« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017/03/31

車の自動運転はAIでないし,AIが仕事を奪うのは50〜100年先?

Ai 米財務長官が「人口知能(AI)が米国人の雇用にとって真の脅威になるには『あと50年から100年』かかるという見識を示しました
 普通AIの発達については,あと20年もたてばかなり雇用に影響を及ぼすという見方が一般的だが,財務長官は「AIの範囲をどうとらえるかによって変わる」と語り,「車の自動運転は私にとってAIではない。コンピュータであり,現在ある現実の技術を使っている。こうした種類のものは現実だ。例えばR2-D2が仕事を奪うというような、AIとは大きく異なる」と言ったとの事です。
 この見解はあまり意味のある事ではないですね。機械が現在存在している人の仕事(車の自動運転なら運転手という職業)を奪う事は確かであり,それによって今それに従事している人達が別の職業に就く必要があるのは確かな事です。その技術をAIと呼ぶかどうかはどうでもいい事です。
 どうもトランプ政権の閣僚というのは,本質が何かが分からないようで,もう一つ信用がおけません。なんだか賢くない印象がして仕方ないです。

(イラストは,フリーイラスト素材サイト「いらすとや」から。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/30

スマホが震えている様な気がするのは「依存症」のサイン?

Sumaho 「スマホが震えている気がする」のは依存症のサインである可能性」という記事がネット上にありました。
 幻想振動症候群などと呼んで,それが頻繁に起こるかどうかでスマートフォン依存の状態を判断する1つの基準になると言っています。
 アメリカの調査では80%の大学生たちが一日に数回は幻想振動を体験しているそうですが,私も全然ないわけではありません。一日一回というわけではありませんが,電話がかかってくる事になっている時や電話やメールを待っている時は,胸のポケットにスマホを入れている時に幻想振動を感じます。
 しかし周りの知人に聞くと,そういう事はままあるようで,あまり心配する必要がない,むしろふつうのようですね。

(イラストは,フリーイラスト素材サイト「いらすとや」から。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/29

ミスドの珈琲おかわり体験

Coffee_cup 久しぶりにミスタードーナツに入って,ドーナツをとってホット珈琲を頼みました。
 ドーナツを食べてしまい,パソコンを開く為にドーナツのトレイと皿などを返却口に返し,まだ飲み切っていない珈琲だけをテーブルに載せました。隣の男性客もテーブルの上に珈琲カップだけをおいています。
 そうしたら店員が回ってきて,「珈琲のお変わりは如何ですか?」と訊ねられ,ありがたく二杯目をちょうだいしました。ところが隣の男性客は素通り。なんで?と思って店員の行動をみていると,どうも私と同じ赤いカップにだけ珈琲のおかわりを注いでいるようです。隣のお客さんのカップは黄色。
 これは多分,ドーナツと一緒に珈琲を頼んだのか,珈琲だけを頼んだのかという事なんでしょうね。珈琲のおかわりサービスは,ドーナツを食べたお客さん向けという事なんでしょう。
 長年のミスド体験で,この日初めて気づきました(笑)。

・・・・・と思ったら,そうではない様です。
ミスド通の知人によると,カップの色は珈琲の種類,普通のブレンドかカフェオレかを区別しているのであって,以前はカフェオレはおかわりサービス対象になっていなかったのが現在では対象になっているのだとか。なるほどそういう事ですか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/28

車の自動運転の問題は,技術的な事だけではない

Car 配車サービスを提供しているアメリカウーバーの自動運転車が事故を起こしたというニュースがありました。乗客を乗せていたウーバーの車が衝突事故で横転しました。死傷者の情報はありません。
 この自動運転車の事故に対して,日本のニュースキュレーションサイトにはこの記事に対して,「自動運転はまだまだ」とか,「人が運転している方が事故率が大きい」とか,「ウーバーと自動運転に対しては,軽率な判断は避けるべき」とか,「人と同じくらいの事故率なら自動運転は合格と考えるのが正しい」など,様々な意見が記事へのコメントという形で出ています。
 さらに「同じ事故でも,人が起こした事故では許せる可能性があるが,機械が起こした事故では許せない」というコメントがいくつか見受けられます。
 この事は案外重要な要素である様な気がします。
 「事故を起こした当事者,さらにいえば誰か事故に対する責任者が居るべきだ。事故に対する悪者が居るべきだ。」という事は理解できない事ではありません。事故を起こした当時者がいて,被害者なり遺族なりはその人に対して怒りをぶつけて,心の均衡をとる。
 まあ,「事故」に誰かの責任があって,その人からの謝罪があって,怒りをぶつける対象が必要だという人が居る限り,自動運転の実現はムリでしょう。
 自動運転に対しては,技術的な問題があるというだけではなく,このような一種社会的,人の心理的な問題もあるという事です。

(イラストは,フリーイラスト素材サイト「いらすとや」から。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/27

東京大田区蒲田の「新宿糀谷村用水跡」

Rokugo_yosui

 用があって東京大田区蒲田へ行きました。
 そうしたら,六郷用水跡という碑がありました。看板には「新宿糀谷村用水跡(六郷用水分流)」とありました。
 六郷用水は,狛江市の和泉多摩川から取水し,世田谷区を通り大田区へ至る用水です。世田谷区の次太夫堀公園辺りには行った事がありました。さらに,多摩川への放水部の六郷水門に行った事があり,このブログにも記事を書きました
 六郷水門も大田区ですが,その他の大田区の用水跡を訪れたのは初めてでした。
 糀谷とは,京浜急行空港線の駅の名前にありますが,京急蒲田の次の駅です。新宿というと新宿区を連想しますが,蒲田のこの写真の場所あたりを指す様ですね。この六郷用水跡の向い側に,「新宿小学校」がありました。現在では蒲田本町という町名ですが,昔は「新宿」という場所だったのでしょうね。

Shinjyuku_sch

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/26

国会の100万円寄付問題追求

Gijido 国会での安倍首相100万円寄付問題追求。証人として登場した籠池氏も,土地の値段減額問題,複数領収書問題など,罪に直結する問題は少ししかしゃべらず,誰も罪にならない(籠池氏の偽証罪はあるかもしれない)100万円問題に多くの時間を費やしました。
 だから籠池氏好みの問題だと思われ,野党側が籠池氏に乗せられている様です。100万円問題をしつこく追求すると,土地の値段減額問題や複数領収書問題などの真相が分かるとでも思っているのでしょうか?
 まあお人好しという事ですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/25

Pier's cafeのクイーンズシュー

Q_sue

 以前何回かこのブログで紹介したPier's cafe。東横線綱島と大井町線等々力の店を紹介しました。
 最近はなにかと等々力の店に入る事が多いのですが,久しぶりに綱島の店に入りました。
 写真は「クイーンズシュー」という,パンの中にクリームが入ったものです。以前の等々力の店での写真の中にも写っているのですが,久しぶりに入った綱島店のものは,クリームが外にはみ出して,飾りになっていました。パンの中にクリームを入れる為の穴のところに,クリームを花の様に飾ってあるものです。
 等々力店では,ついぞ見かけないスタイルでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/24

都市計画道路補助128号線のトンネル南出口で何が行われているのか?

Remains_sign 以前紹介した都市計画道路補助128号線の南側出口付近。桜木中学校を抜けるトンネルの北側出口はすっかり完成している様に見えるのに,南側が未だできていないという話をしました。
 今回またこの付近へ行ってみて,今トンネル南出口で何をやっているのか分かりました。左の写真が南側出口付近にあった看板です。「桜木遺跡発掘調査」遺跡発掘調査を行っているのですね。ネットで検索してみると,桜木遺跡は縄文時代の遺跡のようです。
 その発掘調査現場の写真が下の写真です。そしてそこからさらに北側に行ってみると,広場の向うにかすかにトンネルの南側出口が見えていました。この写真,塀のプラスチック部分から撮影したので,プラスチック上の汚れも写っています。
 トンネルの位置を考えると,遺跡部分は道路の掘割になって,完全に削られてなくなってしまうのだと思います。その為の遺跡発掘調査なのでしょうね。

Remains_3
Tunnel_s_end_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/23

蛇崩川源流探訪のほんのついでに・・・

Jieitai_crossingYakka_sekihi さて,昨日紹介した蛇崩川南側流路跡の道路から旧品川用水跡の道路に出て少し北へ歩いていくと,「陸上自衛隊」という交差点があります。この付近の左側(西側)に陸上自衛隊用賀駐屯地があるのです
 そしてこの交差点の右側(東側)に,写真の石碑があります。よく見えないかもしれませんが,「昭和薬科大学世田谷校舎跡地」と書いてあります。以前紹介しましたが,陸軍衛生材料本廠だった場所で,既に大学は玉川学園に移転し,その跡にいまでは巨大なマンションが建っています。

(写真をクリックすると拡大します。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/22

蛇崩川南側の流路跡

Jyakuzure_s_roadJyakuzure_s_road_end 昨日はジジ池跡を訪れた話を書きましたが,昔の地図を見ると(こちらのサイトを参照ください),ジジ池は蛇崩川の南側の支流の途中からさらに南に外れた位置にあります。この南側の支流は,ジジ池への分岐からさらに西側に上流方向の流路が伸びていた様です。
 左側の写真の道路が南側支流旧流路らしいですね。この道路上にマンホールが点々と配置されていますが,このマンホールの中から水の流れる音が聞こえています。かなり勢いよく流れている様です。蛇崩川はまだ生きているのでしょうか?
 さてこの道路を西へ進むと,徐々にゆるい坂を上る事になるのですが,その突き当たりが旧品川用水跡の道路です。蛇崩川は品川用水の漏水を湧水の形で集めて源流としていた川です。2番目の写真(クリックすると拡大します)の道路が,今歩いてきた旧蛇崩川南側支流跡の道路です。旧品川用水へ出る直前で蛇崩川下流方向を向いて撮影した写真です。わずかに下り坂になっているのがわかるでしょうか?
 この道路に直行する道路を見ると,この道路の右側も左側も上り坂になっています。当然蛇崩川跡の道がこの辺り一番の低地になっているわけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/21

世田谷区蛇崩川のもう一つの源流池,ジジ池跡

Sinmachi_park 新玉川線の当初計画が,蛇崩側上を高架で通過するという話に端を発し,蛇崩側源流のババ池跡を訪れた話を以前書きましたが,今回もう一つの源流池であるジジ池跡を訪れました。
 ジジ池跡は,田園都市線桜新町駅北側の世田谷新町公園となっています(写真)。
 確かにこの公園の辺り,桜新町駅付近に比べてわずかに低地になっています。まあ池の痕跡は,公園内の人口池(川?)以外には何もありません。
 ジジ池はかつてあった品川用水のすぐ北側の低地にあって,ババ池同様,品川用水からの漏水を貯める為に作られた池のようです。この池からの流れは,北側で蛇崩川の南側支流に合流します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/20

「ニンテンドースイッチ」 好調

Switch 任天堂の新ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の販売が好調の様ですね。2018年3月期の生産計画を少なくとも2倍に引き上げるようです。
 まあ据置き型と携帯ゲーム機を兼ねるもので,両方の需要を集めるゲーム機だと思えば,好調も分かります。
 ゼルダの伝説―ブレス・オブ・ザ・ワイルドが既に発売され,絶賛されている様ですね。現在ゲームソフトはそれ程の数発売されていないのですが,ゼルダだけでクリアするまで相当な時間かかりますから,その間に追々発売されてくるでしょうwww。
 それにしても,スプラトゥーンはまだですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/19

蛇崩川の終端部は・・・・・

Nakameguro_jyakuzure 中目黒に行った機会に,先日から何かと話題にしている蛇崩れ川の終端を見てきました。
 蛇崩れ川については,現在の田園都市線地下部分,旧新玉川線(旧と新が重なって,なんだか変ですが・・・)の初期の計画線が蛇崩川の一部区間の河川敷上に高架線を作る計画だったという事に端を発し,その源流池の一つ,ババ池跡を見学に出かけた話をこのブログに書きました。
 さて,上の写真が,中目黒駅際の蛇崩川です。手前は目黒川。蛇崩川はここで目黒川に合流して終わります。
 ほとんど水の流れがありませんね。この日はよく晴れていましたが,雨の日にはそれでも流れるのでしょうか? まあ蛇崩川は,ババ池があった昔から,普段は細流で,雨が降ると暴れ川に変わるという川だったようですけれど。
 ちなみに目黒川はいつ見ても水量が豊富ですが,大部分の水は新宿区の東京都下水道局落合水再生センターで下水を高度処理したものだという事です。
 さらにちなみに,目黒川の河口附近は「品川」という名前がついています。品川宿,品川駅の名の発祥の川というわけです。海運が盛んな川で,中目黒にも川港の跡が残っています。商品が行きかう川という意味の「品川」です。
 もう一つちなみに,写真の手前に細い桜の枝が写っているのがわかるでしょうか? ここら辺,中目黒駅付近から目黒駅付近までの区間,目黒川の両側は川をはさんで桜のトンネルとなります。このブログでも何回か紹介しました。桜の花もまだまだつぼみにもなっていないようですね。
 蛇崩川の話が,最後にはすっかり目黒川の話になってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/18

世田谷区馬事公苑周辺の,戦前の軍施設

Noudai 先日,蛇崩川の源流の一つ,馬事公苑に近いババ池跡を訪れた事を書きましたが,桜新町から馬事公苑の東側を目指して歩いていく途中,陸上自衛隊用賀駐屯地がありました。馬事公苑のすぐ南東側という場所です。
 「ヘー,こんな世田谷の住宅地の中に駐屯地があるんだ」という事で興味を持って調べてみたら,馬事公苑の周りというのは戦前の軍事施設がたくさんあった様です。まあその頃は,ここら辺は住宅地というわけではなく,田畑が広がる郊外の田園だったのだと思いますから,都心に近い郊外として広い土地が確保できて軍事施設にうってつけの場所だったのだと思います。
 まず馬事公苑自体が軍関係の施設だったのではないかと思ったのですが,どうもそうではなさそうです。馬事公苑は,地区の区画整理組合から林野を購入し,それが附近の区画整理の資金になったようです。
 馬事公苑の世田谷通りを挟んだ向かい側,東京農業大学(写真)は陸軍機甲整備学校という陸軍の自動車教習所でした。陸上自衛隊駐屯地の隣の駒沢大学付属高校が陸軍衛生材料本廠。現在ラ・コルダ弦巻という巨大なマンションになっている場所は昭和薬科大学だったところで,マンション敷地の中に大学があった事を示す石碑がありますが,もともとはやはり陸軍衛生材料本廠だった場所です。
 この陸軍衛生材料本廠の一部は,現在厚生労働省国立医薬品食品衛生研究所にもなっています。
 駒沢大学付属高校の校舎に囲まれて,その一部の様に見える海上自衛隊東京音楽隊の建物があり,海上自衛隊上用賀基地という大層な名前がついている様です。海のない馬事公苑周辺で,海上自衛隊の基地というのが奇異に感じます。
 同じ世田谷区の三宿の辺りにも戦前は様々な軍関係の施設があって,それが世田谷公園などになっており,また現在でも自衛隊中央病院になっていたりしています。まあ前述の様に,都心に近い郊外としての世田谷が,軍施設の配置にはうってつけだったのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/17

WBC,対イスラエル戦勝利

Wbc 3月15日に行われたワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の2次ラウンド,日本対イスラエルは,日本が8−3で勝利しましたね。
 開催前はなにかと心配されていたWBCの成績ですが,現在のところ1次ラウンドから6戦全勝で,4強入りが決まりました。
 次は21日,ロサンゼルスでの試合です。相手はまだ分かりませんが(2時ラウンド2組の2位のチームと対戦する),ここまでくればがんばってほしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/16

都市計画道路補助128号線,トンネル南側入り口の現状

128

Sakuragi_jhs 都市計画道路補助128号線は,桜新町から阿佐ヶ谷北へ通じる道路になる予定ですが,途中私の母校の一つである桜木中学校の地下をトンネルで抜ける予定になっています。このトンネルの最近の様子について,昨年暮れにこのブログで報告しました
 要するにトンネルはまだ開通していないのです。私にとってなじみのあるトンネル北側出口は,既に出来上がっているように見えるのですが,まだ柵で覆われていて,開通していませんでした。
 さてこの道路,先日桜新町から弦巻の世田谷区中央図書館まで歩きました。このブログにも書いたように,中央図書館で「新玉川線建設史」を見る為です。
 今回は,先日このブログに書いた蛇崩川源流のババ池跡を訪問した時,その池跡から蛇崩川沿いに(といっても,途中に東急バスの弦巻営業所があるので,完全に川沿いに歩くわけには行きませんが・・・)世田谷区中央図書館前へ出て,そこからこの道路を北へ歩いてみました。
 補助128号線は,桜新町−上町間は既設道路,上町から先の世田谷通以北,桜木中学校地下のトンネル北出口までが新設区間になります。12月12日の記事では北出口を紹介したわけですが,世田谷通りの方からこの新設道路の脇を歩いていっても,128号線トンネルの南入り口は見えません。
 「南側はまだ掘っていないの?」と思いつつ,勝光院手前まで坂を上り,桜木中学校南側の道路に出て,柵の間から南側を見ると,上の写真の様になっていました。桜木中学校地下トンネルからほんの少し南側まで,半完成ながら出来上がっている様です。しかしその先は鉄板を打ち込んで通せんぼされています。だから南側からトンネル入り口が見えなかったのですね。
 この南側トンネル出口の様子を見ると,補助128号線の開通はまだまだ先の様です。

(上の写真は,桜木中学校前の道路から南側を撮影。トンネル出口は足の下。正面の焦茶色は道路を通せんぼしている鉄板。二番目の写真は,そのまま180度振り向いて撮ったもの,桜木中学校校庭と校舎。私の後輩になる中学生が数人,ユニフォームでランニングしてやってきて,門から校内へ入っていきました。校舎も全て建て替えられて,私がいた頃とは校舎の配置も全く異なっています。)

−−−−−−−<追 伸>−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 その後,このトンネル南口に再び行ってみて,そこで何をやっているのかが分かりました。
 上の写真のトンネルの先,焦げ茶色の鉄板はいわば土留めの鉄板であり,その先の地面は鉄板の先端のレベルで南側に続いている様です。そしてその上で行われていた事は・・・・・。
 「都市計画道路補助128号線のトンネル南出口で何が行われているのか?」という記事を書きましたので,ご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/15

蛇崩川源流,ババ池跡

Babaike 昨日,新玉川線の2番目の計画ルート,蛇崩川ルートというのを紹介しましたが,その蛇崩川の源流が世田谷区馬事公苑の近くにあったという事を知ったので,散歩がてらに行ってきました。
 馬事公苑に沿った東側の道路が品川用水跡で,ここから漏れてくる地下水を集めるための溜池が,品川用水沿いの低地にあった様です。ババ池と言って瓢箪型の池だったそうです。その池が蛇崩川の源流の一つです。ちなみに桜新町にはジジ池というのもあって,それも源流池だったようです。結局のところ,この辺りの谷戸の奥に池があったという事です。
 これらの池の地図を含めて,蛇崩川の源流に関するこのサイトを興味深く拝見しました。
 さて,馬事公苑の東側の道,馬事公苑の覆馬場付近から東側に下りていって,写真の辺り,ここからまわりの道路を見ると,あたり全てが上り坂になっています。多分ここが池だったのだろうなという雰囲気です。写真の左は公園になっていますが,右の家が建て込んだ場所,そこが池だったのだろうと思います。
 ここから東へ行って,松丘小学校の南側から緑道が始まっています。ここは正に蛇崩川の跡で,地下に暗渠化された蛇崩川が通っているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/14

新玉川線の初期の計画ルートについて

Jyakuzuregawa_map

 先日このブログに書いた世田谷線上町から荒玉浄水場までの新線計画。それに関連して砧浄水場を訪れたわけですが,その帰り,バスで狛江駅に出て,小田急線に二駅だけ乗って成城学園前で降りました。そして渋谷行きのバスで世田谷通り沿いの松ヶ丘交番前へ。ここから歩いて数分の「世田谷区中央図書館」に行くためです。
 この図書館ならば,「新玉川線建設史」という本が置いてあるだろうと思ったからです。著者が東京急行電鉄となっており,いわば新玉川線建設の正史のような本で,これならば現在の新玉川線路線に落ち着くまでの計画路線について書いてあるだろうと思ったからです。
 図書館で早速検索してみると,見事にありました。書庫内保管されている本で,かなり厚い本でした。その中には,計画路線の変遷も書いてありました。
 新玉川線の初期の計画については,「三軒茶屋から蛇崩川沿いに用賀へ」という蛇崩川ルートが有名です。新玉川線のもともとの計画ルートというと,いたるところでそんな記述に出会います。
 しかし蛇崩川というのは,私の頭の中では,馬事公苑附近から世田谷区の中央部を東西に流れて中目黒で目黒川へ合流するという川で,玉川線と直交こそすれ並行しないのではないかという気がしていました。私が知りたかったのは,この蛇崩川ルートの地図が「新玉川線建設史」に載っていないかという事でした。
 結果的にいうと,載っていたのです。そして,この蛇崩川ルートが新玉川線の最初の計画ルートというわけではなく,この前に第一案ともいうべきルートがあった事を知りました。そのルートは現在の新玉川線,つまり国道246号線の南側を並行して通るルートです。このルートでは,三軒茶屋駅も現在の三軒茶屋駅,つまり旧玉川線,現田園都市線・世田谷線の三軒茶屋駅から南に少し離れた位置でした。
 それから第二案として現れるのが蛇崩川ルートです。三軒茶屋駅は246号線と世田谷通りの分岐点附近で,現在の三軒茶屋駅の位置です。そこからほんの少し世田谷通りを走り(三軒茶屋付近は地下線で計画され,三軒茶屋駅は地下駅の予定でした)やがて南へそれて蛇崩川に並行するようになります。私が「東西だろう」と思っていた蛇崩川の流路も,弦巻のあたりでは南西から北東へ流れ,新たな玉川線ルートにぴったりでした。実際新玉川線は,この川の真上を川を跨ぐように高架で通過するように計画されていたとの事です。現在の新玉川線(とりもなおさず旧玉川線)は,駒澤大学と桜新町の中間で現国道246号線を離れ,旧246号線上(地下)を北に大きく膨れて(回って)用賀へ行きますが,蛇崩川ルートは,世田谷通りから南に外れてこの膨れた頂上付近(桜新町附近)に真っ直ぐに到達するようなルートです。その過程で,蛇崩川上を通過するのです。
 三軒茶屋付近の蛇崩川のGoogleMapを示しますが(クリックすると拡大します。現在では蛇崩川は暗渠化され,緑道として示されています),地図の右上に三軒茶屋駅があり,そこから対角線方向斜め下に蛇崩川が示されています。三軒茶屋駅から少し世田谷通りを通り,左斜めにそれれば,確かに蛇崩川にすんなり繋がりますね。この地図の範囲外になりますが,現在の弦巻中学校の少し先,蛇崩れ川が北に曲がる辺りから斜め左に線路がカーブすれば,現在の用賀駅附近へすんなりとつながります。
 まあ現在の246号線上の路面電車に代わって,あるいは路面電車の輸送力を補完するために高速鉄道を計画するとなると,246号線を避けて,南側の第一案,北側の第二案というのは,自然な計画なのかもしれません。そして結局,第一案,第二案とも地元との調整に手間取り,全線路面電車をそのまま地下にもっていくという案が採用されたわけですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/13

砧浄水場の辺りは,公共交通が不便なのか?

Bas_stop さて先日,世田谷線上町と荒玉浄水場を結ぶ鉄道計画線の話をしましたが,砧浄水場の近辺に行って写真を撮ってきたわけです。
 この浄水場の辺り,主要な道路沿いというわけではなく,ここへ行くには世田谷通りのバスを使って水道道路をあるいていかなければならないかなと思いました。
 そこで調べてみると,この辺り,田園都市線二子玉川駅と結ぶ東急バスの玉04系統や05系統,小田急線和泉多摩川や狛江駅と結ぶ小田急バスの狛11系統,狛21系統など,複数の系統のバスが走っている事を発見しました。
 それぞれのバス系統は,一時間に2~4本くらいしかありませんが,複数の系統同士が補完しあって,案外バス便にはこまらないようです。私は二子玉川駅から玉04系統に乗って浄水場を訪れ,帰りは狛11系統で狛江駅に出ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/12

東急世田谷線の荒玉浄水場方面延長計画

Kinuta_jyosuijyo 私は,鉄道に関連した歴史を多く扱っているブログ,「gayasanのブログ」のファンです。このブログには,私が子どもの頃よく乗っていた東急玉川線の記事もたくさん載っています。
 3月2日の記事に,「幻の世田谷線支線」というのがありました。現在の世田谷線上町駅と多摩川べりの荒玉浄水場を結ぶ路線が,昭和23年頃,つまり戦後すぐの頃に計画されていたという記事です。これは私が知らなかった事実で,大変興味深く拝見しました。
 荒玉浄水場というのは,駒沢の給水塔へ至る水路が延びる砧下浄水場とともに,多摩川べりにある浄水場で,私は砧上浄水場として覚えていたのですが,現在は砧浄水場というのが正式名称のようです。この浄水場から真っ直ぐに北東へ向かう荒玉水道道路が,中野区の野方配水塔,板橋区の大谷口配水塔へ延びています。野方の配水塔は昔のままの姿をとどめていますが,大谷口配水塔は壊され,今ではそのモニュメントのような配水塔風の塔がその場所に建っています。
 さて,写真の奥が砧浄水場,手前に延びる道路が水道道路で,ここから杉並区高円寺に近い杉並区堀之内までほぼ一直線に道路が伸びています。
 この浄水場まで上町から鉄道が延びる計画があったわけですね。上町から西に世田谷通り沿いに進み,水道道路との交点である世田谷区喜多見6丁目の砧小学校辺りから水道道路沿いに南西に進んで浄水場に至る。
 上町から世田谷道り沿いに進む鉄道というのは,現在の世田谷線の前身,玉川砂利電気鉄道が計画した世田谷-登戸間の路線の一部をなすもので,昭和23年に計画されたのなら,先祖の計画路線を一部復活した事になるわけです。
 さてこの路線が実現していたと仮定して,現在の田園都市線も実現している状態で,荒玉浄水場から多摩川をわたって神奈川県に延びる事が考えられます。
 浄水場から小田急と田園都市線の中間を埋めるように路線が延びるとすると,向丘,菅生,保木,王禅寺,鴨志田,恩田,そして終点は結局中央林間というのが率直のようです。中央林間で田園都市線,小田急江ノ島線に接続という事ですね。
 現在公共交通としては田園都市線や小田急線の駅までを結ぶバスしかないこの地区に鉄道ができれば,かなり便利になるでしょう。田園都市線の混雑が,かなり解消されるでしょうね。まあ上町から延びるのであれば,世田谷線・新玉川線とは別の地下鉄の設定,渋谷から都心方面への地下鉄は半蔵門線でいいのかなど,様々な問題が出てきますが・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/11

東急世田谷線は,結構坂を上ったり下りたりしていた

Setagayasen 久しぶりに乗った東急世田谷線。三軒茶屋から下高井戸まで,東京世田谷区内で完結する5kmの路線です。全線専用軌道を走りますが,電車は路面電車タイプの2両編成です。
 今日は運転席の脇で前方を見ていました。世田谷線は子どもの頃から何度となく乗っていましたが,全線で前方を見ながら乗車したのは初めてである様な気がします。
 何となく平地を走る路線というイメージがあったのですが,前を見ていると結構高低があります。思いのほか坂を上ったり下りたりします。世田谷というか東京の山の手というのは,とかくそんな所だという事ですね。
 写真は,松原駅近くの台地から下高井戸駅へ下りていくところですが,坂を下るのがわかるでしょうか。サンバイザーでちょっと見え難いですね。

(写真はクリックすると拡大します。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/10

梅丘のイタリアン「UNO」のピザランチを再び

Salmon_pizza 羽根木公園に観梅に行った時に,ランチとして以前紹介した事のある「UNO」でピザをいただきました。
 今回も生ハムと半熟玉子のピザでしたが,トッピングをスモークサーモンとしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/09

「ゴントラン シェリエ」のクロワッサン

Bread

 娘が渋谷のパン屋さん,「ゴントラン シェリエ」から買ってきたクロワッサンです。
 パリ18区モンマルトルに本店のあるブーランジェリーです。
 美しいですね。そのまま皿に載せて置いておくだけでバターの香りが香ってきます。それでいて見た目は全くテカテカしていません。
 見事なクロワッサンでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/08

東京世田谷区松蔭神社の洋食屋さん「ヒポポタマス」,ふたたび

Hippopotamus

 以前紹介した松蔭神社商店街の洋食屋さん「ヒポポタマス」。
 前にランチに訪れたときは「ガーリッククリームソースのハンバーグ」でしたが,今回はオーソドックスに「デミグラスソースのハンバーグ」です。
 このハンバーグ,800円台のガーリッククリームよりも値段が高く,930円でした。普通,スタンダードなデミグラスソースのハンバーグは店で一番安く,ガーリッククリームなどという「変わりハンバーグ」はそれより高いという値付けになるのではないかと思うのですが,ここではそうではありません。
 この店はそもそもシチューが売り物らしく,このデミグラスソースが売り物のビーフシチューそのものではないかと思います。ソースの中に,ビーフが入っていたような気がします。だから高いのかな?
 ガーリッククリームにもデミグラスを使っているのでしょうが,クリームでのばしていて,デミグラスは少量なのでしょう。
 とにかく,また機会があれば入ってみたい店です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/07

烏山川緑道が開通していた

Karasuyama_river

 最近,世田谷区役所周辺に行く機会が多いのですが,久しぶりに行ったら,補助154号線脇の烏山川の緑道が開通していました。
 以前紹介した2月下旬の時点では,工事中の柵に囲まれて閉鎖されていたのですが,今回訪れた3月初めには開通して,水も流れていました。
 写真は開通した烏山川緑道。左は旧都立明正高校のクラブハウス裏のプールですが,プールを囲む金網に,「国士舘大学梅丘キャンパス」という看板がかかっており,このプール跡やクラブハウスもやがてキャンパスになる事を示していました。
 写真の金網の奥のビルディングは,旧明正高校跡に建設された国士舘大学のビルです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/06

世田谷羽根木公園の梅

Hanegipark 東京世田谷区梅丘の羽根木公園の梅です。
 せたがや梅まつりが開催されていました。ちょうどこの日,3月5日までの開催でした。
 日曜日でもあり,多くの観梅客が訪れていました。最寄り駅は小田急線の梅ヶ丘駅と井の頭線の東松原駅で,梅ヶ丘や東松原の商店街などが,公園内にがテントで模擬店を出していました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/05

セブンイレブンで,パンと珈琲で200円の朝食

Conveni セブンイレブンが,3月8日から3月31日までの間,朝の時間帯にコーヒーとパンをセットで割安に販売する「朝セブン」を実施する事を発表しました。
 今はどうか分からないのですが,以前マックで,200円珈琲付きで朝食を食べた事があります。いつの事だったか分かりませんが,それ程何年も前ではありませんでした。
 マックの,席やコンセントやインターネットを提供した上で200円という朝食に対し,コンビニのパンと珈琲で200円というのは,それ程お得ではないのかもしれません。
 いずれにしろ朝は「習慣」というものがあるから,たった一ヶ月足らずでは,実験としても期間がみじかすぎるのではないでしょうか?
 まあ値段の事をいえば,ほとんど毎日出勤の途中にあるからという理由だけで入るスタバのカフェラテは,カフェラテだけで356円(税込み)だが・・・。

(写真は,フリー写真素材サイト「足成」より。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/04

小学生,高校生のインターネット利用時間

Net 内閣府の青少年のインターネット利用環境に関する2016年度の実態調査で,平日1日当たりのインターネット平均利用時間は,小学生で15年度より約8分延びて約1時間33分,高校生では15分近く延びて約3時間27分だったそうです。
 インターネットと一口に言っても,ゲームなのか,新聞を見ているのか,漫画を見ているのか,ラインでのやり取りをしているのか,ブログを書いているのか,インスタグラムにアップしているのか,YouTubeを見ているのか,事によったら自身で作った動画をネットに上げているのかもしれない。何をやっているかという事が重要で,利用時間が延びるのは,さらに様々なサービスがネット上に現れ続けているという事の証左だという事だけなのかもしれません。
 しかしテレビをだらだらと同じ時間見ているよりはましな時間の使い方なのかもしれません。
 昔の小学生,高校生は,これだけの時間,何をやっていたのでしょうね?

(イラストはフリーイラスト素材サイト「いらすとや」より。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/03

民泊被害のリアル

Minpaku ネット上に,「民泊被害のリアル」という記事がありました。民泊については,イギリス在住イギリス人の知人から以下の話を聞きました。
 イギリスではなく,大陸の話だそうですが,アパートメントの空室を民泊にしたら,本来の住人が様々な被害を被り,住環境が悪くなってみんなそのアパートから出て行ってしまったそうです。
 そんな状況は結局アパートメント一つに限らず,その地区全体がそんな事になり,住民の居ない民泊地区になってしまったという事です。
 私はだから,民泊は特区的な地域を限って普及すべきだと思っています。おそらく放っておいても,完全民泊地区になっていくでしょうwww。
 しかしつまるところ,民泊によってアパートから本来の住人が出ていってしまうのならば,民泊は空いている部屋を貸すという本来の形ではなく,建物全部が素泊まりのキッチン付きのホテル(たとえば「東急ステイ」という形式がありますね。それに京王は民泊ビルを大田区に建てました。)になってしまうのだろうと思います。それならば特区である必要がない。それならば,同じ建物の住人と余計な争いを起こさない。
 結局「空いている部屋を貸す」という形式は,個人の自宅の空き部屋を貸す(その建物に住んでいるのは大家だけ)というものだけにならざるを得ないように思います。
イギリスのB&Bや日本の民宿がそんな形式ですね(B&Bや民宿は食事を提供しますから,素泊まり基本の民泊とは少し違いますが・・・)。
 建物まるまる民泊施設(素泊まり台所付きのホテル形式)か自宅の一室に泊めるという形式しか,結局「民泊」というのは世界的にも成立しないのかもしれません。

(イラストはフリーイラスト素材サイト「いらすとや」より。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/02

東京世田谷「つりがね池公園」

Tsurigane_park1

Tsurigane_park2Tsurigane_park3Tsurigane_park4Tsurigane_park5 東京世田谷の「つりがね池公園」は,昔からある湧水池です。
 その昔雨が降らずに農民が困っていた時,この辺りにあった寺の僧が釣り鐘を抱いて池に身を沈め,雨を降らせたという故事にちなむと言われています。まあ池の名前の由来については,諸説ある様です。たとえば,水流ヶ根(つるがね)が語源だという説もあるようですね。
 この池はもう何十年も前に来た事があり,初めて訪れたときはこの池の湖尻から近くの仙川まで,開渠の川が続いていた様に思いましたが,今はほとんど暗渠となって,道路の下に埋もれています。最後の写真は仙川に口を開いた池からの暗渠です。その一つ前の写真が湖尻。その前の写真は湖尻の反対側。池の中央部分に橋が架かっていて,その橋の上から撮影しました。
 もう一つ前の写真に,その橋と赤い社が写っています。冒頭の写真は,その橋のたもとにある公園名の標識です。
 昔は辺りの林と共に景勝地として有名だった様ですが,今では住宅地の中の狭い公園となってしまいました。狭いといえば,何しろ公園のほとんどを池が占めているというか,池とそのほとりの遊歩道しかない公園です。今では池の水は処理された水だと思いますが,なかなかきれいな水です。
 小田急線の祖師ケ谷大蔵から歩いて15分くらい。池の近くまで,小田急バスで世田谷区のコミュニティーバスも運行されています。
 池の辺りは窪地になっていますが,東京というのは結構このようなちょっとした高低がある地形の場所が多いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/01

森友学園問題

Moritomo_google_map 連日野党の追及が続く安倍首相の森友学園問題。最近も園児に「首相がんばれ」と宣誓させたという事で話題になっています。
 ヘイトもさることながら,ここまでおかしな学園だという事になると,安倍首相が支持しているとか思想的に同じだとかとは思えず,「変なのにつかまってしまったね」という感じしかしません。
 まあ首相側も脇が甘かったという事はあるのですが,連日追求する野党側への時間つぶし・穀潰し感も相当湧いてきます。
 誹謗中傷はいい加減にして,早い事,事実関係を調べてください。土地価格の問題とか,この学園を首相に紹介したのは誰なのかとか・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »