« 南武線川崎河岸貨物線の市場専用線へ行ってみた | トップページ | 柄刀一「十字架クロスワードの殺人」 »

2014/08/19

南武線と品鶴線の接続線

Loco1

Line1Loco2Loco3 昨日,南武線川崎河岸貨物支線のさらに支線である市場専用線の廃線跡ルポを書きましたが,川崎河岸貨物支線を川崎河岸ターミナルからたどると南武線矢向駅にたどり着きます。なにしろ矢向駅から分岐する支線ですからね。
 この川崎河岸貨物支線とは別に,この矢向駅の川崎方から品鶴貨物線に向う接続線があります。
 南武線尻手−武蔵小杉間は品鶴貨物線と近接して平行していて,この貨物線にはかつての新鶴見操車場,現新鶴見信号所がある訳ですが,貨物線と南武線はその昔,向河原と矢向で短絡線というか接続線を持っていました。しかし向河原の接続線は1970年代に廃止されて,今では矢向駅の川崎側というか尻手駅の矢向側というか,そんなところからの接続線のみが残っています。
 市場専用線跡探訪のついでに,ここにも行ってきました。線路が残っているといっても,多分もう使われておらず,ただ線路があるだけという状態ではないかと想像していたのですが,とんでもない,写真の様に立派なバラスト,コンクリート枕木,もちろん電化され,しかもレールが光っている・・・という事は,今でも日常的に使用されている路線だという事がわかりました。
 そんな貨物接続線の踏切にやってきたら,何と踏切信号機が点滅を始めカンカンカンとなりだしました。やがてやってきたのがEF210電気機関車の単行です。南武線方面から貨物線方面への回送なんでしょうね。この線はこんな使い方が多いのでしょうか? 長い貨物列車は通らないのかな? 線路の光り方を見ると,結構な本数が行き来している様に思います。

|

« 南武線川崎河岸貨物線の市場専用線へ行ってみた | トップページ | 柄刀一「十字架クロスワードの殺人」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1297/60164440

この記事へのトラックバック一覧です: 南武線と品鶴線の接続線:

« 南武線川崎河岸貨物線の市場専用線へ行ってみた | トップページ | 柄刀一「十字架クロスワードの殺人」 »