« 千葉勝浦の「海の博物館」へ行ってきました | トップページ | 「本屋だけど紙の本を絶滅させる方法を真剣に考えてみた」という記事 »

2015/05/07

千葉県大多喜町の道の駅「たけゆらの里おおたき」

Uribo

Ohtaki され昨日書いた千葉県勝浦の「海の博物館」へ行った帰り,勝浦から圏央道の市原鶴舞インターへの途中,大多喜町の道の駅「たけゆらの里おおたき」へ寄りました。たけゆらとは,竹遊楽,つまり竹で楽しく遊ぶという意味だそうです。
 竹林が多い地区なのか,道路サイドにはタケノコを売る店がたくさんありました。竹の里なんですね。
 さてそこで食べたのが肉まんと餡まんです。なにをかたどっているか分かると思いますが,イノシシの子供,ウリ坊ですね。大多喜町はまたイノシシの里でもあるらしく,イノシシの肉などもこの道の駅で売っているのですが,茶色の肉まんにはイノシシの肉が入っています。一方の桃色の餡まんはくるみ餡です。
 小振りの中華饅頭でしたが,おいしくいただきました。
 今回の小旅行はドライブを主としたものでした。帰りも相変わらず「海ホタル」に入る車の行列ができていましたが,私たちは大きな渋滞にも遭わず,快適なドライブを楽しみました。朝6時半近くに横浜の家を出て,13時前に家に帰り着きました。遠いと思っていた外房も,思ったより短時間で行かれるという印象を持ちました。

|

« 千葉勝浦の「海の博物館」へ行ってきました | トップページ | 「本屋だけど紙の本を絶滅させる方法を真剣に考えてみた」という記事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1297/61545262

この記事へのトラックバック一覧です: 千葉県大多喜町の道の駅「たけゆらの里おおたき」:

« 千葉勝浦の「海の博物館」へ行ってきました | トップページ | 「本屋だけど紙の本を絶滅させる方法を真剣に考えてみた」という記事 »