« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016/03/31

乙武さん,選挙出馬を断念

Ototake 乙武さん,選挙に出るのをやめるらしいですね。
 私としてはちょっと残念。これで得をする人もいることでしょう。
 下半身の事でのスキャンダルというのは,その人の才能とは関係ないんですがね。好漢色を好むとか,清濁併せ持つとか,そんな言葉も今は昔でしょうか。
 ところで,NewsPicksという経済関係のニュースキュレーションサイトがあります。経済関係とはいえ,経済にはあらゆることが関係するわけで,金融はもとより,世界情勢,コンピュータシステム,様々なスキャンダル(株価に影響する事がありますからね),サイゼリアのメニューのことまで記事が載り,それに会員がコメントをつけています。会員は高校生,大学生から大学の先生,各界で活躍している専門家の方々,経済関係の著名人まで様々な方がいます。
 このニュースピックスでも乙武さんが選挙に出るのを断念したというニュースが報じられ,それに対して「残念」というコメントが並んでいます。
 一方,ある方がニュースピックスのコメント欄に2cHのコメントリンクを貼付けて,「擁護するニュースピックス民,非難する2ch民」というコメントを寄せておられました。私はやけに納得してしまいましたwww。

(写真は,アマゾン書店のホームページより。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/30

川崎中一殺人事件,二人目の加害者の刑が確定

Genba_2 昨年2月に起こった川崎市の多摩川河川敷における中学一年生が刺殺された事件,その2人目の加害者の裁判は3月14日に結審し,4年以上6年半以下の懲役が申し渡されていましたが,控訴期限の3月28日までに被告側,検察側双方が控訴せず,被告少年の刑が確定しました。
 この被告少年は,加害者側3人のうちで最も被害者少年と親しく,被害者少年の死を最も悲しんでいたといいます。中一少年が殺害された現場の河原には,現在でも毎月命日の20日になると,かつての中学の同級生や近所の人々が花を供えにやってくるそうです。
 被告少年は,犯行当時,母親のアメリカ人との再婚話が持ち上がり,アメリカへの移住の話などもあって心理的に不安定だったとも言われています。主犯である18歳の少年と同じく,別の事件で保護観察中の身であり,主犯少年との接触を禁止されていた最中の犯行でした。
 裁判では被告少年側は,家庭裁判所へ差し戻し,少年院での更正を申し立てていましたが,刑務所での懲役に決まりました。
 最後の三人目の加害者,18歳の少年の裁判は,5月19日からおこなわれることに決定しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/29

ヒトラーは間違っていないと言う人工知能,実験中止に

Artifi マイクロソフトは,自社のインターネット上で一般人らと会話をしながら発達する人工知能「Tay(テイ)」の実験を中止したと発表しました。
 3月23日にツイッター上に登場した人工知能で,ツイッターで他人と会話しながら知識を獲得するようになっていたらしいですが,24にはもう実験中止になってしまいました。
 テイは不適切な受け答えを教え込まれたため,「ヒトラーは間違っていない」といった発言をするようになったためだといいます。
 当時のドイツ国民も,そんな風に教え込まれたんですかね?
 まあできたばかりの人工知能じゃあ無理はない。人間だってそうだったんだから。
 人間も人工知能も,教育次第・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/28

アリババ,年間取引額でウォルマートを越えて世界一の流通企業に

Alibaba 中国の通販企業アリババの年間取引額が3兆元(約51兆円)を突破し,アメリカのウォルマートを越えて世界一の流通企業になったという報道がありました
 はじめこの記事のタイトルを,「アリババはウォルマートを越え,世界一流企業へ」と読んだものだから,「えっ」と思いましたが,違ったんですねwww。
 アリババが世界に打って出るという話は以前からあるのですが,世界の一流企業になるのは容易ではないでしょう。
 アリババは,通販業者を信用できない消費者と,消費者を信用できない通販業者の間を取り持ち,まがりなりにも中国でネットを使った通信販売を可能にした独特の信用担保システムを作り上げたことから,中国国内でのし上がってきた企業です。
 アマゾンや楽天やZOZOをはじめ,通常の通販が可能な他の国では,そんな独特のシステムは必要なく,だから世界に打って出てもone of themとなって成功は難しいでしょう。
それが中国国内だけで年間取引額がウォルマートを越えたのだから,中国の人口パワー恐るべしという事ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/27

南武線に小田栄駅開業

Oda_busstop_2 北海道新幹線が開通した昨日,南武線浜川崎支線に小田栄駅が開業しました。
 この駅の開業に付いては,既に何回か書いているので,今回は特に何か書く事も無くwww,写真だけ上げておきましょう。写真をクリックすると,多少拡大します。
 バスの停留所は,前からある臨港バスの「小田踏切」停留所。「小田栄駅前」とでも変更されるのかと思えば,変わらない様です。バス時刻表で,本数の多さは分かるでしょう。全て川崎駅行きのバスです。

Odasakae_open1_2Odasakae_open2Odasakae_open3Odasakae_open4Odasakae_open5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/26

北海道新幹線の開業日に・・・

Hokkaido 今日3月26日は以前北海道新幹線の開業日。そんな晴れの日になんですが,以前このブログで「北海道新幹線の憂鬱」という記事を書いた事がありました
 そんな中,ネット上で「北海道新幹線は失敗するという見方は間違っている」という記事をみつけました
 九州新幹線も,東京からは時間がかかるが,対東京ではなく,途中の地域内の移動に使われ,成功しているではないか,旅行好きの北海道の人々が東北へ出かけるのに使われる・・・という趣旨の記事です。
 こんな風に要約してしまうと,「本気で言っているの?」という感覚が漂ってしまいます。
 鉄な私としては大変残念な事ですが,以前このブログにも書いたように,当面北海道新幹線はやはり失敗すると思います。
 函館市内に駅を置かなかったことから,4時間という時間的にいってかろうじて東京からの旅客を鉄道に誘致できる函館観光でさえも,飛行機の方が便利になってしまった。15年後に札幌までつながっても,東京から5時間以上かかるのであれば,まず鉄道は使わない。
 成功した北陸新幹線でも,東京と富山・金沢の往復を除けば,乗降客数は成功とは言いがたい程度。
 成功している九州新幹線にしても,新大阪-博多が2時間半,新大阪-鹿児島中央は4時間強。東京から九州は遠くても,大都市大阪の存在を侮ってはいけません。
 これが札幌の先,富良野,旭川,空知,網走などへも新幹線が延びれば,首都圏からやって来た観光客が函館から道東へ足を伸ばすなど,道内を新幹線で回らないとも限らないが,そうなるとしても100年後になってしまうのではないか?
 もちろん,鉄な私としては,私の予想が外れる事をね願っていますが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/25

知り合いの方の介護経験(2)

Old2 <(1)からの続き
 さて,介護される父母はどう思っているのだろうかと思います。
 聞いてみると,この方の父親は90歳を越えても頭はしっかりしているものの,足腰がめっきり弱くなり,立ち居振る舞いが出来ない事はないものの,かなり困難だという事です。別にぼけているわけではないようですが,お手洗いに行こうとして遅くなり,漏らしてしまうことがあるというので,尿パッドをしています。
 母親の方は数ヶ月前に転んで骨折し,両足に金属棒を入れる手術を行い,この3月中に病院から家庭に帰ってくることになっています。医師からは,次に転んだら足ではなく背骨をやられて,寝たきりになると医師から言われているそうです。リハビリの成果で,家の中くらいなら杖を突いて歩く事ができるようです。しかし膝が90度から小さくは曲がらないそうです。椅子に座って立ち上がるのに大変だという事です。
 そうなってくると,家の中でさえ補助が必要で,しかも24時間にわたって人手が必要ではないかという事になります。時々ヘルパーが立ち寄るのでは駄目で,通常は介護施設に入るという事になるでしょう。しかしながらこの老人達は自分の家で暮らしたい,介護施設には入りたくないといっているそうです。
 まあ一般的に,初め老人達はそう主張するという事はよく聞きます。デイケア施設へ行くことも嫌がり,一度行って見たらその後楽しく通うというケースも聞いたことがあります。
 私の周囲では,自分から施設に入るとして自分で施設を探し,熱海の温泉付き施設に引越した方がいます。一度お寄りくださいとご招待も受けています。そのような意識の方は,近所に住んでおられたときからいろいろ相談に乗っていただいたりした人格者で,ある程度お金持ちです。普通の老人ではそうはいかないという事でしょう。
 さて話を姉妹の父母に戻しましょう。この父母は本心はともかく娘達には,今住んでいる家で二人だけでやっていくといっているそうです。しかし回りはそうは思えないし,医師からも24時間の介護が望ましいといわれています。
 姉妹の母親が転んで怪我をして入院している数ヶ月間,娘二人が色々な軋轢をかかえながら交代で長野へ来て,24時間体制で父親を見ていたという意識がこの父母にあるのは否めないでしょう。上のように二人でやっていくと口では言っておきながら,これからもいざとなれば同じ体制で娘達に面倒を見てもらえるという意識が多少なりともある事は確かだといいます。
 それでは父母と姉妹はこれからの介護について何らかの相談をしたのかと言うと,していないというのです。
 周囲としては,それはないだろうと思うわけです。妹の仕事の関係,姉妹の家族の関係,今までと同じように未来永劫同じ体制で面倒を見るのは無理である事,だから施設に入る必要がある事など,相談してはいないといいます。一つには,話を持ちかけたところで,上のような「二人でやっていける」という意識の老人では,父母が施設に入る事はないだろうという見込みがあるようです。
 しかし何も言わなければ,いつまで経っても状況は変わりません。姉妹二人で気をもみながら未来永劫今の状態を続けていくしかありません。
 妹さんの周囲の私たちは,少なくともまず立場を説明する事は必要だろうと言っています。まあ実際にすんなり施設に入るかどうかは,上述のご近所のご夫婦のような,熱海の施設に引っ越した意識の高い老人でなければ難しいのでしょうが・・・。

<続 く>
(写真は,フリー写真素材サイト「足成」より。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/24

知り合いの方の介護経験(1)

Old1 知り合いの方が90歳を越えた父母の介護に入っておられる。その様子を,私を含めて周囲の者が聞いており,ご本人の了解を得た上で介護で起きている問題について紹介したいと思います。介護については,私の周りでもたくさんの方が今正に経験しておられ,われわれもそんな時期,父母の介護に携わる時期になったという事を実感します。
 このブログでも何回かほんのりと登場させていただいた補聴器専門店に勤める50代の女性です。この方は横浜に住んでいて,ウチのカミさんと同じ長野県に実家があり,その父母は長野市に住んでいる。同じ横浜に住む姉が一人居て,この姉と一緒に介護に携わっているそうです。
 介護の大変さというのは,介護自身ではなく,その周りとの軋轢だという事は,介護経験のある知人達から聞いています。ある方は,介護対象の父親ではなく,母親との関係の悪化に悩んでおられる。ある方は兄弟姉妹との関係に悩んでおられる。ある方は会社(仕事)との関係に悩んでおられる。この方も介護の大変さは,姉との関係だといいます。
 聞くと,姉は企業などの自己啓発セミナーの講師をやっており,事務所に所属してその事務所から仕事を貰って地方に行って講師をやっているらしい。
 この姉さんはかなり調子がいい人物らしい。3月は全部私が見るからといっておきながら,「この期間はあなたがでられない?」などというのは日常茶飯事。言った通りになったためしがないらしい。
 妹さんは,補聴器専門店を1軒任されており,認定技能士の資格をもっている。彼女が居ない間は,補助の人を入ることができるが,結局電話の受け答えしかできず,補聴器の説明,販売,調整はこの方しかできない。だから補助の人が店に出ても,この方の居る日に予約を入れる事しかできない。
 一方姉さんは,事務所から「この日は入れるか?」と連絡を受け,かなり自由にそれを断ることができる。
 それならば,介護日程の主体は妹さんが決めるべきだと思うわけですが,姉は「○日は長野にいけそうもないから,あなたが出て」などというらしい。予定を変更すると他人に迷惑のかかる妹さんを差し置いて,日程は姉さん主導で決まるというのがそもそもおかしいと,われわれ周囲の人間は客観的に考えます。
 この姉さんは自分が仕事で出られなくなったので妹さんに長野へ行けという時,妹さんが「お客さんの老人達の予約変更など,連絡や調整が必要だから即答できない」と言うと,「そんなのは会社が心配することで,あなたは会社に休みますといえばいいのよ」と言うそうです。姉妹の叔母に当たる方も横浜に住んでおられ,私も面識があるのですが,「あの人(姉さん)は,まともに仕事もしたこともないし,講師をする何の資格も持っていないのに,あんな仕事をしていいのかしら?」といっておられたことがあります。おそらくこの姉さんは,店一軒任されるような責任ある立場になったことがないのだと思います。
 しかしこの姉さんは,長野へ行く日数は妹さんよりさすがに一月に5日程度多いようです。まあ仕事の質を考えれば,そういう事になるのかもしれません。

続  く
(写真は,フィリー写真素材サイト「足成」より。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/23

外国人観光客が感じた2大不満

London 外国人観光客が感じた二大不満という記事がネット上にありました
 要するにそれは,観光施設などで英語が通じない事と駅構内や観光スポットで公共無料Wi-Fが無い事だという事です。
 日本人にとっても,無料Wi-Fiの少なさについては不満があります。
 しかしそれが日本特有かというと,どうもそうでもないような気がします。以前行ったイギリス旅行でのWi-Fi状況は,日本と同じくらいという印象しかありません。ホテルを除けば,通じたのはヒースローエクスプレスの列車内くらい。
 言葉については日本語がもちろん通じない。その通じなさ加減といえば,イギリスでの日本語は日本での英語よりも通じないのです。観光客にとって条件は全く変わらないwww。
 文化の異なる国へ行けば,多少の不便はどこも同じ。仕事をしに行くんじゃないんだから,要はそこでどのくらい楽しめるかです。
 私の生涯最初の海外旅行といえば,会社に入ってすぐに出張に行った韓国でした。韓国では言葉が通じないのはもちろん,文字もハングルであり,全く読めません。その読めなさ加減といったら,トルコへ行って単語が全く判らない事の比ではありません。トルコはそれでも表記はアルファベットであり,見える文字には親しみがあります。しかし韓国はその後に行ったどの国よりも「異国」を感じさせてくれて,海外旅行中である事を楽しむ事ができました。
 それでも,日本のWi-Fiについては,英国と同じだなどとあぐらをかいているのではなくて,「公共無料Wi-Fi設備」については英国の先に行ってほしいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/22

小田栄駅開業で,ダイヤ改正

Odasakae 以前このブログで紹介した,JR南武線浜川崎支線の新駅,「小田栄」駅の開業(3月26日)まで,あと一週間を切っています。写真は3月21日の様子。何しろ無人駅ですから,入り口と階段とホームと自動改札があればいいというわけで,簡単なものです。
 上の冒頭にリンクを貼った前の記事では,ラッシュ時でも1時間に3〜4本と書いたのですが,この駅の開業に合わせて,1時間5本程度に増強されるらしいですね。まあ通勤なら,毎日決まった時間に電車に乗る人も多く,列車の時間に合わせて・・・と言う事も容易かもしれません
 しかし,東京,横浜はもとより,川崎駅にさえ直結せず,一方で小田栄駅前を通る川崎駅行きのバスがラッシュ時16本,日中でも8本運転されている事を考えると,厳しさはあまり変わらないでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/21

京王線で,クロスシートの座席指定通勤ライナー

5000 京王電鉄が京王線で,新造するクロスシート車,新5000系により座席指定通勤列車を夜間帰宅時の下り列車として走らせることを発表しました。
 この5000系は,東武東上線で走っているTJライナーと同様,座席を回転させることによって二人がけのクロスシートと六人がけのロングシートの両方に対応できる車両だという事です。
 このようなコンセプトの着席通勤ライナーは,中京圏では名鉄が長年実施していますが,東京圏では混雑が激しく,スジの設定が困難で,なかなか実現しませんでした。
 西武鉄道でも計画されているとの事で,これからは増えてきそうですね。
 そういえば,着席できる通勤用の列車としては,JRのホームライナー,京急のウイング号が,特急用のクロスシート車を使って,1990年代から運転されています。
 この京王線の座席指定通勤ライナーは,2年後に実現するそうでうす。

(写真は京王電鉄のプレスリリースより。新5000系のイメージ図。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/20

NHKの「ためしてガッテン」が改変

Gatten NHK総合テレビの生活情報番組「ためしてガッテン」が3月16日放送分でいったん最終回を迎えました。4月からは時刻を変更し「ガッテン!」として再開されます。
 それで驚愕したのは,これまで長年レギュラーとして出演して来た山瀬まみさんが番組を卒業してしまうと発表された事です。ネット上には「まみロス」という報道もなされています。これはいったいどういう事でしょう。政府からの圧力でしょうかwww。
 山瀬まみさんは,よく「○年前の回では,○○だった」などと発言し,「ためしてガッテン」の生き字引だったのに・・・。長年おつかれさまでした。
 ところで,立川志の輔と小野文恵アナは引き続き4月からも司会として登場するらしく,「立川志の輔&小野文恵ロス」は無い様です。よかった・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/19

自炊の禁止?

Jisui 本を裁断してスキャナーで読み込んで電子書籍化する「自炊」。これを本を買った者が自分自身で行うのは問題ないが,お金を取って自炊を代行するのは著作権法違反。
 長らくグレーだった自炊業者に対して,最高裁が判断を示しました。
 作家の告発によって始まった「自炊業者」裁判は,1審と2審では,業務として有料で行った行為で「著作権の侵害にあたるおそれがある」としたうえで,業者は作家からの警告に回答せず、行為を止める必要があるとして,東野圭吾など原告7人の作品について,「自炊」代行の禁止を命じました。これに不服として業者側が上告していましたが,最高裁は3月17日にそれを退ける決定を下し,裁判が確定しました。
 業者による自炊自体が違法と判断されたのではなく,「著作権の侵害にあたるおそれがある」というあいまいなもので,かつ「業者は作家からの警告に回答せず、行為を止める必要がある」として原告作家7人の自炊行為をとりあえず禁止するもので,全て自炊業者が違法というわけでもありません。
 自炊業者に自炊代行は,まだグレーが続くようです。

(上の写真は,フリー写真素材サイト足成で,「自炊」で検索した結果出て来た写真です。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/18

Kindle版の週刊文春を初めて買いました

Sentence_spring 最近特だねを連発し,話題のセンテンス・スプリング「週刊文春」。
 その編集長へのインタビューがネット上に載っていました
 そのインタビューで編集長は,「『紙の時代は終わった』は、売れないことの言い訳」「本当に面白いコンテンツであれば、紙であろうがデジタルであろうが売れる」と言っており,最近立て続けに完売号が出た週刊文春編集長の面目躍如といったところなのですが,私も最近,初めて週刊文春のKindle版(電子書籍版)を買いました。
 どの記事がお目当てだったかは秘密です。紙版の週刊文春は400円ですが,Kindle版は350円。50円紙より安いのも初めて知りました。ただ,電子データになっている電子書籍版では,コピー拡散の心配からでしょうか,一部写真が載っていない事もある様です。

(写真は,アマゾン書店のホームページより。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/17

家を買ってはいけない?

Ie 「一戸建てか賃貸か?」という論争は永遠のテーマであり,ネット上にたくさん話題として上がっているのですが,「家なんて200%買ってはいけない!」という書籍の紹介記事がネット上にありました
 家は資産価値ゼロ,賃貸より多額の負担がかかるという訳です。
 しかし,人は経済合理性だけで行動するわけではありません。
 そもそも,その家に住むのならば,家を資産だなんて認識していません。
 土地持ち,一戸建て持ちは,一種のブランドです。そのブランドに価値を認めるかどうかは,その人の趣味の問題で,真面目な顔をして経済合理性など持ち出すのは違和感ありまくりですがね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/16

川崎中一殺人事件,二人目の加害者裁判結審

Kawasaki_case 約1年前,昨年2月に起こった川崎市の多摩川河川敷における中学一年生が刺殺された事件,その2人目の加害者の裁判が結審しました。
 事件の加害者3人のうち,被告は殺害された少年と最も親しく,少年から連絡があったときに被害者少年をスマホで呼び出した17歳(現在18歳)の少年です。
 主犯の18歳(犯行当時)少年にカッターを突きつけられ「やらないとお前も殺るぞ」と脅されて「ごめんね,ごめんね」といいながら被害者少年の首筋を軽く3回切りつけました。この被告は,殺害直後に「悲しいよ,寂しいよ」というツイートを発信しています。
 この被告少年が被害者少年を呼び出さなければこの事件が起こらなかったこと,被害者少年が兄のように慕っていて,その被告に傷つけられた絶望感は絶大だったと思えること,はじめは被害者少年を助けるつもりだったのに,裁判でも指摘されたように「救助を早々にあきらめた成り行き任せの楽観や逃避的な無力感」を生む性格,母親が外国人で,いじめなどにもあい,また同様の境遇の主犯少年との同胞意識で主犯少年を裏切ることができなかった環境などが判決では考慮されました。
 結局判決は,4~9年の不定期刑の求刑に対して懲役4~6年半の不定期刑。被告側は家裁に差し戻し少年院での更正を望んでいましたが,結局刑務所での懲役が言い渡されました。
 おそらくこの少年は現在最も反省し,被害者少年の死を悼んでいるでしょう。更正の可能性も,加害者グループ3人の中では最も高いのではないかと思われます。
 少年院での更正と刑務所での懲役。これはどう違うのでしょう。刑務所では更正より懲罰が主であるのであれば,少年院での更正もありだったのではないかと思います。
 今後,被害者側,加害者側が控訴するかどうか。双方が控訴しなければ,この事件2人目の加害者の罪状が決定します。
 今後,最後3人目の加害者の裁判が行われますが,日程はまだ決まっていないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/15

クリスピークリームドーナツの閉店は,方針の転換?

Krispy クリスピークリームドーナツといえば,かつて新宿にできた時には信じられない長蛇の列で有名でした。このブログでも,その写真をアップした事があります
 そのクリームクリスピーが,最近閉店を加速しているという報道がありました
 京都府、広島県、福岡県などから全面撤退,東京都内でも神田小川町,阿佐ヶ谷,玉川髙島屋の店を閉鎖したそうです。
 報道記事によると,米国でも大量閉店の時期があり,イートイン店舗からスーパーなどで普通に買えるドーナツになるという,一種の業態転換があったようです。実際イギリスでも,食品コンビニで普通にクリスピークリームのドーナツを売っていました。
 日本でも,このような業態になる事は十分予想できますが,まずはデパートでの催事販売をやっていく様です。プレミアム感は維持するという事でしょうか?
 まあそのうち,セブンイレブンのドーナツもクリスピークリームになるかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/14

ガリガリ君値上げ

Garigari 赤城乳業の定番アイス,ガリガリ君が,4月1日出荷分から値上げになるそうです。60円が70円に。
 25年間60円を守って来たガリガリ君が,70円になるのもご時世。よく25年間も60円を守って来たものだと思います。
 アイスリームと違って氷であるガリガリ君は,夏最盛期の季節商品だと思うのですが,年間を通じて販売しているところを見ると,冬でも結構売れているのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/13

若者にとってニュースとはLineNews?

Line 全国の13~69歳のスマートフォンユーザー1,682名に対して実施したニュースサービスの利用に関する意識調査という記事が,ネット上に載っていました
 ちょっと1682名のスマホユーザーだけというのが何なんですが,それによると,ニュース閲覧時に利用する媒体としてはスマホが一番多く,特に10代ではニュースサービスの1位は「LINE」の33%が一番という事です。それでこの記事は,若者にとってニュースといえばLineであり,PC離れ・新聞離れが顕著だと結論づけています。
 しかし考えてみれば,LIineNewsだって結局新聞記事や既存通信社からの配信です。偉そうなことをいっても,既存メディアの手のひらの上で踊っているだけというわけです。悔しかったら独自取材で,一本でも記事を取って来てみろwwwという感じ。
 ところでこの記事の中では,「10代は自分でニュースを見に行くより定期的に配信されるほうが楽だが他世代に比べ高かった。」と言っているのですが,それは毎日家庭に配達される新聞そのものではないですか?
 ネットだと少なくとも,積極的にアプリをクリックする必要がありますからね。タイトルだけなら,自動表示できるでしょうが・・・。まあ,新聞だって,郵便受けまで取りにいく必要がありますけどねwww。
 ところで,最近スマホのおかげで,以前よりたくさんのニュースを見る機会があり,なんだか犯罪や事故が以前より増えたような気がするのですが,実はニュースをたくさん見ているからに過ぎないのですね。池上さんも,テレビでそう指摘していましたwww。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/12

北海道新幹線の憂鬱

Hokkaido_train 以前,小田栄駅開業の記事にちょこっと書いた様に,北海道新幹線が3月26日に開業します。
 3月9日に発表された数字ですが,開業日から4月3日までの北海道新幹線の予約率が25%だそうです。開業3週間前に25%とは,思ったよりいいですね。たしかJRが想定した乗車率は26%程度のはずで,開業日までにはこれをクリアできますね。まあ最初ですからね。「乗ってみる」人もいるでしょう。
 この新幹線,鉄の私としては残念ですが,実はあまり成功しないと見ています。
 列車を選ぶか飛行機を選ぶかを考えると,せいぜい列車で4時間圏内なら列車を選ぶと思います。ちょうど東京から函館北斗までがその時間です。これより先,例えば札幌まで新幹線が延びたとしても,東京から列車で・・・という客はそうそういないでしょう。
 ならば,東京からの客は函館までしか新幹線で来ないと初めから考えて,函館駅は函館に作るべきでした。北斗市にある函館北斗駅から函館まで連絡列車で20分かかるのでは,東京からの客を列車に乗せるのはちょっと厳しいです。
 将来札幌まで新幹線が延びたとして,東京からの客が時間の点で見込めないとすると,あとは東北,道内の客がどのくらいいるかですがねえ・・・。
 札幌から先,富良野,網走,知床などへ延びれば,函館観光の客が道内を新幹線でそれら地域まで足を伸ばさないとも限らないのですが。そんな場合,道内利用は思い切って安くするなどの対応が必要だと思いますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/11

寒い日

Rain_road 寒いですね.
 東京地方は一昨日の午後くらいから寒くなりました。
 昨日も寒かったですね。曇りで陽が出なかった事もあり,朝夕の通勤時,久しぶりにマフラーを使いました。
 特に一昨日は雨が降りましたからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/10

本屋以外の場所で本が売れている?

Bookstore 最近,高田の馬場や横浜に店のあった「芳林堂」書店が倒産するなど,書店の閉店が続いています。
 そんな情勢の中,本屋以外の場所で本が売れているという記事をネットで読みました
 無印良品で2万冊の本棚を儲けたり,旅行代理店HISが旅の本を集めたコーナーを設置するなどという動きです。
 「深い考えもなく売れ筋の本を並べる書店より、ずっと価値のある売り場づくりになっているのではないだろうか。」というのは異論があります。そもそも紙の本だけを売る商売は,成り立たなくなっている。努力などでそれに対抗する事はできません。
 以前このブログでも書いた様に,ネット書店の時代に,本屋さんだけでは商売として成り立たない。だからネット書店がショーウィンドウとしての本屋を開くのだし,異業種,無印良品が本屋を開き,HISが旅の本を売る。これは理にかなっています。
 まあいずれにせよ,紙の本を売るだけでは商売にならない時代になっているのは,確からしいです。

(写真は,フリー写真素材サイト「足成」より。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/09

宅配荷物を駅で受け取り?

Takuhai 宅配各社が,鉄道駅に宅配ロッカーを置くという実証実験を行っているという報道がありました
 クロネコヤマトは東京メトロの駅や営業所で宅配便受け取りを実証実験中で,日本郵便は3月中にも京王電鉄での実証実験を開始するそうです。
 確かに我が家でも,不在票が入り,2回配送してもらうのが常態化しています。宅配各社でもそれは問題になっているようで,それを回避するための実験が今回の宅配ロッカーというわけです。
 家の場合,宅配荷物は実家から届く野菜や果物が多くてかなり大型の荷物で,さらに駅や商店街の宅配営業所で受け取っても,バスで自宅へ持ち帰らなければならず,近所のコンビニ受け取りの方が便利です。しかしとにかく,不在時配達について心苦しく思っていた昨今,このような実験は歓迎します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/08

コメの輸出を睨み,上海でおにぎりのイベント

Rice 日本のコメの魅力を知ってもらおうと,上海のデパートでJAグループがおにぎりなどを振る舞うイベントを開いたという報道がありました
 中国から日本への観光客が増えて,日本のご飯のおいしさを知った中国人も多く,それならばという事から今回のイベントになったらしいですね。
 しかし中国でコメを食べるのは上海を中心とした一部の地域だとか,普通は白米を食べる習慣はなくチャーハンを食べるのだとか,白米を食べずにチャーハンにしてしまうのは中国のコメが不味いからだとか,中国ですぐおいしい白米を受け入れられるという風土では無い様です。ちょっと前途多難と言う感じです。
 それに,実際のところ,炊飯器の性能でご飯のおいしさが決まるという事もあります。10万円超の日本製炊飯器で炊くと,かなり低級なコメでもかなり美味しいご飯になるという話もあり,おいしいご飯の輸出はコメを輸出ではなく炊飯器の輸出だという話もあります。
 まあいずれにしろ,日本のコメもどんどん輸出できればいいですね。

(写真は,フリー写真素材サイト「足成」より。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/07

デジタル教科書,4年後を目処に導入へ

Tablet タブレット端末などを教科書として使う「デジタル教科書」について,文部科学省の有識者会議が4年後を目処に小中学校,高校に導入する方針を固めたという報道がありました。現在の紙の教科書に代わってタブレットを使い,動画,音声,画面の拡大縮小機能を教育に使っていくとの事です。
 一方,「『書く力』や『考える力』の充実には従来の紙の教科書も必要だ」という意見もあり,当面は紙の教科書とタブレットの併用にするそうです。
 でも,「『書く力』や『考える力』の充実には従来の紙の教科書も必要だ」ではなくて,今と同じような教育方法をとる限り,紙の教科書で事足りるという事でしょう。
 マイナスの入った計算とか,三角関数の計算とか,複素数の計算とか,初めて出会う概念に対し,生徒個人個人の理解度にあわせた自習用のドリルならば,解けた問題,解けなかった問題の解析から生徒の個人的な理解度,能力を測り,判らなかったところを自動的に反復学習させるなど,マスでの置いてけぼり教育(平均的な生徒に合わせて教育を行い,落ちこぼれを作るような教育)を改善できる可能性は,工夫次第であると思います。
 まあいまの教科書を電子化しただけではねえ。もっとタブレットならではの教育方法を開発していくべきだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/06

青崎有吾の「図書館の殺人」を読みました

Photo

 青崎有吾著「図書館の殺人」を読みました。青崎有吾の推理小説は,過去にこのブログで3作品,「水族館の殺人」「体育館の殺人」,それに短編集「風が丘五十円玉祭りの謎」を紹介しました。今回の「図書館の殺人」はこの1月に出版された最新作で,父親に勘当されて学校の部室に住んでいる高校生,裏染天馬のシリーズです。
 天馬達が住む街の市立図書館で殺人事件が起こります。被害者は天馬達が通う(天満は学校に住んでいるのだが)高校の女性図書委員長の従兄弟で,なぜか夜遅く,閉館後の図書館に入り込んで被害にあったらしい。水族館,体育館でも天馬の推理力を借りた仙石警部と袴田刑事が,また天馬に助けを求めた・・・。
 二つのダイイングメッセージは本物か,加害者のトリックか。最後に明かされる犯人は,とても意外でした。
 犯人が判ってみると,犯行時はもちろん犯行後も犯人がかなり動転していてもいいようなのですが,床やドアノブの指紋の処理など,かなり冷静に図書館を立ち去っているのがちょっと無理があるかなという気がします。
 しかしながら,意外な犯人が捕まって興奮冷めやらぬ時に,一気呵成に天馬から推理の道筋が語られ,あのときの天満の奇矯な行動は,そんな推理の過程だったのかと納得がいきます。この最後の天馬による長い推理の語りは,本格推理小説の醍醐味そのものでした。
 そろそろ次回作くらいで,天馬の勘当の顛末が語られそうな雰囲気がありますが,次回作も期待しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/05

我が家の雛祭り

Hina1Hina2 昨日は我が家の雛祭り。
 1日後になりましたが,皆の都合により,自宅で食事をとれるのが4日夜でした。
 多くを語らず,写真で紹介。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/04

ポケモン20周年

Pokemon 今年はポケモン発売20年だそうですね。1996年2月に緑,赤が発売されてからちょうど今年で20年。
 20歳を超えたうちの娘や知人の息子さん達が,最新のハードを買って最近また新しいポケモンを始めました。小学生の頃にポケモンに出会った子供達が,大人になってもプレイする。多分また20年たって40歳になっても,新しいポケモンをやっているのではないでしょうか?
 そういう意味では,ポケモンは少子化も怖くないという事ですね。
 私も発売当時,赤を完了させました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/03

知り合いの方の介護経験(3)

Hand これまで(1),(2)と,二階に渡ってご近所の知合いの方の両親の介護についてかいてきました。介護も東京と地方では,また違うものがあるようです。
 知り合いの方の実家のある長野県は,在宅介護の多い県と言われています。在宅で介護され,自宅でなくなる老人の割合が全国一といっていい程多いそうです。
 今回の介護でも,医師や看護師の言葉にそれが現れていると妹さんはおっしゃっていました。
 前述のように,母親は数ヶ月前に転んで骨折し,両足に金属棒を入れる手術を行い,この3月中に病院から家庭に帰ってくることになっています。その退院に当たって医師からの注意として,「24時間の介護が必要です。」看護師から「ご家族の方がこちらへ引っ越してきたら」という言葉が発せられたという事です。仕事も家族もなげうって,介護のために引っ越してきたら・・・。
 横浜の病院でケースワーカーをしている別のご近所の知人によると,横浜ではそのような発言はまず考えられないそうです。これも長野県ならではなのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山田風太郎「人間臨終図鑑」

Rinjyuzukan

 いま,青崎有吾の「図書館の殺人」という推理小説を読んでいます。青崎有吾の作品は,過去にこのブログで3作品,「水族館の殺人」「体育館の殺人」,それに短編集「風が丘五十円玉祭りの謎」を紹介しています。
 今回の「図書館の殺人」はこの1月に出版された最新作で,紹介済みの3作品同様,父親に勘当されて学校の部室に住んでいる高校生,裏染天馬のシリーズです。
 今回の話題はその作品の事ではありません。この作品の中で言及されていた本に興味があったので,それを読んでみたのです。図書館の殺人事件の凶器になった本が,山田風太郎の「人間臨終図鑑」です。奇書として紹介され,この厚い本で被害者が殴られたものです。
 アマゾン書店で検索したら,電子書籍として販売されていたので,即ワンクリックしてしまいました。4分冊になっていますが,まずは1巻のみの購入です。
 この本は,歴史上有名な人の最期の様子を短い文章で紹介したものです。図鑑とは言いながら,図版は載っていません。10代で亡くなった人から亡くなった歳の順に載っています。ちなみに10代では,放火して刑死した八百屋お七,忠臣蔵で切腹した大石主税,アンネの日記のアンネ,信長を守って本能寺で落命した森蘭丸,フランスのジャンヌダルクなど,11人が並んでいます。以降,20代で死んだ人々,30代からは30歳で死んだ人々,31歳で死んだ人々・・・・・と1歳毎に記載されています。当然歳が行くに連れて人数は多くなります。
 その死の情況の記述は,かなり簡単に記述されているだけなので,どうという事も無いのですが,源義経は30歳だったのかとか,最近「蟹工船」がベストセラーになった小林多喜二も30歳で亡くなったのかとか,シューベルトは31歳,暴君ネロも31歳の若さで亡くなっているのかなど,死亡年齢の意外性に興味をそそられました。
 その素晴らしい業績に比較して,あまりにも若い年齢で亡くなっている事への興味で読むので,2巻以降50歳からはそれ程興味をそそられないだろうと思われ,2巻以降の購入は止めにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/02

行列のできる蕎麦屋さん

Soba 川崎市某所の蕎麦屋さんです。
 蕎麦屋さんに行列ができている。
 実は私,ここで店を紹介していますが,この店に入った事はありません。店の名前も知りません。ただ行列のできる蕎麦屋さんというのも珍しいのではないかと思って,写真を撮っただけです。
 あしからず・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/01

「ノ」「ヶ」問題

Sunred 神戸市がJRに対し,三ノ宮駅の「ノ」を消す様に要請したというニュースを読みました。阪急電鉄と阪神電鉄では,駅名を「神戸三宮」としており,これに会わせる様に要望したそうです。
 そういえば,私の住む横浜市のお隣,川崎市の「みぞのくち」は,JR駅は溝ノ口,東急は溝の口,町名は溝口と三者三様です。
 東横線の自由が丘は,以前は「自由ヶ丘」駅でしたが,地名に合わせて今では「自由が丘」に改称しています。本来「じゆうがおか」の名は,この地区にできた自由ヶ丘学園に由来しますから,「ヶ」が正しいといえるのでしょうが,地名に合わせたという事ですね。ちなみに学園の方は,今も自由ヶ丘学園です。
 三宮,溝口など,このような「の」付きの地名は表記から「の」を消す傾向にあるのでしょうか? 溝口などは,普通に「みぞぐち」さんという名字と同じで,「の」の表記なしでは,まともに「みぞのくち」とは読まれないかもしれませんね。
 自由ヶ丘はともかく,溝の口は三宮に比べてマイナーでしたかね。天体戦士サンレッドの舞台なんですけどね。えっ,さらにマイナーでしたか?

(写真は,天体戦士サンレッド19巻の表紙。アマゾン書店より。そもそも20巻あるサンレッドのコミックスの表紙は,サンレッド自身が絵柄になっているものは19巻だけかと思います。世界征服を企む悪の軍団フロシャイム川崎市支部幹部で,サンレッドより余程人格者でみんなに好かれているヴァンプ将軍をはじめとする,悪の組織側の面々が主人公のようなものなので。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »