« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013/07/31

渋谷文化村でサンドイッチ

Sandowich_3 渋谷の東急文化村で行われている,「レオ・レオニ 絵本のしごと」という展覧会を見に行きました。レオ・レオニは「スイミー」などで有名な絵本作家です。オランダ生まれのユダヤ人で,アメリカに亡命して後にイタリアに移住し,イタリアで絵本作家として活躍しました。夏休みで,絵本の原画の展覧会という事で,子ども達がいっぱい来ていました。
 その文化村で,簡単に昼食をとろうという事で,文化村でサンドイッチを食べました。ミックスサンドです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/30

リファービッシュ品という選択

Refurbish 先日,iPhoneの話をしましたが,ソフトバンクがiPhoneのリファービッシュ品の販売を始めるという報道がありました。リファービッシュ品は,初期不良などでメーカーに返品された商品を,修理したり調整したりして再出荷した商品の事です。消費者が買って使用してみて,不良だったものが返品され,その悪い部分を直して廉価で再販売するというわけです。しかもメーカーが直しているので,廉価なのにメーカー保証が付くのです。
 iPhoneに限らず,リファービッシュ品販売は多くなっているそうです。PCなどは,リファービッシュ品専門の売り場を新設した量販店もあるとか。
 こんな話を聞くと,以前知人が話していたアメリカの住宅事情を思い出します。アメリカでは,住宅の新築物件というのは人気がないそうです。なぜならば,人が一度も住んだ事の無い新築住宅は,トイレの水が出なかったとか,温水の配管がつながっていなかったとか,床の一部が傾いていたとか,不具合が多いそうです。そこへいくと,誰かが一度住んだ家は,それらの瑕疵が改善されており,安心だと言うのです。
 新品がそんな状態であるのが普通だというのはどうかと思いますが,リファービッシュ品もそんな安心があるわけですね。リファービッシュ品には,ちょっと食指が動きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/29

ドトールのヨーグルンが新味になった〜2013年

Yogurun

 以前紹介したドトールのフローズンドリンク「ヨーグルン」。以前紹介したのは,淡いピンク色のベリー味ですだったのですが,味が代わり,今はマンゴー&パッション味とラズベリー&ローズヒップ味が販売されています。
 写真は黄色のマンゴー&パッション味です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/28

早急に96条改正を〜そうしないと,とんでもない自民党の改憲案が実現してしまう

Constitution_2

 以前憲法96条について,このブログに書いたことがあります。96条の「総議員の2/3以上の賛成」を「過半数の賛成」に変更する事と「国民投票の過半数」を「投票権を持つ国民の過半数」として,憲法改正に対する歯止めとも言うべき2つのハードルの高さのバランスを変更すべきだという主張です。
 今回の参院選の結果,参院,衆院両方で与党自民党と公明党を合わせた勢力が2/3を越えました。自民党改憲案については,必ずしも公明党が了承しているわけではなく,自民党内部にも反対派がいる様ですが,自民党案による憲法の変更に近づいてしまった事は確かです。
 自民党改憲案は,これまでむりくり拡大解釈して運用してきた憲法の部分を,明文化したものです。これまで運用してきた事を,はっきり盛り込んだだけだと自民党は言いたいのだと思いますが,これは危険です。拡大解釈で何とか乗り切ってきたものが憲法に盛り込まれると,その状態からさらに拡大解釈して運用される事になります。これまで拡大解釈が無理だと思われた事も,拡大解釈で乗り切る事ができる様になる可能性があるのです。
 国会の反対会派の数は限られていますから,それを切り崩すのは難しくないと思われます。だから,早急に,国会での議論の後に出てくる憲法改正案に対して,最終的に国民がイエス/ノーを決める事ができる様に,憲法96条の国民投票の条項,「国民投票の過半数」を「投票権を持つ国民の過半数」に改正して,憲法改正に対するハードルを上げなくてはなりません。
 野党の憲法改正反対勢力は,未だに96条の改憲反対を唱えていますが,憲法を変更したくないのならば,96条の国民審査の事項を改正せざるを得ません。なにしろ,既に(公明党は賛成していないものの)与党が衆参両院で2/3の多数を取ってしまったのですから。もう国会での憲法改正発義条件を与党はクリアしています。いまさらそれに反対しても,後の祭りです。

(写真はアマゾンKindle storeで売っている青空文庫版「日本国憲法」。売っていると言ってもタダです。ですが,購入すると(タダですが),アマゾンから律儀にも「ご購入,ありがとうございます。」という購入確認メールが届きます。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/27

山口の放火殺人事件の容疑者が捕まりましたね

Yamaguchi 山口県周南市金峰の4件の民家が放火され,その跡から5人の他殺死体が発見された事件,容疑者が発見され,概ね犯行を自供している様です。
 このような人口の少ない山村での連続惨殺事件というのは,時々起こります。一番有名なのは,横溝正史が八つ墓村に取り入れた津山30人惨殺事件ですね。
 小さなコミュ二ティーで,多様性が許されない社会で,ちょっと変わった人が疎外されてどんどん孤立し,ついには爆発する。実はクラスという小さなコミュニティーで起こる学校のいじめにも通じている様な気がします。

(有名な上の俳句,自身の放火の事を詠ったわけではなく,容疑者所有の器具が放火された事があったらしいですね。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/26

「アップルに新興国の壁」という記事〜ドコモのiPhone販売は近いか?

Iphone4s 日経新聞に,「アップルに新興国の壁」という記事が載りました。新興国でのiPhoneの売上げがよくないという記事です。高いiPhoneが売れなくなり,中国製のスマホが売れるようになったという事です。
 まあ,欧米や日本など,高いiPhoneの売れる国はもうスマホの飽和状態であり,欲しい人はとりあえずiPhoneを持っているという状態だし,今持っていない人はアップル製品にこだわらない人だろうし,iPhone以外のスマホだって機能的にはあまり変わらないし(逆にiPhoneが赤外線通信できない事にこだわっている人もいるし),新興国でiPhoneを買える富裕層もひととおりiPhoneを持つ様になっているらしいし,高いiPhoneがどんどん売れるような状況ではなくなったというのは確かでしょう。
 ただこの記事では,近々に発表される新興国向けの安いiPhoneの発売について一切触れていないんですよね。まあ現在,その機能の詳細は分からないし,どの程度売れるかも未知数ですが,同じ日経の何日か前の新聞には,安いiPhoneも現在の高いiPhoneも利益率はほぼ同じで,けっして廉売しようとしているのではないという記事が載り,そのために投資家も胸をなで下ろしているという事でした(でもデザインはともかく,相当機能を削ぎ落としているのかしら?)。アップルも新興国の現状を見極め,対策を打っているという事ですね。
 それに日本にはまだiPhoneの伸び代がありますよ。もちろんドコモです。スマホ販売シェアの50%をiPhoneにしろというノルマ条件を飲めずに,ドコモはiPhone販売を見送っているわけですが,30%程度ならドコモも飲めるそうです。様々な状況を考えると,アップルさんがドコモに折れる可能性が高くなっている様な気がします。新興国の廉価版iPhoneの売れ行き次第では,ドコモがiPhoneを売り出す日が近いかもしれませんね。実際のところ,新興国は日本よりスマホの割合が大きいそうで,スマホの普及率が日本の二倍以上に達している国もあるとか。そんな新興国の既に他のスマホを持っている人々が,廉価版iPhoneに乗り換えるかどうか疑問です。
 高いiPhoneを持てる層には既にいきわたってしまい,画期的な機能変化が無ければ買い替え需要もままならない状況で,低所得者層に販売を拡大していかざるを得ない状態になっている・・・・・。アップルも先進国で成功しているブランド商売から抜け出さなければならない時期にあるのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/25

安倍ノミクス効果で高いものが売れ始めているようですが・・・・・

Topvalue 安倍ノミクス効果で,高いものが売れ始めていると報道されています。
 それは確かなんでしょうが,私の実感では,安いものも多く出回ってきているような気がします。その代表は,スーパーやコンビニのプライベートブランド商品です。
 考えてみれば,今の状況では間違いなく消費税は5%から8%,やがて10%まで増えるんでしょうから,それを吸収する意味で,安い商品(それらも消費税アップによりやがて高くなるものの)がでまわり,消費税増分を吸収してこれまでと価格は変わらなくなる(商品は変わるが)という事になっていくような気がします。
 消費税アップにより,そのアップ分だけでも安価な商品が求められるという時代が,とりあえずは来るんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/24

森博嗣の短編集「どちらかが魔女」

Majo

 森博嗣著「どちらかが魔女」は,8編の短編からなる短編集です。犀川助教授と西之園萌絵によるS&Mシリーズを主体とするシリーズキャラクターを主人公とする短編が,アンソロジー的に編まれています。いずれも,他の短編集に掲載されている作品で,以前このブログで紹介した短編集「地球儀のスライス」に収録されている「石塔の屋根飾り」と「マン島の蒸気鉄道」は既に読んだ事があるものです。しかも,短編集「今夜はパラシュート博物館へ」,「レタス・フライ」は,読んではいないものの既に買ってあります。それなのに何で本書を買ったのかというと,要するに間違えたのですね。通常の短編集の一つと思っていたのです。短編集はいずれ全て揃えるつもりですから買う必要は無かったのですが・・・・・。
 森博嗣を読んだ事の無い人が森作品を読もうと思い,入門として長編ではなく短編から入ろうとした場合,シリーズキャラクターの短編集であるし,この「どちらかが魔女」を最適なものと思うかもしれません。しかしそうでは無いんですよね。森博嗣の短編だけ読んだ場合,訳が分からない事が多いのです。訳が分かっても,結末があっけないと思う事も多いと思います。しかし,森作品はたいていの場合,その短編だけでは完成しておらず,他の作品を知らなければ,その短編の趣向が完全に分からないという場合があります。
 例えば,この短編集「どちらかが魔女」の最後の作品「刀之津診療所の怪」。
 これは小さな島の小さな診療所にまつわる怪談話ですが,森博嗣を読んだ事の無い人がこの作品を読んでも,さっぱり分からないでしょう。この作品の中で,登場人物達が6個の謎を箇条書きにして検討しますが,その中の3項目,「男の子の謎の病気」「診療所の前の森に立っていた白い女」「診療所へ定期的にやってくる長身の男が崖から投げた白い刀」については,この作品の中で明らかになります。しかしその他の謎については,この作品を読んでも全く分からないと思います。
 作品中で,犀川助教授が西之園萌絵に電話で話します。「僕は,もう全部分かったよ。でも,君にはわからない」「え? どういうことですか?」「君は知らないことだから,無理もない」
 まさにそういう事で,森作品を初めて読む読者は「知らない事」があるので「わからない」のです。そもそも診療所の医師が萌絵の叔母である佐々木睦子を知っている顛末と診療所の医師の正体,それに謎の一つである「診療所へ定期的にやってくる長身の男」の正体,さらに彼が萌絵の叔母の事を「フランソワ」と呼んだわけは,この短編集の巻頭に収録されている「ぶるぶる人形にうってつけの夜」を読めばわかるかもしれません。しかしそれでも未だ,謎の一つとして上げられている「診療所内の着物姿の女幽霊」「おじいさんを脅した振り袖の女」と,その女の不思議な武器「土から飛び出してお爺さんの帽子を飛ばしたもの」が「それは僕(医師)の足です」と言った意味はわからないのです。それがわかる為には,長編シリーズであるVシリーズを読まねばなりません。長編はちょっとという方は,短編集「地球儀のスライス」所収の短編「気さくなお人形、19歳」を読めばまあ分かるかなと思います。
 そういう意味では,S&Mシリーズではないものの,この短編集に「気さくなお人形、19歳」が収録されていないのは片手落ちかもしれません。まあ,一つの作品だけ読んで,全てを分からせようとは思っていないのが森先生ですから,本来,読者は発表順に丹念に全作品を読んで行くしかありませんね。
 短編集を読むと,どうも放置された謎が多くて,たいていは他の作品と関連付けて考えなければ分からないという作風。しかし自分も,森博嗣作品は結構読んでいる方かとは思いますが,忘れている場合もあるので,完全に全ての作品の趣向が分かっている自信はありません。
 そういえば,以前,短編集「地球儀のスライス」を紹介した記事で言及した「僕に似た人」も,S&Mシリーズ関連作と言えるのですが,この本には入っていないんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/23

参院選挙結果

Net_election やはり自民党圧勝しましたね。
 私はと言えば,どう言い訳しても現在問題になっている事の多くを作ってきた自民党に投票する気がせず,みんなの党にいれました。我が家の選挙区のみんなの党の候補者は,いち早く当確となりました。まあ,人に入れた訳ではなく,党に入れたんですがね。
 ねじれが解消して,政策実現がスピードアップされるんですかね。ますます参議院の必要性が薄れるんじゃないんですかね。
 投票率が50%を大きく割ってしまいましたが,コレはどう考えるのでしょう。自民優勢と言われる中での選挙で投票に行かなかったのだから,多分,大部分は消極的な自民支持と考えるべきなのでしょうね。
 以前このブログでも,ネット選挙について書いた事がありますが,ネット選挙というのは,どの程度,何に貢献したのでしょうか? TwitterやカミさんのFacebook(私はやっていないので)などでは,選挙がらみのツイートやコメントを見る事はありませんでした。一部では盛り上がっていた様ですが,それ程選挙に貢献していないのではないかと思います。まじめな政策や意見の発信ではなく,遊説の様子をネット中継して,まるでイベントの様にネットを使って落選した候補もいて,候補者の側でも勘違いがあった様です。
 ネットの影響力というのは,今回の選挙の様子を見ると,数万人程度だと思われます。数万人では,参院選では当選できないのです。米国の大統領選挙の様に,わずか二人程度の超有名な候補者の中から選ぶ様な選挙では,またネットの影響力というのは違ってくるのかもしれませんがねえ。
 以前書いた様に,ネットというのは,関心のある人が積極的にアクセスしなければ機能しないメディアです。前の記事で,「はじめてのインターネット選挙とはいえ,あまり状況は変化しない様な気がします。」と書いたのですが,結局その通りだったと思います。しかし,ネットの中でいつもより政治や経済についての発信が多くなり,いろいろな意見の方がいる事がわかったのは成果だと思います。思いのほか農家の中には,TPP賛成の方がいることが分かりましたしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/22

2013年,参院選挙に行きました

Election 2013年7月21日,参院選挙に行きました。
 今回は自民党の圧勝が予想されており,投票率は低調だろうと言われています。しかし午前10:30過ぎに投票所の小学校に行った限りでは,それほど出足が悪いという雰囲気はありませんでした。小学校の近所も,普段の土曜日とは違って,結構人が歩いていましたよ。
 東京杉並区では,まだ全国平均30数%程度の投票率であった21日18時の段階で,先日の都議選選挙時から新設された大規模マンション内の投票所では,60%近い投票率を記録したとか。投票率を高めるには,投票所への行きやすさ,投票のしやすさも必要という事ですね。ネットで投票ができればね・・・・・。

(本日は,選挙時の特別配信体制により,21日中に22日の記事を配信しています(笑)。なお,上の絵は,Googleホームページの選挙日の特別イラスト。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/21

吉田うどん

Yoshida_udon1Yoshida_udon2

 私の中では,今頃アップするというのは相当時期外れなのですが,富士吉田の吉田うどんです。以前このブログに書いた,富士山麓の鳴沢氷穴に行った時,富士吉田で食べたうどんです。
 富士吉田でガソリンスタンドに入った時,隣で給油していた母娘さんに「うどんの美味しい店が,近くに無いですか」と聞いて紹介された店でした。なにしろ富士吉田市にはうどん店がどっさりあり,ガソリンスタンドの近くにもたくさんあったのですが,どこに入るべきか分からなかったのです。
 そのうどん店は,富士山駅前のガソリンスタンドから森の中に入り,しばらく行った所にありました。「麺’ズ 冨士山」という変わった名前の店で,紹介していただいた母娘さんのご一家は,うどんというとこの店にしか行かないそうです。
 頼んだのは,カミさんが肉うどん,私がきつねうどん。店によっては肉は馬肉を使うそうですが,この店は豚肉の様でした。吉田うどんの定番麺,腰のある(というか,ありすぎる・・・)麺もいいのですが,なによりも汁の美味しい事。吉田うどんは店によってかなりバラツキがあり,汁も煮干し,椎茸,醤油味,味噌味など様々で,それが楽しいのですが,この店はほんのり味噌の味がしました。麺を食べた後,汁をすすると後を引き,結局全部飲んでしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/20

森博嗣著「四季 秋 The Four Seasons White Autumn」

Autumn

 工学博士の推理小説家,森博嗣の作品は,S&Mシリーズ,Vシリーズと読んできて,次は「四季シリーズ」という事になるのですが,このシリーズは処女作「すべてがFになる」の登場人物,真賀田四季の伝記小説であって,推理小説ではないという話を聞いていました。
 推理小説でないのならばちょっと敬遠したいと思いつつ,森博嗣通の知人に,「もし四季シリーズ中で1冊だけ読むとすれば何がいい?」と聞いてみました。知人の話では,「四季シリーズ4作のうちで,1作だけ読むのならば,『四季 秋』がお薦め」との事でした。「秋」は,「すべてはFになる」では隠されていた真賀田四季の真の動機が明らかになり,さらにVシリーズ最終作「赤緑黒白」のラストでほのめかされた小学生の男の子「へッくん」の正体が明らかにされ,さらに百年シリーズへの橋渡しにもなっている(冬が完全に橋渡しになっているらしいのですが)作品だという事でした。
 さて読んでみると,「すべてがFになる」のレゴ人形の意味や事件の真相が明らかにされますが,たしかに推理小説という感じではありません。しかし,S&Mシリーズの犀川助教授と西之園萌絵,Vシリーズの保呂草潤平と各務亜樹良が同時に登場し,S&MシリーズとVシリーズが交錯します。両シリーズをつなぐ作品というわけです。四季シリーズなのに真賀田四季はビデオと萌絵の夢の中にしか登場せず,意外でした。
 この作品は,S&MシリーズとVシリーズを読んでいない人が読んでも,さっぱりわけが分からないでしょう。しかし,両シリーズに親しんできた人ならば,興味深く読める作品だと思います。たしかに推理小説ではありませんでしたけれどもね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/19

格付け会社の格付けって・・・・・

Sp 最近,アメリカの格付け会社,S&Pによるソフトバンクの2段階降格,ムーディーズによるTDKの1段階降格と,日本企業の格付け降格が話題になりました。
 ソフトバンクは,スプリント買収によるアメリカでの事業拡大に,一時的に金がかかる事,TDKは現在の市場状況に事業をあわせるための事業再編に一時的に金がかかる事によるそうです。
 まあどちらも,失敗すればリスクとなりえる資金の投入ですが,どちらも将来を見据えての前向きな投資です。それを理由に格付けを降格するというのは「どゆ事?」と思ったのですが,格付け会社の格付けは,「債務の履行能力」を評価しているもので,当該企業に対する総合的な評価や成長性を示したものではないのですね。
 という事は,長期スパンを見て投資している者にとって,格付け会社の格付けというのは余り参考にならないものなのではないかと思います。ましてや,株投資ゲームで儲けようという気が無く,その会社の将来に投資しようという真面目な本来の意味の投資家には,ほとんど関係ないもののようにも思われます。
 トリプルAランクの債権が,数日後には投資不適格のジャンクに下がってしまう場合があり,金融危機を招いてしまう場合もあります。格付けは格付け会社の意見であり,あくまでも投資などは投資者の判断で行う事は覚えておく必要がありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/18

自由が丘irinaのミニロールケーキタワー

Irina

 前にこのブログに書いた様に,ウチのカミさんの誕生日があったのですが,カミさんの姉一家が誕生会を開いてくれました。
 その席上,誕生日ケーキとして披露されたのが,写真のミニロールケーキです。自由が丘スイーツフォレスとや二子玉川riseなどにあるirinaという店のケーキです。
 それぞれのロールケーキは,オレンジ,ラズベリー,コーヒー,抹茶,ラムレーズン,和栗など,一つ一つ違う味がついています。
 食べやすく,楽しいデコレーションケーキでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/17

ユージアジキのバースデーケーキ

Cake1

 カミさんが誕生日だというので,上の娘とバースデーケーキを買ってきました。
 我が家から車で10分程行った所にある「ユージアジキ」というケーキ屋さんです。以前にも,このブログでここのケーキを紹介した事がある,著名なパティシエ,安食雄二のケーキ店です。
 今日は誕生日のケーキだということで,ホールのショートケーキを買ってきました。チョコレートのプレート付き,ロウソク付きです。
Cake2 このケーキ,イチゴの切り方でイチゴをハート形に見せている所に特徴があります。
 食べてみると,生クリームが口の中でとろけます。美味しいのにしつこさのない,かなり軽い感じのケーキで,コレならばホールの半分は一度に食べられそうでした。
 ハート形のチョコレート板に書いた「Happy Birthday+名前」の文字も飾り文字で,なかなか素敵でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/16

高知のローソンで,冷凍ケースに寝た男がいた事件

Ice_case 高知市のコンビニ「ローソン」で,21歳の男性アルバイト店員がアイスクリームの冷凍ケースに入って寝転び,その様子を友人に撮影させてFaceBookにアップして,それがネット上で拡散して炎上したというニュースがありました。
 昨日,7月15日,ローソン本部はこの店のフランチャイズ契約を解約する事を決めたそうです。
 このような若者の「バカな事」というのは度々あって,ユニバーサルスタジオで神戸の国立大生達の起こした事件もそんなものの一つかと思います。
 そもそも,ネットがあるから,それにアップする為にその様なバカな事をやろうと思うわけですが,余り悪気がなく行った事が,それによって炎上し,社会の怖さを知る事になるんですね。ある意味,ネットの自浄作用だと思います。
 ところで,先日,この事件を知ったネット上のニュースでは,アルバイト店員ではなくてオーナーの息子の所行だったとの事でしたが,違ったんでしょうか?
 実際のところ,アルバイト店員のバカな所行に対して,フランチャイズ契約を解約するというオーナーへの処罰は,いくら監督責任があるからといって,ちょっとやりすぎの様な気がするんですよ。すくなくとも,この所行に対する処罰としては,バランス上の違和感を感じます。ただ,この店員がオーナーの息子だったとしたら,家業に対する行為,そんな息子に育ててしまった親の責任,と行った事を考えれば,幾分そのアンバランス感が薄まるんですが・・・・・。

---<追 伸>----------------

 7月25日に,今度は客がコンビニのアイス冷蔵庫に入り込む騒動がありました。Facebookに投稿して明らかになった様ですが,全くの「二番煎じ」であり,馬鹿にされるためにやったようなもんです。
 ひょっとしてバツゲームとか,やらないとイジメられるとか,シカトされないためにやったとか,それ系のかわいそうな人だったのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/15

森博嗣の短編集「地球儀のスライス」

Slice

 「地球儀のスライス」は10編の短編から成る短編集です。そのうちの2編は犀川助教授と西之園萌絵によるS&Mシリーズの一遍,さらに後にVシリーズのレギュラーになる女装の少林寺拳法の達人である医学生,小鳥遊練無くんを主人公にしたものが一遍,あとは(概ね)ノンシリーズです。
 シリーズ作はさておき,その他の短編も不思議な謎めいた小説になっています。ただ,その謎めいた雰囲気が,最後にスパット落ちるかというとそうでもなく,謎のまま置いておかれる事もあるので,推理小説ファンとしては消化不良になる場合もあります。普通ならもう一つ突っ込む所を突っ込まないで,スルーしてしまっている感じ,とでもいいましょうか。
 しかしこの中の一遍,「僕に似た人」もそんなスパッと落ちないまま放置されるパターンかと思っていたら,次の作品,「石塔の屋根飾り」の冒頭を読んで,そういう趣向だったのかと合点が行きました。
 「僕に似た人」では,20階に住んでいる主人公の少年「僕」の一家がマンションに引っ越してきた時,なぜとりわけ21階の家に挨拶に行ったのか,「僕」のお母さんが21階の子,「まあ君」の事を,「あの子はもう立派な大人」だと言った訳,「僕」が引っ越す事になった時,21階の「まあ君」の美しいお母さんが名残惜しそうに「僕」に接しているのに,「僕」とよく遊んでいた「まあ君」を玄関に呼ぶ事もなく,「僕」に言われてはじめて「僕」を奥に居た「まあ君」の所に連れて行った事など,ちょっとした,ちいさな不思議な事実がありました。それが未消化なまま終わった訳ですが,次の短編「石塔の屋根飾り」の冒頭で「21階」が出てきた時,ハタと気づきました。21階に住む美しい女性と,老年の男性と,「まあ君」の正体さえ理解すれば,謎は自ずと解けるのわけです。
 「僕」が別れを告げに「まあ君」に会うシーンも,ちょっと変な雰囲気があります。「僕」が「まあ君」の隣に座り,「まあ君,もう,会えないよ」と言った時も,まあ君は「僕」の顔をじろじろと見ているだけで何も言いません。そして「僕」は「まあ君」に抱きついて顔をつけてしばらくじっとしていました。最近のある種のラノベならば,少年同士のこんなシーンは珍しくありせん。森先生は1999年の作品に,既にそれを盛り込んでいる・・・・・,と思ったのですが,21階の事を理解すれば,「僕」の行為も,「まあ君」の反応も,普通にあり得るものなのです。数々の違和感を最後の一言,「21階」でひっくり返す,しかも次の短編の冒頭でそれを気づかせるという手法が,サスガだと思いました。
 他のスパッと割り切れない作品も,ひょっとしたらそのような趣向があるのかもしれませんが,わたしにはわかりませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/14

ファーストキッチンのカラフルかき氷

Frozen

 既に関東地方は梅雨が明け,連日30度を上回る暑い日が続いています。戸外の日当りのいいコンクリート上では50度にもなる毎日です。そんな時に食べたいのがカキ氷。上の写真は,サントリーが運営するハンバーガーチェーン店,ファーストキッチンのかき氷フロートデザートです。
 イチゴとレモンとブルーハワイの3種類のシロップから2種類を選び,氷に用いると同時に,ソフトクリームの上にもトッピングしてあります。
 写真はイチゴとレモン。イチゴの赤とレモンの黄色がなかなかきれいです。ブルーハワイの青とイチゴの赤という組み合わせは,ちょっとどぎつい感じになってしまうと思うのですが,どうなんでしょう。今度頼んでみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/13

ユザワヤに服地を買いに行った

Pattern カミさんに洋裁をする知人ができて,ワンピースを作ってもらうそうです。服地もその人と相談して決めるという事ですが,まずは見ておかなくては話が始まらないという事で,蒲田のユザワヤへ行きました。ユザワヤは有名は手芸用品・生地・ホビー材料専門店で,東京近辺では各所にあり,ウチの近くにもあるのですが,やっぱり品数が多い本店に行かなくてはという事で東京大田区の蒲田へ行きました。
 はじめに入った5号館は,確かに服地を売っていたのですが,きわめて色鮮やかで,金銀が入ったりしたピカピカの服地を売っていました。エッ,これで服を作るの? と思ったら,なんとコスプレ用の服地専門店だったのです。若い女の子が,自分で書いたマンガイラストを片手に生地を選んでいました。
 普通の生地は7号館にあるというので,そこに行きました。5号館は若い女子率が高かったのに(ほとんど若い女性だけ),7号館は中年以上の女性だけでした。
 私は,カミさんの服地にはほとんど興味がなく,5号館か喫茶店にでも行っていようかと思ったのですが,カミさんが「コレはどう」などと聞くので,その気になってみると,結構楽しいのです。数種類の同柄色違いの中から,コレが似合うなどと指摘するのが結構たのしい。
 結局ただ見るだけのつもりで行ったのに,カミさんは初めてだからと安い生地を買い,型紙を買って,自分でもワンピースを作るつもりになってしまいました。型紙のケースには,3時間で作れるワンピースと書いてありますが,さていつ完成するものやら,結局完成しないものやら,わかりません。
 でも,洋裁というのも結構楽しいかもしれないと思えてきました。私も引退したら,型紙を買ってユザワヤに日参して服作りに励んでいるかもしれません。引退したらやりたいと思う事は,折に触れてこのブログでも書いていますが,鉄道模型作り,RPGゲームに次いで,もう一つやりたい事が増えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/12

涼しい所へ行きたくて,富士山麓の氷穴へ

Ice_cave

Ice_cave1 連日,猛暑が続いていますが,たまたま平日に休みになったので,カミさんとどこか涼しい所に行こうという事になり,アーでもない,コーでもない,と検討した結果,近間で,しかも天然ではここより涼しい所はないだろうという事で,富士山麓の鳴沢村にある氷穴に行く事にしました。
 鳴沢氷穴は,富士山の貞観大噴火によりできたといわれる溶岩洞窟で,内部が0度近い低温の為,江戸時代には将軍へ献上する氷を保管し,夏にここから江戸城まで運んだといわれています。
 横浜の我が家から車で出かけました。ナビは中央高速経由を一押しにしていましたが,高速に乗るまでの一般道の走りやすさから,東名高速経由,御殿場から富士吉田に入るコースに変えました。横浜から2時間余り,富士山麓に広がる青木ヶ原樹海の入口にある鳴沢村の氷穴に到着しました。
 入場料280円也を支払って洞窟内に入ります。入口はかなり広いのですが,すぐに狭く屈んで歩くような天井の低い階段になります。洞窟のそこには冬に湖から切り出し,ここに保管されている氷の山が広がっていました。
 この洞窟,入口を少し降りるとすぐ肌寒くなり,半袖では居られないくらいになります。涼しいというより寒いという感じです。この涼しい所から出たとき,暑さをさらに実感してしまいました。ほんの15分くらいの洞窟探検ですが,珍しい光景と涼しさ(寒さ)を楽しみました。

(写真は,上が洞窟内の氷柱,下が洞窟入口。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/11

グーグルグループを使用して,省内情報,閲覧可能状態に

Group 環境省の職員が,登録したメンバー間でメールを共有できる無料サービス,「グーグルグループ」を使用して,閲覧制限を掛けなかったため,環境省を含む6省庁の省内情報が,だれでも閲覧できる状態になっていたという問題が起こりました。報道機関からの指摘を受けて9日に使用をやめたという事ですが,12日間は公開状態になっていたそうです。
 グーグルグループを使用したのは,省のネットではセキュリティーが厳しく,出張先からアクセスしにくいからという理由からでした。多分それほどの機密情報という認識がなかったのだと思います。しかし,社内情報や省庁の内部情報は,それだけで社外秘,部門外秘である事は常識です。
 この事件は,使用した人のネットに対する認識不足としかいいようがありません。閲覧範囲を制限していたとしても,部外者であるグーグルのオペレーターは閲覧できる筈で,会社や役所の情報を,そんな外部の仕組みを使ってやり取りしては,そもそもダメでしょう。
 しかし,同じ様な事を自分でもやっているかもしれませんね。例えば,お客さんの事務所で,お客さんのネットワークを使って,自分のパソコンで自社のサーバーにアクセスする時,お客さん側のオペレーターは内容を見る事ができるのではないかと思われ,それが暗号化されたやり取りになっているのかどうか,不安になる時があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/10

インターネット上の世論は,一般的な世論とは違うらしい

News_paper 今回の参院選で重視する争点として,世論調査によれば,景気対策が28%,年金・医療・介護・子育ても28%,消費増税・財政再建が10%となっており,原発・エネルギーは8%だったそうです。一方,ツイッターでの発言を調べてみると,原発関係のツイートが年金・子育ての2.8倍に上っていて,一般世論とのネット世論の乖離が新聞上で話題になっていました。
 この乖離については,確かに分かるような気がするんですよね。原発所在地の方々ならいざ知らず,一般的には暮らしに直結するのは年金・医療・介護・子育てであるし,より関心が高いのは理解できます。しかし,年金などについては,「より手厚い方向であってほしい」という大きな方向はだれもが考えており,それに反対しようという人も,まずいないんじゃないかと思います。それに対して,原発については,「即刻廃炉にせよ」から「無い方が望ましいけれど・・・・・」,さらに「必要だ」まで,様々な意見があって,インターネット上で自分の考えを発信するなり議論するなりしたいと思う人が多いのだと思います。
 以前,川崎縦貫鉄道の例を上げて,世論とネット上の意見の乖離についてこのブログにアップした事があります。ネット上の多数意見というのは,必ずしも世論の動向を示しているとは限らないというき記事でしたが,それにも通じる事ですね。
 インターネット上の世論と一般的な世論の違いについて,もう一つ要因があるかもしれません。それは世代の違いです。インターネットを使っているのは,若い世代が多いという事が関係しているかもしれないですね。私は,老人の意見よりも先の長い若者の意見を重視すべきだと思っているので,もしそうならネット上の世論を重視すべきだと思うのですが,しかし,私の勤める会社の例で言えば,会社で個人にパソコンが配布され,ネットのメイルを初めとしてインターネットが使えるようになったのはもう大分昔の事で,多分現在70歳代の方々も,現役時代はインターネットを駆使していた筈です。ネット利用者が若い人に多いという事も,時代が進むにつれて言えなくなってくるのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/09

放送局はテレビ画面をネットに奪取される〜パナソニックのビエラCM放映拒否をめぐって

Tvcm パナソニックのネットテレビ,スマートビエラのコマーシャル放映を,民放各局が拒否した件が話題になっています。そもそも大スポンサーであるパナソニックのCMを民放が放映拒否するというのが信じられないのですが,ついにパナソニックはYouTubeの公式アカウントでこのCMを流しました。まあ,パナソニックの公式アカウントには最近のCMがたくさん上がっていますから,単にその一環として流しているという事だとは思います。
 そのCMを見ると,たしかに「テレビ放送が写りますよ」というコマーシャルではなく,大画面テレビがネット端末になる様を表現しています。放送局がテレビ画面をネットに乗っ取られる様を描いたといってもいいものです。
 もう8年も前の事になりますが,このブログで,「放送局に将来はあるか?」という記事を書いた事があります。「テレビ放送がネットに取って代わられる日が来るだろう」という趣旨の記事です。このコマーシャルを見ていると,その記事を思い出します。今回の騒動をみると,テレビ局はそんな将来を予感して,このCMを忌諱しているように思えてきます。
 今回のCMは,ネットを扱えない人にとってはほとんど関係のないCMです。その意味では,一般的なテレビ放送で流すよりも,YouTubeで流す方が効率的と言えそうです。YouTubeを楽しむ層が買うべきテレビのCMなのですからね。莫大な放映料をテレビ局に払わずに,パナソニックは効果的な宣伝をしたと言っていいように思います。
 将来のテレビ画面というのは,このCMのようなネットが映される時代になるのでしょうね。ドラマでも,ニュースでも,ドキュメンタリーでも,映画でも,お笑いでも,テレビ局を経由せずに制作プロダクションから流される事になるでしょう。テレビ局に変わって,これらを束ねるネット局ができるのかもしれませんね。実際,サザンやパフュームや福山雅治などが所属する大手プロダクション アミューズなどは,所属する佐藤健などが出演するネット上の定期動画放送を行っています。
 ただ,これらのコンテンツを大画面で家族で一緒に見る必要性というのは,そんな時代でもあるのでしょうか? 映画などのスペクタクルは大画面で見た方がいいかもしれませんが,遠くの大画面と近くの小画面は,見る者にとって同じ様な視野で見えるものかもしれず,大画面テレビの必要性というのも疑問に思っています。実際,同じ映画DVDを40型程度の居間のテレビで見て,さらに13型モニタを持つMacBookで見ると,MacBookで見る方が迫力があると思った経験があります。
 4Kテレビというのは,以前このブログでもアップした様に,大画面テレビを小さな部屋に置く為の手段と言えるのですが,そんなテレビを,一家に一台,欲しいという時代が来るのかどうか,ちょっと疑問に思っています。
 全員B型の我が家では,大きなテレビをみんなで見るのではなく,居間の机の上にせいぜい大きくても15型くらいの個人用のテレビなりパソコンなりのモニタを置き,個人個人別々のものを見ていて,だれかが「この番組,面白いから見てごらん」などと言った時に「どれどれ」と各人が自分のモニタをそれにあわせるという状況が,むしろ頭に浮かびます。
 もちろん,独身者が大画面テレビを独占するというのは,ちょっと魅力的ですけれどもね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/08

民主主義の素地がない?

Sphinx ムスリム同胞団のモルシ前大統領が軍のクーデターによって追放され,暫定内閣が発足したエジプト。
 独裁政権を倒した筈のアラブの春も,国を2分するムスリム同胞団派と反ムスリム同胞団派の対立による混乱を,軍が収めた格好です。
 独裁を倒しても民主主義国にはなりません。民主主義国家になるにはそれなりの条件が必要です。前政権をたおしても,その後に対立があったら混乱するばかりです。民主主義国家では,考えの違う人を排斥するのではなく,考えの違う人の考えを考えてみる寛容さが必要です。それは元を正せば,教育の有無という事になると思います。宗教は大切ですが,それにスガルしかない状態では,とても民主主義国家にはなれません。
 イランは表面的には上手く行っている様ですが,イスラム独裁政権による独裁体制が敷かれています。イランの体制も,国家の最終形態ではないと思うので,このままずっと続く事はないと思いますが,ある時期,ある課程では独裁も必要だと思います。「独裁政権」と「対立の中の民主主義と言われる政権」と,どちらの方が幸せな人が多いのかという事だと思います。
 エジプトは産みの苦しみの時期であろうと思います。独裁政権からイスラム原理主義のモルシ政権となって,経済や治安などが悪化し,それにうんざりする国民を生みました。民主主義国では,そんな時,次の選挙によってイスラム原理主義のムスリム同胞団政権が退陣する事になります。エジプトのモルシ政権の任期は2年。それを待たずして軍によるクーデターが起こりました。民衆の味方のように見えるエジプト軍ですが,実はモルシ政権が軍と対立し,軍の既得権益を奪おうとしていた事が根底にある様です。普通の民主主義国家であるならば,2年を待ってそこで国民の審判を行う事になるのですが,そこまで待たずに政権が倒されたのは,国民の対立の激化と共に軍と前政権の前述の関係がある様です。軍のクーデター後に誕生する政権は,ある意味軍を背景とした独裁的な政権となるでしょう。そんな再度の独裁政権化とイスラム原理主義政権のどちらが今国民に受け入れられるのか,再選挙を行うしかない様に思われます。本来ならば2年後に行われるべき選挙なのですがね。しかしこの状況で,軍主導で,選挙無しに独裁政権化されれば,反対する勢力は過激化してテロの頻発となる事でしょう。
 反モルシ派には,「政治は宗教に従属する」という政治姿勢への反発の他に,政権運営の失敗による危機的な経済やインフレの昂進など,モルシ大統領に反発するそれなりの理屈があります。しかしモルシ派には,正当な選挙によって選ばれた大統領であるという一点の他は,「政治は宗教に従属する」という事を好ましいと思うより他には理屈がない様に思われます。たしかに「正当な選挙で選ばれた」という事は重要ですが,多くの人々が選挙でモルシ氏に投票したのは間違いだったと思っている以上,近々にもう一回選挙を行うしかない様に思えます。クーデターによる政権ではなくて,もう一度モルシ氏と同じ様に,「正当な選挙で選ばれた大統領」を作る必要があると思います。
 任期を残してのモルシ大統領退陣というのがクーデターによるというのがちょっと引っかかる訳です。政権の途中退場というのは,日本でもあります。最近では,経済的な行き詰まりなどの理由で国民の中で退陣機運が高まり,前の民主党野田内閣が1年近い任期を残して自ら退陣して選挙を行って交代しています。しかし,今回のエジプトの様に,政権自身の反省が無く,退陣など考えてもいない状態では,現内閣をクーデターによって強制的にでも下ろすという事をせさざるを得なかったという事情は理解できます。

−−−<追 伸>−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 その後,エジプトは当然の事に,ムスリム同胞団の軍政に対する反発が起こり,デモ→鎮圧の連鎖が始まって多くの命が失われています。
 しかしながら,エジプト一般国民のムスリム同胞団支持率は低下し,大局的にいうと軍政支持が広がっている様です。
 エジプトでアラブの春の実現に力を発揮した若者達は,残念に思い意気消沈している様ですが,ムスリム同胞団の政治にも満足できず,ジレンマに陥っている様です。宗教を掲げた政権は,それだけでもう,排他的,独裁的にならざるを得ない運命にあり,本来寛容である事はできません。
 軍政はもとより,ムスリム同胞団の政治も結局独裁的になり,結局の所,民主主義が根ずくのは時期尚早という事なのだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/07

ヒガシマル醤油のちゃんぽんスープの13gと14gの成分が,微妙に違うこと

Img_2565 ラーメンの麺と間違えて,スーパーからチャンポンの麺を買ってきてしまいました。
 せっかくチャンポンの麺を買ってしまったのだから,チャンポンを作ろうという事で,チャンポンのスープを買ってきました。買って帰ったら,カミさんが「ウチにもあったのに」との事。同じメーカーのもので,100円ショップで買ったとの事でした。
 マークも同じで,兵庫県のヒガシマル醤油というメーカーの物でしたが,成分表示を見てみると,微妙に違います。一袋が13gと14gで,全量も微妙に違うのですが,同じメーカーでこの違いは何? 脂質,ナトリウム分が13gの方が多く,タンパク質と炭水化物は14gの方が多い。
 この2種類のスープ,混ぜて使ってしまったので,味の違いは分かりません。・・・・・あしからず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/06

エクセルシオールカフェのトマトのフローズンドリンク

Tomato_frozen エクセルシオールカフェのフローズンドリンク,「トマト・バジル・ソルティー」です。
 フローズンドリンクというのは甘い事が身上ですが,このフローズンは甘くありません。塩分の入ったトマトジュースにスパイスを加えて,スパイシーなトマトジュースを凍らせたというドリンクです。
 普通のフローズンとは違った味で,最初は「エッ」とおもいますが,けっこういける味です。高級なイタリアンなどのコースで一口程のトマトのシャーベットが出る事がありますが,そんな感じです。余りたくさんは要りませんが,なかなか癖になる味でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/05

石神井川の源流へ

Shakuji_kawa0

 以前紹介した小金井公園内の江戸東京たてもの園。そこへ行った時から気になっていたのが石神井川です。
 石神井川は,以前その中流域,中板橋から王子まで桜の花見に行って,このブログにアップした事がありますが,小金井付近の湧水を集めて流れる都市内河川です。ほぼ全域にわたって,花見の時の写真に写っている様に,コンクリートの流路の中を流れる川です。小金井公園江戸東京たてもの園の北側を歩いている時,金網のすぐ北に石神井川が流れていた事から,その源流の事が気になっていたのです。
 地図を見ていると,小金井公園の中程の北の端に石神井川源流の掲示板があり,その上流は暗渠になる様です。上の写真が開渠が暗渠となる箇所です(デジカメの調子が悪く,Google street viewから拝借した写真です)。手前が暗渠部,向こうが開渠部,その開渠部の端に青い看板が立っているのがわかるでしょうか。
Shakuji_kawa1 左の写真がその看板で,「しゃくじい川上流端」と書いてあります。管理上,公的に石神井川として認められるのがここまでという事なんですね。地図で見ると,暗渠となる上流にも一部分開渠となっている部分がある様ですが,ほとんど暗渠であって,それがどこまで達しているのかは分かりません。しかし,歴史的な石神井川源流は小平市の鈴木小学校付近だと言われています。
Shakuji_kawa2 左の写真がその鈴木小学校付近です。写真ではよくわからないと思いますが,この南北に通っている道路,手前が少しレベルが上がっていて,向こう側に向かっていったん下がり,その向こうで再び上がっています。さらにその向こうは低い崖になっています。右側は2列ばかり住宅が並んだ向こうに低い崖があり,その崖の上に鈴木小学校があります。つまり,この写真の道路の辺りが低地になっており,いかにも源流のわき水がわいていた場所という感じがします。ここが石神井川源流で決まりの様ですね。
 帰ってきてからネットで調べてみると,鈴木町の源流部付近にはいくつもの用水があったようで,他のサイトに石神井川の痕跡として載っている国際電気工場付近の暗渠や小金井街道を横切る痕跡などは,どうも石神井川ではない様です。このような所の流露の探索は難しいですね。
Shakuji_kawa3 鈴木小学校内には入る事ができませんが,近年湧水が発見されて小さな池ができているそうです。その看板には,ここの湧水の水が石神井川として流れ,東京湾に注ぐと書いてあるそうです。最後に少し北側にある鈴木小学校の正門の写真を載せて終わりにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/04

小嶋英俊「文豪たちの大陸横断鉄道」

Essays

 「文豪達の大陸横断鉄道」という本を読みました。新潮社から出ている新潮新書の中の一冊です。
 この本のタイトルを見たとき,かつての文豪達が大陸横断鉄道で満州やヨーロッパなどを旅した時の旅行記を集めた随筆集だと思いました。ところが,違っていたんです。
 たしかに,夏目漱石,林芙美子,永井荷風,横光利一,野上弥生子など,往年の有名作家が,鉄道を利用して満州,ロシア,欧州を旅した時のエッセイを引用して紹介しているのですが,鉄道関係の著書のある小嶋英俊氏の文章の方が圧倒的に多いのです。各作家が鉄道で旅をしたときの世相,旅立った状況,その頃の鉄道の様子など,満州,ロシア,イタリア,フランス,イギリス,アメリカなど,各国別に紹介している本なのです。
 まあ考えてみれば,往年の文豪達は特に鉄道に興味があったわけではなく,鉄道旅についてはむしろついでに書いた程度のもので,各エッセイは目的地での滞在の様子にこそ主眼があるわけで,鉄道に絞った本にするには,文豪達のエッセイの鉄道旅部分を抜き出して短く紹介する程度にしかならないわけです。
 期待した内容とは違ったのですが,鉄道旅に関する文豪達の名文も楽しめて,地の文章ともいうべき小嶋氏の解説部分も興味深く読めて,楽しい本でした。
 ここに紹介されている文豪達の著書は,Kindle storeを検索してみると,各人それぞれの作品が何十冊も見出されます。さすがは日本国民の財産とも言うべき作品群で,ほとんどが青空文庫版として無料(0円)で読めるのですが,残念ながらこの本で紹介された旅行記はほとんどありません。でも夏目漱石の「満韓ところどころ」はあったので,それを読んでみたいと思いました。引用された南満州鉄道による旅行場面だけでも,漱石のユーモアあふれる文章がとても面白いものでした。遠藤周作の狐狸庵先生シリーズや北杜夫のドクトルマンボウシリーズなど,近代のユーモアあふれるエッセイの先駆をなすもので,読書心をそそります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/03

久しぶりにポポラマーマのスパゲティー

Spaghetti

Soup 久しぶりに入った,スパゲティーのチェーン店,ポポラマーマ。
 最近ご無沙汰していたのは,私の普段の行動範囲内にある店が,閉店してしまったからです。用事があって行った東京都豊島区の豊島園遊園地前の店で久しぶりに入りました。
 ランチセットメニューの中のアサリと貝柱の醤油スパゲティーとドリンクバーを頼みました。ランチセットなので,野菜サラダかスープかパンがついていますが,スープを頼みました。野菜とベーコンのスープです。
 久しぶりのポポラマーマのスパゲティーを,美味しくいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/02

3Dプリンタって,第三の産業革命を起こす程のものなのかしら?

3d_printer 先日テレビを見ていたら,3Dプリンタでのもの作りを,第三の産業革命と言っていました。
 確かにこれまでの作り方ではないし,個人的にはたいへん興味深いのですが,それほどの物かと思ってしまうんですよね。
 少量生産に向いていますが,そのような物はあまり産業のメインストリームになりにくいし,せいぜい個人的なベンチャーが,なにか樹脂製の小物を作る道具に使うくらいしか私には使用法のアイデアがありません。先日のテレビ番組では,オバマ大統領が現れ,3Dプリンターを使用した産業醸成に多額の費用を使うと言っていたのですが,それで一体どんなアイデアが出てくるのか,楽しみではあります。
 これからは大量生産品ではなく,個人個人の好みに合わせてカスタマイズして行く時代で,そんな製品を作るのにうってつけの製造法だという話があります。しかしテレビやパソコンやiPhoneを,それ程個人的な趣味に合わせた形態であって欲しいとは思わないし,せいぜい趣味に合わせるのはiPhoneのケースくらいのもので,そんなものは産業のメインストリームにはなり得ません。カスタマイズといえば車のカスタマイズ需要というのもあって,専門の業者がいるのですが,一部の人達の趣味の範囲に留まっていて,多くの人が利用したいと思っているものではありません。カスタマイズ需要というのも,せいぜいその程度のものではないのかと思います。それとも,安くできれば,たくさん需要があるというものなのでしょうか?
 大きな物の中の小さな部品は,3Dプリンタで作る様になっていくかもしれません。圧倒的に安く小さい3Dプリンタという製造装置を多数使えば,1台のプリンタで少量しかできなくても,大量生産が可能になります。小物については,生産設備を含めて,圧倒的に安い生産方法になる可能性がありますから,侮れない事は確かです。
 3Dプリンタは案外古い技術ですが,しかし面白い技術ではあり,それを使って何かをやりたいと思うような夢のある技術だと思います。しかし産業革命と言える程産業にインパクトを与えるのかどうか,疑問に思っています。個人用3Dプリンターが行き渡って,ちょっとした物を個人的に作ってしまうという時代がくれば,むしろ産業としての製造業が衰退して行くのではないかとも思います。そんな時代には,ちょっとした小物の3Dデータが販売され,それを個人的に手直しして物作りに使うという事になるのでしょうか。そんな3Dデータ販売産業ができるのかもしれません。
 使用できる材料に金属が加われば,また違った状況が生まれるかもしれません。なにか産業革命といえるほどの革新的な使用方法が出てくればいいのですがね。

(上の写真は,ヨドバシカメラのHPから拝借しました。・・・と言う事は,ヨドバシで売っている3Dプリンターです。764万円余りの機種です。当たり前ですが,ポイントが76万円分付くそうです。76万円もポイントが付いたら,何を買おうか?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/01

副都心線直通後の東横線元住吉車庫

7000

 以前,東京メトロ副都心線直通前,各社の車両が試運転されている時の東横線元住吉車庫の写真をアップした事がありますが,今年3月に直通運転を開始してからは,普通に他社の車両が元住吉車庫に留置される様になりました。
 上の写真は,東京メトロの7000系と東武鉄道の9000系。この両車が並ぶのは,東武線内でも珍しくないでしょう。しかし,左側に遠く半分だけ写っている車両と並ぶ事は,東横線以外にはありえないでしょうね。左は都営地下鉄三田線用の東京都交通局の6300形です。
 カメラを左にパンして,6300形と7000系の並んだ所を撮った写真を下に掲載します。

6300

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »