« びっくりドンキーのディッシュでないハンバーグステーキ | トップページ | 実名主義を捨てた,第二のFacebook »

2014/11/27

長野市街の地震被害

Jisin1Jisin2Jishin3Jisin4 11月22日の長野地震。カミさんの実家が長野市街にあるので,様子を見に行きました。
 震源地に近い,より北方の白馬村についての報道は多くありましたが,長野市街の様子は余り報道されません。ようやく最近になって,市街にある善光寺の被害について報道される様になりました。
 行ってみると家の中は,小さく背の高い家具が倒れたり,部屋の上の方に飾ってあった絵などが落ちていました。屋外では,雨戸の戸袋が外れていたり,壁に亀裂が入ったりしていました。家の中の壁も,一部落ちていた所もありました。まあ相当年季の入った家なので,仕方ありません。
 知り合いの一級建築士の方に見ていただきましたが,家の躯体には問題なく,亀裂や壁の落ちた部分を修理すれば,全く問題ないという事で,一安心でした。
 カミさんの実家は,最近は無人になっていましたので,人的な被害はそもそもありません。今回の地震では,怪我をされた方はたくさんいますが,震源地近くではあれだけ家が崩れているのに,死亡者がいなかったのは何よりです。田舎だったからという面もあるようで,同じ様な地震での都市の危険性,田舎の安全性については,これからも研究する必要がある様に思います。

(写真のはじめの2枚は善光寺の被害。上から,壊れた石灯籠,倒れた石碑,実家の隣家の屋根瓦の被害,落ちた実家の玄関のタイル)

|

« びっくりドンキーのディッシュでないハンバーグステーキ | トップページ | 実名主義を捨てた,第二のFacebook »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1297/60718353

この記事へのトラックバック一覧です: 長野市街の地震被害:

« びっくりドンキーのディッシュでないハンバーグステーキ | トップページ | 実名主義を捨てた,第二のFacebook »