« 正月にはこういう食べ物も・・・・・ | トップページ | 小島正樹「祟り火の一族」 »

2017/01/04

最近の読書頻度,量の増加

Ebooks 「電子書籍購読者の購入金額、読書の頻度と量が増加、メリットは「かさばらない」「手軽に購入」が過半数~ネオマーケティング調査」という記事をネット上で見かけました
 確かに,電子書籍購入のハードルの低さは特筆ものです。書評などを読んで,欲しいと思ったらもう手に入っている。
 紙の本はそうはいきません。明日書店に行って買おうと思っても,その明日になれば熱が冷めている事も多いのです。
 古い本が電子書籍になっている事があります。そんな本の購入には,これまで古本屋を使っていたわけですが,それもいまでは電子書籍につぎこんでいます。
 記事の様に,読書の頻度と量は確実に増えているし,書店・古書店に支払っていたお金が,アマゾンと出版社に支払う事になっています。
 古書店で流通しているような少し前の本も,出版社がせっせと電子化すれば,出版社は新刊本でなくても,過去の遺産で商売ができると思います。

(写真は,フリー写真素材サイト「足成」より。)

|

« 正月にはこういう食べ物も・・・・・ | トップページ | 小島正樹「祟り火の一族」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1297/64690225

この記事へのトラックバック一覧です: 最近の読書頻度,量の増加:

« 正月にはこういう食べ物も・・・・・ | トップページ | 小島正樹「祟り火の一族」 »