変わってから急に成績が下がり,引退した投手もいるくらいですから,選手側としてはこれを公表しない事に抗議し,うまくまとめられなかった責任者のコミッショナーの責任を追及するのはもっともです。
 しかし選手ではない私としては,それほど大事件だとは思っていません。ボールの反発係数は規定の範囲内の調整であったし,星野仙一監督は,「何年野球やってると思っているんだ。ボールが変わったと思っていたよ」と言っているし,張本氏はコメンテーターとしてレギュラー出演しているテレビ番組で,5月の段階で「またボールが変わった様ですね。」とコメントしているし,それなりの野球人は既にボールの変化を感じていて,対策していた様です。
 そんな事情の中で,はたして公表する必要があったのかとさえ思えてくるのですが,かなりホームランが量産され,投手の成績が下がってしまった状況を見ると,公表しなかったのは失敗だったと言えるでしょう。
 まあそんな失敗があったのですが,「公表しなかったのは,失敗だった」として公表すれば,それほど問題もなかったと思います。しかしコミッショナーは,「私は知らなかった」と言ってしまった。これはいけません。自分は管理能力がなかったと言っている様なものです。速やかに辞任すべきでしょう。

 ただ,ちょっと引っかかるのは,今でもプロ野球業界で幅を利かせていると思われる,あの人の事です。今回のボールの反発係数変更で有利になるのは,ホームランバッターを多数擁するあのチームです。統一球採用により打者に不利な状況になって,チームの成績が下がり,それを改善するためにあの人が野球機構に圧力をかけたのではないのかという事が頭をよぎります。あくまでもそんな事もありそうだというだけで,確信はありません。でも,いかにもありそうではありませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/27

竹本健治「汎虚学研究会」

Hankyogaku

 「汎虚学研究会」は「匣の中の失楽」の作者,竹本健治のミステリーです。同氏の作品としては,先日,比較的初期の作品,「狂い壁 狂い窓」を紹介しました
 さて,この「汎虚学研究会」は,1本の中編と4本の短編から成る作品集です。どれも,共学のフランス系ミッションスクール,聖ミレイユ学園の汎虚学研究会というサークルの生徒達が主人公になっています。このうちの中編「闇のなかの赤い馬」は,以前紹介した綾辻行人の「びっくり館の殺人」と同じ,講談社のミステリーシリーズ「ミステリーランド」の一篇です。ミステリーランドは「少年・少女時代の著者自身に,大人になった現在の著者が贈るミステリー」というコンセプトの書き下ろしシリーズで,ジュブナイルといってもいい作品がラインナップされています。
 今回の中・短編集は,この中編作品のみが本格推理小説と言えるでしょう。学園の神父の密室での焼死事件を,汎虚学研究会の面々が解いていきます。
 他の作品はホラーであったり,幻想小説であったり,推理小説とは言いがたく,この作者らしいと言えばこの作者らしいのですが,私としてはおまけの様な作品でした。おまけと言っても楽しめるし,推理小説にこだわらない方は,こちらの方がお気に召すかもしれません。その中でも「世界征服同好会」は,比較的万人向けで分かりやすい作品と言えるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/26

エクセルシオールカフェのカフェラテ

Cafelate

 ドトールのプレミアムカフェチェーン,エクセルシオールカフェの「カフェラテ」です。ホームページにもこんな模様付きのカフェラテは載っていません。大井町の店でしたが,できる人が居るんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/25

県立東高根森林公園のアジサイ

Shinrin1

 先日,川崎市長尾の里のアジサイ寺,妙楽寺のアジサイを紹介しましたが,今回はそこに近い神奈川県立東高根森林公園のアジサイを紹介します。
 先日,妙楽寺に行った時よりもさらにアジサイは満開になっていました。栄養がいいのか,森林公園のアジサイは一つ一つがかなり大きく,見事でした。
 アジサイというのは,いわゆるガクアジサイが日本在来種で,丸くまとまったアジサイは,その改良種らしいですね。

Shinrin2Shinrin3Shinrin4Shinrin5Shinrin6_2Shinrin9Shinrin7Shinrin8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/24

最近の週刊誌の中傷記事

Article 昨日,インターネット選挙の事を書いたとき,「ネット上で,候補者に対するネガティブな発言が行われるのを心配する人も居ますが,行き過ぎた中傷やネガティブな発言は,発言した人こそ「変な人」と見られたり「近寄らないでおこう(もちろんネット上で)」と思われる事が多く,あまり心配はしていません。ネットを普段使っている人ならば,そのように反応する程度には,ネット社会が発達していると思いますよ。まあ,大人の世界ではね。」と書きました。
 それを推敲していた時,週刊誌の事が頭をよぎりました。電車の中吊り広告として週刊誌の広告がぶら下がっていますが,暇にまかせて読んでみると,人に対する中傷やネガティブな発言が多いと感じるのです。以前は週刊誌を毎週のように買っていた時期がありますが,中を読んでみるとそれ程ネガティブに尖った記事でない事が多かった。しかし最近,床屋などで待っている間に久しぶりに週刊誌を読んでみると,どうも文章が悪く,中傷めいた記事が目立ちます。文章がネット上の文章に似ているのです。
 ネット上の文章というのは,口語と文語の中間の様な文章といわれ,口語に近いのですが,週刊誌のネガティブ記事はそんな文章が多いのです。ネット以外の文章も,そんな調子にするのが最近の流行という事なんでしょうか? それとも若い人に受けると思っているのでしょうか? (よく若い方のブログやポッドキャストにコメントしますが,かなりしっかりとした文章で返事をくれる方がほとんどですがね。) そんな記事を読むと,前のネット選挙の記事で述べた様に,「変な記事」「近寄らないでおこう」と思う訳ですね。人を中傷しようとするのならば,できるだけ立派な文章で,立派な内容でなければなりません。まあ,記事の内容を信じさせようという気もないのかもしれませんが・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/23

インターネット選挙

Election_using_network 20134月19日に公職選挙法改正案が可決され,インターネットを利用した選挙運動が解禁されました。
 平たく言うと,インターネットを選挙の宣伝に使えるという事です(もちろん,ネットで選挙できる訳ではありません)。
 ネットを利用した宣伝については,以前このブログでも書いた事があります。「ネット上の広告って,効果あるんですか?」という記事です。選挙運動にネットを使った場合,ネット上の広告と同じ事が言えるのではないかと思います。
 まず,有権者がその頁を見に行かなければ,全く宣伝にならないという事。この点,嫌でも目に入ってしまう街頭のポスターとか,候補者がやってきてなんだろうと思っているうちに握手されて名前を覚えてしまうドブ板選挙とは違います。有権者がある程度,選挙やその候補について興味がなければ,全く宣伝にならないという世界です。そういう意味では,インターネットを使った選挙運動というのは,演説会に似ています。
 したがって,インターネットで全く選挙に興味が無い層に興味を掘り起こすという事はできません。ある程度興味があるが演説会などに出かけるのは面倒だという層が,ネットを覗くのを期待する事になります。ある程度興味あるが演説会などで候補者の考えを聞くのは垣根が高いと思っている人々にアピールできるかもしれません。はじめからある程度興味ある人達を相手にするので,票につながる宣伝としてはある意味効率的な選挙運動と言えるかもしれません。しかし,インターネットを使ったからといっても,投票者が突然増えて投票率が上がったり,誰かに有利に働く様な夢のツールという訳ではありません。
 選挙やその候補者に興味のない人には関係ないネットの選挙運動利用。どの程度選挙の様相が変わるのでしょうね。新しい試みではありますが,実際には「選挙期間中でも,政治家の普段からのネットによる発信が許される」程度に考えるのがいいのかもしれません。政治家の普段からのネットでの発信こそ大事なのだと思います。今回の制度改正で,選挙のためだけににわかにネットを利用するような候補者は,あまりインターネット選挙で状況が変わるものではありません。
 まあこんな特性を持つインターネット選挙なので,オバマ大統領がネットのおかげで勝利したというのは,本当なんでしょうかね? この話はいささか疑問だと思いますね。ただ,地区の議員候補よりも,大統領候補の方が,芸能人的な感覚で,一般大衆がネット上のコンテンツに関心を持つという事はあるかと思います。世間がその選挙で盛り上がっていないと,インターネット選挙というのは影響力が低いと思います。盛り上がっているからこそのネット選挙というわけです。
 今の状況では,与党が圧倒的に票を集めると思われる今回の選挙は,投票率が低いのではないかと予想されます。はじめてのインターネット選挙とはいえ,あまり状況は変化しない様な気がします。
 ところで,ネット上で,候補者に対するネガティブな発言が行われるのを心配する人も居ますが,行き過ぎた中傷やネガティブな発言は,発言した人こそ「変な人」と見られたり「近寄らないでおこう(もちろんネット上で)」と思われる事が多く,あまり心配はしていません。ネットを普段使っている人ならば,そのように反応する程度には,ネット社会が発達していると思いますよ。まあ,大人の世界ではね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/22

歌舞伎座のヤマザキランチパック

Lunch_pack

 新しくなった歌舞伎座に,上の娘が友人と行ってきました。そのお土産として買ってきたのが,ヤマザキランチパックの歌舞伎座バージョン「豆大福風ランチパック」です。
 ホイップクリームをベースに,赤エンドウ豆と求肥とあんこが入っているランチパックです。背景はやはりお土産のクリアファイル。各種隈取りが紹介されています。
 新しい歌舞伎座は,お土産グッズを見るだけでも楽しい所の様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/21

ブロンコビリーという名のステーキハウスでランチ

Steak

 東急田園都市線沿線の横浜市青葉台の知人の所に行った際に,ランチをとる為に近所のブロンコビリーというステーキハウスに入りました。知人も初めて入るそうですが,誰か来て昼食をとる機会があれば,いつか一緒に入ろうと思っていたそうです。
 写真は二人が頼んだランチステーキ1200円也,サラダバー,スープ,ライスorパン付きです。ドリンクバーは別で,180円ですが,サラダバーにはコーヒーゼリーなどゼリー類のデザートもあります。
 ステーキは,どこの部位か分かりませんが赤身の厚いもので,なかなか柔らかくおいしいものでした。これで1200円は,他のチェーン系ステーキファミレスと比べてもお買い得だと思います。
 このステーキハウス,ネットで調べてみると,関東地方では東京郊外,神奈川郊外,埼玉県に店がありますが,そもそも本店は名古屋にある店でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/20

周木 律「眼球堂の殺人」

Gankyudoh

 新人作家,周木 律のメフィスト賞受賞作品「眼球堂の殺人」を読みました。
 天才建築家,驫木煬が建てた自宅に,物理学者,精神医学者,数学者,政治学者,芸術家が招待されてやってきます。その中の数学者,十和田 只人を2年間にわたって追いかけている新人ルポライターも,十和田に付き添ってやってきます。この十和田が探偵役,女性ルポライターがワトソン役となって物語りは進行していきます。
 驫木の作った自宅,「眼球堂」は,人間の目玉になぞらえた形状を持つ,奇怪な建物でした・・・・・。
 絵に描いた様な,館ものの本格推理小説です。5人が殺害されますが,その殺害方法が館の特性を利用したもので,どうやって殺したのかというのが最大の謎といえるでしょう。
 はじめに主人公達が眼球堂にやってきて館が紹介されるところと,最後の十和田による一気呵成の謎解きは面白くて盛り上がったのですが,殺人が行われていく中間部分は,いわば説明に終始している部分で,ちょっと退屈でした。もう少しこの部分で謎を醸成して,背中がゾクゾクするようであればよかったのですがね。
 絶賛している方も多いし賞も受けているのですが,私にとっては殺人方法の奇想は面白かったものの,館ものミステリーとしては標準作かなと思っています。しかし今の時代,このような館もので勝負しようと思う方が居るのは頼もしいですし期待したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/19

Kindleって,結構電気食いませんか?

Kindle_received 昨年12月から,電子書籍リーダー,アマゾンのKindle Paperwhiteを使っています。これまでこのブログで述べた様に,かなり便利で,またこのツールのおかげで本を読む機会が以前より増えて,本代(電子書籍の)が嵩んでカミさんからは文句を言われています。
 そんなKindleですが,どうも思っていたより電気を食うんですね。アマゾンのホームページでは,「ライトをつけても8週間使える超長寿命バッテリー」とうたっていますが,実際のところ2日に一回は充電しないと不安です。8週間というのは8時間の間違いなのではないか・・・・・というのは大げさですが,せいぜい1回の充電で電池が持つのは15時間くらいがいいところなのではないかと思います。
 私のPaperwhiteは3G接続機能が付いたタイプですが,常時3GとWi-Fiに接続しているのがいけないのでしょうか? 実際のところ,電子書籍を読むとき,時と所と場合によって,PaperwhiteとiPodの両方を使い分けているので,ネット経由で常時その二つが同期して,読み終わった頁位置を自動的にやり取りしてくれるのが便利です。しかし一度,Kindleを機内モード(飛行機機内で使うモード。航空機の電子機器に悪影響を与えない様,Kindleから一切の電波を発信しないようになります。)で使って見ようとは思っているんですが・・・・・。そうすると同期しなくなっちゃうし・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/18

NSAによるネットからの情報収集を元CIA職員が暴露したそうですが・・・

Error アメリカ国家安全保障局(NSA)がネットを流れる個人情報を収集しているという事を,CIAの元職員であったエドワード・スノーデン氏が暴露して,話題になっています。
 この事に対しては,「そんな個人情報収集が行われているのか!」と驚き,怒りをあらわにするというのが,一般市民としての正しい反応だと思います。
 まあ建前的にそういう反応を示した上で,・・・・・・みなさん,本当に驚きますか? こんな事,とうの昔から行われてきているんだと思います。たとえば会社などでは,社員のメールチェックを行っていると明言しているし,しかし社員の間では,そうは言っても実はほとんど見ていないらしいという話も囁かれているし,それに個人のメール等も,メール会社に開けて見られているのは当たり前だし(だって全てのメールを一度開封しなければ,スパムメールのチェックはできない訳で),政府の情報部門にしてもそこら辺のゴシップ好きなおばちゃんにしても,そんなに簡単に情報を集められるのならば集めようと思っても不思議ではありません。そんな事が法律的に許される事になっているのか,法律違反であるのか,という問題はあります。しかし技術的にできるんだし,やっていると思っていましたよ。
 私ならば,万が一テロ行為など違法な事を行おうとする場合,ネットを使おうとは思いませんね。むしろ郵便や宅配メール便の方が,よっぽど秘密が保たれるしアジトを突きとめられにくいと思いますよ。ネット上で流れる情報は,個人情報にしろナンにしろ,それなりに公開されていると思った方がいいですね。公開したくない事は,流さないように注意しなくてはなりません。
 また,そう思ってもそうできない事も多いかと思いますが,どこかに知られては困る秘密などない人生を送る事を心がける事も必要でしょうかね。知り合いに知られたら恥ずかしいと思う事はたくさんあるかと思いますが,知らない政府の人に知られても別にかまいません。ただ,自分は秘密でもなんでもないと思っていても,政府にしてみれば不穏当な思想だなどと思われてしまうという事もあるんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/17

ローランド・エメリッヒ監督作品「もうひとりのシェイクスピア」

Shakespear ローランド・エメリッヒ監督の2011年公開(日本では2012年)映画,「もうひとりのシェークスピア」をDVDで鑑賞しました。
 TSUTAYAで適当に作品を探していた時,誰が監督で,誰が出演しているのかも気にせず,「歴史ミステリー」というDVDジャケットの文句だけを見て選んだ作品です。
 冒頭,シェークスピア劇に多数出演している英国の名優,サー・デレク・ジャコビが現代の劇場の舞台に登場して口上を述べるところから,16世紀,シェークスピアの時代にスムースに繋がるという,すばらしい演出から話がはじまります。
 エリザベス1世の時代のロンドン,女王の後継者の問題が懸案になっている時代,芝居好きの女王に芝居で影響を与えようと,オックスフォード伯エドワード・ド・ヴィアが舞台脚本を書いて,現代でも著名な同時代の劇作家で詩人,ベン・ジョンソンにその脚本を上演するよう依頼します。ところが,その作品「ヘンリー5世」を見た観客が興奮して,作者の舞台上での挨拶を望み,ベン・ジョンソンが躊躇している間に,幾分お調子者の役者の1人,ウイリアム・シェイクスピアが自分が作者だと挨拶してしまいます。
 つまり,実際のシェークスピアはオックスフォード伯であり,シェイクスピアとして知られた男はタダの役者であるという通説を採用し,それを前提にエリザベス1世時代のお家騒動を描いたのがこの作品です。
 最後にまたデレク・ジャコビが登場して現代に戻って終わるこの作品,時代がポンポンと飛んで,誰が誰の若い時であるかを理解するのがなかなか難しく,ある程度予備知識が必要な映画だと思います。
 見終わって結構面白かったじゃないかと思ったのですが,しかし疑問が残りました。「どこが歴史ミステリーなんだ?」 この映画に謎解きは全くありません。普通の「歴史もの」なんです。
 また,洋画DVDは日本語吹き替え版が付いているのが普通ですが,このDVDにはありません。英語版に日本語字幕がついている版しか入っていないのです。最近は日本語版で映画を見るのが常で,日本語字幕付きの英語版を見るのは久しぶりでしたが,それはそれで結構でした。
 この作品の監督がエメリッヒだということを見終わってから知って,ちょっとびっくりしました。エメリッヒ監督といえば,残念だったハリウッド版「ゴジラ」,「スターゲート」「インデペンデンス・デイ」「デイ・アフター・トゥモロー」など,CG特撮を駆使した近未来SFが頭に浮かび,このような歴史物を撮ったというのが意外でした。しかしこのDVDにはメイキングが付いており,それを見ると,この映画も相当CGを使っているのが分かります。当時のロンドンの俯瞰シーンはCG以外には無いと思いますが,本物の城で撮影しているのかと思うシーンでもCGを使っていて,それが俳優の演技と全く違和感無く出来上がっているのが,さすがにエメリッヒ監督作品だと思いました。近未来SFで自在にCGを使いこなすエメリッヒ作品ならではといえるのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/16

吉野屋の鰻丼

Yoshinoya_eel

 「夏は,鰻丼」ということで,先日,牛丼の「すき家」で鰻丼を食べた事を書きましたが,今度は吉野屋の鰻丼を食べました。
 写真は二枚盛980円也です。すき家に比べて多少小さいかもしれませんが,柔らかく脂ののった鰻はたいへん美味しかったです。すき家の二枚盛は「特盛」という扱いで,ご飯も多いのに対して,吉野屋の二枚盛はご飯の量としては「並」と同じ様に思います。私は余りご飯は要らないので,吉野屋の方がいいかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/15

株価が12000円台になった事って,そんなに大変なことなんですか?

Kabu_2 一時は16000円を伺っていた日経平均株価が,12000円台に下落し,私のiPhoneに毎日配信されてくる日経新聞の速報記事は,上がったり下がったり,また下がったり,えらく忙しい事になっています。
 しかし株価が12000円台に下がって,そんなに右往左往する事なんでしょうかねえ。去年11月は確か8000円台で,政権が変わって10000円台になればいいなと思っていた私としては,15000円台まで上がった時には,いつ10000円台まで下がってくるんだろうと思っていたくらいです。
 日本の情勢というより外国(特にアメリカ)の情勢によって引き起こされた乱高下という側面が大きいので,日本ではそう右往左往せず,実態経済の状況を淡々とよくしていけばいいと思うんですがね。
 まあ,株価の乱高下振れ幅が大きいと言うのも,確かに困りものなんでしょうけれども。また,金がかかってくると,毎日毎日株価の上下に一喜一憂せざるを得ないんでしょうけれどもね。たかが株ゲームで,大きな金が動きすぎですね。ゲームでなく,真剣にその企業の将来に投資しようという人は居ないんでしょうかね?
  しかしマネーゲームというのは,ゲームとしては確かに面白い事は確かですが,「巨費を投じて組織的にやる事か」と思いますね。だって,所詮ゲームですよ。まあ年金などの運用も,ヘッジファンドでも行われていたりするらしいですから,私の老後に関わっている事であるかもしれず,ちょっと嫌なきぶんです。(そもそも,年金の運用に株を使うというのが間違っているんでしょうね。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/14

自分のTwitterホームページに,フォローしている人の全てのtweetが表示される訳ではないのですね

Tweet 多分多くの人にとっては,「えっ,知らなかったの?」という事だと思うんですが,「自分のTwitterホームページに,フォローしている人の全てのtweetが表示される訳ではない」んですね。
 自分のTwitterホームページには,もちろんフォローしている人のtweetが表示されます。しかし,それはフォローしている人の全てのtweetではない。フォローしている人がだれかのtweetにコメントしたものは表示されません。私は最近まで,フォローしていれば,自分のTwitterホームページでその人の全てのtweetを見ていると思っていたのですが,そうではなかったんですね。
 前述の通り,大方の人には当たり前の事なんだと思うんですが,何しろ私は最近気づいたもんで,ちょっと大発見した様な気分になりました。
 その人のtweetを全て見たければ,その人のTwitterホームページに行かなければならないんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/13

武蔵小杉のWired Cafeでランチ

Wired2

Wired1 東京,横浜,川崎あたりのあちこちにあるWired Cafe。ちょっとオシャレな感じがして,Wi-Fiができて,店によってはパソコンも備えているカフェレストランです。
 今年4月に開店した武蔵小杉の駅ビル,武蔵小杉東急スクエア内にあるWired Cafeでランチをとりました。
 カミさんと二人,ランチメニューのロコモコ(飲み物付き)と,何と言う名前だったかは忘れましたが,立方体のフレンチトーストにアイスクリームとブルーベリージャムの掛かったヨーグルトが付いているプレートを頼んで,例によってシェアして食べました。
 ロコモコはライスにハンバーグと野菜,アボカドがのっていて,サザンドレッシングに似たソースをかけてありました。フレンチトーストにはメープルシロップがかけてあり,ヨーグルトとバニラアイスクリームをつけながら食べます。どちらもなかなか見た目が楽しく,美味しかったです。日頃この厚いトーストというのを食べてみたかったので,満足でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/12

武蔵小山の函館ラーメン

Hakodate 東京品川区武蔵小山に函館ラーメンの店ができました。以前,「坂内・小法師」の和風冷やしを紹介したときに言及した,隣のラーメン店で,「吟塩」という名前です。
 函館ラーメンは塩ラーメンが主体です。ここには塩ラーメンの他に味噌ラーメンがある様です。
 そこで頼んだのは塩ラーメン。固めのストレート麺で,それはいいのですが,まあ普通の塩ラーメンという感じです。まあ言ってみれば,塩以外の味が希薄? 函館塩ラーメンは,以前渋谷にあった店で食べたものが美味いと思っているのですが,残念ながらそこには及びませんでした。
 「ランキングと口コミで探せるグルメサイト 食べログ」などでは,結構絶賛している方もいますから,私の意見が主流派というわけではありません。ただ,褒めている方は,開店直後の行列を見ている方,行列に並んだ方が多いようで,開店からしばらくたって行列がなくなってから行った方は,それほど評価していない方もいるようです。食べた時の雰囲気というのも,味に結構影響してくることがありますからね。
 まあこの街へ来たら,チャーシュー一枚増量券をもらっている事だし(笑),私はどちらかというと隣の「坂内・小法師」に入ってしまうような気が・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2013/06/11

アジサイ寺~川崎市長尾の里

Nagao1Nagao2 さてアジサイの季節ですね。私の住む横浜辺りでは,アジサイが咲いたというと,「鎌倉に行かねば」と思うのですが,今回はごく近く,バスで行ける所という事で川崎市の長尾の里に行ってきました。
 川崎市というと,知らない方は工業地帯だと思うかもしれませんが,それは東部のごく狭い地域です。中央部から西部にかけては,住宅地の中にところどころに自然が残る多摩丘陵の丘陵地帯です。
 その一角,東急田園都市線・JR南武線の溝の口駅から15分程バスに乗った所に,アジサイ寺があります。神木本町というバス停で降りて山に登ると,まずアジサイならぬツツジで有名なツツジ寺,等覚院という寺があります。もちろん今ではツツジの花の季節が終わっており,ただツツジの木々が形よく剪定されて茂っているだけです。山の登り口の様な位置にある寺で,古い山門がいい感じに山寺の雰囲気を醸し出しています。
 そこから横の階段を登り,しばらく行くとアジサイ寺,妙楽寺に至ります。寺の中はアジサイでいっぱいですが,この日,6月9日の日曜日の様子では,満開にはもう数日かかる様です。白いあじさい,青いあじさい,ピンクのあじさいなど,色とりどりのアジサイがいっぱいでした。言葉で示すより,写真を載せましょう。
 この付近,川崎市が「長尾の里めぐり」という看板をいたるところに立てていて,全部歩くと5.5km,3〜4時間位の行程になるらしいのですが,今回はほんのちょっと,その中の1時間程度を歩いただけでした。

(はじめの2枚は,ツツジ寺等覚院の山門とツツジの植え込み。他の写真は,全てアジサイ寺妙楽寺にて。)

Nagao3_2Nagao4_2Nagao5_2Nagao6_2Nagao7_2Nagao8_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/10

「坂内・小法師」の和風冷やしラーメンを食べに行ったら,安倍首相に会った

Prime_m 最近このブログに書いた様に,「坂内・小法師」の和風冷やしラーメンにはまっていて,武蔵小山の店に行こうと駅を降りたら,何やら駅前広場にたくさんの人だかりが。しかも何やら騒がしい。見たら,広場の中央付近に自民党の街宣車が出ていました。どうも自民党都議会議員候補の街宣らしいのです。
 そのとき,数台の車列が広場に入ってきました。中央に挟まっているのが,トヨタの最高級車,センチュリー。街宣車からはひときわ大きく,「お待たせしました。内閣総理大臣,安倍晋三が到着しました。」・・・・・というわけで,街宣車に上がって安倍首相が演説を始めました。
 (もう一度)というわけで,和風冷やしを食べに行ったら,偶然安倍首相に会ってしまったという話でした。ところで,首相の顔写真を自分で撮影してブログに載せた場合,肖像権がどうとか,自民党にお金を払わなくてはならないとか,そういうことは無いんでしょうね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/09

ドトールのヨーグルン,2013年は・・・

Dotor

 ここ数年間おなじみのドトールコーヒーのフローズンドリンク,ヨーグルン。今年,2013年夏はまずベリー味が登場です。このヨーグルン,夏が深まるにつれて変わって行くのですが,まずベリー味として淡いピンク色が美しいヨーグルンが登場しました。これがどう変わっていくのか,楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/08

坂内・小法師の「和風冷やしラーメン」をまた食べた

Koboshi2

 先日も紹介した喜多方ラーメンのチェーン店「坂内・小法師」の「和風冷やしラーメン」を,また食べました。自分で撮影した先日の記事に添付している写真を見るにつけ,何だか食べたくなるんですよね。常習性があるんでしょうか(笑)。
 先日と同じ店の同じメニューなんですが,先日の写真と今回の写真を見て,違いがあるのが分かりますか?
 実は,小皿に盛ったチャーシューの枚数が違うのです。前回は5枚,今回は6枚。坂内・小法師では,現在期間限定で,チャーシュー1枚増量キャンペーンをやっていて,麺類を食べると,次回来店時に使えるチャーシュー1枚クーポンをくれます。これを使って,チャーシュー1枚が無料で増加されるのです。
 何故か,温かいラーメンのものよりも,和風冷やしのチャーシューはおいしく感じます。こんなクーポンをもらうと,また来ようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/07

タリーズコーヒーのスクワール

Squirl カフェチェーン「タリーズ」のフローズンドリンクです。タピオカが入っているフローズンドリンク,タピオカココナッツスクワールです。
 タピオカは嫌いではないのですが,何もスクワールの中に入っている必要はないじゃないのという感じがします。
 6月に入り,梅雨空より晴れの方が多く,そろそろ渇水を心配しなければならない様な日が続いている東京地方ですが,各カフェチェーンのフローズンドリンクも出そろってきましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/06

そろそろこの季節ですね〜坂内・小法師の「和風冷しラーメン」

Bannai1

 梅雨に入りましたが,東京地方は雨がちというより天気がよく,暑い日が続いています。
 そこで「そろそろこの季節ですね」ということで,喜多方の「坂内食堂」の流れを汲むラーメンのチェーン店,「坂内・小法師」の「和風冷しラーメン」です。普通の暖かい喜多方ラーメンとは全く違うスープで,私はそれが大好きです。
 中華風冷しと違い,甘酸っぱくない,ほんのりと甘みが感じられる鶏・魚介系のスープに氷を浮かべたシンプルなラーメンです。チャーシューは脂身が固まらない様に別皿で暖かくなっています。この小皿にワサビが付いていて,ワサビ味でいただきます。ちなみに,スープには油が少々浮いているのですが,氷が入っているのに油が固まっていません。動物系の普通の脂ではないんでしょうね。
 坂内・小法師の和風冷やしラーメンは,中華風冷やしが夏期限定であるのに対して,一年中メニューに載っているのですが,氷まで浮いているとなるとやはり夏のものですね。
Bannai2 ところで,今回行ったのは東京品川区武蔵小山の店でしたが,昼時なのに以前来た時より幾分空いていました。何故かなと思ったら,隣にラーメン店が開店していたのです。函館ラーメンの店です。函館ラーメンというのは,渋谷で食べた事がありますが,塩ラーメンが主なんですね。今は無き渋谷の函館ラーメン専門店も,塩ラーメンの店でした。かなり美味しくて気に入っていたのですが,ここの店はどうでしょうか。今度行ってみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/05

牛丼の「すき家」の鰻丼

Unagi

 牛丼のすき家が,今年も鰻丼を始めたというので,昼食に行ってきました。
 写真は特盛です。1180円也は最近のうなぎ高騰の中ではお安いですね。ちなみに並盛は780円です。鰻の大きさもなかなかのもので,満足しました。
 すき家へ行く途中に覗いた,持ち帰り弁当のオリジン弁当でもうな重を始めたようですが,中国産が890円,鹿児島産が1790円と,ちょっとお高いようです。牛丼の吉野屋でも鰻丼をやっています。吉野屋では並が680円,二枚盛が980円。今度は吉野屋へ行ってみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/04

京極夏彦の「絡新婦の理」を2度読み中~特殊慰安施設協会の事

Kyogoku Twitterがきっかけになって,京極夏彦の大長編推理小説,「絡新婦の理」を読んでいます。これは大分前に1回読んでいるので,今回は2度目です。この題名,なかなか読めないと思いますが,「じょろうぐも の ことわり」と読みます。
 現在全編の2/3位まで読み終わりました。これからおなじみの京極堂,中禅寺秋彦が聖ベルナール学院へ乗り込んで,大団円となります。
 実は私,この作品の犯人を知っているのです。まあ2度目ですからあたりまえなのですが,スジは完全に忘れていたのに真犯人だけは覚えている。なぜ印象に残っているかというと,この真犯人は,京極夏彦の次回作「塗仏の宴」にも,今度は被害者として登場しているからなのです。

 そんな作品の中に,「特殊慰安施設協会」というのが出てきます。RAAと略称された国立の組織です。戦後の占領下の日本で,進駐軍の狼藉(市中で日本女性が米兵に襲われる)を防止するために作られたもので,要するに米兵相手の売春婦(慰安婦)がいた慰安所なのです。この作品の中では,RAAが真犯人の動機の一つに係わる重要なモチーフになっています。それなのに,本の中で言及されるのはほんのわずかという扱いです。
 この組織,ひょっとしたら京極氏の創作かと思ったので調べてみると,本当にあった組織らしいですね。Wikipediaで詳細な内容が解説されていています。この施設に言及している小説として,田村泰次郎のベストセラー小説「肉体の門」と松本清張の「ゼロの焦点」が挙げられていますが,「絡新婦の理」もそんな小説のひとつなのです。
 最近の米兵による沖縄などでの犯罪に対して,「このような施設を利用したら」と言って叩かれた市長がいましたが,同じような発想は時代の何時を問わず出てくるのですね。ある意味,自然な発想なのかもしれません。
 ところで,慰安婦に対して「女性蔑視云々・・・」という発想をする方がいますが,たまたま兵隊が男性だったから女性の慰安婦が生まれたわけで,アマゾネスのような女性の軍隊があれば慰安婦は当然男性であり(この場合は慰安夫),ゲイで編成された部隊があれば,当然男の「慰安兄貴」となるのであって,慰安婦が女性である事は本質的な問題ではないと思っています。しかしまあこれも,現在の目線で見ればという話かもしれませんね。戦時中の従軍慰安婦から戦争後のRAAの時代には,慰安婦に対して,女性蔑視の目線があったんでしょうか? そんな時でも,どちらかというと,男性からの目線より,一般女性からの目線の方が,彼女達に対する目線は厳しかったような気がします。それは現代でもそうではありませんか? 某市長の発言に対して,男性の多くは「たてまえ」として反論しているらしいのに対して,女性の中には本気で怒っている人も居て,女性の多くが,慰安婦という存在を蔑視している事がわかります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/03

脱原発を呼びかける集会が行われました

Bmw 6月2日,芝公園や国会議事堂周辺で,脱原発を呼びかける複数の団体が集会を開きました。複数の団体が足並みをそろえて抗議行動を行うのは初めての事だそうです。
 このような抗議集会は,必要なことだと思うんですが,ただ「原発再稼働は福島の人への裏切り。次の世代が生き延びうる世界を残したい」などという主張は,あまり心に響きません。「次の世代が生き延びうる世界を残したい」と思わない人がいるようにも思えず,「あたりまえじゃない?」と思うだけで,脱原発しようという動機にはなりえないのです。
 正直言って,もっと代替エネルギーの事などを含めて,技術的,科学的な主張を聞きたいんです。脱原発というと,なんだか口当たりのいい,上述の様な主張だけが聞こえてきます。脱原発というのは,そんな情緒的な捕らえ方をしてはいけないし,そんな捕らえ方でどうにかなるもんでもないと思うんですがねえ・・・・・。集会ではそのような主張も語られたにもかかわらず,TV報道では上述の情緒的な主張だけが映し出されたという事なんでしょうか?
 結論としての脱原発はたいへんいいのですが,そこに至るアプローチは,もう少し足が地に着いた,説得力のあるものでなければならないと思うんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/02

久しぶりにコメダ珈琲店へ

Komeda

 久しぶりに昼食に「コメダ珈琲店」に入りました。
 いつもはジャーマンとアメリカンを頼むのですが,今回は時間が遅かった事もあり,ヒレカツ,それもミニにしました。普通のヒレカツはカツ5個,パン2個とサラダであるのに対して,ミニではヒレカツ3個,パン1個となる事が違っています。
 コメダは安い喫茶店ではないんですが,新聞などもゆっくり読んで,結構ゆったりした時間を過ごしました。
 この後,かき氷も頼むつもりだったのですが,それはヤメにしました。最近マクドナルドの期間限定メニュー,マックシェークバナナ味に嵌っているからです。この後,近所のマックに行ってマックシェークとフライポテトを食べました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/01

iPad,iPodが大幅値上げ

Ipad 最近の円安を受けて,iPad,iPodの値上げが発表されました。
 5月31日から突然の即日値上げという事で,家電量販店では対応できずに31日は旧値段で販売するところもあったとか。
 最近はカーシェアリングの利用により,ガソリン代値上げを実感する事もなくなったので,円安による値上げというのを確かに実感したのはこれが初めての様な気がします。
 アップルはこれまでも,為替の上下によって価格を調整してきたとおもうので,それ程驚く事は無いんだと思いますが,しかし最高16000円の値上げというのはかなり大きいですね。2割以上の値上げという事になります。まあ,今回の円安は,アップルにその位の対応を迫るような,大幅で急速な円安だったという事なんででしょうね。急速でなかったら,段階的に小幅の値上げを繰り返す事もできたでしょうが,そんな事もできないほどの円安だったんですね。
 わたしは最近タブレット端末を物色しているのですが,iPadよりMS Surface Pro,SONY VAIO Duo 11への傾きが強くなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »