« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014/03/31

知人がウコン製剤で肝機能障害に

Turmeric 知人が健康のためにウコン製剤を毎日飲んでいたら,肝機能障害になったというので,周囲の間で話題になっています。人間ドックの血液検査で肝臓機能関係の数値が思わしくなく,ウコン製剤をやめてみるようにいわれて,その数ヶ月後の血液検査で数値が正常化したという事で,やはり犯人はウコンだったんだという事になりました。
 ウコンのとり過ぎで肝機能障害になるというのは,結構ありがちな事らしいですね。確かひと月程前の新聞でも見た事があるような気がします。健康のために飲んでいたウコンですが,残念な事になりました。
 健康によかれと思ってやった事によりかえって健康を害するという事は,よくありがちだと思います。私が知っているだけでも,毎日水を2リッター飲んでいた人が内蔵機能障害になったとか(水中毒?),ココアがいいというので毎日飲み始めたら糖尿病になってしまったとか(なんで砂糖入りを大量に飲むのかなあ),いろいろあります。
 健康ブーム,サプリメントブーム,それにテレビで○○が体にいいと伝えられるとスーパーの棚からその食材が消えてしまうというご時世です。ある特定のものだけを大量にとって体にいいわけがなく,むしろ食べ物などより睡眠時間や規則正しい生活など,生活習慣に気をつけるのがよほど健康にいいように思います。まあ,仕事などのために,生活習慣を改善する事ができないからこそサプリや薬や食べ物に頼るというところもあるんでしょうがねえ・・・・・。

(写真は環境gooの植物図鑑から拝借したウコン。ショウガの仲間らしく,粉にする前の根茎は,確かにショウガに似ています。カレーの黄色い色がウコンですね。カレーの本ではターメリックなどと称しますが,要するにウコンです。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/30

すっかりサクラがさいています

Sakura 折からの暖かさで,東京地方ではあちこちのサクラが咲き始めていますね。
 お花見モードでの街歩きになりつつあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/29

自家製の長崎皿うどん

Sara

 写真の食べ物は自家製の皿うどんです。長崎名物皿うどんですが,麺とスープは既製品の即席皿うどんです。具だけは自分の家で用意しました。
 具だくさんのちょっと豪華な皿うどんになりました。もう少し汁(あんかけ)が多いとよかったのですが・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/28

サンマルクカフェのデニブラン

St_marc

 最近,サンマルクカフェの大き目の店では,パフェ類やパンを使った食事など,店の外に見えるようにサンプルがディスプレイされているのが目につきます。そんな店で,デニブランというのを試してみました。
 これはサンマルク版シロノワールとでも言うべきものです。コメダ珈琲店の人気メニュー,シロノワールは,熱くしたパンの上に冷たいソフトクリームをのせた食べ物です。サンマルクのデニブランも,同じコンセプトの食べ物です。こちらのパンは丸いクロワッサン・・・というより,パンメニューとしてあるバターデニッシュ・・・を使い,ソフトクリームをたっぷりのせて,その上にキャラメルソースをかけてあります。
 コメダに対して,クロワッサン(バターデニッシュ)が幾分しつこいかなと思ったのですが,なかなかおいしい食べ物です。大きさとしては,ミニシロノワールのような1人前のものです。
 このデニブランという言葉,デニッシュ・ブランク=白いデニッシュかなと思うのですが,なんだかシロノワールを意識しているようではありませんか。まあコメダの定番を意識するなと言っても無理でしょうし,むしろ意識的にそれに似せた物を作ろうとしたんでしょうけれどもね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/27

ロイヤルホストのコーヒーゼリーサンデー

Sundae 娘の卒業式に行って,その後娘は学校へ戻って学科単位の学位授与式をやっている間,ロイヤルホストで待っていました。なにしろ着物袴を持ってかえらなくてはならなかったもんで・・・・・。娘は洋服に着替えてホテルの懇親会へ行き,私は着替えた着物を持って家へ帰るというわけです。
 というわけで,ロイヤルホストのコーヒーゼリーサンデーです。コーヒーゼリーにコーヒーアイスクリームそれにクリームで飾られています。この手のサンデーやパフェにありがちなシリアルでの上げ底が無く,好ましい物でした。
 午後2時くらいから4時くらいまで待っていたわけですが(店に取っては嫌な客でしょうね),最近はKindleで読書,iPhoneでゲーム,iPodでPodcastや音楽など,楽しむ物がたくさんあってなかなか待ち時間も楽しくつぶせます。娘がきても「もう来たの?」などと言う事になります。

 ところで,サンデーとパフェってどう違うんだろうと思いませんか?
 ロイヤルホストにも,アイスクリーム+クリーム+くだもの系のデザートとして,上で紹介したような「サンデー」と名のつく物と「パフェ」と名のつく物があります。
 印象としては,サンデーは開放的,パフェは閉鎖的かというと,それ程でもありませんが,サンデーの開放感というのは確かにあります。その他,サンデーよりパフェの方が量が多いという感覚もあります。パフェは量が多いのですが,そのためからかシリアルで底上げしてある場合が多いのです。ロイヤルホストでも,パフェにはシリアルが入っており,私があえてサンデーを注文した理由は,そのシリアルの有無が非常に大きいウウェートを占めています。
 ネットで検索してみると,パフェはフランス発祥,サンデーはアメリカ発祥,パフェは細長く深い容器に立体的に盛りつけられる事が多く,サンデーはラッパ型に開いた容器にどちらかというと平面的に盛りつけらる。材料に違いは無く,ただ容器が違うだけ。
 なるほど,サンデーはアメリカ発祥なので,開放的な感じがするのかも知れませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/26

サクラ,咲く

Sakura_saku

 昨日,3月25日の東京地方は,気温が20度をはるかに超え(といっても,公式発表で22度らしいが),サクラの開花も促進された様です。
 折から日本武道館の周りのサクラも,まだほとんどがつぼみ状態であった中,一本のサクラの木に花が咲いていました。一本だけ早咲きのサクラかなとも思ったのですが,見たところ付近の木と種類は変わらないようで,ソメイヨシノだと思います。
 折しも武道館では大学の卒業式が行われており,着物袴姿の女子学生がたくさん行き来しており,サクラの下の華やかさもまた格別でした。
 この陽気が続くのならば,サクラは一斉に開花しそうです。ただ今日は,雨の予報ですが,気温はどうなんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/24

喫茶店でタブレット端末を開いている人がいないのは何故?

Cafe 私は結構喫茶店でくつろぐのが好きで,喫茶店でカフェラテやロイヤルミルクティーを飲んでいます。
 いわゆるカフェチェーンのカフェも利用しますし,独立した街の喫茶店も利用します。
 そこで観察すると,喫茶店でパソコンやスマホを利用している人はいるんですが,タブレット端末を利用している人はまずいない事に気づきました。
 このご時世,喫茶店でタブレット端末を出して,ネットを見ている人の一人や二人いてもいいと思うんですが,ほとんどいません。
 これは何故なんでしょうね? 私はタブレット端末を持っていないので,喫茶店でパソコンを開く事はあってもタブレット端末を開く事はありません(あたりまえだ。持っていないんだから)。パソコンでブログを書くとか,メールを書くとか,そんな事をします。
 そういえば,パソコンを開いている人は何かキーを叩いて,文章を入力している人が多いですね。タブレット端末は長文の入力は苦手かもしれませんから,喫茶店は文章を書くところだとすると,タブレットを使っている人が少ないのもわかるような気がします。
 しかし,喫茶店で本や新聞を読んでいる人はいるんですよね。じゃあ,タブレット画面を眺めている人がいてもいいような気がします。
 けっきょく,タブレット普及していると思っていても,パソコンほどではないという事なんでしょうか? そもそもパソコンは,ネクタイを締めたビジネスマンか学生らしき人々が使っている事が多く,やはり喫茶店というのは,そんな人たちの御用達だという事なのかもしれませんね。仕事や勉強にはパソコンを使う事が多く,タブレットをそんな目的で使う事が少ないので,喫茶店ではタブレット端末を見かけないのかもしれません。つまり客層のためという事ですね。
 でもやっぱり,喫茶店でタブレットを使う人が少ないのは,私の中ではいまだに謎です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/23

柄刀 一の「バミューダ海域の摩天楼」

Bermuda_2

 光文社の公募推理小説文庫,「本格推理」出身作家,柄刀一は,私の好きな作家です。
 今回,その作品「バミューダ海域の摩天楼」という中編集を読みました。この本は,13歳の天才少年,ドクター・ショーインを探偵役に据えた2編の中編からなっています。一編は「バミューダ海域のドラゴン」,もう一遍は「熱波の摩天楼」という作品で,作品集の名前はその内容的には余り関係無い2編の夫々の題名の一部をくっつけたものになっています。
 前者は米軍の輸送機3機がバミューダ海域でこつ然と消え去るミステリーが扱われています。折しもマレーシア航空機の消失事件が起こっていた時で,私の中では何だかその事件とかぶっていました。レーダーに現れた生々しい動くドラゴンの正体,輸送機が消えるトリック,解決するまでの謎の醸成が秀逸です。
 もう一編の舞台はペルー。ドクター・ショーインも参加しているプレインカ時代(シカン文明)の遺跡発掘現場が舞台です。そこで起きた謎のウイルスによる感染。登って頂で扉を開ければ大いなる災いとなって死の病が広がるという災厄のピラミッド。宇宙で謎の事故にあって近くの海に落下する人工衛星。災厄のピラミッドの意味。こちらの方の謎の醸成もなかなかです。最後には主人公たちの火災からの脱出のサスペンスもあります。
 読者がミステリーに求める物は人それぞれで,ある人が面白いと思っても,別のファンが面白いと思うとは限りません。私は解決やトリックよりも途中の謎の醸成にこそミステリーの醍醐味があると思っており,解決よりも途中の謎こそがミステリーの命だと思っています。それがあるからこそ,作品を読み進む熱意が生まれ,「巻を置くに能わず」という事になる。この作品はそんな欲求を満たしてくれました。まあ途中の謎の醸成がうまくても,いざ解決の段階に至ったら「へっ,そんな解決?」という場合もあるんですが,この作品集は,解決についても悪くないと思います。
 まあ前述の通り,ミステリーへの興味のあり様は人それぞれなので,ミステリーの感想文や紹介文というのがどの程度ミステリーファンにとって有益なのか,かねがね疑問に思っているのも確かなんですが・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/22

横浜市日吉「たつ吉」の「カキの天ぷら蕎麦」

Oyster_buckwheat

 横浜市日吉の蕎麦屋さん,「たつ吉」。
 平日の昼間はかなり若い人で混雑している店ですが,日曜の2時頃ともなるとかなり空いていて,落ち着いて食事ができます。
 私が食べたのは季節メニューの牡蠣の天ぷら蕎麦。カキのみを天ぷらにしたものとカキをシソの葉でくるんで天ぷらにしたものがのっている蕎麦です。大根おろしが添えられています。
 汁に入った暖かい蕎麦ですが,冷たい蕎麦もあります。
 ここのそば汁は,塩味と甘みのハーモニーが私好みで,いつもながら大変美味しくいただきました。

以前書いた様に,食べ物の記事は毎日ブログをアップする為のストックなのですが,この記事の様に,季節メニューの話題はなるべく早くアップしないと,気付いた時にはもう季節外れになってしまいます。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/21

関東バスや相模鉄道で久しぶりに交通ストライキ

Strike 3月20日,首都圏の交通機関で賃金交渉が始発までにまとまらず,関東バスや相模鉄道の電車とバスで,ストライキに入りました。
 前回のストライキは5年以上前で,関東バスは10年ぶりとの事。
 twitterなどでは,おもしろがっている人もいるんですが,結構皆さん怒っているtweetがあがっています。旧国鉄のお決まりのストライキはなくなってしまったし,ストライキ慣れしていたあの頃と違って,ストライキに慣れていない人も増えているんでしょうね。
 今では派遣やアルバイトなど,やりたくてもストライキができない境遇の人も多く,その為のイカリも多いのかもしれませんね。それとも,先だっての2ch個人情報漏洩事件の時,2chに最も口汚いコメントを書いていた人達というのは,大卒で30台の中間管理職クラス(もちろん正社員)や大学教授,作家などだったらしいので,今回のtweetもそんな人なのかなwww。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/20

なんの行列?

Procession1Procession2 先日,知人宅へ行こうと日吉駅の改札口を出たら,駅ビルの入口に行列ができていました(写真上)
 その先はというと・・・・・えっ,Cafeのイタリアントマト?
 ・・・・・かと思ったら,イタリアントマト店の前に特設売り場ができていました。「北菓楼」という北海道のお菓子屋さんが来て,シュークリームを売り出しているのでした。
 なにしろこの行列だったので,私は買いませんでしたが,ちょっと興味をひきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/19

増税前に何を買うか?

Tax_increase 4月1日からの消費税率改訂に備えて,世の中では増税前に買いだめをしておくという事が行われています。
 しかし増税前に何を買っておくかというのはだいぶ難しいようですね。
 私は前から欲しかった8GBのスティックメモリーを,増税前の機会に買ったのですが,友人から「そんなもんは増税後に需要が減ったら,真っ先に大廉売されるだろう」とバカにされました(笑)。そういわれてみるとそんな気もします。カミさんがトイレットペーパーとティッシュを増税前だからと買い込んできた時は,私が「そんなもんは,増税後に安くなるだろう」といって笑ったのですが,なんだか友人にカミさんの敵を取られたような気がします(私の友人はカミさんの味方か?)。
 テレビなどでは,冷蔵庫や洗濯機などの白物家電やワイシャツは増税後も値崩れしないので,増税前に買っておくのがお得だと言っています。しかし,冷蔵庫や洗濯機はとりあえずまにあっているし,別に体型が変わった訳ではないのでワイシャツなど全然要らないし,買うものがありません。(まあ,無理に買う必要もないんですがね。)
 考えてみれば,いま,どこかのスーパーで3%割引セールをやっていたとして,あんなに大挙して押し掛けるかというと,まずそんな事は無いでしょう。じゃあ,あと何日かで3%値段が上がるからといって,3%安いうちに買っておこうと思わなくてもいいわけで・・・・・。でも,「何もかも」が3%高くなると思えば,それなりにインパクトがあるのは確かですね。
 また知人によると,増税前に買っておくべき品物の最右翼ともいうべき冷蔵庫は,数ヶ月前買った同じ機種が高い値段で同じ量販店に並んでいたそうです。まあ需要が多いのだから,高い値段で売るというのは正しい判断なんでしょうけれどもね。
 そんな事を考えると,どうもこの増税前の買いだめというのは,やはり素人(プロがいるのか?)が損をするようにできているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/18

浦和レッズ,無観客試合で発生した宿泊・交通費のキャンセル料を負担へ

Reds 浦和レッズのファン3名による横断幕事件。このための制裁として3月23日の清水エスパルス戦が無観客試合となりますが,それを観戦する予定であった観客に,宿泊や交通費のキャンセル料が発生した時,キャンセル料をレッズが負担する事を決めたそうです。
 今回の横断幕事件の代償は,おそらく億単位になるのでしょうが,レッズは横断幕を掲げたの3人には損害を請求しないと発表しています。
 とはいえこのような問題は,小さくまとめてしまうのではなく,今回の様になるべく大げさな話にして反省を促すというやり方が,なかなか効果的だと思います。
 しかしまあ,果たしてファンはキャンセル料を請求するのか? 私の友人に,「俺のフロンターレがそんな事になったら,損害請求しないよ。請求するにしても,即チームのグッズを買って還元するだろう。」と言っているヤツがいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/17

今日も花粉記念日

Kafun 今年初めて目が痒くなって,「3月10日は花粉記念日」という記事を書きましたが,3月16日の今日も,やけに目が痒いのです。
 今日は風が強いんですね。3月10日も風の強い日だった様に思いますから,風で花粉が大量に舞っているという事なんでしょうね。
 はじめ何気なく目をこすっているのに気付いて,「あっ,これは花粉だ」と思ったのですが,こんな時,私の知人はどうするのでしょうね。前の記事に書いた,花粉症の事を「気のせいだと思っている」という人の事です。
 たぶん目が痒くても,「花粉のせいではなく,目が悪いからだ」とおもいこむのでしょうか? そのうち,痒く無くなるし,鼻水も出なくなるのかもしれません。
 目がかゆくなって,そんな知人の事を思い出すにつけ,最近みた,twitterで毒だけを垂れ流している人のサイトを思い出します。そんな人は知人のように「花粉のせいではなく,目が悪いからだ」と思い込むような一種の「自制」はできないでしょうね。多分癌にかかっても,決して治ることのないタイプでしょう(笑)。twitterで毒だけを垂れ流している人のサイトというのは,結構笑えるし見ようによってはなかなか面白いです。

(上の写真はネットで見つけたものですが,この様な写真を見ていると,見ているだけで目が痒くなってきますね。多分知人は,こんな写真を見ても痒くならない修行ができているんでしょうね。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/16

日が長くなって・・・・・

5oclock

 しばらく前までは,午後5時というともう暗くなっていたのに,最近は左の写真のようにまだまだ日中という感じが残ります。
 もう春ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/15

ピエールエルメのミルフィーユで,ミルフィーユを上手に食べる練習を

Millefeuille_2

 以前大きなマカロンを紹介したフランス菓子店「ピエールエルメ」。娘がそこからミルフィーユを買ってきました。
 パイとクリームが地層のように重なっているミルフィーユというのは,普通にたべるとパイがグスグスに崩れてしまい,なかなかきれいに食べることができないものですが,以前テレビでその正式な食べ方を放送していました。
 そんなことから,一度ミルフィーユを正式な食べ方で食べてみたいといっていたのですが,そのために今回買ってきたのです。
 まずミルフィーユを倒します。そして中央のパイの部分にナイフを入れ,まずミルフィーユを半分に分割します。後は適宜に倒したままミルフィーユにナイフを入れて小さく切って食べていきます。
 中央のパイの部分にナイフを入れて,半分に分割するところまではうまくいきました。ところが,それから小さく切ろうとナイフを入れると,残念ながらはやりパイの部分がグスグスになってしまいます。
 やはりミルフィーユはうまく食べられない食べ物でした。
 しかしピエールエルメのミルフィーユは,濃厚であるにもかかわらず比較的あっさりしており,極めておいしいものでありました。うまく食べるには,何十個も食べて練習しなければなりませんが,一個900円以上するこのミルフィーユを,そんなに食べたら身上を潰してしまいますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/14

コミックの電子書籍はebook japanで

Ebook 昨年度からKindleを使って電子書籍を読んでいます。
 初めの頃,コミックは文字が小さくなりすぎてKindle端末では読みにくいだろうと思い,電子書籍でコミックを購入するのを躊躇していました。ところが,Kindleには1ページを1/4に分割して1/4づつ表示するというモードがあります。それを使えば結構楽に読んでいくことができます。
 しかし,やはり1ページ全体を表示して読み進んでいくのがいい。iPadのようなタブレット端末を持っていれば,それにKindleのリーダーソフトをインストールして,大きな画面に1ページを表示して楽に読む事ができるでしょう。しかし私はタブレット端末を持っていない。
 「それじゃあ,大きな画面のパソコンで読めばいいや」と思ったのですが,しかしパソコン版Kindleのリーダーソフトは,日本語に対応していません。そこで,コミックはKindleではなくて,パソコンに対応している電子書籍で読もうと思ったわけです。
 いろいろ探した結果,ebook japanという電子書籍販売サイトを見つけました。さっそくここからWindows用ebookリーダーをパソコンにインストールし,ebookからコミックを買って,それを据え置き型Windowsパソコンで快適に読む事ができました。
 次にMacBookにリーダーソフトをインストールしようとしたら,問題が起こりました。ebookのMac用リーダーは,最新のMacOSXにしか対応しておらず,私の古い,OSのアップデートもしていないカーボンホワイトのMacBookには対応していないのです。
 しかしながら,ebookにはこのような事態に対応できる手段が用意されています。一般のブラウザを用いて,専用ソフトの画面構成で,使い勝手もほぼ同じように,本を読めるのです。この方法を使って,コミックを快適にMacBookで読む事ができました。
 ebookでの読書が便利なのは,コミックだけではありません。大判の雑誌などは,やはりKindle端末の画面では1ページを表示させると文字が小さすぎて読みづらいのです。しかしパソコン画面ならば大丈夫です。
 私の電子書籍ライフは(笑),文字主体の本はKindleで,コミックや雑誌はebookでという両刀使いになりました。
 まあ,パソコン用のKindleリーダーソフトが日本語対応してくれたら,そんな使い分けも必要ないのですがね・・・・・。パソコン版のKindleリーダーソフトが日本で発売されたKindle本に対応していないというのは,何か権利関係の問題があるんでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/13

渋谷バルバッコアグリルのシェラスコ

Barba5Barba1Barba2Barba4 渋谷バルバッコアグリルについては,このブログで何回となく紹介しています。いつもは,サラダバーとビーフステーキだとか,サラダバーとポークステーキだとか,サラダバーとサーモンステーキなど,サラダバー+単品メニューを頼んでいました。
 今回は,はじめてブラジル料理らしいブラジル料理,シェラスコを頼みました。シェラスコは,串焼きなどにした大きな肉を,テーブルに串ごと持ってきて,その場でナイフで薄く切って取り分ける料理です。牛の串焼きは,ペッパー,ガーリック,ランプ,など各種,それにチキン,ポーク,さらにチーズやパイナップルを串焼きにしたものがやってきます。これらを食べたいだけ,何回でも取り分けてもらう,つまり食べ放題です。
 サラダバー(ドリンクバーとソフトクリームを含むデザートバー付き)も自動的についています。食べ放題のサラダバーは半端でない量と種類があって,本当はこれだけでもランチとして満足できるものです。
 一番最後の写真が,肝心のシェラスこの皿なのですが,なにしろひと串ひと串焼けた都度回ってくるので,一生懸命ガッツイテ食べると,皿の上の景色はこのように寂しい事になります。
 ランチはこれで1人前3000円。肉などのシェラスコ,サラダバー(ドリンクバーとソフトクリームを含むデザートバー付き),全てが食べ放題です。まあ私とカミさんでは,元は取っていないと思いますが,結構コスパはいいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/12

移転したプクプク亭のハンバーグ

Pukupuku

 もう何年も前に,川崎市中原区の井田病院前にあった「プクプク亭」というという洋食レストランで食事をしたことがあります。近所では評判のレストランで,井田病院でドラマのロケがあった時,そのロケ弁当を担当して,出演俳優がブログで「とてもおいしかった」とコメントしたこともありました。
 このレストラン,数年か前になくなったと思ったら,日吉駅前商店街の一角で開業していました。今度は何しろ駅前なので,前の場所よりも行きやすくなりました。
 看板も同じプクプク亭で,昔懐かしいハンバーグをたべました。端をちょっとナイフで切り取っただけで,中から肉汁が溢れ出てきます。もったいないもったいないという気がして,あわてて口に運ぶ事になります。デミグラスソースとワサビが香るホワイトソースで,おいしくいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/11

2014年3月10日は花粉記念日

Pollinosis 昨日の東京地方は,日の光の射し,青空が広がるいい天気でしたが,幾分寒く,風が強い日でした。
 そんな昨日,今年に入ってはじめて「花粉」を感じた日でもありました。目が幾分痒く,何気なく目をこすって,「これって花粉?」と気付きました。
 私がtwitterでフォローしている方々は,もっとずっと前から「花粉」を感じておられる方もいたのですが,私にもやっと「花粉がやってきた」という感じです。
 これからしばらく,目薬を手放せない時期に入ります。鼻をかむための携帯用ティッシュは,この日の到来の為に駅前などをウロウロしていくつもいただいており,すでに5パックはカバンに入っています。
 あ〜,ヤダヤダ,それに面倒くさい。
 知人の中には,花粉症の事を「気のせいだと思っている」という人がいます。そう思い込んでいるそうで,そう思い込んだ時から「花粉症にかからなくなった」と言っています。たしかに,昔は春になると鼻をぐすぐす言わせていたと思うのに,いつのころからか春になって会っても,そんな事がなくなりました。いったいどんな心構えでいればいいのでしょうね。
 先日アップした「癌が直ってしまった知人」とか,この「花粉症にならなくなった知人」とか,私の知人には,自分の気持ちのコントロールで体の不具合を克服できる,仙人の様な超人がいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/10

横浜崎陽軒のお弁当「春」

Kiyoken_haru0

Kiyoken_haru 昨年10月に,横浜名物崎陽軒のお弁当「秋」を紹介しましたが,今の時期はお弁当「春」です。「冬」は買いそびれてしまいました。
 さて「春」ですが,「秋」が全体が茶色であるのに対して,色彩的には桃色が勝っていて,いかにも「春」の華やかさを感じます。
 シウマイは定番の2個。ご飯はふきをトッピングした山菜味付けご飯で,漢字に「春」の文字が入るサワラ(鰆)の塩焼き,菜の花を使った和え物,桜色のダイコン漬け,デザートの桜餡入りの小さな大福など,春らしい食材が並んでいました。
 650円也のお弁当ですが,このシリーズも4月からは消費税分が値上げになるのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/09

ユーザー自身が使い難くしていく・・・・・

Bitcoin_image 最近,大手交換所が倒産したビットコイン。政府にこれを規制しようという動きが出てきました。ビットコインを金融商品として扱わず,物として扱い,取引には課税するという動きです。日本政府だけではなく,各国政府も規制に動いている様です。
 ビットコインは麻薬の取引など,秘密の取引やマネーロンダリングに使用されやすく,実際使用されていると言われ,犯罪がらみに使用される為に規制されるという一面があります。普通に使えば便利な仕組みも,ユーザー自らが悪用し,使いにくい物になっていく。
 ネット自身もそういうところがあります。インターネット黎明期,主として大学間を結ぶ無料のシステムであったインターネットは,さぞ使いやすかったでしょう。それが今では,裏サイトだの中傷やいじめなどにも使われる様になり,規制が入り監視が入りお金がかかる様になり・・・・・という具合に使いにくくなっていく。一部の人々とはいえ,ユーザー自らが招き,ユーザーが自ら使いにくくしているのです。
 最近,2chで記事の転載を禁止するスレッドが多くなってきて,記事のまとめサイトが閉鎖に追い込まれるという事態が進んでいます。これなども,攻撃的な記事のみを抜きだして並べたまとめサイトが横行し,またまとめサイトがデマを流すなどの行為があり,今回の2chの措置を行うきっかけの一つになりました。2chを利用して稼ぐまとめサイト管理者の頭の悪い行動が,夫々数万人の利用者がいる様なまとめサイト全体を葬り去ろうとしています。
 そんな事を考えていたら,知人が言っていた事を思い出しました。彼はゲイです。彼がいうには,ゲイ向けのAVビデオというのがあって,そのモデルは街や大学などでスカウトされた素人だとの事なんですが,そのモデルの本名や経歴をネットで暴く事が行われているそうです。それによって,モデルになる上玉が減り,AVビデオも楽しめなくなる。モデルの素性を暴く者も,ゲイモデルに関心があるという事は,ゲイの一員だと思うのに,ゲイ自身がAVを楽しめなくしている。まったく「バッカじゃないの!」と知人は憤っていました。
 一部の者でしょうが,このようにユーザー自身が自分自身の首を絞めるという事は,世の中よくありがちな事ですね。知人の「バッカじゃないの!」という気持ちはよくわかります。
 ところで,先日捕まった千葉県柏市の強盗殺人犯は,連行される時「YahooChat 万歳」と叫んでいるのですが,これで,ネット住民=リアルな対人能力が低い=ネットだけが自分の世界=人間関係もネットだけに限られる=引きこもり(容疑者は日中ほとんど外出しなかった)=見せかけのプライドだけは高い(むしろ劣等感と孤独感の裏返し?)=感情の起伏が激しくやけに攻撃的(これがとりもなおさずリアル対人スキルの低さ)=ネット上でも意味不明な気勢・言動=自分自身を反省すべきなのに,自分は悪くない,他人が悪い・社会が悪いと思い込む=働かず,親のすねかじり=リアルはもちろん,ネットの中でさえ社会に不適合 などという絵に描いた様な等式が印象づけられ,ネット住民の足を引っ張りまくっています。全くあんな事を叫ぶのはヤメて欲しいですね。これもユーザーである容疑者自身がネットの評判を落としている一例かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/08

友人のガンがなおってしまった

Operation 一昨日,著名なミュージシャンでプロデューサーのつんくさんが早期の咽頭ガンにかかり,既に治療を始めている事を明らかにしました。
 喉の違和感は7〜8年前からあったとの事です。ガンというのは,できた部位によって自覚症状,発見のされやすさ,病状の進行速度が様々です。咽頭ガンがどうなのかは知りませんが,大腸ガンなどは自覚症状はなくても健康診断などで発見されやすく,進行も緩慢だといわれ,膵臓ガンは発見されにくく,発見されたときはかなり進行しており,その意味で明らかになってからの進行が早い様に感じるという程度の知識はありました。
 友人の一人が,2年くらいに前に人間ドックを受診し,それによって大腸ガンが発見され,しかも肝臓に転移した状態だった事があります。大腸のガンはすぐ切除しましたが,肝臓の方は数が多く,大きさも最大の物で7cmくらいあったとのことで,切除は無理という話でした。ところが2年間化学療法で治療したら,肝臓に転移したガンがみるみる消えていき,1cm大の物が1個残るだけとなり,つい最近それを切除して,何と完治してしまいました。(実は3月5日にアップした病院食の雛祭りメニューの話は,その友人の所に見舞いにいった時に拾った話です。)
 病院の医師に,あの状態から通常の化学療法を施して,手術で切除できる段階に至ったのは,おそらく世界的に見ても数%程度の事例で,論文物だといわれたとの事で,手術前にも,2年間の通院で顔見知りになった看護師さんや医師から,廊下ですれ違う度に「おめでとう」といわれたとか。
 そんな友人の話によると,ガンというのは「むしろ気の病」で,「公式に会社を休める」とか,「積んどく状態だった本を思いっきり読める」「明日はどの本を読もうか」とか,「療養中の時間を利用してあそこにも行こう,ここにも行こう,心置きなく海外にも行ける」「明日はどこへ行こうか」など,「毎日ワクワクして過ごしていたら,直ってしまった」という事らしいのですね。
 昨日もこの友人と話をしました。つんくさんは「まさか自分がと驚いたのは事実ですが,『病は気から』と申します。これも人生における何かのヒントだと思い,ポジティブに進んで行くと決心したところです。」というコメントを出しましたが,友人は「自分としては少し違うかなと思う」と言っていました。「ポジティブに進んで行くと決心した」という事で,一生懸命ポジティブに進んでいこうと思っている様に感じるが,一生懸命になる必要はなく,「日々ワクワクして過ごせれば,それでよい」という事だそうです。
 世の中にはガンの本というのが溢れているが,家族など周りの人が読むのはいいとして,患者本人がそんな本を一生懸命読みあさるような心がけでは,もうそれだけで「ガンはなおらない」とも言っていました。まして,野菜だけを大量に食べろとか,一日に水を数リットルを飲めとか,そんな偏った事をやったら体調を崩し体力や免疫力を弱めるだけで,バランスの良い食事を周囲が心がけるだけで十分だとも言っていました。また,ガンにいい酵素だの,ガンにいい針治療だの,ガンにいいサルノコシカケだの,世間でいろいろ言われている民間療法的な事も,「患者本人がそんな事を追い求めるようでは,ガンはなおらない」そうです。ただでさえ家族や周囲がいろいろな民間療法を薦めてくれるので,「周囲の手前」ちょこっとそれを試みるという程度の心構えでいるのがよい」という事です。
 つまり,ガンにかかって療養している状況を「心から楽しんでいる」事で「ガンがなおる」という事です。おそらく,がんにかかってそんな気持ちでいる事のできる人が,世界中で数%しかいないという事なんだと思います。
 こんな風に,癌から論文物の回復を果たした友人は,最近「ガン評論家か?」と思う様な言動が増えて,ちょっとどうかと思う時もあるのですが,まあ「重度のガン患者」から「直ってしまったがん患者」になったのも確かなので,率直に言う事は聞いておこうと,知人達と話している今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/07

パラリンピックはオリンピックの中で

Paralympics 今日3月7日から,ソチパラリンピックが始まります。パラリンピックといえば,ロンドンパラリンピックを思い出します。
 一昨年8月下旬,イギリス旅行に行って,その時の様子をこのブログにアップした事がありました。折しもロンドンオリンピックが終わり,パラリンピックが始まろうという時期で,私達がロンドンヒースロー空港に到着した時,各国からのパラリンピックの選手達の入国で,空港の入国審査はごった返していました。パラリンピック開催時の特別の処置として,ロンドン市内の高速道路がパラリンピック関係車専用となり,私達の乗ったツアーバスもロンドン郊外で高速道路を降り,市内は混雑した一般道を通ったため,ツアー解散時間が通常より1時間余り遅れてしまったという事もありました。
 その時ふと,パラリンピックはオリンピックと別に期間を設けておこなう必要があるのかと思ったのです。つまり,オリンピックの中で,オリンピック競技の種目として,身障者による競技が行われるという事で何ら問題ないのではないかと思うわけです。
 そんな意見がネット上にないかしらと調べてみましたが,何と下村五輪担当相が参院予算委員会で,「2020年の東京五輪とパラリンピックの相互交流について何らかの競技種目で一緒にできるというのは象徴的で,国会からも国民からも提案がある。組織委員会などと相談しながら前向きに検討したい」と述べたという話が出てきました。オリンピックとパラリンピックの融合というのは,結構考えている方がいるんですね。「交流」ではなく,いっそうの事「身障者による競技を,オリンピックの種目として行う事」を考えてくれませんかね。

(写真は,ロンドンパラリンピックのマークが掲げられたタワーブリッジ。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/06

日本でも発売されたPS4の売れ行きは?

Ps4 3月22日,SONYの据え置き型ゲーム機,PS4が日本でも発売され,最近,発売後2日間の販売データが発表されました。
 それによると,販売2日間で30万9154台。この数字だけを見ても,多いのか少ないのか分からないのですが,任天堂のWii Uの発売後2日間の販売台数がほぼ同じ30万8750台だったそうですから,はじめは売れ行きがいいのだけれども,今後はちょっとわからないという感じなんでしょうか。
 ゲーム機については,少し前にこのブログで話題にした事がありますが,ゲーム機販売の商売も,以前の様に国民的な広がりをもつという時代ではないのかもしれませんね。
 PS4が先行発売されたアメリカでは,かなり売れ行きがいい様ですね。ほぼ同じ時期に発売されたXbox oneの数倍の販売台数を上げているそうです。Xbox oneはPS4よりも日本円にして1万円程高いそうで,その価格差がアメリカの消費者に評価されたという事なのかもしれません。Xbox oneが高いのは,体を動かす事でゲームの操作ができるキネクト機能を標準搭載したからという事らしいですが,このキネクトというのは,面白い技術だとは思うものの,これを有効に利用できるゲームというのも数少なく,今のところキネクトを入力につかうという前提がゲームの幅を狭めてしまう懸念がありますから,それ程のメリットになり得ていない様に思います。
 アメリカでは人気の据え置き型ゲーム機ですが,日本とアメリカでは,ゲームの遊び方に違いがある様に思います。アメリカでは,安全上の観点などから,携帯ゲーム機を持って子ども1人だけで外出して友達の家へ行くとか,どこかに集まってゲームをするなどという事は考えられず,ゲーム機というとPS4のような据え置き型がどうしても主流になるのだと思います。しかし日本では・・・・・据え置き型ゲーム機はすでに過去の製品という感覚が否めません。今後日本でのPS4の売れ行きは,どのように推移するんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/05

3日には,病院食も雛祭り

Hinamatsuri もう一昨日の事になりますが,会社の昼休みを利用して,入院している知人のお見舞いに行きました。
 病院食は,折からの雛祭りの日だというので,ちらし寿司と三食ひしもち風のババロア,菜の花の和え物というメニューでした。
 友人の話によると,この病院の食事は,甘さ,塩辛さ,酸っぱさのバランスがとれており,大変美味しいとの事。別の病院に入院した事のある別の友人も,入院した時に「おいしい」とtwtterでつぶやいていました。最近の病院食はおいしいんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/04

昆明で無差別テロ

Uyghur 3月1日,中国雲南省昆明駅で,刃物を持った10人程の集団が利用客らを無差別に襲撃し,29人が死亡,130人以上がけがをするという事件が起きました。
 中国当局は,新疆ウイグル自治区の分離独立を目指す勢力による組織的なテロ事件であると言っていますが,果たしてそうなのか疑問に思います。現場に新疆ウイグル自治区を示す簡単な旗があったとはいえ,事件後あまりにも早い言動で,単に当局としてはそうであって欲しいという願望を述べたもののような気がします。新疆ウイグル自治区関連のテロというのはこれまでもありましたが,爆弾を積んだ車を政府機関の建物に突入させるなど,政府機関への攻撃が主で,一般市民をただ殺傷するだけという無差別テロなどはなかったのです。また,比較的少数民族の多い昆明の駅で無差別に殺傷事件を起こしたという事も,少数民族が起こしたテロとしてはなんだかチグハグだと思います。
 中国では,新疆ウイグル自治区関連だけではなく,地方政府の汚職への反発,経済格差への不満,チベット問題など,様々な不満が噴き出しており,テロの芽はいくらでもあります。
 そんな中で,簡単にウイグル独立派によるテロとは簡単には思えないのです。もし今回の事件がウイグル独立派によるものだったとしたら,独立運動が新たな様相を呈し始めたということでしょう。新疆ウイグル自治区はイスラム系住民が多いところですか,アフガニスタンや中東のイスラム過激派の様な,市民を狙った無差別テロ時代の始まりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/03

家で焼いたステーキ

Home_steak

 家で焼いたビーフステーキです。
 最近,このブログでも紹介したブラジル料理店,バルバッコアグリルのステーキなどを食べるにつけ,赤身のビーフステーキの歯ごたえが好きになりました。まあ,霜降りを好むのは日本くらいなもので,たいていの外国では,ステーキと言えば赤身のステーキなのだと思います。
 そんなわけで,家で焼いたヒレ肉のステーキ。カミさんによると,肉汁の具合で肉内部の温度をみて,焼き過ぎになりやすい家で焼いたステーキを,ミディアムレアをめざして作ったとの事。たしかに外はよく焼けていたのに,中はジューシーで,いい具合のミディアムレアになっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/02

アンネの日記損壊事件

Anne_2

 このところ報道をにぎわしている「アンネの日記」損壊事件。
 いったいどんな人が,どんな理由で犯行を行っているのか,ちょっと興味深いです。
 今の日本で,「アンネの日記」を損壊するという事の「TPO狂いまくり感というか,そぐわなさというか,場違い感というか,トンチンカン感」というのはなかなかのものです。最近の名古屋の車暴走事件とか,過去の秋葉原事件のような,本来自分自身を反省すべきところを,八つ当たりが高じて犯行に及ぶというような事件とはまた違った,実に執拗な,薄ら笑いを浮かべながら人の目を避けて犯行に及んでるという,不気味さと潔よさとは全く正反対の「潔なさ」(そんな言葉があるのか?)を感じます。
 何らかの思想的な背景があるのか? 反ユダヤというと,親ナチなどを思い浮かべ,いわゆる右翼的な行動かとも思うのですが,一方,右翼的な思想から生まれた日猶同祖論(ユダヤ教と神道との類似性などから,日本人とユダヤ人は共通の先祖を持つ兄弟民族であると論じる説)などというトンデモ理論もあり,右翼が日本で反ユダヤを詠うというトンチンカンさを感じます。(まあ単に犯人に知識が無いだけの話かもしれませんが・・・・・。)
 ナチス時代の迫害に対して,人間としてどのように向き合っていったかを書いた本を棄損する。人間的な事より思想的な事に頭が向く,人間的な事が苦手な人なのかもしれません。昨日の記事にも「対人スキルの低い人」というフレーズが出てきましたが,そんな人なのかもしれません。
 警視庁は,優秀は第一線捜査官を投入するという意味で,殺人などの重要事件を担当する捜査一課の捜査官をを投入して捜査しています。反ユダヤ,親ナチ的な犯罪という事から,犯人は外国人かもしれないとも思ったのですが,ヨーロッパ系の人,アラブ系の人ならば,図書館で怪しい行為を行っていなくてもかなり目立つと思います。一体どんな犯人が捕まるのでしょうか?
 さいわいにして,この事件で「アンネの日記」が話題となり,もう一度読んでみようという人も多いようで,「アンネの日記」がよく売れている様です。また被害に遭った図書館に対して「アンネの日記」の一般市民からの寄付も増えているようで,犯人の意図とはおそらく真逆の方向に日本の世の中が進んでいます。この事件の為に関心が増した為か,ナチによるホロコーストとそれを生き延びた人々のテレビ番組まで放送されました。そんな様子を見ていると,日本の一般社会の健全性を改めて感じます。

(上の写真は,切り取り様が無い電子書籍Kindle版アンネの日記。犯人さん,アマゾンKindle storeにハッキング攻撃を仕掛けますかね?)

−−−<追 伸>−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 その後犯人が逮捕されました。
 捕まってみれば,政治的・思想的な背景は無かった様です。
 犯人の精神鑑定がおこなわれるようですね。
 ”今の日本で,「アンネの日記」を損壊するという事の「TPO狂いまくり感というか,そぐわなさというか,場違い感というか,トンチンカン感」”を感じるはずだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/01

ピットコインの取引所,閉鎖騒動

Bitcoin ビットコインの取引所,東京渋谷にあるMt.Goxがサイバー攻撃されたため閉鎖され,ついこの前まで,マスコミはビットコインを未来の通貨として明るく扱っていたのに,一転,暗黒の通貨という扱いに変わりました(笑)。
 Mt.Goxを取り囲んだ債権者達が,「3000万円失った」だの「4000万円失った」だの言っていて,かなり大金が絡んだ事件の様相なのですが,現在のビットコイン−円レートかMax時のレートで物を言っているようで,実際に各人が投資した円の金額は,せいぜい数十万円かもしれません。
 未だどんなことが起こったかよくわかっていませんが,数年前から指摘されているトランザクション展性というビットコインソフトのバグ?を突いた攻撃があったのならば,ビットコインを盗まれたのではなくて,取引を妨害されたというイメージのものだと思います。もしそうならば,犯人には何ら金銭的なメリットがありません。
 もしそうなら,今回のハッキングは単なる愉快犯,ビットコインの弱点を知らしめる真の意味のハッカー(とはいっても,数年前に指摘され,実被害も過去に出ていると思いますから,いまさら・・・),またはビットコインの隆盛を望まない者・・・・・国・・・・・による犯行という感じがします。実際,国内でビットコインが盛んになり過ぎて,つい最近中国が,ビットコインを決済手段として認めない事を打ち出しましたよね。また,自国の通貨が世界の基軸通貨となっていて,世界の経済をそれで牛耳っている国もありますよね。そんな国は,自国通貨(世界の基軸通貨)の立場を脅かすビットコインなど,認めたく無いでしょうね。
 ビットコインというのは,海外送金(闇の金を含む)の便利さが評価されれば価値が上がり,中国の様に取引が禁止されれば価値が下がるというように,諸般の事情で価値が乱高下し,それ故にゲームとしては面白いと思います。私も,投資ではなく,ゲームとして楽しんでもいいなと思ったりします。
 今回の事件を見ると,どうもビットコインというのはどこか(手元,取引所など)に長い間留めておけばおく程リスクがある様です。長く持っていると,ビットコインの生命線である秘密錠の盗難の可能性が高くなり(コンピューターに入れておくのは危険で,紙に印刷しておくのが一番らしいですねwww),コインを盗まれる危険性があります。だからビットコインが手に入ったらすぐさま信用の置ける円なりドルなリに換金して,信用の置ける通貨で持っているのが一番いい様です。そうなると,送金に使うにははコストが安くていいのですが,投機の対象にするとなると,ある程度長い間ビットコインの形で持っている事になるでしょうから,危険性も多くなる様に思います。そう考えると,それほど通貨としては使い勝手がいいとは言えないですね。
 ところで,このビットコインを巡って,以前からそれを開発運営している人々や群がっている人々に対して,世間では負のイメージがあった様です。英ガーディアン紙は「頭は良くても対人スキルの低い(非社交的?引きこもり?)連中が,てっとり早くボロ儲けする手段を他に見つけるまでは,ビットコインは続くだろう」などと言っており,また「2013年に私がBitcoinのエコシステムを調べ始めたとき,出会うファウンダーたちの半分が少々奇妙な人たちであることに気づいた」と言っているジャーナリストもいて,あるビットコインソフト開発者の事を「パラノイア」だとも言っています。一方では,これら「奇妙な」ビットコイン第一世代の人々に対して,第二世代が育とうとしているとして,「次世代ははぐれ者のアウトサイダーではない」「一部の腐ったりんごが捨てられ,Bitcoinスタートアップの新しいファウンダーたちの時代が来ようとしている」という話もあります。今回のMt.Goxの閉鎖・退場も,そんな流れの中にあるのかもしれません。
 でも,スティーブ・ジョブスをはじめ,パソコン黎明期の有名なハード開発者やソフト開発者達も,「はぐれ者(当時の言葉で,ヒッピー)」だったんですけれどもね。
 さて,28日になって,Mt.Goxは民事再生法を申請し倒産しました。ビットコインだけでなく,現金数十億円も無くなったというのですが,サイバー攻撃で現金が無くなるというのはどういう事でしょう。銀行に預けてあった現金が,口座番号や暗証番号が盗まれて引き出されてしまったという事なんでしょうか? もしそうなら,犯人は現金を手に入れた事になり,やはり金銭目当てという事なのかもしれませんね。

 ところで,ビットコインというシステムって,なんかインチキ臭いように思えてしまうんですよね。自分に関係無い人が取引をすると,その取引に関係無い,その取引をしたいと思っていない人達みんなで,その事を記帳するんです。それがセキュリティーを確保する手段にもなっていて,それがまあ大発明と思えるのですが,利益を得る人達だけでなくて,関係無い人達もそれに係わって,時間と資源(電力など)を使うのです。まあ,自分もいつかは取引するということから,「お互い様」的な考えで,広い心でそれをやっているんでしょうね。でも,それが何だか胡散臭い気がしてくるんですよ。なんだか昔あった,仲間内の無尽か,それの現代版である中国の闇金融の様な匂いがします。それに,今となってはフツウの人は採掘でビットコインを手に入れようとは思わないでしょうが,初期の採掘者程ビットコインを簡単に,安く手に入れる事ができて,したがって儲けも多いという事になって,なんだかネズミ講を思わせるではありませんか。もちろん仕組みは全然違いますがねえ。やっぱりなんか胡散くさい。まああくまで感じですから,杞憂ならばいいんですが。なんだか「ゲームとして」くらいでしか乗れないというか,まともにつきあうとバカを見るというか,そんな雰囲気があります。

 それにもう一つ,ビットコインに対する危惧があるんですが,それはビットコインの発掘が,果たしていつまで続くのだろうかという事です。
 ビットコインは永遠に発掘できる訳ではなく,この世の中には2100万ビットコインしか流通させない様に設計されています。その最後のビットコインが発掘されるのが2140年で,それ以降はビットコインの発掘はありません。新たに発掘されなくてもこれまで発掘されたビットコインが流通しているのだから,それを使った買い物や送金は問題ないじゃないかという事になるのですが,果たしてそうなのでしょうか? ビットコインが発掘されなくては,ビットコインの移動や買い物も送金もできないのではないかと思うのです。
 ビットコインの発掘作業は,ビットコインの流通(買い物でコインを自分の元から商店主へ移動させる,また海外や国内(そもそもビットコインは無国籍ですから,海外も国内もないんですが)への送金での移動)と無関係ではなく,両者は密接に係わり合っていると理解しています。そもそも「発掘」というのは,「10分に1回難しい計算をして,最初にその解を求める事のできた者がビットコインコインを発掘したとして手にする事ができる」というイメージで語られる事が多いようです。それならば,現在既に自分が持っているビットコインの流通・移動には関係ないじゃないかと思えるのですが,しかし実際の「発掘」は,前述のようなイメージでは無いようです。
 ビットコインの所有者の変更(流通・移動)は,全ての「発掘」に関わっているコンピュータが持っている台帳に記述されます。この取引記録は公開されていて,「発掘」に関わっていない,またビットコインを持っていない我々でも,自分のパソコンを使ってあるサイト(blockchain.infoのホームページなど)を覗けば見る事ができます。取引の台帳は,ブロックチェーンと呼ばれ,過去からの全てのビットコインの取引が記録されています。この台帳は,同じ内容の物が世の中にたくさんあって,公開されています。ブロックというのは,ある10分程度の間に世界中で行われたビットコインの取引をまとめたもので,このブロック単位で,台帳(ブロックチェーン)に追加されていきます。もちろんただ漫然と追加されるのではなく,ブロックチェーンの最後に一つのブロックが付け加えられる時は,正しい取引であるかどうかブロックチェーン(台帳)を持っている全てのコンピューターによって確かめられ,正しいと確認されればブロックにはタイムスタンプが押されて承認されます。この承認の際に,各コンピュータは今回追加するブロック内の取引と直前のブロックの取引を要約した値と,もう一つナンスと呼ばれる「ある数値」をプラスしてそれにハッシュ関数という関数を作用させた結果の値(ハッシュ値まはた要約値)を算出するのですが,その算出値がうまくゼロが例えば16個きれいに並んだ値になる様に,ナンスを調整しなければならないというルールになっています。その「ある数値」=「ナンス」を誰よりも早く見つけた人が,そのブロック(「その10分間」といってもよい)の発掘成功者になります。そしてその最初にナンスを見いだした人に報酬としてビットコインが与えられる訳です。「発掘」とは,この作業を行う事です。既存の前のブロックと新たな今回のブロックのみを貼付ける事のできる特殊な糊を見つけ出す事が「発掘」だと例えている方もいます。
 そうならば,「発掘」する人がいなくなれば,台帳(ブロックチェーン)に新たなビットコインの取引が追加できず,ビットコインの流通もソレッキリになってしまうのではないのか?
 ビットコインが発掘し終わるのは今から百数十年以上先の事ですから,私たちの世代が心配する事ではないかもしれません。しかし,現在でも「計算」は非常に難しくなっており,それ相応の強力なコンピューターを必要とし,その消費電力は「発掘」でもらえるビットコインの価値を既に超えているとも言われています。いま現在でも,「もう発掘などという割の合わない事はやめる」と言い出す人が多発してもおかしくないのではないでしょうか? もしそうなら,ビットコインの流通,取引は早晩止まってしまう・・・・・という事になるのではないですか?
 まあ流通が止まってしまうのではなく,台帳(ブロックチェーン)への取引の追加作業に対して(現在の様な発掘の報酬ではなく)手数料をとるという事になるかもしれません。実際,ビットコインシステムには,手数料を取る仕組みが組み込まれているそうです。しかしそんな場合,「発掘者」は手数料を高く設定したブロックを我先に台帳に追加しようとするだろうし,そうすればビットコインの流通・移動のコストが上がってしまうのではないかと思います。つまり,ビットコインを安い送金手段などとは言っていられなくなる可能性があります。
 このような事を危惧している方は他に見かけないので,素人の私がとんでもない間違いをしているのかもしれないのですが,実際どうなんでしょう?

 ビットコインは現在のところ,「どんな所でも貨幣として使える」という物ではありません。特に日本ではほんの少しの商店でしか使えません。じゃあビットコインの使い道は?・・・・・という事になると,それはもう金融資産として投機に使うしか無いじゃありませんか? しかし前述の様に,ビットコインは長い間手元に置いておくのは心配です。
 とりあえず,そして特に日本では,投機にしか使えないのに長いあいだ手元に置いておけない金融商品・・・・・。なんだか金融商品としても,とても使い難いものではありませんか?
 そこら辺も,ビットコインに対して,何だか胡散臭い目で見てしまう動機になっています。
 結局の所,ビットコインで商品が買える商店が今後どのくらい出てくるのかが,ビットコインが今後「使い難い金融商品」ではなく「通貨」となっていくかどうかの分かれ道という事なんでしょうね。今や本から家電や3Dプリンターまでを売るアマゾン書店がビットコインを受け入れれば,かなり使える通貨になります。
 ただ前述の様に,秘密錠が盗まれる怖れがある為にビットコインを長い間手元に置いておけないという情況がある限り,商店で品物が買えるとしても,通常の通貨としては使い難いだろうと思いますね。ビットコインを受け入れる商店側としても,リスクが大きいでしょう。
 キプロス大学では学費をビットコインで納める事ができるといっても,自国の法定通貨が信用できないから仕方無く受け入れているだけです。新しもの好きで,ちょっと面白そうという興味以外の商売として,ビットコインを受け入れてくれる商店が今後増えてくるのかどうか,ちょっと疑問がありますね。

 今回のMt. Goxの破綻いついて,「ビットコインの中核技術の部分が破綻したわけではない。ヤクザなビットコインシステム周辺の取引所が破綻しただけ。世界中でビットコインは通常通り取引されている。」と言っている方がいます。まあその通りだし,前述の様に,Mt. Goxの破綻は第一世代の退場だったとも理解できるのですが,一方,中核技術だけではなく周辺の取引所の完全さも含めて実用的なビットコイン流通システムじゃあないかとも思います。ビットコイン流通システムは,実際のところまだまだ実用の域に達していないという事ですね。まあ,改良はいくらでも可能な部分ではあるでしょうが。

 しかしまあ,ビットコインというのは,知れば知るほどおもしろいのは確かです。この技術がビットコインというコインになってしまうと,ちょっと胡散臭い所があるのですが,ビットコイン以外,様々な所有権の移転に対してこの技術を応用するという事を考えると,やっぱり面白いのは確かです。
 銀行貯金の振込の事を考えれば,仮想通貨などという物は,もう数百年どころかウッカリすると一千年もの歴史のある古い技術です。これを,中央に台帳やコンピュータを置く方式ではなく,インターネットライクの分散処理でやっている事が面白い訳ですね。また,自分の財布「ウォレット」に電子的にも,もちろん物質的にも,ビットコインが入っているわけではなく,「私がいくら持っているのか,関係するみんなが知っているから,私がその金額だけビットコインを持っているんだ」という仕組みも,ちょっと意表をついていておもしろいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »