« 2017年10月 | トップページ

2017/11/21

アマゾンの無人コンビニがシアトルでオープン

Conveni 1年間試験的に実施されてきた「アマゾン・ゴー」というサービスがいよいよ実用化の準備が整ったというニュースがありました
 携帯電話にインストールされたアプリを使う事,レジを経由せずに支払いを済ませて店外に出ることができる事が特徴となっています。
 まあ,いいのか悪いのか,今のコンビニでは店員がなん歳くらいの客かを打ち込み,買い物日時や買った品物と紐付けしていますが,アマゾンの無人システムでは,どこの誰がいつ何を買ったかまでデータ収集されるわけですね。

(イラストは,フリーイラスト素材サイト「いらすとや」より。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/20

安倍内閣の支持率,5ヶ月ぶりに支持が不支持を上回った

Jimintou 11月13日のニュースで,「安倍内閣の11月の支持率は53.1%となり,5か月ぶりに支持が不支持を上回ったことがわかった。」という記事がありました
 自民党の中に保守とリベラルが居るのは旧民進党と同じなのですが,あの規模で両者が同居しているのは,旧民進党の規模で両者が同居しているのとはワケが違います。
 これはもう野党がどうあがこうが仕方ないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/19

坂本龍馬が教科書から消える?

Sakamotoryoma 「坂本龍馬が教科書から消える」というニュースがネット上にありました。坂本龍馬だけでなく,武田信玄,上杉謙信,吉田松陰なども消える可能性がある様です。
 つまり「幕末維新で本当に大きな役割を負っていたのか」という事を考えて教科書の記述を考慮するという事です。
 でも,この方達は,本当に幕末にあまり大きな役割を負っていなかったのでしょうかね?

(イラストは,フリーイラスト素材サイト「いらすとや」から拝借しました。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/18

信州フィギュアシリーズ

Ski_figure

 最近,JR東日本フィギュア,みちのくフィギュアシリーズの事を書きましたが,今回の写真は信州フィギュアシリーズの一品です。
 スキージャンプのフィギュアですね。ちょっとカッコいいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/17

駒ヶ根のカツ丼店「明治亭」のエビひれ丼

Meijitei

 敗血症だといわれて入院し,実は流行性感冒だった事が分かったカミさんの母上のお見舞いに長野市へいきました。
 そのとき駅ビルのレストラン街でたべたのが「明治亭」のエビひれ丼です。ヒレカツ二枚と大きなエビが二本,ご飯とたっぷりのキャベツの上に乗っている丼です。
 「明治亭」は長野県駒ヶ根に本店のあるカツ丼の店です。駒ヶ根のカツ丼は,以前このブログで紹介した事がありますが,カツを甘いソースにどっぷり浸けて,ご飯とキャベツの上に盛り合わせたものです。
 なによりソースが美味しい。ソースに浸けるためか衣は厚めです。好みによるのでしょうが,衣が厚く,サクッという食感ではなく,多少衣が固めというところもあって冷凍トンカツという感じがするのが,好き嫌いがわかれるところです。私としては,「うーん,トンカツの安売り店「かつや」は優秀だ」とあらためて感じました。しかし「明治亭」の甘いソースはおいしかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/16

世田谷の代官屋敷

Daikanyashiki2DaikanyashikiDaikanyashiki3 昨日話題にした世田谷区立郷土資料館は世田谷代官屋敷の敷地の中にあります。
 代官屋敷は彦根藩井伊家世田谷領の代官を世襲した大場家の私邸・役宅です。代官屋敷の前の通りは「ぼろ市通り」と呼ばれ,毎年1月15・16日と12月15・16日に行われる「ぼろ市」という,蚤の市に由来します。私が小学生の頃は,学校でぼろ市に行った時の注意を書いたプリントが配られ,友達と綿菓子や柔らかいカラフルなオコシのような駄菓子を買って歩いたものです。大人には植木市が人気でしたね。いまも最寄りの東急世田谷線は,当日は特別ダイヤで増発運転されています。

(最初の写真は,代官屋敷の屋敷門。ここを開けて外に出たところが「ぼろ市通り」)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/15

世田谷区郷土資料館平成29年特別展「地図でみる世田谷」

Zuroku_building

Map_zuroku 世田谷区郷土資料館平成29年特別展「地図でみる世田谷」へ行ってきました。この展示については,私がいつも覗いているいくつかのブログで紹介されていて,中学生まで世田谷区に住んでいた私としては,これは行ってみなければという気がしていた展示会でした。
 展示自身は大きいといえども細かい字で書いてあるもので,それほど明るくない照明のなかでガラスの向うの地図は細かく閲覧する事はできませんでした。しかしながら,今回の展示では相当厚い図録が販売されています。展示されたほとんどの地図が解説入で図録に載っています。まあ図録もA4版なので,見やすいとは言い難い。でもこの図録にはDVDが付属していて,地図がパソコン上で見られるのです。パソコン上で拡大してみれば,完璧に地図の細かいところまで確認できます。さらに「第二本職業別明細図」の東京市世田谷区版が,原寸で,入っている封筒まで再現されて,付属しています。これで1000円というのは安いと言わざるを得ません。
 この厚い図録,単に図だけではなく,道路,学校,上水道,鉄道,バスなど,様々なアイテムについての解説も載っており,世田谷区を知る人にとっては格好の読み物になっています。立派な紙を使った220ページに及ぶ力作の図録には脱帽しました。
 ところでウチのMacBookAirには,DVDプレイヤーがついていません。接続するディスクプレイヤーを持っているのですが,わたしはCDプレイヤーだとばかり思っていました。試しに図録付属のDVDをかけてみたら立派に作動して,これがDVDプレイヤーである事が分かりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/14

クッションの形は・・・・・

Unchi ウチの娘がゲームでとってきたクッションです。正確に言えば,娘の彼氏がとったらしいのですが,ウチにやってきました。
 ウンコのクッションです。・・・・・うそです。実はチョココロネのクッションです。
 以前風鈴市で,ウンコに似ているからという理由で風鈴を買ってきたウンコ好きの娘ですから,かなり気に入っている様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/13

北海道新幹線の営業成績

Shinkansen_figure 2016年3月に開通した北海道新幹線の開通初年度収支が発表されました。それによると54億円の赤字。開通前の予想は48億円の赤字で,6億円程赤字幅は大きかったわけです。
 北海道新幹線はまだ未完成。もう少し長い目でみるひつようがあるでしょう。
 しかし本当は,千歳や旭川など,航空アクセス地点から道内に伸ばしていくべきだったように思います。道内路線網が完成した後、本州とつなげる。
 道内在住の旅行者も道外からの観光客も,その方が新幹線の利用価値が高いはず。
 九州新幹線は鹿児島から伸ばしていって,最後に博多に到達して在来新幹線と接続しましたよね。

(写真はみちのくシリーズのフィギュアー。青函トンネルと新幹線H5系。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/12

イギリス料理はまずい?

English_diner

 ネット上に「イギリス料理が「まずい」原因は、産業革命だった!?」という記事がありました
 記事を読んでも,どうしてイギリス料理がまずくなったのか,よくわかりません。記事では「産業化の過程で村と祭りを破壊したイギリスは、培ってきた食の能力を維持できず、味付けや調理の基準も衰退して、料理人の責任放棄が蔓延(まんえん)することとなった。」としているのですが,うまい料理というのは,貧富に関わらず,人の根源的な欲求だと思うのです。それが失われたというのが理解できないのです。
 私はむしろ,外国人がイギリス料理をまずいと思い込んでいるのではないかと思います。
 イギリス料理は,記事にあるように最低限の味付けしかなされない状態でサーブされ,客が好みの味付けをして食べます。イギリス料理がまずいのは,そういう食べ方に慣れていない外国人が,上手く自分で味付けできないのだと,個人的には思っています。
 サーブされた料理を,三ツ星シェフが卓上で味付けしたら,どうなるのでしょうね?
 しかし客に味付けさせるなら,最低限醤油と味の素は備えておいて欲しいと思いますwww。

(イギリスデボン州のダートムーアで経験したイギリス料理。普通に美味かったが・・・。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/11

JR東日本鉄道コレクション「一の戸橋梁を渡るSLばんえつ物語」

Bridge

 いままで2回紹介したJR東日本鉄道コレクションというガチャフィギュアのシリーズ。今回出てきたのははJR蒲田駅でゲットした橋梁を渡るSL列車でした。
 実のところ,私が一番欲しかったフィギュアです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/10

EVは世界のどの国でも通用するのか?

Ev 中国,EV最強国へという記事がありました。ニューヨークタイムズの記事です。また,車はEVシフト,世界はEUシフトという記事もありました
 中国の場合,そもそもガソリンエンジン車では外国車にかなわないからという理由もあるのでしょうが,広い国土の津々浦々,地方にまでガソリンスタンドを設置してそこにガソリンを配達する困難と,電気を配達する困難を比べれば,電気は遥かに容易でしょう。そもそも人が住んでいる限り電気は必要で,電気を送る設備を設けた上,さらにガソリンスタンドを設置するより,電気だけを送ってそれを使って車が動けば,それにこした事がありません。
 中国だけでなく,今電気が国中に行き渡っていない国,例えばインドなどでも,電気の他にガソリンスタンドを設置する必要のないEVは,将来の車の選択としては賢い選択だと思えます。
 まあ,CO2とか中国が気にしているスモッグの元などは,原子力か水力か太陽光や風力を使わない限り(といっても,莫大なEVの電力をまかなうなら,原子力か火力に頼らざるを得ないでしょうが)電気を作る為に排出する事になり,国全体としてEVが優れているとはいえないでしょう。
 ほぼ国中にガソリンが行き渡り,電気もいき渡っている日本などの国では,果たしてEVが何かの理由で有利であるかどうか疑問です。むしろHVの方が適している様な気もします。
 しかしHVが増えて,燃費が改善されて,ガソリンが売れなくなって,ガソリンスタンドが廃業して,近所にガソリンスタンドが無くなる事は将来的に考えられるので,そうなれば必然的にEVを使わざるを得ない事になるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/09

秋が深まり鍋の時期に・・・・・

Meat_tower

 お肉のタワー。野菜をタワーの様に盛り上げ,その周りに豚バラ肉を巻き付けたものです。
 ヤマサ匠鍋 白みそ肉鍋つゆを使って作る鍋。
 秋が深まり,涼しくなってきて,鍋の時期になってきましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/08

ヤマダ電機が電気自動車 20年までに、100万円以下

Making_car ヤマダ電機が,2020年までに電気自動車を100万円以下で発売するという報道がありました。開発・設計はトヨタ自動車グループのEV技術者が立ち上げたベンチャー企業FOMM,組立ては船井電機,部品などを中国製として安価を狙うという事です。
 ガソリン自動車の黎明期にも,異業種会社からたくさん自動車が生まれました。
 成功したものだけでも・・・、
 繊維機械の会社が自動車を作り,やがて自動車部門を分社化しました。豊田自動織機とトヨタ自動車ですね。
 コルクを生産する「東洋コルク工業株式会社」が自動車を作り,東洋工業から現在ではマツダという,コルク会社時代の社長の姓からとった名前のブランドになりました。
 まあ黎明期には,いつでも魅力的な商品には異業種からの参入がたくさんあるという事ですね。
 もっとも,電気製品であるEVをヤマダ電機が販売するのは,まだ織機メーカーやコルクメーカーが自動車を作るより関連性はある様に思いますwww。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/07

秩父行きの電車も混雑

Seibu_for_chichibu3Seibu_for_chichibu1 昨日の秩父行きの際,飯能駅から東飯能駅までの1駅だけ乗った西武秩父行き電車です。
 飯能からの西武秩父行きは,通常4000系というクロスシートの4両編成電車で運行されるのが普通ですが,今回乗ったのは2000系8両編成。
 三連休のなか日という事で,お客さんが多かった様ですね。飯能駅もリュックを背負って,いかにも山登り,ハイキングという格好の人々で混雑していました。駅構内のトイレなども混雑していて,男性トイレでさえ列ができていましたが,私たちは東横線の駅で「東急西武線まるごと切符」という,副都心線と西武線内は乗降自由という切符を買っていましたから,飯能駅の改札を出て,駅ビルpepeのトイレを利用する事ができました。その切符で再び入場し,東飯能まで電車に乗る事ができたのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/06

再び龍勢会館へ。そしてピザをいただきました。

Naguri_koChichibu_pizza1Chichibu_pizza2 三連休のなか日,11月4日土曜日,空は曇り模様でしたが,秩父へ出かけました。
 西武秩父駅前のステーションでタイムズカーシェアの車を借りる予定でしたが,全ての車に予約が入っていて借りる事ができません。そこで,飯能駅のステーションで借りる事にしました。無事予約ができてやれやれと思っていたら,前日の11月3日,タイムズから電話がかかってきました。飯能駅前のステーションは飯能市街の祭りのため,午前の出庫はできるが午後は入庫ができないとの事。飯能駅前で借りて少し離れたタイムズの別の駐車場に返却するか,東飯能のステーションの車に予約変更してほしいとの事。そこで飯能から一駅秩父よりの東飯能で車を借りる事にしました。
 東飯能駅から名栗村(今は合併して飯能市名栗地区)へ。そして有馬ダム・名栗湖を見物して山伏峠を超えて秩父へ。秩父へ行く車が多く,名栗村から正丸トンネル出口で合流した国道229号線が度々渋滞しました。混雑で道の駅秩父に寄る事もできず,すぐに以前行った事のある道の駅龍勢会館へ。
 以前行った時には蕎麦を食べたのですが,今回はピザをいただきました。しめじ・舞茸・チキンのピザとイチジクのデザートピザ。店のれんが造りの釜で焼いている,天然酵母を使った手作りピザです。地元のキノコやイチジクを使った本格的な釜焼きピザで,生地のモッチリ感,そして小麦の香り,チーズの香り・・・,おいしいピザでした。

(最初の写真は名栗湖。紅葉はこれからですね。そしてピザ2種類。このレストランでは,コーヒーにもこだわって自家焙煎しています。コーヒーの水にもこだわり,秩父の毘沙門水という天然水を使用しているそうです。「毘沙門水」は秩父郡小鹿野町で産する名水として知られています。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/05

横浜日吉プクプク亭のミソカツ

Katsu

 先日,横浜日吉のプクプク亭のハンバーグランチを紹介しましたが,今日のランチはもち豚のミソカツです。写真の奥に見えるのは,カニクリームコロッケ。
 粗めでさくさくの衣,甘い味噌ソースで食が進みます。甘いミソカツと甘くないコロッケのハーモニー。コロッケを頼んで正解でした。このサイドメニューのカニクリームコロッケ,思いのほか大きかったです。そしてカニクリームコロッケの蟹風味感は満点で,美味しかったですね。このクリームコロッケ+ライスだけでも,十分ランチにはなりそうでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/04

秋のアジサイ

Ajisai_autmun 近所に咲いていたアジサイです。今咲いているのです。
 アジサイといえば,梅雨期につきものの花で,雨とアジサイとカタツムリが描かれた絵が思い浮かぶのですが,今の時期にも咲くのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/03

ペラペラな親ほど早期英語教育に冷淡?

English ペラペラな親ほど早期英語教育に冷淡で英語がダメな親ほど超必死という記事がネット上にありました
 これは言えてるかもしれませんね。
 知合いのご夫婦。仕事でイギリスに赴任していましたが,イギリス赴任中にお嬢さんが生まれました。このお嬢さん,幼稚園までイギリスで過ごし,小学校に上がる時に日本に帰ってきました。
 自身の経験から,英語なんて必要な時には覚えるさという事で,このご夫婦はお子さんに英語教育は行わなかった。そのため,幼稚園までバイリンガルで育ったお嬢さんが,小学校6年間ですっかり英語を忘れてしまいました。
 ところが,中学校に入って英語の授業で,意味は分からないものの,ネイティブの先生の発音がばっちり聞き取れたそうです。好きこそものの上手なれの逆で,上手ならば好きになるという事で,今では社会人になって,英語で仕事をしています。
 自身の経験から「英語なんて必要な時には覚えるさ」という親なら,そりゃあ早期英語教育に冷淡でしょうね。
 しかし,図らずも早期英語教育をなされたお嬢さんが,英語を忘れたとはいえ耳が英語を覚えていて,英語が得意になっていったという事を考えると,やはり早期英語教育の効果はあるのかなとは思います。

(イラストは,フリーイラスト素材サイト「いらすとや」より。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/02

日吉の沖縄食堂で,「ラフティそば」

Raftey いつもはラフティ定食を食べる日吉の沖縄食堂で,今日はラフティそばを注文してみました。
 魚系だしのスープと,甘辛いラフティ,つまり豚の角煮が,なかなか絶妙なハーモニーでした。
 今日のは特に立派なラフティで,美味しかった。まあ角煮というのは,自然なものですから赤身が多いとき,脂身が多いとき,様々なのですが,今回のラフティは赤身と脂身のバランスが絶妙でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/01

車の完全自動運転

Car_driving ネット上に「完全自動運転車に43.9%が「No」…市販されても購入の意志なし」という記事がありました
 今の段階では,どのくらい「完全」かも分からないのだから,今聞いてもしょうがないように思いますが,まあ呼べば一人でやってきて,専門のドライバーを雇ったかの如く全ての状況に対応し,完璧に運転をこなしてくれるのならば,私は欲しいですよ。
 しかし,自動車がロボット化し自立して動く・・・という現在の方法の自動運転では,完全自動運転はおぼつかないと思います。今の鉄道の様に,中央管制センターで,車の行き先と現在位置を,管轄する地域の全ての自動車について把握し,そこから1台1台の車をリモートコントロールするという方法が実用的だと思います。ロボット車を一生懸命開発しようとしている今のメーカーには申し訳ないのですが,リモートコントロール方式なら,現在のアイサイトのような,障害物を発見したら停止する程度の機構を車につけておけば十分です。
 地方ではともかく,すくなくとも都市部ではその方法の方が実用的だと思います。
 このようなリモートコントロールシステムでは,中央でコントロールするのはちろんAIですね。そうでなければ,これだけの数の車の一つ一つの動きを把握するなど,不可能でしょう。
 そう考えると,この方法が完成するには,すくなくともAIが進歩していなければならず,まあ,20年くらいの間にはできないでしょうね。現在整備をすすめているような制裁なGPSナビ技術も必要です。

 ところで,同じ趣旨の記事をどこかで書いた様な気がしたのですが,これでした。

 イラストは,フリーイラスト素材サイト「いらすとや」より。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年10月 | トップページ