« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015/05/31

あじさいの季節はもうちょっと先

Ajisai

 アジサイというと,6月,梅雨の雨と一緒に咲いているイメージがあります。雨上がりの水滴のついたアジサイの葉の上のカタツムリというのもイメージだったのですが,最近はカタツムリを見ませんね。絶滅危惧種なのではないかと心配します。
 我が家のアジサイ,去年は何故か咲かなかったんですよね。今年はいくつか花がついていて,少し色付き始めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/05/30

現代の廓言葉,「バイト敬語」

Cafe コンビニやレストランなどでよく聞かれる応対の言葉,「1万円からお預かりします」「メニューのほう,お下げします」などという言葉,気になりますか?
 文化庁の日本人の国語に関する意識や理解の現状についての調査2013年版では,16歳以上の男女に対する国語に関する世論調査では,「お会計のほう、1万円になります」「1万円からお預かりします」という言葉遣いが「気になる」と回答した割合は,男女それぞれ63.5%,55%だったそうです。
 この事が最近,News picksというニュースキュレーションサイトで取り扱われ,それに対して読者からコメントがたくさん付いています。おおむね,そんなに目くじら立てることはないとか,そんなに気にならないなど,ほとんどのコメントが「気にならない」側なんですね。またこれらの言葉は,日本語文法上間違っているわけではないという話もあります。
 News picksは主として経済記事の多いサイトで,その読者は経済分野の有名人も含むIT企業を肇とする企業の重役や大学教授,弁護士,評論家などを含み,社会でそれなりに活躍している方々が集うサイトで,そのコメントが「気にならない」側であるのが印象的でした。
 私も実は「気にならない」側です。
 その昔の花魁が使った「くるわことば(廓言葉)」,「〜ありんす」「〜ざます」などは,花魁の方言を隠すため,それとどの花魁も,またどの客にも,同じサービスを提供するために導入されたと言われています。
 郭言葉に対して現代の「1万円からお預かりします」「メニューのほう,お下げします」などは「バイト敬語」というらしいですが,私はおおむねそういうものだと受け入れていました。
 その昔吉原でも,「何だ!その言葉は!」などという人がいて,「野暮なお方」などと笑われていたんでしょうねwww。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/05/29

羽田空港国内線第2ターミナルの南国酒家でランチ

Nangokushuka1Nangokushuka2

 昨日は,多摩川の川崎側,京急大師線産業道路駅から大師橋を渡って東京川の多摩川岸を歩いて羽田空港の入り口まで行った話を書きましたが,天空橋からは京急空港線に乗って羽田空港国内線第2ターミナル4階にある南国酒家に入りました。ここの窓際のテーブルからは,羽田空港を離着陸する飛行機がよく見えるのです(一本の滑走路だけですが)。しかも目の下にターミナルに横付けしている飛行機が見えます。離陸するためにターミナルを後にする飛行機,着陸してターミナルのボーディングブリッジにやってくる飛行機も見えます。
 したがって,ほとんど何を食べたかは問題ではないのですが,一応紹介しておくと,私が蟹チャーハン(たらば蟹とレタスのチャーハン)と海老の焼きそば(天然海老の五目あんかけやきそば)のセット,カミさんが豚肉と野菜の炒め物セットです。
 カミさんの分も少しつまんでみましたが,かなりおいしい物件でしたwww。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/05/28

京急大師線,産業道路駅から羽田空港へ

GojyukkenhanaMapBillboardTenkubashiHaneda_airport 以前,京急空港線の産業道路から川崎に向かって多摩川の東京都側を歩いた事を書きましたが,今回は産業道路から羽田空港まで多摩川沿いを歩きました。
 京急大師線の産業道路駅から,まず産業道路が多摩川を渡る大師橋を通って東京都側へ。前はここから多摩川沿いを上流方向に向かって歩きましたが,今回はここから下流方向に向かって歩きます。大師橋の下流側に高速横浜羽田空港線の橋梁があるので,大師橋から下流側は余り見通しがよくないのですが,それでも大師橋の渡し始め付近では羽田空港の駐機場に飛行機が何機かと待っているのが見えます。国際線ターミナルも見えています。
 さて多摩川沿いに羽田空港方面に歩いて行くと,五十間鼻という場所に至ります。これは海老取川が多摩川から分岐する場所にある堤防で,ここからは対岸の羽田空港がよく見えます。はじめの写真が五十間鼻から羽田空港を見たところで,遠く小さく飛行機が写っているのですが,小さくて見えないですね。
 さて,ここから海老取側沿いを歩いて京急空港線の天空橋駅へ向かいます。歩いて空港内各ターミナルを行く事も不可能ではないらしいのですが,国内線ターミナルへは一時間半程かかるようで,天空橋から空港線に乗って国内線ターミナルへ行って,飛行機を見ながら昼食を食べようという計画です。
 海老取川沿いにしばらく行くと,赤い大きな鳥居が目に入ります。穴守稲荷の鳥居です。穴守稲荷は現在の羽田空港内にあった神社ですが,空港拡張で移転しました。実際のところ「移転しました」などという穏やかなものではなく,敗戦後GHQが空港島の北側につつましくあった羽田飛行場を接収し,空軍基地として拡張するために穴守稲荷や空港島の住民に移転を迫ったものです。住民の退去は48時間の猶予しか与えられなかったようです。この赤い鳥居は,神社が移転してもそのまま残され(撤去しようとするたびに作業者の死亡事故があったからといいます),旧羽田空港ターミナル前の駐車場の中にありました。空港ターミナルが現在の位置に移転するとき,鳥居も現在の位置に移設されたそうです。平成になったこのときは,別段災厄は起こりませんでした。しかし本殿の取り壊しでは何の祟りもなく,京浜電鉄が穴守駅前に建てた鳥居が祟るというのもおかしな話です。
 さて京急空港線は,そもそも穴守稲荷参拝の為の鉄道として開通した路線です。多摩川の川崎側に川崎大師参拝の為の大師線,東京側に穴守線があったわけです。GHQが穴守稲荷移転を迫った時には,すでに穴森稲荷門前の穴守駅まで開通していました。複線で開通していた穴守線は,片側をJRと同じ狭軌に改められ,空港建設の鉄道としてGHQが接収しました。現在はつながっていないJR蒲田から資材をつんだ貨物列車が空港建設現場まで運行されたということです。このとき旅客線は単線となり,海老取川の手前の稲荷橋間での路線となってしまったそうです。
 1952年,貨物線の接収が終わり,穴守線は複線に戻りました。しかし空港島内の旧線は復旧されず,長らく海老取川手前で線路は途切れていました。もし旧線がそのまま復旧されていれば,なにしろ穴守駅は旧空港ターミナル前にあったわけですから(移設前の赤鳥居の付近,つまり旧ターミナルビル駐車場の位置),空港アクセス路線としてこのときから役に立っていたことでしょう。現在のように新ターミナルビルの地下へ乗り入れたのは1998年,平成10年の事でした。
 天空橋駅から空港線で二駅,国内線第2ターミナルビルへ行き,4階の南国酒家でランチをいただきましたが,それはまた明日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/05/27

カフェミストを知っていますか?

Kakiato スターバックスのカフェミストです。
 と言っても,大抵の人は「何それ?」ということになると思います。これはスタバ式のカフェオレなのです。スタバにはカフェラテがあるじゃないということになるのですが,カフェラテはイタリア式でエスプレッソを使うもの,カフェオーレはフランス式でドリップコーヒーを使います。
 最近ミルク入りコーヒーとしてカフェオレを頼んでないなと思ったら,ほとんどのカフェチェーンでカフェオレがないんですね。スタバでもこれまでカフェミストというカフェオレが存在しているのをしりませんでした。だからこれまでスタバでもいつもカフェラテでした。
 カフェラテに慣れた身としては,カフェミストはコーヒー感が希薄な感じで,やはり次からはカフェラテを頼む事になるでしょう。
 ところでカプチーノのミルクが少ないのがカフェマキアートだそうで,つまりコーヒーはエスプレッソを使い(ドリップコーヒーだとカフェオレになってしまう),ミルクは蒸気で泡立て(泡立てないとカフェラテになってしまう),しかもミルクの量が少ないのがマキアート(多いとカプチーノになってしまう)という事の様ですね。全くややこしいんだから!

(写真はカフェミストですが,絵的には別にどうという事もありません。カフェラテだと言えばそう思うし,ブレンドにミルクを入れた物だと言えばそう思うし,コーヒー牛乳だと言えばそう思う・・・。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/05/26

ファーストキッチンの「ドーナツソフト」

First_kitchen_ice

 サントリーが展開するハンバーガーチェーン「ファーストキッチン」。最近できたメニューがドーナツソフトです。
 あったかいドーナツにソフトクリームをサンドしたもの。ドーナツは輪っかになっていないタイプです。
 まあ,ペストリーとドーナツの違いはありますが,暖かいパン系にソフトクリームをトッピングしたという事で,コメダ珈琲店のシロノワール,サンマルクカフェのデニブランと同じ系統の物です。
 コメダもサンマルクもナイフとフォークで食べるのですが,このドーナツソフトは手に持って食べなければならず,ちょっと前二者に比べて食べにくいのが難でした。
 案に相違して,デニブランより油っぽく無い様に感じました。ドーナツを使っているのにね。一番油っぽく無いのは何といってもシロノワール。あれはなかなかバランスのとれた逸品だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/05/25

麻耶雄嵩の短編集「貴族探偵」

Kizokutantei

 麻耶雄嵩の「貴族探偵」は5編の短編を収める本格推理小説短編集です。
 麻耶雄嵩の作品ですから,一筋縄ではいきません。今回の貴族探偵シリーズの特徴は,探偵自身は全然推理せず,犯人も指摘しない点です。
 では誰が推理するのかというと,使用人である執事,メイド,運転手。彼らが情報を集め,貴族探偵が推理するわけではありません。全く使用人が推理して事件を解決するのです。
 ヨハン・シュトラウスの曲名を題名にした各短編の内容は,密室トリック,替え玉トリック,生存時間の錯誤トリックなど,様々なトリックを駆使したまぎれもない本格推理小説です。
 これが自分で推理しない探偵という趣向がなければ,普通のよくできた本格推理短編です・・・といっても,各短編の推理小説的な趣向,トリックの料理の仕方は,さすが麻耶雄嵩といえます。久しぶりに素晴らしい本格推理小説を読みました。
 この作品,続編があるんですよね。2014年の本格ミステリ・ベスト10,第一位に輝く「貴族探偵対女探偵」という短編集です。私は今この短編集の第一短編を読み終わった所ですが,さらに特別な趣向が施されています。若い女性探偵が登場し,彼女が完璧な推理(とはじめは思う)で犯人を指摘するのですが,貴族探偵がその推理は間違っていると指摘し(第一短編では,女性探偵が貴族探偵を犯人だと推理し,それは間違っていると貴族探偵が指摘し<何しろ実際自分は犯人ではないのだから>),使用人を呼び寄せて真犯人を推理するというものです。はじめは納得してしまう女性探偵の完璧な推理を覆して,真犯人を指摘するという趣向です。
 まだ一作しか読んでいない第二短編集ですが,第一短編集以上の本格推理小説が楽しめます(しつこい様ですが,まだ短編集の初めの一作しか読んでいないのですが・・・)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/05/24

サンマルクカフェの「とちおとめチョコクロ」

Chocokuro

 ときどき時間がない時,昼食にサンマルクカフェのやみつきドッグとコーヒーで手軽に住ましてしまう事があります。
 この日は逆に時間がありすぎて,食事を取った後,サンマルクカフェによってコーヒーでも飲もうと思いました。
 そのとき目についたのが,サンマルクカフェ名物のチョコクロ。クロワッサンにチョコレートをゴロンと入れたものです。しかも期間限定で,いちご味のチョコレートだという。
 それが写真のものです。とちおとめ味のチョコクロ。いちご味がおいしかったですよ。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/05/23

やよい軒の「チキン南蛮」

Nanban

 出先近くの定食屋「やよい軒」で,チキン南蛮の昼食。
 思ったより油っぽくなかったが,やはり冷凍食品感は致し方ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/05/22

さつま豚の角煮弁当

Satsuma_buta_2 デパ地下の催事で特別に販売されていた豚の角煮弁当です。鹿児島大隅の店の様です。
 それ程厚くないのですが,甘辛い豚肉の角煮が柔らかくおいしい。甘辛い味というのは時々食べたくなりますね。その中でも豚の角煮というのは,はっきりした味で,食べた〜という気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/05/21

久しぶりのペッパーライス

Pepper_lunch

 ペッパーランチのペッパーライスです。
 久しぶりですが,やはりソースが美味しい。私はお肉無しでソースだけの炒飯でも,満足です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/05/20

iPhoneのメールソフト,キャンセルボタンの位置について

Iphone iPhoneのメールソフト,写真はauのiPhone5sなんですが,宛先の追加ボタンである「+」マークが右側,キャンセルボタンが左側にあります。しかし,キャンセルボタンが+ボタンのすぐ上,つまり右側にあるiPhoneがあるらしいんですね。
 ツイッターで見たのはソフトバンクのiPhoneでした。+ボタンのすぐ上にキャンセルボタンがあるので,アドレスを追加する為に+ボタンを押そうとして,あやまってキャンセルボタンを押してしまうとツイートした方がいたのです。
 私のiPhoneではそんな覚えがなかったので,改めてメール画面を眺めたら,上述の様にauのiPhoneでは,キャンセルボタンが左側にあったのです。
 このキャンセルボタンの位置の違いは,キャリアーによるのか,機種,という事はIOSのバージョンによるのか分かりません。ちなみにキャンセルボタンが左側にあるauのiPhoneはiOS7だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/05/19

キャリアー各社,「スマホに近いガラケー」 相次ぎ投入へ

Garake 最近のNHKのニュースで,ドコモとKDDIがこの夏の商戦向けの新しい機種として,スマートフォンに近い機能がありながらデザインや操作性はガラケーのままという製品を相次いで投入すると言っていました。各社の機種発表は,しばらく前に行われていたと思います。
独自OSを採用していたガラケーに対し,アンドロイドを採用して部品等入手し易いガラケーを作ろうというものです。
実際のところ,ガラケーとスマホの利用者比率は,現在でもガラケーの方が多いはずで,しかもガラケーの販売台数は減るどころか伸びているようです。2014年度のスマホの出荷台数が前年比マイナス5.3%と2年連続減少したのに対して,ガラケーの方は5.7%増だったというデータがあります。
そんな事実に対して,キャリアー各社もガラケーを無視できなくなっているんでしょうね。
ウチのカミさんもガラケーを使っていて,私も娘達2人もスマホなので,カミさんとLineでのやり取りができなくて不便なのですが,カミさんの言うにはガラケー最大の魅力は通信料の安さと電池の持ちだという事です。
これは確かにその通りで,1日中出かけるとき,私も娘達も携帯充電電池が必須であるのに対して,カミさんは手ぶらでいいのです。まあ,カミさんはネットとの接続をあまり行なわないという事はあります。でもやはり毎日充電が必要なスマホに対して,それほど頻繁に充電しなくていいガラケーは便利です。
だから逆に言えば,アンドロイドガラケーも,今までのガラケーと同じ様に通信料が安くないのならば,また電池の持ちがよくないのならば,その存在価値の半分以上を失ってしまうといえるでしょう。電池の持ちは分かりませんが,通信料は安く設定したとはいえ,いまのガラケーより高かったと思います。果たしてこのアンドロイドガラケーはこれまでのガラケー同様に愛されるのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/05/18

デジタル教科書の是非

Digital_book 文部科学省の有識者会議が,タブレット型の情報端末を使う「デジタル教科書」の導入について議論を始めました。1年半程で導入に対して方針を出す様ですが,今回の議論開始をきっかけにしてデジタル教科書の是非について,ネットや報道で議論が高まっています。
 先日も読売新聞が社説で「デジタル教科書の導入が『活字離れ』に拍車をかければ,活字文化の衰退を招きかねない。」「デジタル技術の活用は、補助教材にとどめておくべきではないか。」と述べています。
 この社説は,まず「社会のデジタル化が進んでも、子供たちが紙の教科書を読み、鉛筆で文章を書くことの大切さは変わらない。」という一文から始まっていて,この事ありきとして論を進めていますが,先ずこの前提ともいうべき文章が正しいのか,疑問に思います。
 「デジタル教科書の導入が『活字離れ』に拍車をかければ・・・」と,デジタル化が活字離れにつながるという見解のようなのですが,これは全く間違いだと思います。
 デジタル化で,読む,書く文化は格段に裾野が広がっています。今や飲酒・喫煙も何のそのという茶髪ヤンキー中学生さえ,毎日日記を書いている時代です。ツイッターで。
 彼らのツイッターを読むと,仲間の先輩から殴られた事や,友達と酒を飲んで楽しかった事,入院中にタバコがすいたい事,好きな女の子の事など,何のためらいもなく書いていて,しかも自分自身や友達の顔写真もバンバン載せていて,オジサンなどはそんなに無防備で大丈夫なのかな?などと思うのですが,はっきり言ってカワユイ。一つそんな中学生のツイッターを見つけると,そのフォロアーの中学生のツイッターを次々と見つける事ができます。
 さて,デジタル化で懸念されるのは漢字が書けなくなることですが,白紙に手で書けなくても実用上は問題ありません。漢字を読めるのだし,漢字を選べれるのだから。
 漢字を書く事は特殊技能として,漢字検定にまかせましょうwww。
 読売新聞の社説では,「デジタル技術の活用は、補助教材にとどめておくべきではないか。」と結論づけていますが,私はむしろ逆で「紙の印刷物は,補助教材にとどめておくべきではないか。」と思います。

(写真は,教科書出版の光村図書のホームページより。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/05/17

胡蝶蘭が咲いた

Orchid 何年か前からウチにある胡蝶蘭。しばらく咲いていなかったのですが,このたび咲きましたのでご紹介。
 毎日水をやっているだけで,何のお世話もしていないのですが,咲きました。
 まあ,親はなくとも子は育つ的な教育方針ですが,よく頑張ったね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/05/16

Googleの自動運転車の事故は,6年間の試験で11件の貰い事故のみ

Google_car Googleが開発している自動運転車が,試験的に走り始めて6年目となり,走行距離が延べ2700万kmに達したが,その間の事故は11件,しかも全部もらい事故であったと発表されました。
 ただこの好成績も,アメリカだからという事はないのだろうかと思います。
 例えば田舎の狭い道同士が交わる交差点,両側が高い生垣で,交差する相手の道路が全く見えないという場所や,生垣に囲まれた狭い見通しのきかない曲がりくねった道路,そんなところでは相手の車など障害物が見えて,それに反応してブレーキをかけるというのでは遅いわけです。そんな場所であらかじめスピードを緩めるなり,そろりそろりと交差点に入って安全を確認しながら運行するなどの予測が必要です。
 上の2例のような道路は,日本よりむしろヨーロッパの田舎に多いように思いますが,そんなところでも有効な自動運転技術になっているのか,興味があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/05/15

トヨタとマツダが業務提携

Toyota_matsuda トヨタとマツダが業務提携する事を発表しました。
 トヨタはHVやFCV技術の供与,マツダはガソリンエンジンやディーゼルエンジンの低燃費技術の供与が行われるとの事です。
 マツダはフォードなき後,トヨタと関係深いメーカーで,夫々の得意分野を生かすこの提携は,ある意味必然的なものだったと思われます。ガソリンエンジン,ディーゼルエンジン,電気モータ(EV,HV,燃料電池)と,原動機や燃料のバリエーションが増えて,自動車会社1社では全方向開発が重荷になってきた時代ですからね。
 またトヨタとしては,既存原動機(ガソリンエンジン,ディーゼルエンジン)の開発はマツダに任せ,自らはなるべく手を引き,新しい原動機の開発に専念するという事なのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/05/14

紙の本では売れなかった「ハゲのための本」,電子書籍ではベストセラー

Hage 太田出版から出ている「僕らはみんなハゲている」という本が,電子出版で売れているそうです。
 フジテレビのドキュメンタリー番組から生まれた本らしいのですが,2005年に紙の本として書店に置かれた時には初版の5500万部余りで打ち止めで,増刷されていなかったそうです。
 ところが,2013年に電子書籍になってヒットしているとの事。
 まあ週刊誌の記事だし,ヒットしていると言ってもどのくらいの購買があったのか,データも明らかにされず,ちょっと怪しい所はあります。しかし,このような本を書店では買いにくく,対面がない電子書籍ではかいやすいというは考えられます。エロ本なども同じですね。電子書籍では買いやすい。紙の本に対する電子書籍の存在意義の一つと言う事ですwww。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/05/13

10日は母の日

Mothers_day

 いささか旧聞に属するのですが,5月10日は母の日。
 娘達が花束とカーネーションとケーキを買ってきました。
 そのケーキがこれ。今年はチョコレートケーキです。ピンク色のチョコレートでできたカーネーションの花が見事でした。
 ウチのカミさんは,私にとって母ではありませんが,娘達から割り前を取られたのは,毎年ながらちょっと納得し難い部分です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/05/12

また老人の高速道路逆走で事故

Gyakuso 5月9日,首都高速湾岸線の大田区トンネルで,相模原市の無職79歳の運転する車が逆走し,埼玉県春日部市の24歳の男性会社員の乗用車と衝突しました。幸いにして両人とも軽症との事です。
 しかしよく起こりますね,老人の逆走。ある意味,運転できる元気な老人が多くなったという事でしょうね。体の元気に頭の元気がついていかない。体が元気だから,車を運転できると思ってしまうんでしょうね。
 こういう事故が起こると,何らかの老人の運転規制をという事になるのですが,最近岐阜県では19歳の少年も逆走しているので,年齢で規制するのがいいのかどうか分かりません。まあ何らかの兆候が出ている老人であるならば,運転を許す老人の周囲の責任もあると思います。老人本人には期待できないのだから。運転するときには必ず同乗者が乗るなどの気遣いが必要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/05/11

ブレンドはできないけれど,カフェラテはできるの?

Cafelate 出先でとあるスタバに入ってコーヒーを注文したら,マシンの故障でブレンドが提供できないとの事。「それではカフェラテもダメですね?」ときいたら,カフェラテは提供できるとの事。
 同じコーヒーでもカフェラテとブレンドは違うマシンなの?
 今度スタバでのバイト経験のある女子に聞いてみよう・・・。

−−−<追 伸>−−−−−−−−−−−−−−−

 その後スタバでバイト経験のある女の子に尋いてみました。やはりブレンドとカフェラテは違う機械で作るそうです。ブレンドは普通のコーヒーマシンを使い,カフェラテはエスプレッソマシンを使うそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/05/10

晩婚化と60歳定年制

Married_late チョット面白い視点で晩婚化について書いた記事を読みました。
 人生には3回の「貯め時」と2回の「使い時」があって,その三回目の貯め時,「子どもが独立して自分がリタイアするまで」の期間が晩婚化で無くなってしまうという事を言っています。つまり自分が60歳になっても子どもがまだ独立しておらず,子どもにお金がかかってしまうという事です。記事では38歳以上での出産ではそのようになるといっています。要するに晩婚化の進展で,老後が貧しくなるという事をいっているのです。
 これは確かにわかりますね。これを回避するには,他の貯め時,「独身時代」か,「結婚して子どもが小さいうち」のいずれかで老後の蓄えを作っておかなければならないという事になります。しかしそんな若い時期に,老後の事を考える人はいないだろうし,使い時「子どもに教育費がかかる時期」に無理して有名私立に入れたりして使ってしまう様な気がします。
 晩婚化の是非はあるのですが,晩婚化を仕方ない事だとして認めるとすれば,結局60歳定年制ではリタイアが早すぎると言う事になります。
 最近では60歳以降も働いている方々が増えていますが,晩婚化という観点から言っても,そうならざるを得ないという事ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/05/09

コーヒーとお茶で死亡リスク減少

Tea コーヒーと緑茶が死亡リスク低減に効果あると,国立がん研究センターが発表下という報道がありました。
 9万人を対象に統計的に調査した結果,緑茶を一日1杯未満しか飲まない人に対して一日5杯以上飲む人は13%〜17%死亡リスクが減る事,コーヒーをほとんど飲まない人に対して一日3〜4杯飲む人は24%程度死亡リスクが減る事が確認されたそうです。
 まあこういう食べものとか飲み物というのは,たくさん摂った時いい面と悪い面がありますから,注意が必要です。コーヒーなどは砂糖を入れたりすると糖尿病を心配しなくては行けません。大橋巨泉氏はココアが体にいいと聞いてココアを飲んでいたら,糖尿病になってしまったと言っていた事があったと思います。
 カミさんの実家の長野は,とにかくお茶をよく飲むところで,お客さんが来た時なども卓上の湯飲みのお茶を絶やさない様に注意して常にお茶をつぐのがおもてなしです。そんな長野県は,たしかに長寿県といわれていますから,確かにお茶は効果があるのでしょう。お茶は砂糖を入れませんから糖尿病の心配もないですが,中国の緑茶のペットボトルには砂糖が入っていて,びっくりしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/05/08

「本屋だけど紙の本を絶滅させる方法を真剣に考えてみた」という記事

Book 某本屋さんのホームページに,「本屋だけど紙の本を絶滅させる方法を真剣に考えてみた」という記事が載っていました。
 この本屋さん,本屋を始める前はこれからは電子書籍の時代だろうというので,電子書籍に参入しようと考えていたという本屋さんです。ところが,電子書籍のパイオニア的な方に会って話をきいたり,いろいろリサーチしたりした結果,「この5年間には電子書籍がブレイクスルー・ポイントを迎える可能性は極めて低い」という結論に至り,結局紙の本屋さんを開いたそうです。
 記事を読んでみると,要するに紙の本が無くならないのは,本が「物」として際立っている為に,人の所有欲を刺激するからという事のようです。
 これは確かにその通りです。私にも,内容もさることながら「物」としての本を所有している事の満足感を感じたそんな時代があったので,これはよくわかります。
 しかしながら私は今,様々な利便性(小学校の時の国語の先生が,本は寝ながら読むに限ると言ったその教えに従って,子供の頃から本は寝ながら読むのですが,そのまま眠ってもしばらくページをめくらないと自動的に電源が落ちるとか,次に読む時は寝落ちした時のページが自動的に開くとか・・・)のために,電子書籍が読書のメインだと思っています。しかし,最近でも購入する電子書籍と紙の本の割合は,1対2は大げさだが,1対1.5以上の割合で紙の本が多い。電子書籍で新刊の推理小説を買って,その前に出版された同じシリーズを読もうと思っても,電子書籍になっていない場合が多いからです。私の場合,紙の本を買うのは,ひとえに電子書籍になっていないからにすぎないのです。
 でも紙の本の時代のおかげで,家には数千冊の本があり,一面の壁の天井から床まで全てを本棚にして,その棚に奥行き方向に三重に本を立ててあるのですが,それでも納まりません。しかしそんなあり様を見て,さらにまた一冊の本を探すのに一日がかりである状態に疲れきって,本の所有欲はもはや打ち止めの感があります。
 電子書籍はそれでもすでに数百冊持っていますが,タイトルなり作者名なりで検索すれば,たちどころに読める。現在では,所有欲よりも利便性で電子書籍の方を贔屓にしています。
 書店のHPのいう通り,物の所有欲というのはなかなか強力で,その意味で本はしぶといのは確かです。所有欲 対 利便性。電子書籍の活字が自由に大きさを変えられる点も,年を取って目が悪くなりつつある現状では便利です。
 そんな事から,将来にわたって紙の本も無くならないかもしれないが,電子書籍メインの世の中になってほしいとは思います。だって便利なんですから。

 ところで,この書店の記事の中には,もう一つの事が書かれています。Kindleをはじめとする電子書籍端末は,あまりにも真面目に書籍であろうとしているのではないか?という問いかけです。これは実は私も感じる時があります。紙の本ありきで,それを忠実に電子インクディスプレイ上に置き換えている。それよりも,スマホやタブレット上のコンテンツに置き換えられている「地図や時刻表,グルメガイド,テレビガイドなど」のやり方がこそが電子書籍ではないかというのです。これには私も賛成します。がしかし,今の電子書籍端末も上述の様な意味で,小説を読むとき便利な道具です。
 また,「意味がわからないのは,本屋で電子書籍を売るという事だ」といっているのですが,私はこれはアリですよ。今も書店で本を見て,面白そうだと思ってその場でスマホなりKindleなりでKindle storeに接続し,電子書籍になっていれば書店で電子書籍を買っているのです。書店は本のショーウィンドウです。せっかく書店へ来て,本を見せてもらって,その電子書籍を書店で買う事ができるのならば,その書店に利益がでる形で買いたいのです。書店で電子書籍を売るのは,システムさえ上手く作られれば,私にとってアリな話です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/05/07

千葉県大多喜町の道の駅「たけゆらの里おおたき」

Uribo

Ohtaki され昨日書いた千葉県勝浦の「海の博物館」へ行った帰り,勝浦から圏央道の市原鶴舞インターへの途中,大多喜町の道の駅「たけゆらの里おおたき」へ寄りました。たけゆらとは,竹遊楽,つまり竹で楽しく遊ぶという意味だそうです。
 竹林が多い地区なのか,道路サイドにはタケノコを売る店がたくさんありました。竹の里なんですね。
 さてそこで食べたのが肉まんと餡まんです。なにをかたどっているか分かると思いますが,イノシシの子供,ウリ坊ですね。大多喜町はまたイノシシの里でもあるらしく,イノシシの肉などもこの道の駅で売っているのですが,茶色の肉まんにはイノシシの肉が入っています。一方の桃色の餡まんはくるみ餡です。
 小振りの中華饅頭でしたが,おいしくいただきました。
 今回の小旅行はドライブを主としたものでした。帰りも相変わらず「海ホタル」に入る車の行列ができていましたが,私たちは大きな渋滞にも遭わず,快適なドライブを楽しみました。朝6時半近くに横浜の家を出て,13時前に家に帰り着きました。遠いと思っていた外房も,思ったより短時間で行かれるという印象を持ちました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/05/06

千葉勝浦の「海の博物館」へ行ってきました

MizukurageKatsuura 昨日,ゴールデンウィークにもかかわらず家でゴロゴロしていると書いておいて何ですが,東京湾アクアラインを通って千葉県へ,さらに房総半島を横断して外房の勝浦へ行ってきました。
 まあ最近車も運転していないし,久しぶりに運転してみようかというところです。それで目的地はどこでもよかったのですが,三浦半島より道路混雑が幾分少ないだろうと思われる房総へ行ってきたのです。
 混雑を避けるために朝6時20分ごろ横浜を出て,アクアライン上にあるパーキングエリア「海ほたる」を通過したのが7時頃でしたが,もう駐車場は満員で,駐車待ちの車列ができつつありました。
 私達はそこをスルー。ナビに教えられる通りに木更津東インターを降りて外房へ。本当は市原・鶴舞インターが勝浦の最寄りになるらしいのですが,ナビの地図が古く,木更津東から先,ナビ上では道路がないのでした。
 さて勝浦の千葉県立海の博物館を見学しました。おりから「くらげ展」というのを開催していて,クラゲなどまともに見た事がないので大変興味深かったです。電気クラゲとして有名なカツオノエボシを初めて見ました。危険なクラゲにはその旨表示されていましたが,カツオノエボシ以外にも結構あるんですね。どのクラゲも房総の海に住んでいる者なのですが,この展示を見たら,ちょっと海に入るのが恐ろしくなりました。
 この近くには遊歩道なども整備されているらしく,本当はそこを出て磯を歩きたかったのですが,雨がパラパラ降ってきたので博物館前の磯に出るだけにしました。私たちは参加しませんでしたが,博物館ではこの磯に出て,磯の生物の解説を行なっているそうです。この磯には水中を観察できる海中展望塔がありますが,200円也の博物館とは別料金になっており,今回は見合わせました。
 さて帰り途,大多喜町の道の駅へ寄りましたが,それはまた明日。

(写真は博物館のミズクラゲと博物館前の磯浜。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/05/05

ある日のロールキャベツ

Rolled_cabage_2

 ゴールデンウィークに入って,どこかへ出かけて食べた食事の話でも書きたい所ですが,家でゴロゴロしているだけなので,外食の話は書けません。
 せいぜいカミさんが作った自家製のロールキャベツの写真でお茶を濁すしかありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/05/04

イケメンは就職面接で不利に・・・・・

Interview 米メリーランド州立大学の研究で,イケメンは就職面接で不利だという結果が出たそうで,話題になっています。
 魅力的な男性は“仕事ができる”と見えてしまい,それゆえに男の雇用者側にとって競争相手と感じられてしまうというのです。
 私がもし雇用者であれば,仕事ができる様に見えるのならば採用すると思うのですが,何故ライバル視につながってしまうのか,理解に苦しみます。
 まあアメリカの会社社会らしいと言えばそんな感じもしますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/05/03

電気自動車のテスラが日本の充電拠点を年内に5倍に

Var アメリカの電気自動車メーカーテスラが,年内に日本の充電拠点を5倍に増やすと発表しました。
 5倍と言っても,現在のテスラの重電拠点は6カ所しかないので,それを30カ所に増やすに過ぎません。他企業が展開する充電拠点も大都市に限られているので,EVはまだまだ安心して乗っていられる乗り物ではありません。
 EVは充電時間が長いのも問題です。急速充電でも20分で半分充電できるだけです。数分で燃料補給が終わるガソリンの様にはいきません
 ガソリンの需要減により,現在ガソリンスタンド数が減少していますが,そのうち近所にガソリンスタンドが無くなって,かなり遠くまでガソリンを入れにいかなければならなくなるでしょう。ガソリンエンジンの自動車も不便になるのです。
 ガソリン自動車が不便になるのと,充電サイトが増えて電気自動車(EV)が便利になる,そのクロスポイントはいつごろなんでしょうね。そこからEVが本各的に普及していくのでしょうね。

(写真は,テスラモータースのイーロン・マスクCEO)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/05/02

今日からゴールデンウィーク

Golden_week 昨日からゴールデンウィークです。今日は学校はあって,子ども達は休みではないですが,私の勤める会社はメーデーだからというので毎年休みになります。そういう会社も多いでしょう。4月30日に休暇を取れば,昭和天皇の誕生日である4月29日水曜日から既に連休に入ってしまいます。
 そんな今日の東京地方はいい天気。気温も上がりました。私はどこへいくでもなく,家でゴロゴロしています。
 このゴールデンウィークという言葉は,映画業界から来ているらしいですね。休みが続き,映画館も盛況になる期間というわけです。
 まあそんなわけで,久しぶりに映画でも見に行きましょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/05/01

毎日の服装を考えるのが面倒だから・・・・・

Fukusou アメリカニューヨークの広告会社でアート・ディレクターとして働く,マチルダ・カールさんという女性が,この3年間,毎日同じ服を着て仕事をしているとして複数のメディアで取り上げられ,話題になっているとか? 某ネットサイトで拾った話です。
 彼女が言うには,毎朝の服選びが苦痛で,選びかねて会社を遅刻する事もあったとか。そこで,毎日同じ格好で会社に行くことにしたとの事。実際は同じ服を15着程持っていて,もちろん毎日着替えているらしい。
 その話を読んで思い出すのは,私が勤務する会社に以前来ていた派遣の女性の話です。彼女がウチの会社を辞めた理由というのが,制服がなく,私服だからというもの。毎日何を着てくるかが悩みの種で,それで制服のある会社に移りたいという理由だったのです。
 彼女達の気持ちも分からないではありません。今からウン十年前,私が高校生だったとき,服装を自由化しようという話が持ち上がりました。そんな事が流行っていた時代だったのです。結構先進的な気風だった私の高校は,いち早くそれに乗ったのです。ところが全校生徒に計り,全校生徒が投票した結果は,否決。その理由は,「めんどくさいだろう」という事。後輩に聞くと,私が卒業してからも何回か服装自由化の話は出ていて,そのたびに否決しまくっているらしい。一度は試しにやってみたらという話があって,1週間服装自由にした事もあったらしいが,やはりめんどくさいという意見が大勢を占めたたとききました。しかもほとんどの者は,少なくとも男子は「自由に」これまでの詰入りを着てきていたとの事。
 ニューヨークの女性にならって,服装は自由と決めておいて,毎日同じ服を着てくるというのもありかと・・・。でもまあ,難しい年頃だから,制服なら制服と決めておいてもらうのが一番楽かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »