« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016/01/31

となりの関くん(8)

Sekikun8

 以前紹介した「となりの関くん」。学校の後ろの端に座っている関くんは,先生の目に入り難いのをいい事に授業中一人遊びをしている男の子。クラス一大柄な前田くんの後ろに座っているのも,先生に見つからない理由になっている。
 そのとなりの席の横井さんはまじめな女の子。しかし関くんの一人遊びが気になって仕方が無い。関くんのために,授業に身が入らず,当てられても答えられない事もしばしばで,迷惑を被っている。でも関くんから目を離せない横井さん。
 一人遊びの種類もそうそうないだろうし,せいぜい2巻くらいで終わるのではないかと思っていたら,巻を重ねて最新刊は第8巻です。第8巻は,昨年12月に発売されています。
 初めは登場人物が関くんと横井さんの二人だけだったのが,途中から後藤さんとか関くんの妹純ちゃんなどが加わりました。後藤さんは横井さんの仲のいい友達ですが,関くんと横井さんがいい仲になっていると思い込んでおり,密かに二人を応援している。後藤さんと純ちゃんはしょっちゅう登場する訳ではないですが,二人の絡む回はやや単調な作品(何たって普通は,関くんの一人遊びとそれを観察する横井さんのモノローグで始終するのだから)に変化を与えていて,なかなか楽しい回になっています。
 第8巻もこの二人が登場するのですが,ともに1作程度に限られています。初めて二人が登場した時は,今後ほとんどの回に登場するレギュラーになるのではと思ったのですが,そうではありませんでした。
 第8巻でも,あいかわらずの関くんと横井さんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/01/30

アップルはインド市場重視へ

Iphone アップルは,最近のiPhoneの中国での売上げ増鈍化を考慮して,インドでの販売を強化するという報道がありました
 記事によると,インドではスマホの70%程度が150ドル未満の価格帯で,iPhoneに比べて非常に安い価格帯のスマホが売れていて,アップルのシェアは2%に満たないくらいだという事です。
 日本では売れているiPhone。インドには,日本人と同じくらいの年収を得ている人(インドではかなりの富裕層)が,現在でも日本の全人口と同じくらい居ると聞いた事があり,それらの人にiPhoneが売れる可能性が潜在的にあります。それを考えると,今現在のiPhoneのシェアが2%未満というのがちょっと意外です。
 その低いシェアが,販売店数などアップルのインド市場への力の入れ方が弱かった事によるものなのか,その他の要因があるのか?
 仕事上インド人とも付き合いがありますが,「機能が同じなら安い方がいいじゃないか」という,ステータスやブランド等にはこだわらない合理性がインド人には確かにあり,それがiPhone不振を生んでいるのかもしれません。それなら,ちょっとインドでのアップルの商売はしんどいかもしれないですね。
 そもそもインドでは,何のかんのいっても現在でもカーストが存在し,カーストが上の人はそれがステータスであり,持ち物等で「自分は上」である事を証明したり常時他人に示したりする必要がありません(名前でカーストがわかる)。また,「機能が同じなら安い方がいいじゃないか」という意識の裏返しとして,「日本製品は品質がいいから,高くても欲しいじゃないか」という意識につながり,日本製品に対して崇拝ともいえる信頼がある様です。まあ,学校教育でも教えられている歴史認識から,親日的な国民が多い事もベースにはあるのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/01/29

加藤実秋 「インディゴの夜 ロケットスカイ」

Indigo

 加藤実秋のインディゴの夜シリーズは,これまでもこのブログで紹介してきました
 「インディゴの夜 ロケットスカイ」はそのシリーズ第6作です。前の第5作「インディゴの夜 ブラックスローン」がシリーズ初の長編でしたが,この第6作では,また短編集に戻っています。
 短編4作品を収めていますが,全体を通じてオーナーのひとり,女性フリーライター高原晶が某出版社の編集長の座に誘われていることのもやもや,若手の台頭(短編2作目では,人質にとられてベテランホスト陣が動けず,若手が動いて事件を解決したことから,若手が妙に探偵業務に自信をつけている)による世代交代の雰囲気が感じられることなど,いろいろ事件意外に屈託があり,あまり爽快とはいかないのが残念といえば残念です。
 このシリーズは,時間経過を描くタイプの作品で,登場人物の屈託を描くこのような一巻があってもいいとは思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/01/28

ビットコインだけじゃない,ブロックチェーンの技術

Bit_coin ひところの熱狂に対してだいぶ落ち着いてきた感のあるビットコイン。このブログでも何回か書いたことがあります。
 ビットコインがなんであるかは,以前の記事を参照いただくとして,いまでも時々ビットコインの仕組みや有効性についての記事がネット上や新聞に載ったりします。
 ビットコインという言葉が日本で一般的に広まったのが,マウントゴックスというビットコイン換金ショップの盗難騒ぎ,それに続く詐欺騒動だったため,ビットコインには何かと悪いイメージも付きまといます。
 しかしそのビットコインの根幹を成すシステム,ブロックチェーンのシステムは,所有権の移転,お金でも(これが例えばビットコイン),車でも,株式でも,とにかく所有権移転のシステムとして使えるわけで,なにかと使い道が広い技術ですね。実際,さまざまな所有権の移転への応用が考えられているようです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/01/27

地下鉄日比谷線,銀座駅に煙が充満

Hibiyasen 1月26日午前6時50分頃,東京メトロ日比谷線銀座駅に煙が充満して,一時日比谷線全線が運転を取りやめ,その後9時過ぎまで,霞ケ関駅と東銀座駅間で運転を見合わせるという事件が起こりました。原因は,通気口の中にあったほこりなどが,投げ捨てられたタバコの火によって燃えたもので,テロなどではない様です。
 通勤時間ということで,ツイッターでは通勤に支障があった方々のツイートが挙っていました。
 この事件,私は東横線の駅の電光板で,「銀座駅発煙のため日比谷線運転見合わせ。東急線もダイヤ乱れ」の表示で知りました。
 日比谷線と東横線の相互乗り入れはなくなったのに何故?と思ったら,東急線というのは田園都市線の事だったのですね。
 日比谷線と田園都市線も関係なさそうなのですが,日比谷線が乗り入れている東武線が乱れ,その東武線に乗り入れている半蔵門線も乱れ,半蔵門線に乗り入れている田園都市線が乱れたということらしいです。
 東京の相互乗り入れは複雑ですね。それに,どこか一カ所で支障が起きると,それが各線に波及します。

(日比谷線に新しく導入される予定の13000系電車)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/01/26

25日も晴天だった

Blue_sky_ashinari さて,24日から25日朝にかけて,東京23区でも数センチの積雪という気象予報が確かにあったのです。
 しかしながら,25日の東京地方は朝から晴天。雲一つない晴天でした。
 そのかわり寒いのなんの。雪は振らなかったけれど,確かに寒波は来ている様です。奄美で115年ぶりに雪が振ったとか,沖縄で観測史上初めて雪(みぞれ)を観測したとか,そんな話題だけならいいのですが,九州をふくめて西日本は大雪になったところが多く,大変な事になっている様ですね。被災といってもいい様な目にあった方々に,お見舞い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/01/25

スキーバスのダンピングはなぜ?

Ski_bus 軽井沢の一般道で起こったスキーバス事故。15人の若い方々が亡くなった痛ましい事故でした。その原因として,曲がりくねった下り坂で,ブレーキの使い過ぎのためにブレーキが利かなくなったとか,トランスミッションがニュートラルに入っていたとか,大型に慣れていない運転手の運転ミスが指摘されています。
 一方,旅行社によるバス会社へのダンピング慣行も指摘されています。以前のバス事故に鑑みて国が設定した貸し切りバスの基準運賃を下回る例が3〜4割を占めているという事です。
 この慣行が今でもまかり通っているのがよくわかりません。外国人観光客の増加で,観光バスが足りないと,随分前から報道されていました。需給関係から言えば,値段はバス会社主導ではないのだろうか?
 先日入ったファミレスの隣席のお客さん.運輸関係のアルバイトと管理職らしい。管理職が最近の運送業事情についてアルバイトにレクチャー中。曰く・・・,

運ぶべき荷物はたくさんあるが,車がない。人手よりトラックが問題。
輸送費も上がっている。今朝相模原からどこそこ(忘れた)まで,去年と同じ4万円で運んでくれという電話があったが,今の相場では5万円。そもそも車がないから,断った。
車を増やそうという話はあるが,いつまで続くかわからないし,車を増やすまでいかない。運転手も増やさなければならないが,車はとにかく,人は簡単にやめさせる訳にはいかないから。
運賃が上がっているから,君の様な大学生を高級で雇えるんだよ(ここでニヤリ)。

 なぜ観光バスはトラックの様にならないのでしょうね? 「これから」バス会社の旅行会社に対する復讐がはじまるのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/01/24

24日は大寒波,積雪が予想される

Blue_sky アメリカ西部が大変な寒波に襲われている用ですね。「米首都ワシントンと隣接するメリーランド、バージニア両州当局は22日、「歴史的」(ワシントン・ポスト紙)大雪を見越し非常事態を宣言した。雪は22日午後から降り始め、政府機関は同日正午をもって閉鎖。バスは同夕から、地下鉄も同深夜からいずれも25日朝まで運行を停止する異例の措置を取った。(時事通信社)」という報道がありました。
 我が日本も,本日24日には歴史的な寒波に襲われ,西日本を中心として大雪が想定されています。四国などでは,3日分の食料を用意した方がいいさえ言われています。東京区部でも数センチの積雪が予想されていて,23日土曜日の東横線社内では,「明日は降雪のため,列車の運行に支障が生じる可能性があります」というアナウンスが流れました。
 先日は平日の朝に雪が積もり,電車が徐行運転し,本数も少なかったので,大混雑して通勤に影響しました。24日は日曜日で,通勤に影響される人はあまり多くないかもしれません。
 本日は,久しぶりに読書三昧といきましょうか・・・。このブログを書いている今は,深夜0時過ぎですが,日中雪が積もったら写真を撮ってアップします。それまで写真はなしと言う事で・・・。

<追 伸>
 さて本日,起きてみたら真っ白か,少なくともどんよりとした曇天かと思いきや,写真の様に晴天でした。遠く丹沢のやまやままで望める天気になりました。それでも,西日本は大変な天気になっているようですね。奄美大島には115年ぶりに雪が降ったとか。
 関東地方も,今夜から明朝にかけて雪が降るそうです。という事は,明日の月曜日,ちょうど一週間前,18日の降雪での通勤時交通混乱が再現されるのか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/01/23

PS4でVRを

Hakosuko 以前バーチャルリアリティー,映像が写るメガネをかけて映像を見る装置について,このブログで書いたことがあります
 その時,VRはパソコンと親和性が高いと書いたのですが,実際のところ,一般家庭の一般的なPCでは荷が重く,高性能のグラフィックボードを積んだPCでなければ満足に動かないという事があります。
 そこで思いつくハードがSONYのPS4です。高いグラフィック性能,ネットにもつながる,既に3600万台販売されているし,今持っていなくても用意に手に入れることができます。
 そう思っていたら,ソニーの平井一夫社長がアメリカで開かれていた家電見本市CESでのインタビューで,「2016年上期発売予定のPlayStation VR用に100以上のタイトルを投入すべく,約200人の開発者が携わっていると語った」という報道がありました。PlayStation VRというのは,SONYが開発を進めているVRヘッドセットです。
ゲームで基盤ができたら,映画視聴などもPS4でということで,PS4がVRのプラットホーム的なものになることも想像されます。
 過去にPS2でDVDを見ることができたため,DVD視聴が一般的に拡がったという事があります。PS3ではブルーレイ視聴が拡がっていって,それらの映像の視聴が一般的になっていきました。PS4でVRが一般的になるという事は,十分に考えられることだと思います。

(写真は,スマホと段ボールの箱で作ったVR装置,ハコスコ。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/01/22

新聞の発行部数減少

News_paper 新聞の凋落については,ここのところ折に触れて様々なメディアで取り上げられています。この記事では,1997年のピーク時から18年で950万部減ったと言及しています。
 これはおそらく紙の新聞の発行部数のみを集計しているのでしょうが,有料電子版についても部数を考慮しなければなりません。
 なぜか,書籍の売り上げ減の記事では,電子書籍を勘定にいれない,テレビの視聴率では,録画率を勘定に入れないという事で,都合のいいように数字を作っている感がぬぐえません。
 まあそれは置いておいて,この記事では,有料電子版が隆盛になって,電子版の料金が紙の新聞と同じであっても,電子版では広告料収入が入らないので経営が成り立たないと指摘しています。
 これは中途半端に,紙の新聞を残しておくからということはないのでしょうか? 紙の新聞の発行を止め,紙の材料費,印刷費,配送費がなくなれば,それは広告料がなくなっても成り立つという事はないのでしょうか?
 ネット上に情報があふれ,新聞は要らないというという意見が台頭した時期もありました。しかし,ネット上の情報は,速報性はあっても,信頼性や客観性に問題ある事が多い事が分かってきました。このブログでも以前その事に触れたことがあります(   )。そもそもニュースキュレーションサイトの記事は,新聞からの記事がほとんどです。その取材力はやはりぴか一で,新聞がなくなっていいわけがありません。
 これまでの紙の新聞にこだわらず,どこかの新聞社は改革して欲しいと思います。
 ところで,1997年が新聞発行のピークとは知りませんでした。新聞発行部数は,結構最近まで延びていたんですね。

(写真の新聞を読んでいるイメージは,フリー写真素材サイト「足成」より。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/01/21

UNIQLO,客離れ?

Uniqlo ネット上で,最近のユニクロの客離れについての記事を読みました。
 といっても,売上収益は前期比21%増の1兆6817億円,営業利益は26%増の1644億円と共に過去最高を記録しています。ただ営業利益が会社予想を350億円下回る事,売上高や営業利益も会社の見通しやアナリストの予測を大幅に下回ったため,株価が低迷しているという事がある様です。
 その原因として,上述の記事は,米国事業の不振と商品の値上げをあげています。円安故の値上げが,客離れの原因だとしています.
 ベーシックなものの多いユニクロの衣料は,常に一定の需要はありあます。それが安ければ,まだ着られるのに新しいのを買おうかという気にもなる。高くなれば,新しく買わずに古いので我慢する。
 おそらく,値上げ後の価格での需要に対して,供給過剰になっているのではないか? 今の価格に対する供給量というものがあるのだろうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/01/20

顔写真の報道

Photo 1月15日未明に軽井沢で起きた痛ましいスキーバスの事故で,犠牲者の方々の顔写真がいち早く公表されていますが,顔写真報道のあり方についての記事を読みました。
 この記事によると,あの写真はネット上にアップされていた写真を使ったものだったのですね。私は勝手に,記者が関係者を回って写真を集めている光景を想像していました。今回の事故の犠牲者は若者ですから,ネット上から集めるのも楽だったでしょう。
 場合によりますし,遺族をはじめとする関係者の気持ちを考える必要はありますが,私は基本的に顔写真を報道で出すことはそれほど違和感がありません。
 よほどの事がない限り,本人や周囲が考える程には,他人は報道での顔写真など後々まで覚えていないように思います。
 ただ逆に,ネット上にアップした自分の写真というものが,このような使われ方をするという事は覚えておいた方がいいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/01/19

南武支線の新駅「小田栄」駅,建設中

Odasakae_st1Odasakae_st2 知人から,JR南武線であたらしい駅の建設が進んでいると聞いたので,現地に行ってきました。
 川崎市川崎区小田栄,南武線と言っても南武線浜川崎支線の川崎新町駅 - 浜川崎駅間に誕生する予定の駅です。南武線としては東京都府中市本宿町に2009年3月14日に開業した西府駅以来の新駅です。
 敷地の都合で,相対式ホームが上りと下りで互い違いに配置される予定で,路面電車の停留所ではよくありますが,高速鉄道線では珍しい配置です。
 付近には,イトーヨーカ堂川崎店やホームセンターのコーナンなどの大規模なショッピングセンターがあり,また近年続々とマンションが建設され,人口が爆発的に増加している地域だと聞けば,新駅ができるのももっともだという気がするのですが,実際のところこの駅,それ程利便性が良くない様に思います。
 そもそも南武線本線ならばともかく,浜川崎支線というのは本線の尻手駅と浜川崎駅間4.1kmを二両編成の電車が往復する線区で,最寄りの中核駅である川崎駅に乗換無しに行く事もできません。川崎駅に行くには,尻手駅で本線に乗り換えるか,八丁畷駅で京急本線に乗り換える必要があります。しかも電車は1時間に1〜2本,ラッシュ時で3〜4本という少なさ。さらにしかも,新駅の場所には臨港バス小田踏切停留所があり,日中でも1時間に8本,ラッシュ時には16本の川崎駅行きバスが出ているのです。
 実際のところ,なぜここに駅を作ろうと思ったのか,きわめて疑問です。

(一番上の写真が,小田栄駅下りホーム,その下の写真が上りホーム。上りホームの手前にあるのが小田踏切。この踏切の傍に小田踏切バス停があり,川崎駅行きのバスが頻発している。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/01/18

インドネシア,ジャカルタで発生したテロ

 1月14日にインドネシアの首都ジャカルタで発生した同時多発テロは,ISが犯行への関与を主張する声明を出しました。といっても,中東のIS本体が出した訳ではなく,インドネシアのISシンバの声明らしいですね。
 国民の80%以上がイスラム教徒,その99%がスンニ派というインドネシア。
 ヨーロッパのようにイスラム教徒が少数派として差別されている訳でもない,中東のように2宗派が拮抗して宗派対立が深まっている訳でもない。そんなインドネシアでどうしてISシンパのインドネシア人がテロを起こすのか不思議だったのですが,結局穏健である事,世俗国家である事がいけないという事らしいですね。
 インドネシアでのテロに対して,「イスラム教徒が多いからテロの素地があるというのは間違いだ」とういう方もいるのですが,イスラム教徒であるにもかかわらず穏健である事や世俗的である事がテロの動機になるのならば,誤解を恐れずに言うと,「イスラム教徒が居ればテロの素地がある」といわざるを得ない様に思ってしまいます。
 穏健であってもテロが起こる。ヨーロッパのようにイスラム教徒が少なくてもテロが起こる。中東のようにイスラム教徒が多いと宗派対立でテロが起こる・・・。イスラム教に対して何も悪い感情を持っていない私でさえ,残念ながらそう思ってしまう。
 一般のイスラム教徒の方々には,迷惑な話ですね。
 そんな折,翌15日には,西アフリカのブルキナファソの首都のワガドゥグで,国連職員や欧米人がよく利用するホテルとレストランが襲撃を受け,少なくとも20人の死者が出ているというテロが発生しました。
 ヨーロッパ,アジア,アフリカ,もちろん9・11はアメリカで,世界各地でテロが頻発しています。グローバル化するイスラム絡みのテロ。第三次世界大戦が起こるとしたら,次は宗教を原因としたものかも・・・・・などと思ってしまう程です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/01/17

2015年国内家庭用ゲーム市場規模の速報

Game ビデオゲーム雑誌,ファミ通から,2014年12月29日~2015年12月27日を集計期間とした,国内家庭用ゲーム市場規模の速報が発表されました。
 それによると2015年の家庭用ゲーム市場は,ハードウェアが前年比91.5%の1300.5億円,ソフトウェアが84.3%の1909.1億円となり,どちらも前年実績を下回っています。
 それはそうでしょうね。ビデオゲームはここのところスマホゲーム市場にシフト,家庭用ゲームはコアなファン向けの高度なゲーム専用になっています。だから市場が縮小しなければむしろ変です。私が若い頃,今では完全にスマホに移ってしまったお手軽なゲームでさえ,据え置き型のゲーム機でプレイしていたわけで,それがスマホに分離されたわけですから,家庭用ゲーム機のゲーム全体に対するシェアは減って当然です。しかも現在のスマホでは,破壊裁判やドラゴンクエストのようなお手軽でないゲームさえできる様になっています。
 そう考えると,思ったよりも(スマホを除く)家庭用ゲーム市場の縮小は少ないと思いますね。おそらくビデオゲーム市場全体としては増えているという事の様ですね。
 このような記事を見たとき,ビデオゲーム全体が低調だと思う方がいるようですが,実際はそうではないようです。

(写真はフリー写真素材サイト「足成」より拝借しました。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/01/16

テクニクスブランドの新レコードプレーヤー

Sl10 近年,アナログレコード,LPやEPの黒いレコードが世界的に売れているという話があります。
 そのブームと呼んでもいい現象に対して,パナソニックが高級レコードプレーヤー発売を発表しました。以前の松下の音響機器ぶらんど,Technicsブランドによる発売です。
 このプレーヤーTechnics SL-1200,型番としては2008年のモデルが最終で,それから7年間新型が出ていなかったのですが,それが復活するという事です。
 しかしCD時代にあって,2008年までレコードプレーヤーが作られていたというのが,むしろ驚きです。
 我が家にもLPレコードがまだ残っています。レコード時代には,正にテクニクスのプレーヤーを持っていたのですが,既に廃棄してしまいました。EPレコードはさすがに全部廃棄しました。LPで残っているのはCD化されそうもなかったマイナーなレコードです。今ではCDでも聞くことができないものが多いのです。
 そんなこんなでちょっと食指が動く新SL-1200ですが,かなり高価になると予想されています(価格は未だ発表されていません)。まあそうでしょうね。昔と違って需要が少ないでしょうし,実際のところパナソニックのような大メーカーが発売するような製品ではないかもしれません。
 SL-1200は2モデルが,今夏から今年後半にかけて発売されるという事です。

(写真は,私が持っていたテクニクスのSL-10というレコードプレーヤー。1980年頃買ったもので,当時10万円くらいで,かなり高価な買い物でした。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/01/15

山王日枝神社に初詣

Hieshrine1 以前もこのブログで紹介した事がある東京赤坂の日枝神社に,初詣に行きました。以前行ったのは一昨年の4月。桜の時期でした。
 ここの祭神「大山咋神(おほやまくひのかみ)」は,山・水を司り,大地を支配して万物の成長発展・産業万般の生成化育を守護するという神様だそうです。1478年に太田道灌が江戸城を築城した時に勧請したという古社で,徳川家康が関東にやってきた時に現在位置に(当時は江戸城内だった)移し,江戸城の鎮守とした神社です。
 この神社の特徴は狛犬の代わりを猿が務めている事です。ここの神様の使いは,狛犬ではなく猿なのです。一昨年の4月は,知り合いの安産の祈願のためにここにお参りしたのですが,「猿」は子への愛情が強いことから,安産,子宝のご利益,そして夫婦円満が期待できるという事から,安産の神様として有名だったのですね。
 今年は申年。そのためもあってこの神社の初詣は大人気で,正月10日になっても,三連休の日曜日であった事もあって,境内はラッシュアワーのようなにぎわいでした。

Hieshrine2Hieshrine3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/01/14

相模原市で中学校のガラスが割られる

Window_glass 相模原市の小山中学校というところで,作業室のガラス3枚が割られていて,校舎外壁など5箇所にも落書きがあったという記事を読みました。
 去年12月25日,1月4日,1月10日の3回にわたってガラスが割られていたという事です。警察で捜査中ですが,まだ犯人は分かっていません。
 この記事を読んで,年始にテレビでやっていた池上彰さんの番組の中で,若者の変遷について解説されていたのを思い出しました。
 曰く・・・,

(1)詰め込み教育→(2)落ちこぼれ→(3)校内暴力・暴走族・ガラス割り→(4)それらの抑制策で下火に→(5)いじめの激化→(6)いじめ対策として教師の干渉→(7)引きこもりの激化→(8)ゆとり教育→(9)ゆとりの弊害→(10)詰め込み復活→(1)ガラス割りに戻る

 現在は(10)の詰め込み教育が復活しつつあり,番組では(2)から(3)へ進むのではないかと言っていましたが,まさにそんな時にこの事件が起こりました。
 未だ犯人が分かっておらず,中高生がやったことなのかどうかわかりませんが,いずれにしろ若者がやった事であるのは確かだろうと思います(20過ぎの大人がやったとしたら,あまりにも痛いwww)。あまりにもテンプレどおり,あまりにも分かりやすい行動で,「分かり安すぎるぞ中高生」と思ってしまいます。
 しかし3回もというのが気になります。このように執拗に行うという事は,「自分のことを気づいてくれ」というメッセージがこめられているようにも思われるからです。

(写真は事件と関係ありません。フリー写真素材サイト,足成より拝借しました。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/01/13

バーチャルリアリティー

Vr ネット上にVR(バーチャルリアリティー)の記事がありました。結局期待外れに終わった3Dテレビと関連付けた記事です。
 3Dは過去に何回かブームがあり,そのたびにポシャッてきました。最近の3Dブームでは,テレビでは廃れたていますが見世物としての映画では現役です。わたしは,ながら見の多いテレビでは,注視する必要のある3Dは習慣的に言って広まらないだろうと思っていました。ずいぶん前にこのブログでも,映画はともかくテレビでは厳しいのではないかと書いたことがあります。3Dも,そもそも注視するものである映画では生きています。
 一方VRは,個人で注視するものであるパソコンとも親和性が良く,パソコンの周辺装置という感覚である程度普及するのではないかと思っています。個人視聴ツールとしては。
 まあVRも,結構古い技術ではあるんですけれどもね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/01/12

ベーシックインカム

Basic_income ネット上で,ベーシックインカムについての記事を読みました。
 ベーシックインカムについては,日本では公務員削減による社会コストの低減や効率化の側面ばかりが強調されていて,私などはベーシックインカムと聞くと,まずそれを思い浮かべてしまいます。
 しかし国民の側に立って見ると,ベーシックインカムには,経済学者は労働とみなさないが,社会を回していくために必要な,家事,育児,地域のために汗を流すなど,現在対価が支払われていないか非常に安い対価しか得られない仕事の対価を支払うという側面もあるとのことです。社会や地域のための時間を割く人々は,そうした仕事に時間を割かない,比較的高い収入を得ている人々と比べた場合,社会保障の面,賃貸住宅への入居,住宅購入時のローン審査など,生活の多くの側面で不利益を被りがちですが,ベーシックインカムはそれに対する保証という側面があるわけですね。
 ただ,ベーシックインカムは全員に同じだけのお金を支払って,「あとはよしなに」という制度であり,なにかというとお上に頼ろうとする人の多い日本で(いわゆる意識の高くない人?),違和感なく実施できるのか,疑問に思っています。
日本での実施には,多くの人の意識改革が必要でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/01/11

サウジアラビアとイランの対立

Middle_east ISの存在,アラブの春による民主化の副作用による政情不安などでいい加減不安定感の増している中東地域。ここへ来てさらにサウジアラビアとイランの間の緊張感系が生じました。1月2日にサウジアラビアが,国内の王政に批判的な活動をした47人を過激派の一掃と称して処刑し,その中にイスラム教シーア派の有力な指導者ニムル師が含まれて居た事に端を発しています。これにイスラム教シーア派最大国家のイランが反発,イスラム教スンニ派最大国家であるサウジと対立しました。サウジは否定していますが,その後もイラクの大使館をサウジが空爆するなど,対立は深まっています。
 こうして見ると,イスラム教内の宗派対立の様に見えますが,決してそれだけではないという記事を読みました。エジプト出身のタレント,フィフィのブログ記事です。彼女はテレビのバラエティでも見かけるタレントですが,過去にもエジプトのクーデターやISILによる日本人拘束事件など,中東がらみの事件に対して発言しています。
 この記事によると,今回の緊張関係の要因としては・・・・・,

1.イランの成長。経済制裁下にあっても成長していたイランが,アメリカとの核協定に合意し,石油輸出も再会されると思われ,さらに勢いを増す。
2.イランの石油輸出がはじまれば,世界の石油需給事情が改善して原油安が見込まれ,同じ産油国,ほとんど国の経済を石油に頼っているサウジには痛手。
3.現在でもサウジ経済は最悪で,原油安のために赤字経済を余儀なくされている。
4.サウジ国内ではプチアラブの春が起こっており,王制に反対する勢力の活動が活発化。サウジ王制側としては,国民の世論を対海外(対イラン)に向ける必要がある。国内だけではなく,イエメンには反王制過激派がおり,サウジ王制はこれに手を焼いている。

・・・・・などなど,単なる宗派対立ではなく,サウジがイランと対立する様々な要因がある様です。また,私などは中東各国というと,サウジもイランもアラブの国というイメージしかないのですが,フィフィさんのこの記事の中には,実際はサウジがアラブ人,イランはペルシャ語を話すペルシャ人の国であるという指摘があります。どうも人種的な対立も見え隠れするのが,サウジ対イランの対立なのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/01/10

ポータルサイトのニュース

Google_news グーグル,ヤフーなどのポータルサイトでは,新聞社や放送局,通信社などから提供されたニュースを閲覧できます。
 このニュースの見せ方には,2通りあるようです。ヤフーニュースはヤフーのサイト内で完結し,そのオリジナルのサイトへ飛ぶ事はありません。グーグルニュースは,記事の最初の部分のみグーグルのサイトで見る事ができ,それをクリックするとオリジナルのサイトへ飛んでいきます。
 見る側にとってはどちらも同じですが,事業者にとっては違いがあります。オリジナルサイトの広告を見るかどうかという事です。新聞社や通信社等のオリジナルサイトの広告を見る事にならないならば,オリジナルサイトの広告閲覧数に関係し,広告料に関係してきます。
 新聞社なり通信社なりは,自社の頁に張った広告を見せる事ができるかどうかが問題です。グーグルの方が,その点上手くやっているという事なのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/01/09

いつか日本も通った道~中国の海外旅行事情

Travel ネット上で,「爆買いしない中国人が増加している」という記事を見かけました。
 パックツアーで日本に爆買いしにやってくる中国人の,さらに上のクラスの金持ちで,仕事で高額の報酬を得ているからこそ日本に来てまで中国人に遭いたくないという層です。この人たちは,パックツアーでやってくる中国人達の,静かな京都の街を声高に喋りながら通っていく様を苦々しく思い,ますますその思いを強くする人たちです。
 日本の高度成長期,同じような状況がありました。その頃,猫も杓子もパックツアーで海外に出かける時代で,パリなどでは現地のみやげ物屋が日本人を見ると「農協さん?」と声をかけていた時代です。海外に行ってまで日本人に遭いたくないというので,パリやハワイやサンフランシスコは敬遠していたという人たちがいた時代でした。
 今の中国の海外旅行事情も,いつか日本が通った道という事ですね。今日本では,完全なパックツアーもある事はありますが,私のような庶民でも,目的国までは個人ツアーで,その国に不案内な場合は,現地でツアーを選んで参加するというのが主流になっているようです。
 中国も将来,次第にそうなっていくのでしょうか?

(口絵は,フリー写真素材サイト「足成」にて「海外旅行」で検索して出て来た写真。空港の写真ですかね?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/01/08

雪の無い長野は・・・・・

New_years 長野市のカミさんの実家から帰ってきました。
 長野市の正月は,雪のある年とない年があるのですが,今年は特に暖かく,夜の間降って早朝2~3センチ積もっていた雪が日中のよい天気で解けてなくなってしまいます。雪の無い冬も,天気が悪く洗濯物が乾きにくいのが普通なのに,今年は日中の天気がよく,洗濯物が乾くとカミさんがびっくりしていました。
 長野でタクシーに乗っても,運転手さんとお天気談義。雪の無い事が商売にいろいろ影響しているようです。
 まず予想できるように,山の上の方しか雪が積もっていないので,麓に近いスキー場が全滅。新幹線ではスキー目当てと思われる外国人客も多いのに,残念な次第です。
 運転手さんの話では,さらにタイヤも売れないのだとか。雪があれば,だいぶ磨り減っているからとスノータイヤを買い換えようという気にもなるのに,雪が無いので「まあいいか」ということになって売れない。雪が無く,事故が少ないのはいいとして,車の修理屋さんもあがったりだとか。雪が積もっていれば,老人を中心として外出はタクシーでということになるのに,それもなくタクシーもあがったりとのこと。
 思いもしない影響が出るものですね。

(写真は長野市善光寺の山門です。雪のない初詣風景ですが,数年前の写真で,今年のものではありません。今年はスマホの電池切れで,撮影できなかったのです。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/01/07

米司法省がVWのディーゼル車排ガス不正に対して民事訴訟を起こした

Vw フォルクスワーゲン社による,アメリカでのディーゼル車排ガス不正に対し,米政府(環境保護局(EPA)の代理として司法省)が民事訴訟を起こしました。この事はメディア各社が報じています。その制裁金の総額については,米司法省は明らかにしていませんが,予想として各社が金額をだしています。しかし報道各社金額がまちまちです。
 AFP通信社は200億ドル(2兆円)超,ロイター通信は数十億ドル(数千億円),日本テレビはアメリカのメディアの話として10兆円に上ると報じています。メディアによって桁が違うのです。
 まあ,金額については,まだ推測の域を出ないという事でしょうね。何れにしても巨額です。

(写真は,ミニカーです。サークルKサンクスのTwitterより。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/01/06

まだ松の内

Matsukazari 未だ松の内だという事で,正月飾りがそのままになっています。
 松の内というのは現代では7日までというのが普通だと思いますが,地方によっては10日とか15日という場合もあるようです。
 まあウチはたぶん,7日に取り去ってしまうものと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/01/05

加藤実秋の「インディゴの夜 ブラックスローン」

Black

 以前紹介した事がある加藤実秋の「インディゴの夜」シリーズ。
 大手出版社の男性編集者と女性フリーライターが「クラブみたいなハコで,DJやダンサーみたいな男の子が接客してくれるホストクラブがあればいいのに」というアイデアから始めた裏稼業,Club Indigo。渋谷で開業したホストクラブです。
 ここのホストが関係した数々の事件を,ホスト達や二人のオーナーが解決していきます。これまでの4作は全て短編集ですが,この第5作「ブラックスローン」は初めての長編。しかしそれは短編と同じ乗りで展開していきます。
 Club Indigoの常連客の女性が殺されました。その女性が持っていたメモには,Club Indigoのホスト達の名前と¥のついた数字。ホスト達が殺された女性と金銭的につながりがあったと疑われます。そこで,身に覚えのないホスト達と二人のオーナーの活動が始まります。
 このメモの謎は,すぐに明らかになります。長編ならばもう少し種明かしを引っ張ってもいい様に思いますが,作者はメモの謎はほんの事件のきっかけにすぎないという考えなのでしょう。実はこの女性は,ネット上のバーチャルシティ系のゲームで,現実のClub Indigoをお手本としたバーチャルのホストクラブ,その名もClub Indigoというホストクラブを開いていたのです。このメモはそのバーチャルシティーで通用するお金で,各ホストの売上げが記載してあったのです。
 作品は最後まで短編と同じ乗りで進み,解決します。長編という事で,ちょっと構えていたのですが,全く短編と同じ感じでした。最後は大立ち回りの末殺人犯を追いつめます。サラダ油を撒きライターで火をつけると脅す犯人。オーナー二人は手出しできませんが,若いホストはスマホ検索でサラダ油は火がつきにくい事を突き止め,ビビることなく犯人を捕らえます。バーチャルの世界が絡む事件で,ホストや渋谷署の早乙女刑事など,若手が活躍するミステリーでした。
 このシリーズ,第6作「ロケットスカイ」が最新作です。2015年5月に出版されました。第6作では,再び短編集に戻っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/01/04

これが本当の初詣

Shrine 1月2日に,川崎大師の初詣モドキの記事をアップしました(本当は31日に行ったのです)。
 3日になって,近所の神社(氏神様)にお参りに行きました。
 年末にテレビで見たお参り方法,二拝,二拍手の前に願い事,二拍手,二礼を実行しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/01/03

パーラーローレルのケーキ

 これは新年に食べたものではありませんが,ケーキを紹介します。
 東京世田谷区九品仏の「パーラーローレル」のケーキです。
 ここのケーキは以前も紹介した事があります。もう三年前二なります。
 この中で,緑色の三日月形のものとチョコレート色の細長いものは今回も入っています。緑色のケーキは,抹茶にあらず,ピスタチオです。3年前,「高いケーキで緑色のならば,それは抹茶ではなくピスタチオ」だと娘に言われた事を思い出しました。
 ここのケーキは見た目が面白いものが多い。ここはとにかく写真をみていただきましょう。もちろん,食べても美味しいです。

(写真をクリックすると拡大します。)

Laurel1_2Laurel2_4

Laurel3Laurel4Laurel5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/01/02

初詣は川崎大師へ?

Daishi1Daishi2Daishi3 川崎大師へ行ってきました。
 でも露店は準備中,境内はそれなりに人が居ますが,300万人の参拝者が訪れる川崎大師はの初詣は,本来こんなのどかなものではありません。
 訪れたのは31日。新年になると,とんでもない人の波になります。そのために,結構暮れにお参りを住ませる方々も居て,結構人が出ていたし,川崎大師駅の乗降客も,結構いました。
 川崎大師駅前で食べた開運蕎麦の写真もどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/01/01

2016年 1月1日

New_year

 あけましておめでとうございます。

             −−−−− 2016年 元旦 −

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »