« 北朝鮮,軟化? | トップページ | 改ざんを認める »

2018/03/11

北朝鮮の雪解けムード?

North_korea_2 昨日書いた北朝鮮が態度を変えてきた事について,もう少し考えます。まあ結局昨日の話になるんですが。
 今回のような北朝鮮の雪解けムードの裏で,「北朝鮮が着々と核を用意していて,あるところで席を蹴って決裂し,裏で着々と準備していた核を表に出す」というのが常道ですから,それほどの期待はできません。しかし,このようなムードで居る限りは,北の核の準備は進むでしょうが,暴発は防げるという事はあります。まあそれが,このような雪解けムードの唯一のメリットといえるでしょう。なるだけウダウダと会談のムードを維持しながら,会談開催をのばすというのが北の暴発を防ぐ手段になり得ます。会談を開いてしまえば,あとは北が席を蹴って決裂する事を待つばかりになってしまいますからね。
 「日本が蚊帳の外」という話もありますが,安倍首相は早速ドランプ氏と電話会談を済ませた様ですし,蚊帳の中に入ってもどうせ「北が席を蹴る,その場でなくても会談後間もなく・・・」という結末で終わる「蚊帳」ですから,外から眺めていてもよくないですか?
 北から遠いアメリカ,北に近い日本ということで,自ずとアメリカとは細かいところで意見の違いはあると思いますが,安倍首相がトランプ氏と築いたパイプを使って,むしろトランプ氏のご意見番というやり方でいいと思いますよ。蚊帳の中へまるまる入って北と対峙するより,むしろトランプ氏を動かすという事で。
 まあ,トランプ氏がどれだけ動いてくれるのかが問題ですが。
 中国も金正恩政権になってから,習主席は「蚊帳の外に居る」というスタンスをとっている様に思えます。

|

« 北朝鮮,軟化? | トップページ | 改ざんを認める »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1297/66480148

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮の雪解けムード?:

« 北朝鮮,軟化? | トップページ | 改ざんを認める »