« 人は自分が読みたい様に文章を読む〜消費増税延期と解散総選挙 | トップページ | びっくりドンキーのステーキ »

2014/11/24

解散・総選挙

Ballot_box 昨日,竹中氏のメルマガに載った,今回の解散・総選挙と消費増税延期の話を書きました。
 しかし,竹中氏の言っている事は全く正しいとは思うのですが,はたして消費税増税が総選挙を行わなければならない程ポリティカル・キャピタルを使用するものなのか,ちょっと疑問に思います。
 消費増税延期は国民の多くが賛成し,学者はともかく政治家で面と向かって反対できるのは麻生氏くらいではないかと思います。法律を作って合意をとり国会を通すという事も,いまのままでできるのではないかと思えるのです。多くの国民が消費増税に賛成しているからこそ,選挙に勝って国民の支持を取り付けたいという事かもしれませんが,少なくとも「ポリティカル・キャピタルに限りがある以上,総理大臣といえども360度を敵に回して戦えない」という状況ではない様に思います。
 まあ今回の解散・総選挙は,むしろ閣僚の相次ぐ辞任や集団的自衛権の進展など,複数の要因・環境に動かされた結果という事でしょう。そう考えると,これらは国民にも反対が多い事項で,「はたして総選挙によって安倍政権のポリティカル・キャピタル増強に繋がるのか」は,はなはだ心もとない様に思えます。
 今回の選挙,自民党は勝つには勝つでしょうが,ポリティカル・キャピタル増強という観点からは,そうウマくは行かないのではないかと思えてきます。

|

« 人は自分が読みたい様に文章を読む〜消費増税延期と解散総選挙 | トップページ | びっくりドンキーのステーキ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1297/60698763

この記事へのトラックバック一覧です: 解散・総選挙:

« 人は自分が読みたい様に文章を読む〜消費増税延期と解散総選挙 | トップページ | びっくりドンキーのステーキ »