« 久しぶりの海南鶏飯食堂 | トップページ | リチウムイオン電池は40%〜80%で »

2014/05/30

にくの日にストライキを〜ゼンショー「すきや」

Gyunabe 5月29日は肉の日。その肉の日にあわせて,牛丼の「すきや」のアルバイトがストライキを行なうという。
 しかし,29日にたまたま通りかかった目黒の「すきや」は,通常営業していました。千葉県のちば合同労組という,一人でも加入できる労組が,ゼンショーに団体交渉を申し入れて,正式な労働運動となった様です。したがって,一部地域(千葉県かしら?)ではストライキを決行している様です。
 実際には,組合活動としてのストライキでないと,要求を掲げたり,それを会社側と交渉しにくいわけで,ストライキの効果としては,成果が出しにくいでしょう。
 しかし,今回の様な,アルバイトがネットで示し合わせて,合同で自主的に休むというストライキは,これまで例がありません。実際正社員ならば,会社側からサボタージュと見なされて懲戒ものでしょう。労働組に入っていれば,それを労組が守るわけです。今回の様に,アルバイトが個人として,大挙して休むというのは新しい手法です。インターネットやビットコインのように,中心の無いシステムによる分散型の労働運動であり,ちょっと興味深かったのですがね。ちば合同労組が乗り出したおかげで,無責任な言い方ですが,画竜点睛を欠くという事になってしまいました。
 ところで,すきやのアルバイトの反乱は,2014年2月に「牛すき鍋定食」を発売し,それが労働強化につながったという事を発端にしているらしいですが,吉野屋の「牛すき鍋膳」が同じ目にあっていないのは何故でしょうか? 吉野屋も,私が牛丼並盛りを頼む前に,誰かがたのんだ「牛すき鍋膳」が入っていると,牛丼並盛りが来るのが遅くなるという経験がありますから,労働強化は同じなのではないかと思うのですがね。
 吉野屋はすきやより単価が高いので,お客さんが少なく,余裕がある? すきやは自動券売機で従業員は関係無く食前に料金のやり取りが行なわれますが,吉野屋は対面で食後に料金を払うので,従業員に料金の収受やおつりのやり取りが生じ,「牛鍋」ごときのまどわしさなど何でも無い? 友人の一人は,「結局指導・教育がしっかりしているんじゃないの? なにしろ金銭を扱わせているんだから。」という意見でした。まあ牛鍋を作るのが惑わしいのは,フロアの従業員ではなく,厨房の方だと思いますから,金銭収受の違いとは関係ないのかもしれませんね。
 ウチの下の娘は,カフェチェーンでアルバイトをしていますが,「今はアルバイト口なんてたくさんあるんだから,いやなら早く辞めて,いい所へ行けるのに」と言っています。現在のアルバイトやパートの情況を聞くにつけ,確かにそうかもしれないとは思います。

|

« 久しぶりの海南鶏飯食堂 | トップページ | リチウムイオン電池は40%〜80%で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1297/59724124

この記事へのトラックバック一覧です: にくの日にストライキを〜ゼンショー「すきや」:

« 久しぶりの海南鶏飯食堂 | トップページ | リチウムイオン電池は40%〜80%で »