« 児童文学「天の園」の舞台へ | トップページ | 高坂の日本セメント専用線跡,残りの部分の工事が始まっていた »

2017/12/28

「天の国」の舞台での昼食

 昨日紹介した児童文学「天の国」の舞台での昼食は,作品の中でおひさ茶屋という名で出てくる日の出家です。ここにも以前来た事があります
 日の出家は50年続く店です。峠の茶屋の時代から数えると150年になるといいます。岩殿山(作品中では「物見山ともいう」という注釈が付いてきます。今では物見山の方が一般的なようです),子供たちの間では「岩どん」と呼ばれている景勝地の麓にある店です。
 HinodeyaHinodeya_innerviewHinodeya_unagisoba

 以前と同じく,鰻と蕎麦のセットをたのんだのですが,値段は2100円,1年前と同じ値段でした。おいしい鰻,それと冷たい蕎麦。この時期,薬味に柚子が混ぜられており,柚子の香りで蕎麦をいただきました。以前もそう思いましたが,これで2100円はお得です。

|

« 児童文学「天の園」の舞台へ | トップページ | 高坂の日本セメント専用線跡,残りの部分の工事が始まっていた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1297/66191594

この記事へのトラックバック一覧です: 「天の国」の舞台での昼食:

« 児童文学「天の園」の舞台へ | トップページ | 高坂の日本セメント専用線跡,残りの部分の工事が始まっていた »