« 若者の○○離れ | トップページ | 昼の鎌倉光明寺 »

2016/10/19

ポンポン山へ行きました

Takao_shr

PompomyamaPompom_place

 先日紹介した埼玉県吉見町の八丁湖の近くに,ポンポン山というところがあります。
 黒岩横穴墓群の紹介の際に言及した,小学生時代の図書館で見つけた本に,ポンポン山の事も書いてありました。そこで足を踏み鳴らすと,ポンポンという音がするという。しかし最近では,音がしなくなってきたという事も。
 そこであまり期待せず,ドライブがてらそこへ行ってみる事にしました。前回八丁湖を訪れたときに,黒岩横穴墓群のところに,ポンポン山への矢印入りの案内柱が立っているのを確認していました。
 そこで,再び八丁湖を訪れました。その駐車場に車を置き,黒岩横穴墓群の前を通って林の中を歩く事10分ほど,林を抜けて広い道に出ます。そこにまた案内柱が立っていて,2車線にしては広い道,しかし車はほとんど走っていない道を行くと,また案内柱が。そこからまた林に入り数分,ポンポン山の駐車場に出ました。八丁湖が目当てでなければ,車をここに置けばいいわけですね。
 さて駐車場から案内板にしたがって歩いていくと,左手にソーラーパネル群が現れ,その向こうに神社が見えてきます。西暦710年,今から1300年前に建立されたという神社です。
 この神社の裏手がポンポン山です。
 高負彦根神社というこの神社に参拝して裏手へ。裏手は数歩で登ってしまえるような岩山になっており,まずはそこに上ってみました。登って向こうを見てびっくり。その向こうは眼下に田んぼが広がっていました。数歩登っただけなのに,私たちは高い崖の上に立っていたのです。そこからの眺めはなかなかのものでした。平地である八丁湖駐車場からあまり登ったという意識は無いのに,たぶん駐車場と同じレベルにある水田のある崖下は,かなり下です。5階建てのビル屋上からの光景という感じです。
 さて神社に看板があったポンポン鳴る場所というのは,この岩山の上ではなく,神社裏の岩山の麓にあると看板に書いてありました。神社裏と岩山の間,岩山寄りという場所です。
 その場所で足を踏み鳴らしてみると,ポンポンというはっきりした音はしないのですが,振動を感じます。足を踏み鳴らした自分も振動を感じますが,同行者と1mほど離れ,同行者が足を踏み鳴らすと離れた私の足の裏にも振動を感じるのです。まあ,大太鼓の皮の上に立っているような感じといえばいいでしょうか(大太鼓の皮の上に立った事はありませんが)。たぶん地面の下に空洞があり,そのせいで足を踏み鳴らすと地面が振動するのでしょう。そんな感じです。
 あまり期待をせずにドライブのつもりで行ったのですが,かなり面白い経験でした。

(写真は,上から,高負彦根神社,ポンポン山頂上からの光景,実際には鳴らなかったがポンポンと鳴る場所。下の2写真はクリックすると拡大します。)

|

« 若者の○○離れ | トップページ | 昼の鎌倉光明寺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1297/64360273

この記事へのトラックバック一覧です: ポンポン山へ行きました:

« 若者の○○離れ | トップページ | 昼の鎌倉光明寺 »