« シャープがPC事業に再参入 | トップページ | 米朝首脳会談がおこなわれましたね »

2018/06/12

日大闘争が作った,日大の今の組織

Nichidai 1968年,日大の不正追及に学生たちが立ち上がった「日大闘争」から50年,日大全学共闘会議(全共闘)の元メンバーが6月10日に「日大全共闘結成50周年の集い」を開いたという報道がありました。参加者は日大アメリカンフットボール部の「悪質タックル」問題での大学側の対応と当時を重ね「大学の対応は50年前と何も変わっていない。我々も共に闘うぞと叫びたい」と学生に呼びかけたとの事です。
 日大OBである知人に聞いた話ですが,この日大闘争を収拾するために,教育者のポストだった大学の最高位「総長」を廃止し,経営者のポストである「理事長」が大学の最高位について,その下に教育者のポスト「学長」を置くという今の構造が出来上がったそうです。
 それが腐敗を生み,大学をおかしくしている。その根本原因を作ったのは,全共闘。
 そう考えると,全共闘メンバーが集い,アメフト問題追求を訴えるのは「必然」というか,「お前達が原因でこんな大学になったのだから,お前達がなんとかしろよ」という気もします。

|

« シャープがPC事業に再参入 | トップページ | 米朝首脳会談がおこなわれましたね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1297/66815507

この記事へのトラックバック一覧です: 日大闘争が作った,日大の今の組織:

« シャープがPC事業に再参入 | トップページ | 米朝首脳会談がおこなわれましたね »