« 「てんや」の春 | トップページ | アスパラガスなんですがね・・・・・ »

2018/01/30

コインチェックの仮想通貨盗難について

Nem 大手仮想通貨取引所コインチェックから,NEMという仮想通貨が580億円あまり盗まれた事件,何しろ過去最大の現金盗難事件は6億円ですから,いかに巨額の盗難事件であるかがわかります。
 NEMはビットコイン程自由気ままな仮想通貨ではなく,NEM財団や在野の善良なハッカーのおかげで,盗まれた仮想通貨が今どこに存在しているかが知られており,コインチョック社ではそれを保全して取り返す手段を講じている最中だと言われています。
 そんな折,ネット上に「コインチェックの財布はどこが抜け穴だったのか」という記事がアップされました。コインチェック社と同業の仮想通貨取引所を運営している方にインタビューした記事で,ちょっとポジショントーク的なところはありますが,今回の盗難の一端を解説した良記事だと思います。
 今回の盗難は,580億ものNEMをホットウォレットに置いていたことが盗難につながったわけですが,この記事によると,仮想通貨はホットウォレットに置いておくのが取引所会社側もユーザー側も便利との事です。まあ常識的にもその通りでしょうが,現在コインチェック社が自己資金で補填しますと言っているのが本当なら,自賠償できるくらいをホットウォレットに置いていて,それが被害にあったということも考えられますね。いざという時に補償できる範囲内で,セキュリティーよりも自社や顧客の利便性を重視したという事。または,セキュリティーを万全にするに越したことはないのですが,何を優先するのかということで順位が低かったことも考えられます。
 この記事にを読んだ上での結論としては,仮想通貨はセキュリティ云々よりも,資金力のある取引所を使うのが安心で便利ということになりますか?

|

« 「てんや」の春 | トップページ | アスパラガスなんですがね・・・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1297/66335362

この記事へのトラックバック一覧です: コインチェックの仮想通貨盗難について:

« 「てんや」の春 | トップページ | アスパラガスなんですがね・・・・・ »