« 池上彰と林修の冠番組がテレビで増えた意味? | トップページ | CaffeVeloceのカフェオレ »

2018/04/17

三谷幸喜脚本の「黒井戸殺し」

Akroid 4月14日土曜日に放送されたフジテレビの推理ドラマ「黒井戸殺し」。クリスティーの名高い推理小説「アクロイド殺し」のドラマ化です。
 2015年に放送された「オリエント急行殺人事件」と同じく,野村萬斎の名探偵エルキュール・ポアロならぬ勝呂武尊が村の名士,黒井戸氏を殺害した犯人を推理します。そしてワトソン役に大泉洋を迎え,シェパード医師ならぬ柴平祐医師を演じます。
 冒頭のカボチャに八つ当たりする名探偵登場シーン,ラストの犯人の独白のセリフなど,クリスティーの原作で,これが入っていなければというエピソードはほとんど全て映像化されていて,三谷幸喜氏のクリスティー愛が伺えて,非常に好ましいドラマ化がなされていました。
 これはもう,次を期待せざるを得ない出来映えでした。

|

« 池上彰と林修の冠番組がテレビで増えた意味? | トップページ | CaffeVeloceのカフェオレ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1297/66614443

この記事へのトラックバック一覧です: 三谷幸喜脚本の「黒井戸殺し」:

« 池上彰と林修の冠番組がテレビで増えた意味? | トップページ | CaffeVeloceのカフェオレ »