« ミカンの消費量が減っているそうです | トップページ | 爆竹によるPM2.5にびっくり »

2014/01/31

東京自由が丘の「元祖 つけめん大王」ではじめてのラーメン

Daioh

 これまで何回か紹介したことのある東京自由が丘の「元祖 つけめん大王」
 今までここではつけ麺しか注文したことがありませんでした。その理由の一つは,私が猫舌だからです。しかしまあ,今は冬の真っ盛り。熱いラーメンの1つでも食べようかという気持ちになりました。そこで,始めてこの店でスープの中に入ったラーメンを食べました。
 頼んだのは普通のラーメンにメンマをトッピングしたものです。つけ麺には「メンマつけ麺」があるのに,なぜかラーメンにはメンマラーメンがありません。ただし,100円でトッピングとしてメンマを付けることができるシステムになっています。
 つけ麺の場合,麺,汁と同時に汁を薄めるためのスープを持ってきてくれます。汁が塩辛いのでこのスープを入れると絶妙の風味を持ったつけ汁が出来上がります。そんな経験から,はじめからスープがたっぷり入ったラーメンならばさぞ風味高いだろうと期待していたのですが・・・・・それ程ではないんですね。普通においしいラーメンで,つけ麺のように香り高くなりません。ひょっとしてラーメンの場合,スープを普通の湯で薄めているのでしょうか?
 「つけめん大王」はやはりつけ麺が一番だと思いました。また次からは,竹の子つけ麺に戻ります。

(最近ここのつけ麺は具が増えたので,写真を撮ったときの感じがラーメンとつけ麺で似てきました。単にスープの量の違いだけです。)

|

« ミカンの消費量が減っているそうです | トップページ | 爆竹によるPM2.5にびっくり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1297/59025311

この記事へのトラックバック一覧です: 東京自由が丘の「元祖 つけめん大王」ではじめてのラーメン:

« ミカンの消費量が減っているそうです | トップページ | 爆竹によるPM2.5にびっくり »