« 夏の花 | トップページ | ステーキガストの「こぶしハンバーグ」 »

2017/06/28

日本から百貨店・銀行・老人ホームが消える日

Depart ネット上に「日本から百貨店・銀行・老人ホームが消える日」という記事がありました。実際には,「日本から消える」というのではなくて,「地方から消える」という記事です。
 このような記事はよく見かけるのですが,今と同じには暮らせないという事で,それが悲観的な事なのかどうか疑問です。今とは社会の構造が変わるだけ。
 消えた商売なんて昔からたくさんあっりました。レコード針は昔の様にあちこちで売っていません。ラオ屋さんなんて時代劇にも出てこない,落語に出てくるだけwww。
 江戸時代の日本の人口なんて,3000万人いるかいないかではなかったか? それであの繁栄。
 何が心配なのでしょうか? 頭ハゲるよ(えっ,もうハゲてるって!)。
 今と違うことを恐れて,どうするんでしょうか。

|

« 夏の花 | トップページ | ステーキガストの「こぶしハンバーグ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1297/65454666

この記事へのトラックバック一覧です: 日本から百貨店・銀行・老人ホームが消える日:

« 夏の花 | トップページ | ステーキガストの「こぶしハンバーグ」 »