« 倉知淳「ほうかご探偵隊」 | トップページ | 森友問題〜何故後で書き換えなければならない様な文書を作ったの? »

2018/03/18

京急の120周年記念塗装車

Keikyu1

 京急川崎駅,大師線ホームに停まっていた電車を見たら,4両編成の各車両が違う塗装となっていました。これは「京急120年の歩み号」として1500形1521編成を4種類の旧塗装にした記念編成です。
 窓周りが白い塗装,今の白帯塗装,赤とオレンジっぽい黄色のツートンカラー塗装,そして真っ赤にリベットを描き,ドアを木製風とした京浜電気鉄道デ51形を模した車両の4種類。
 上の写真の赤とオレンジっぽい黄色のツートン塗装は覚えていますが,当時はこんな艶やかなものではなく,もっとくすんだ感じだったと思います。
 下の写真はデ51形塗装車で,リベットが見えますが,これはもちろん描いた物で,本当にリベットが打ち込んであるわけではありません。ドアが開いているので,写真では木製風のドアを見る事ができません。

Keikyu2

|

« 倉知淳「ほうかご探偵隊」 | トップページ | 森友問題〜何故後で書き換えなければならない様な文書を作ったの? »

コメント

京急のこのカラーリング、知りませんでした!来週、横浜へお墓参りに行く予定のため、浅草駅でしばしチェックしてみます。ありがとうございました。

投稿: 柏木仁志 | 2018/03/21 07:42

柏木さん,コメントありがとうございました。
京急川崎駅大師線ホームでたまたま見かけた編成です。
京急120周年という事は,大師線ができて120年という事ですね。京急はそもそも川崎大師参詣の為の鉄道として六郷橋ー川崎大師間で生まれ,東京,横浜から参詣客を集める為に川崎から両方向へ路線を延ばし,今ではそっちが本線になってしまいました。
川崎大師で当てた京急は,川崎大師の対岸,多摩川の東京側にある穴守稲荷参詣に目をつけ,穴守線が生まれました。これが今では空港線になって,羽田空港へのルートとして主要路線になってしまいました。京急発祥の大師線は,すっかりローカル線ですね。
あっ,それから,この編成は大師線専用の4両編成ですから,浅草駅にはやってきません。

投稿: Alice堂 | 2018/03/23 23:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1297/66504641

この記事へのトラックバック一覧です: 京急の120周年記念塗装車:

« 倉知淳「ほうかご探偵隊」 | トップページ | 森友問題〜何故後で書き換えなければならない様な文書を作ったの? »