« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015/12/31

神社では・・・・・

Hatsumoude 初詣の季節という事で,昨日神社での参拝のやり方について,テレビで放送していました。
 二礼二拍手一拝が基本ですが,二拍手の前に願い事をするといいっていました。
 私は二拍手の後に願い事をしていたのですが,そうじゃない様ですね。どうりで,これまで願い事が叶わないと思ったwww。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/12/30

久住四季「星読島に星は流れた」

Hoshiyomito

 作者の久住四季は,ライトノベル作家。私も初めて読む作家です。そもそもミステリーっぽい作品を発表してきているらしいのですが,この「星読島に星はながれた」は,東京創元社からミステリ・フロンティアの一環として発行されたもので,ラノベというより完全に推理小説しています。ミステリ・フロンティアシリーズからは,以前紹介した事のある伊坂幸太郎の「アヒルと鴨のコインロッカー」や加藤実秋の「インディゴの夜」シリーズが生まれています。
 さて「星読島に星は流れた」の舞台はアメリカ。ボストンで家庭訪問医を仕事としている日系アメリカ人の加藤盤が主人公で,加藤の目線で物語りが語られます。
 ネット上で天文フォーラムを開いている女性天文学者,サラ・ディライト・ローウェル博士。彼女は数年に一度は隕石が落ちるという星読島に個人天文台を持っています。フォーラムのメンバーの中から選ばれて毎年数人この島に招待されます。今年は加藤盤も招待されました。
 やがて隕石が落ちて,そして招待された7人の中で殺人が起こる。
 数年に一度という頻度で同じ島に隕石が落ちる謎,もちろん殺人犯人の謎。そして最後の最後には,さらにその奥にあった真相。孤島ものながら決して軽いミステリーではないものの,ガチガチの推理小説というわけでもありません。でも謎が生まれそれが解決されて,ハッピーエンドで終わります。
 細かい謎は,よみすすむにつれてちりばめられています。隕石をを誰が手にするのか分からない段階でなぜ犯行が行われたのか,閉ざされた島で,隕石と殺人を行なって,どうやって島から運び出す事ができるのか,加藤の実験の結果,遺体を海へ投げ込んだ現場が分かったが,そこまで被害者をどのようにして運び上げたのか,なぜそんな運搬困難な場所から遺体を海へ投げ込む必要があるのかなどなど。ここら辺の謎の連続が,ミステリー感を盛り上げています。
 後味のいい推理小説といえるでしょう。殺人が起こるのは,物語りが半分以上進んだ後です。その意味では,謎が現れるのが物語りが半分進んだ後という事になります。本来稀な隕石がなぜこの島に頻繁に落下するのかという謎は初めから常にありますが,それが謎として解決されるのか,超自然現象としてそのまま放っておかれるのか,読者には分かりません。そこら辺が不満なところでしょうか。殺人が起こってから外部への通信手段が壊され,島の中に犯人が居るという情況の恐怖も描かれ,サスペンスもあります。面白く読みやすい作品でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/12/29

牛丼店はもう正月休み?

Yoshinoya 先日,ラーメンを食べに横浜日吉へ行った事を書きましたが,そのとき見かけた表示です。
 日吉駅からほど近い吉野家の店舗,25日から4日まで正月休みみたいですね。学生街で,学生が休みに入って郷里に帰ってしまえば,商売にならないという事でしょうか。
 同じ商店街にある同じ牛丼の松屋は,しっかり営業していました。じっさいのところ,各ラーメン屋,天丼のてんや,うどん屋など,学生御用達であろう店舗はしっかり営業していて,休みだったのは吉野家ダケだったんですけれどもね。
 道行く大学生は確かに少なくなっている様ですが,多分クラブ活動らしき高校生はたくさん居るようで,いつになく学生服が目につきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/12/28

国民1人当たりの国内総生産,日本は20位だった

Factory 国内総生産(GDP)世界第三位の日本。国民1人当たりの国内総生産は2014年には20位とふるわなかった事が分かりました。前年は19位,イスラエルに抜かれ,統計開始以来最低だったそうです。
 まあしかし,ドル換算順位である事から円安政策が効いている事,デフレ,日本人の貯蓄志向,外人が少なく,外人が働いてGDPを押し上げ,それを国民の頭数だけで割るという数字のマジックが効かないなどなど,国民一人当たりのGDPというのは数字のマジックみたいなところもありますからねえ・・・・・。

(写真はフリー車新素材サイト「足成」より。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/12/27

喉がイガイガした時は,家系ラーメンを

Ginya

 今日は風邪気味で喉がイガイガするという事で,炎症を抑える働きを持つグリシンとプロリンという成分を含む食べ物,家系ラーメンを食べようという事になって,横浜日吉の銀家という家系ラーメン店に行ってきました。知り合いの学生の紹介によります。
 日吉では,家系ならば武蔵家というラーメン店が有名でいつも行列ができているが,この学生はあっさり系が好きなので銀家を贔屓にしているという事でした。
 食べてみると,「どこがあっさりなの?」という気もしましたが,美味しい豚骨ラーメンでした。
 銀家は日吉が本店ですが,横浜の都心,伊勢佐木町にも支店がある様です。また,先日川崎で食べた壱角家もに吉に店があります。武蔵家は行列ができて入りづらいので,今度は日吉の壱角家に入ってみよう。こんど喉がイガイガした時にでも・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/12/26

暖かい暮れ

Icy 暮れも押し迫っているのに,東京地方はなんだか暖かく,暮れの雰囲気がほとんど感じられない今日この頃です。
 海の温度が暖かく,寒気が下まで降りてこられないようですね。今年だけではなく,もう何年も,氷を見るのも稀になりました。
 暮れを感じずに,異常気象を感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/12/25

我が家の手作りクリスマスパーティー

Xmas01

Xmas02Xmas03Xmas04Xmas05Xmas06Xmas07Xmas08Xmas09 昨日の骨付きもも肉がクリスマスディナーになりました。
 その他,ミネストローネスープ,キノコとホタテとタコとエビのアヒージョ,野菜のスティック,ワイン等で乾杯,買ってきたケーキ(栗のモンブランのデコレーションケーキ),各人が用意したプレゼント。緑色のちょっと不気味なものはほうれん草とハーブ,アンチョビなどで作ったグリーンソース。パンにつけても野菜スティックにつけても,鶏肉につけても見かけより美味しいものでした。鶏肉には酸っぱい自家製の杏ジャム(酸っぱくて普通にパンにつけては食べられなかったもの)をつけるとかなり美味しい。持て余していた自家製杏ジャムの使用方法を発見しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/12/24

クリスマスディナーの用意を

Chicken 今日は12月23日,クリスマスイブのイブですが,今日は我が家のクリスマスディナー。明日は娘達夫々がイブを過ごす予定なので,家族としては今日がクリスマス。
 スーパーから骨付き鶏もも肉を買ってきました。カミさん手作りのクリスマスディナー,どんな料理になりますやら・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/12/23

またまた東門前のビストロでランチを

Ishimiya1

Ishimiya2 12月20日(日曜日)はいい天気でした。
 散歩の途中に,また川崎東門前のビストロ「石みや」でランチをとりました。この店のランチは週代わりです。今回が3回目ですが,前回,前々回とは違うものを食べることができます。
 冷菜,温野菜を取り混ぜて,大皿に盛った4種類のサラダから始まって,メインのカニクリームコロッケとチキンのチーズ焼きの盛り合わせ,ライス,赤か白のワインも選べる飲み物も含めて,税込1000円ポッキリ。
 先日紹介した家系ラーメン店の豚骨醤油チャーシュー麺が1004円でしたから,この店のコストパーフォーマンスのよさが分かります。
 フレンチでもイタリアンでも,このような街の個人経営のレストランというのは,ランチは1000円でご提供という場合が多く,コスパの点で侮れません。ランチからディナーの常連に移行して欲しいという思いがあるのでしょうか。
 このビストロは,以前紹介したように,京王プラザホテルの料理人だった方が独立して始めた店です。

(一番上の写真は,前菜のサラダ。4種類のサラダの盛りあわせである事が分かる様,敢えてこちらを大きな写真で示しました。二番目の写真がメインディッシュ。カニクリームコロッケとチキンのチーズ焼きです。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/12/22

夫婦別姓は不幸せに見える?

Pair 話題の夫婦別姓問題。「夫婦別姓は不幸せに見える」という人が現れました。
 夫婦別姓に関して,これまでの報道やインタビューやネットでのコメントなどを拝見して,夫婦別姓に反対する理由は,ほとんど個人的な感想,情緒でしかないというのが正直な印象です。
 今回の竹田氏の意見がその最たるものですね。なにも別姓を強いるわけでは無いのだから,自分が嫌ならパートナーにそう言って,ひっそりと同姓を通せばいいだけの話なのに。
 竹田氏に限らず,多分多くの別姓に反対する人には,同姓が強制されなくなって,パートナーに同姓を反対される懸念だとか,もし別姓にならざるを得なくなったら,「私の面子が・・・」などという、下らないごく個人的な思いがあるのだろうと思いますwww。
 そもそもより自由にするのには「自由にすること」自体が立派な理由であって,他に理由は要りません。しかし何かを強制するには,はっきりとした理由が必要です。
 ところが,夫婦別姓問題で,同姓を強制するはっきりした理由にお目にかかった事がありません。
 よく,子供がかわしそうとか混乱するなどという人がいますが,実際今でも世の中にはそんな子供はたくさん居ます。もしそんな子供達がかわいそうだとしても,それは両親が別姓だからではなく,同姓を強制された日本で,別姓にならざるを得なかった境遇が原因でしょう。夫婦別姓が普通にあり得る世の中なら,かわいそうでもなんでもないし,混乱などあり得ません。
 日本における夫婦同姓など,長い日本の歴史から言えばほんの最近のわずかの間に行われているに過ぎません。そんな制度を「日本文化が失われる」と言って反対する人もいます。自分がたまたま生きてきた短い時代にそうだったからそれが日本文化だと? お手軽な文化ですね。
 まあ,夫婦別姓に反対する人達には,何かがある。夫婦別姓容認に怯えざるを得ないプライドとか世間体とか,そういう下らないごく個人的な理由があるに違いない・・・・・www。

(写真は,フリー写真素材サイト「足成」より。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/12/21

家系ラーメンをたべよう

Ickakuya

 家系ラーメンは風邪に効くという記事を書きましたが,喉の調子が悪い私としては,「それならば今日の昼は家系ラーメンだ!」という事で,早速食べて来ました。
 散歩の都合で,「壱角家京急川崎店」という店です。
 久しぶりの豚骨ラーメン。私はどちらかというと,あっさりした東京ラーメンが好きなので,豚骨は本当に久しぶりです。
 一口目の豚骨味がとにかく美味しい。久しぶりなので,「そうそうこの味!これが豚骨!」という感じ。福岡の本場豚骨はこんなものではなく,さらにさらに濃厚なのだと思いますが,私にはここら辺がよろしいようで・・・。
 この店の麺は短いです。初めはたまたま切れた麺をつまんだのかと思ったら,最後まで短いままでした。これは賛否両論あるでしょうが,私は食べやすかった。服に汁が飛ぶことがまずありません。
 薬だと思って,スープは全部飲み干しましたwww。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/12/20

「家系ラーメンが風邪に効く」?

Rahmen_yokohamaya 喉が痛いところまではいかないのですが,何となく違和感があって,少し風邪気味という感がある今日この頃です。
 そんな折,「家系ラーメンが風邪に効く」という記事を読みました
 記事のよると,豚骨や鶏ガラでつくるスープに溶け込んでいるグリシンとプロリンという成分が炎症を抑える働きをし,トッピングであるほうれん草やネギのビタミンC,ベータカロチン,アリシンにも薬効があるという事です。
 まあほうれん草やネギならば,鍋など他の料理の方がたくさん摂る事ができますが,よくしらないグリシンとプロリンというのが炎症に効くというのはいいですね。
 特に私は,喉の炎症から熱が出る事が多く,正に「喉が痛いところまではいかないのですが,何となく違和感があって」という時期に食べるにはもってこいだと思います。
 この記事に対して,風邪のときに「家系ラーメンなど食べる気にならないだろう」というコメントも多いのですが,それはもう治療の段階ですよ。私の様に「喉が痛いところまではいかないのですが・・・・・」という程度の時に食べるべきものだと思います。

(写真は横濱家のホームページより)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/12/19

最近筆記具を使う機会が減ったけれども・・・・・

Jetstream 最近ネットで,油性ボールペン「ジェットストリーム」の開発ストーリーを読みました。このボールペンは,世界60カ国で年間1億本を販売しているそうで,価格は150~5000円(税別)という幅広い価格で売られています。
 最近,文字はパソコンに打ち込むことが多く,筆記具を使うことがめっきり減ったのですが,逆に言えば筆記具では,よりパーソナルな事を書く場合が多く,仕事用でなく自分用としてより身近なものという感覚があります。
 だから以前より,値段が張っても長く使える書き心地のいいものが欲しいと思うようになりました。仕事用なら,100円ショップのものでも十分ですが,やはり自分用のパーソナルな文章を書く時は少しいい筆記具を使いたいと思います。それにめったに使わないので,安いものではすぐ掛けなくなる畏れもあるし・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/12/18

「Harbs」の大きなケーキ

Harbs1

Herbs2 さてお茶漬けによる昼食も済み,お目当ての「Harbs」に入りました。「Harbs」はチェーン店で,六本木ヒルズにも入っています。
 写真はイチゴケーキ。まあイチゴショートですね。写真ではあまり分からないかもしれませんが,確かに大きなものです。これで800円。比較的大きなイタリアントマトのショートケーキよりも大きく,大きさ的なコストパーフォーマンスは,こちらの方が上ではないかと思いました。
 まあ「Harbs」は,ケーキを食べるときには必ず飲み物を頼まなければなりませんから,イタリアントマトより高価な飲み物を考えると,コスパが高いとは言えなくなりますwww。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/12/17

六本木ヒルズでお茶漬けを

En_chazuke_2

 さて,新国立美術館のニキ展と森美術館の五百羅漢展へ行った帰り,六本木ヒルズでランチを食べようかという事になりました。実際のところランチより先に,ヒルズ内の「Harbs」で大きなケーキを食べようというメンバーがいてそちらの方が先に決まり,それに見合った軽いランチというのを探しました。
 お茶漬け程度がいいんじゃないとうことで,それならお茶漬けの「えん」があるからそこへ行こうということになって,久しぶりに「えん」のお茶漬けを食べることになりました。
 写真は季節メニューの愛媛県産寒ぶりのゆず胡椒出汁茶漬けです。柚子は皮を削いで入っており,一口含むと香りが口中に広がりました。出汁には大根おろしが入っていました。おいしかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/12/16

森美術館で五百羅漢を

Mori1Mori2 昨日,乃木坂の新国立美術館に行った事を書きましたが,そこから六本木ヒルズの森美術館に回り,「村上隆の五百羅漢図展」を見に行きました。ニキ展と同様,こちらも招待券をいただいての観覧です。
 こちらも極彩色の作品で,色彩の響宴という感じの作品でした。夫々別に描かれた白虎,玄武,青竜,朱雀の各図だけでも,展示場の壁一面を全て使う程の大作です。これはどう考えたって一人で作った作品ではありません。実際,家に帰ってから調べてみると,200人近い作業者が携わっているらしいですね。村上隆氏の名前だけが前面に出ていますが,村上隆工房の作品といえるのでしょう。
 珍しく写真撮影が許される美術展でした。そこで撮影した写真を載せておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/12/15

ニキ・ド・サンファル展

Niki_2 乃木坂の新国立美術館で「ニキ・ド・サンファル展」を見てきました。
 ニキ・ド・サンファルはパリ生まれのフランス人とアメリカ人のハーフ女性。一時期ライフルで絵の具を打ち出す手法で有名になった芸術家です。その後立体的な作品を製作する様になり71歳で没しました。極彩色の派手な作品は,見ていても楽しくセクシーです。
 今回の展示品の多くは,Yoko増田静江さんという日本人女性が持っている作品が多かったのですが,この方は女性実業家で,ニキの作品に触れてそのとりこになり,ニキ作品の世界的なコレクターになった方です。フランス人のニキが,「マスダ」や「シズエ」という自信の名前を発音しにくいからと,自らYokoという愛称を使っていました。那須にニキの作品を集めた美術館を開き,それは世界唯一のニキの美術館でした。増田さんが亡くなって,2011年8月末に美術館は閉館されましたが,現在ではネットでの作品の紹介などが行われています。
 実は私は,ニキの事は名前だけしか知らなかったのです。ニキについて私と同程度しか知らなかったある若い女性の知人が友人から招待券をもらい,この展覧会を見て,かなり面白かったからご覧になったらという事で,彼女から招待券をいただき,今回の新国立美術館行きとなったのです。
 そんなニキ作品中に「靴の銃撃」という作品がありました。銀色のオブジェに赤い絵の具を打ち出した作品で,大型のものもある作品群の中では小品にぞくするのだとおもいますが,銀と赤の色彩がウルトラマンを連想してしまいました。べつに形状的にウルトラマンを創造させるわけではないのですが,銀色と赤があればウルトラマンになってしまいます。
 なかなか楽しめる展覧会でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/12/14

トランプ氏の暴言の数々

Trump アメリカ共和党の大統領候補,実業家ドナルド・トランプ氏。大統領候補といっても,共和党内で候補に選ばれた訳ではなく,現在は共和党の大統領志願者というところです。
 そのトランプ氏の暴言が最近話題になっています。曰く・・・・・

銃乱射テロに関連し,「イスラム教徒の入国を「全面的かつ完全に」禁止すべきだ」
移民問題に関連し,「メキシコ人は強姦犯」
同じ共和党の大統領候補マケイン氏に対して,「ベトナム戦争で捕虜になったから英雄扱いされている」
民主党のライバル,ヒラリー・クリントン氏に対して,「わが国の歴史上最悪の国務長官だった」
外国を米軍が守っている事に対して,「1日に数十億ドルを米国で稼いでいても,サウジアラビアに何か問題が発生したら米国の軍隊が解決しないといけないし,韓国も米国で数十億ドルを稼いでいくし韓国は狂っている」
自身の両親は移民であるにもかかわらず移民問題には発言が多く,「私が大統領になれば国境に万里の長城を築く」

・・・・・などなど。
 それでも共和党候補としての支持率は,最近の調査では首位に立っているトランプ氏。
 普段口にできない事を言ってくれていて,不満を持っている低所得者に人気があるだけというのだが(トランプ氏自身は不動産王とよばれる大金持ちだが),この勢いに乗って共和党候補になって,選挙で大敗するパターンなら,アメリカも捨てたもんではないと思うのですが・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/12/13

軽減税率はどうなるんでしょう?

Keigenzeiritsu 消費増税実施が迫まってきて,消費税率を8%に据え置く軽減税率の対象品目について,11日の夜,与党自民党と公明党の間で幹部会合が行われました。
 軽減税率を提案した公明党側は,加工食品さえ軽減税率の対象に入ればという思惑だったと言われていますが,自民党側から外食も対象とする事が提案され,むしろ当惑したという事です。
 これがどう転ぶかまだ分かりませんが,この事によって,当初8000億円程度の財源が必要と言われていたものが1.3兆円にまで膨らみました。
 財源探しが始まっていますが,結局社会福祉費をそれに当てざるを得ないのではないか,つまり低所得者のための社会福祉費を低所得者のための軽減税率の財源に回す事になる。一見理にかなっている様に見えますが,実は軽減税率はたくさん消費する人=金持ちがよりお得になる制度。
 やっぱり軽減税率というのは何かボタンを掛け違っているように思います。

(図は東洋経済のサイトより拝借しました。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/12/12

インドに新幹線を

Shinkansen インド政府は,インド西部ムンバイ―アーメダバード間(約500キロ)で計画中の高速鉄道に、日本の新幹線方式を採用する方針を固め,12日にインドで行われる安倍首相とモディ首相の首脳会談で合意する予定との事です。
 日本政府は、総事業費約9800億ルピー(約1兆8000億円)のうち,1兆円規模を円借款で供与する見込みです。
 この莫大な円借款について,結局金をかけて売ったとか,返してもらえるのかとか,色々批判があるのですが,インドに対する日本からの援助は,もちろんこれが初めてではありません。
 インドは終戦後,日本の戦争賠償の放棄をいち早く宣言して連合国内にその流れを作ったり,東京裁判ではインド人判事だけが日本を擁護したり,そのパール判事が南京事件について,「その物語のすべてを受け入れる事は困難である」と主張したり,とにかく日本が苦しいときに良くしてくれたからというので,日本のODAのようなインドに対する対外援助は世界のどの国よりも多額だと思いますが,今回の援助もその一環ですね。まあ歴史的には,日本軍がインドの対英独立戦争を支援したという事がその前にあるわけです。
 インドでは,独立戦争当時の事,戦後の莫大な日本からの援助の事が学校で教育されていて,インド人の親日感が代々受け継がれているそうです。
 インドに関しては,莫大な援助も,お金の事だけじゃないという事ですね。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/12/11

モスバーガーの期間限定メニュー「傑作ベーコン」

Mos

 モスバーガーの期間限定メニュー「とびきりハンバーグサンド 傑作ベーコン1」です。
 これは見た目にもゴージャス。パテの厚さもそこそこある。薄いパテを何枚重ねても,ゴージャスには見えません。さらにトマトも厚い,ベーコンも厚い。だから高さもそこそこあります。まあハンバーガーでゴージャス感感じるのも何ですけれど。
 ベーコンの旨味が感じられて,美味しいハンバーガーでした。パテのジューシーさも半端なく,汁がだらだらと落ちるので,食べる時には要注意。
 朝食に550円くらいならいいかと思ったら,ブレンドも頼んでしめて800円。
 今日は昼食抜きか・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/12/10

リンガーハットの朝食メニュー,「ちゃんぽん雑炊」

Ringerhat_zosui

 平日の朝10時前に,初めてリンガーハットに入りました。
 特別の朝食メニューがありました。ちゃんぽん雑炊です。
 ちゃんぽんのスープ,ちゃんぽんの具にご飯が入っているものです。まあ,あの味のスープにご飯が入った雑炊というのは,おそらくちゃんぽんを食べた事のある人ならば想像がつくと思いますが,なかなか結構なものでした。
 具もちゃんぽんのものという事で,海老やさつま揚げにたくさんの野菜。大きな梅干しも乗っていて,アクセントになります。野菜たっぷりでなかなか健康的でもあると思います。
 多分全部の店にあるわけではないと思います。だいたい10時開店の店が多いですからね。10時前から店を開けている,一部の店舗での提供という事なのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/12/09

東海道貨物線の事

Kamotsu1Kamotsu2 昨日紹介した京急大師線の廃線部分は,旧塩浜操車場,現川崎貨物駅建設のための廃線でした。このJRの貨物線は,東海道貨物線の一部分です。
 東海道貨物線は,東京港区の浜松町駅と神奈川県小田原市の小田原駅を結ぶ,JR東日本東海道本線の貨物支線および複々線区間,南武線の貨物支線の通称です。
 浜松町駅から東海道線の海側を通り東京貨物ターミナル駅へ至り,さらにその先は,中央卸売市場大田市場付近からトンネルとなり,羽田空港の西側を通り,この川崎貨物駅に至ります。その先は南武線浜川崎支線の浜川崎駅へ。浜川崎からは南武線浜川崎支線に沿って八丁畷駅まで進み,そこから南武支線を離れて東海道線鶴見駅付近へ。そこからしばらく東海道本線に沿って進みますが,生麦付近から東海道本線を離れ,陸側の横浜羽沢貨物駅を経由して東戸塚駅付近から再び東海道本線に沿って,小田原駅へ至ります。
 東京都営地下鉄大江戸線建設の為に,浜松町駅と東京貨物ターミナル駅間は休止され,大江戸線が開通してから現在まで休止されていると聞いていました。いつから休止されているのだろうと思って調べてみると,1986年の汐留駅廃止に以来一旦運行を止め,1990年から浜松町駅初のカートレインの走行路線として復活しましたが,それも1998年にはカートレインの運行中止によってこの区間に列車が走らなくなりました。
 浜松町−東京貨物ターミナル間の休止は,もっと最近の様な気がしていましたが,もう17年も経っているんですね。
 今回貼った最初の写真が,川崎貨物駅上の跨線橋から撮影した写真で,東京方面を見たところです。中央付近の地下への入口が,長いトンネルの入口だと思われます。
 この跨線橋から反対の横浜方向を見たところが,次の写真です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/12/08

京急大師線,塩浜−小島新田線路跡の散歩

Daishi1Daishi2Daishi3Daishi4Daishi5Daishi6Daishi7Daishi8 京浜急行発祥路線である大師線。京急川崎から川崎大師駅を通り小島新田駅までの路線です。いずれは地下化され,地上からは小島新田駅程度しか見られなくなってしまう予定で,既に東門前−産業道路−小島新田間では地下化工事が始まっています。
 実際にはこの路線,小島新田の先,塩浜まで行っていました。ところが,小島新田のすぐ先にJR塩浜操車場ができる事になり,路線がその一部になるために小島新田−塩浜間を廃止してしまったのです。さらにその昔,塩浜の先,桜本まで行っていた時代もありました。1952年に塩浜−桜本間を川崎市に譲渡し,この区間は川崎市電になりました。実際にはその前年,1951年には塩浜−桜本間に市電が乗り入れていましたが,翌年,正式に川崎市に譲渡されたものです。その川崎市電も1969年に廃止されています。
 ちなみに小島新田−塩浜間の休止は1964年,1970年に正式に廃止となりました。
 さて,その小島新田−塩浜間の廃線跡をたどってみようというのが今回の散歩コースです。
 まず川崎駅から市営バスで塩浜停留所へ。この停留所近くのコンビニ,ポプラ川崎塩浜店が塩浜駅跡だという事なので,それを目当てに現地を探しましたが,どこを探してもポプラがありません。グーグルマップには載っているのですが,どうも既に閉店しているらしいのです。グーグルマップをたよりに探ると,どうも「夜光」という珍しい名前の交差点近くの重機置き場(最初の写真)がそれらしいです。もちろん何も駅の痕跡はありません。
 この広場の北側,国道132号線を渡って少し北へ行くと,神奈川臨海鉄道千鳥線の線路を渡ります(2番目の写真)。写真に写っている,向こう側の踏切付近を大師線は通っていた様です。
 さらに北へ進み,広い道路から西へ少し入ると,いかにも特徴的なカーブを描く道があります(3番目の写真)。これが廃線跡かと思うとさに非ず,これは大師線の側道だったようで,道路に沿った左側の建物の部分が線路跡の様です。この区間,左の建物群のさらに左側にも同じ様なカーブした道があり,線路は側道に挟まれていた様ですね。そのカーブを先に進むと,コンテナの乗った貨車が止まっている川崎貨物駅に突き当たります(4番目の写真)。大師線の線路はここからさらに進み,小島新田駅に入っていた訳です。
 次の写真は小島新田駅側から線路跡だった建物の方を見たところです(5番目の写真)。写真の縦に3つ窓が並んでいる白い建物(とその奥の建物群)が廃線跡です。
 そして現在の大師線の終点,小島新田駅(6番目の写真)。小島新田駅前から,やって来た塩浜方向を見ると,線路はないものの,しばらく鉄道らしいコンクリート冊が続き,廃線跡の気分を盛り上げています(7番目の写真)。以前紹介した駅前の小さなセブンイレブン,実は駅の売店(8番目の写真)も健在です。
 たいして歩いていないのですが,現役のグーグルマップにあるコンビニがなくなっていたり,都市の変遷の早さが伺えます。東京近郊で廃線探訪をしていると,地図に載っている建物がなくなっていたり,道路が新しくできていたり,変遷の早さを感じる事が多いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/12/07

ポルシェが電気自動車を開発中

Porche 独フォルクスワーゲン(VW)傘下の高級車メーカー,ポルシェは,12月4日に,初の電気自動車(EV)の新型スポーツカーを2020年までに発売すると発表しました。新聞記事によると,開発に10億ユーロ(約1340億円)以上を投じ,この車の製造のために,シュツットガルト近郊の工場に組み立て工場を増設,エンジン工場の拡張,1千人以上の新規雇用を行う予定だという事です。かなり力を入れているという事ですね。
 1回の充電で500キロ以上走行でき,スタートから3・5秒で時速100キロまで加速できる性能を目指しているらしいですが,注目は15分間で80%の充電が可能という高速充電できる仕組みを開発しているという事です。EVの最大の弱点は,充電時間がかかる事だと思われ,それが短時間にできるという事はなかなか期待が持てます。
 徹底的に金をかけたEVというのも見てみたいですが,でもあのエンジン音は? 電子音響でエンジン音をスピーカーから流すのだったら,悲しすぎる・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/12/06

ガソリン価格がまた一段と安くなった

Gas_stand 昨日の横浜市某所のガソリンの値段,110円台ですね。
 120円台になったといって驚いていたら,110円台突入です。一時130円台に戻った事もあったのですが,最近また安くなってきました。
 原油のだぶつきが原因の様ですが,産油国の経済破綻が言われるのも尤もだと思います。
 消費者心理を示す一般世帯の消費者態度指数(季節調整値)というのがあるらしいんですが,12月4日の日経新聞は,前月より1.1ポイント高い42.6と,2カ月続けてプラスとなったと伝えています。これもガソリン価格の低下がその一端らしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/12/05

バルバッコアグリル(渋谷)で久しぶりにランチ

B_grill

 ブラジルに本店のあるシェラスコ専門店,「バルバッコアグリル 渋谷店」のランチに,久々に行きました。シュラスコは,串に刺した焼いた肉塊をナイフで薄くそいで提供される料理で,この店ではさまざまな部位が焼きあがる都度,客の席に串に刺したまま肉塊を持ってきて,それをナイフでそいでテーブルの皿にサーブしてくれます。
 以前この店の平日ランチには,シェラスコ2時間食べ放題の他にアラカルトもありました。ビーフやポークのステーキ,チキン,鮭などのメニューもあったのです。ところがいつの頃からかアラカルトがなくなり,シェラスコ一本になったようです。シェラスコ2時間食べ放題にサラダバー(これが半端なく盛り沢山),ドリンクバー,ソフトクリームを含むデザートバーが付いています。これは腹いっぱいにならざるを得ないというランチでした。
 料金は3600円(税抜き)と,ランチにしては高価ですが,腹をすかせていけば十分元は・・・・・取れないですよね。
 しかし,サラダバーの豊富さだけでも楽しめるし,牛肉の各部位13種類,焼パイナップル,焼チーズなども楽しめて,幸せな時間をすごせます。

(写真は,まるでサラダバーの皿がメインの様に写っている。肉はまだ焼ソーセージとチキンしかきていない。実際私は,サラダバーが食べたくてこの店に来ている様なものです。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/12/04

渋谷センター街

Center_street

 久しぶりに行った,というより通った,渋谷センター街。
 クリスマス飾りとまではいかないですが,街灯にはクリスマスの旗が飾られていました。
 この旗を見ると,「渋谷センター街」と書いてある。しかし確かこの通りは,「バスケットボールストリート」に改称されたと思っていました。地元の人達のパトロールやゲームセンターの閉店が功を奏し,怪しげな外国人を含む不良達のたまり場ではなくなったものの,なにかと悪いイメージがつきまとうというので「センター街」から「バスケ通り」に改称されたと思っていたのです。名前が変わったのは2011年。スポーツの名前で健康なイメージを取り戻そうとした事,バスケの聖地「国立代々木競技場第二体育館」へ伸びる通りである事から名付けられたものです。
 それが定着せず,最近では「センター街」に戻ったのかと思ったら,街灯のポールには「バスケットボールストリート」の文字が・・・・・。
 まだ完全にあきらめたわけではないんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/12/03

出版業界,ついに本格的崩壊開始の予兆?

E_book 出版卸,つまり本の商社で最大手の日本出版販売(日販)が,2015年上半期中間決算(4~9月)で赤字決算を発表したという記事がネット上に載りました。記事では,「出版業界、ついに本格的崩壊開始の予兆」というタイトルを唄っています。
 書店の減少,雑誌と書籍の出版不況という世相を表すようです。取次商社は,紙の本の販売量に見合うダウンサイジングが必要ということですね。
 雑誌,それに書籍も,販売減が言われています。出版業界は全体的な縮小方向には向っているのでしょうが,不思議と電子書籍との合算出版数などは世の中に出て来ませんね。
 私は数年前,電子書籍端末を手に入れて以来,書籍購入に使うお金は2倍くらいに増えました。電子書籍の圧倒的な購入に対する敷居の低さもありますが,古本を買わなくなったこともあります。電子書籍には,まず絶版ということがないようです。古本のお世話になる機会が減りました。
 取次商社には大変な時代ですが,電子書籍でもお金が入る出版社はまだマシなのではないでしょうか?
出版の崩壊は言い過ぎですね。出版社もそれなりのダウンサイジングが必要ではあるでしょうが・・・。

(写真は,フィリー車新素材サイト「足成」より。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/12/02

ウォーターサーバー? それともでかい浄水器?

Water_server ネットで,「ボトルが必要ない!?これまでの常識を覆すウォーターサーバーCoolQooが登場!」という記事を見つけました。まあ記事というより,広告でしょう。
 つまりウォーターサーバーなのだけれど,あの大きい水タンクをいちいち取り替える必要が無いというサーバーです。どうして水タンクがいらないかというと,水道水をつなげ,水道水を浄水して使うからという事です。
 つまりこのウォーターサーバーは巨大な浄水器という訳です。もちろんタンク式のウォーターサーバーと同様にお湯をわかす機能がついており,水の他にお湯も出て来ます。
 韓国ではもうウォーターサーバーの80%は浄水式になっているというのですが,日本ではどうなのでしょうね?
 そもそも日本では水道水そのものが飲めるのです。従って,結局水道水でしかないウォーターサーバーってどうなのよと思うわけです。ボトル式のウォーターサーバーは,先日ウチに広告が入っていたものはハワイの天然水だとか,ミネラルバランスが好評のクリクラだとか,ミネラルたっぷりで美味しいアクアクララだとか,要するにミネラルウォーターです。つまり水道水を浄水した水でしかないものが,果たして日本で売れるのかどうか,はなはだ疑問だと思います。日本で売るには,ちょっと水に付加価値がなさすぎるのではないでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/12/01

今日から12月

Xmas 今日から12月。いよいよクリスマスの月です。
 ネット上に,クリスマスソングのランキングが載っていました
 私のiPodの中にも,いくつかクリスマスソングが入っていて,12月になったからという事で,それらを集めたプレイリストを作ろうと思いました。
 でも,達郎のクリスマス・イブ,倉木麻衣のウインター・ベル,TOKIOのDing-Dongなどの他に,ウイーン少年合唱団のアベマリアやハレルヤなどがあって,これらを一つのプレイリストに入れてランダムに再生させたとき,全体的に調和するのかどうか,ちょっと疑問です。

(写真は,フリー写真素材サイト「足成」より拝借しました。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »