« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018/07/31

オーケーストア

Ok

 ネット上にオーケーストアの記事がありました。オーケーストアが7年連続顧客満足度1位という話はよく記事に書かれています。
 普通スーパーで安いのはプライベートブランド。それがナショナルブランドが安いのがオーケー。
オーケーが新規開店すると,近所の地価も高くなるという伝説もある。
ウチのカミさんは,歩いて15分くらいかかるオーケーに,タクシーで行きたいという本末転倒。ここまでいくと宗教か?
(近所の奥さんを誘って,4人でタクシーで帰ってくる様です。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/30

「チコちゃんに叱られる」が受けている

Chiko NHKのバラエティ番組「チコちゃんに叱られる」。度々その好調ぶりがたびたび新聞や雑誌の記事になっています
 私の職場にこの番組のロケ依頼が来たというので依頼状を見せてもらったら,NHKとともに制作会社の名前が書いてありました。検索したらなんとフジテレビの子会社でした。
 フジテレビの子会社が制作している,NHKの中のフジテレビ番組だったんですね。フジテレビ局内で没になった企画だったのかどうか分かりませんが,民放各局で放送できなかった番組をNHKが取り上げてみてもいいのかもしれません。
 チコちゃんの声をやっているキム兄,木村祐一はインタビューで「任されてますから、全部。正解、不正解の判断もVTRにいくタイミングも、指示を仰がずに完全に僕がやってますんで」と言っていますが,そういう意味ではドキュメンタリーに近いおもしろさがあるのかもしれません。
 この番組,チコちゃんの顔や時には全身がCGで出来ているわけです。着ぐるみのチコちゃんを6台のカメラで撮影してその頭部をCGに置き換えているそうで,ここら辺の技術は,NHKのドラマ「精霊の守びと」などでも使われたCG技術を使いNHKアートというグループが製作しているそうです。この番組,結構お金と技術が必要で,NHKにしか出来なかったのかもしれません。

(イラストは,チコちゃんのLineスタンプ。家に弁当を忘れて出社した時,カミさんから「ボーっと生きてんじゃねーよ!」の,あの顔のLineが届きました。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/29

酒離れは若者だけじゃない

Liquor 「若者だけではなかった!酒離れの主役たち」という記事がありました。10年前と現在を比べると,60代と70代以上では10年前より酒量が増えているのに,それ以外の年代全ては酒量は10年前より減っているという記事です。
 60代,70代は,20年前には40代,50代だったわけで,そのころ会社の同僚と飲む機会が今より多かった事と思われ,それがそのまま現在の60代,70代に持ち越されている様な気がします。会社・仕事関係の飲みが減ってきた年代は全体的に酒量が減っているのでしょうね。
 むしろ今の20代〜40代の飲み方の方が「まとも」だと思います。

(写真は,フリー写真素材サイト「足成」より。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/28

台風12号は西へ

Daifu12 7月28日に台風12号が太平洋から関東地方に上陸して,そのまま日本海へ抜けるという予報がありました。しかし昨日以来予報がかわり,東海から近畿に上陸して西に進むという異例の動きをみせています。
 28日の今日,東京地方は早朝まで降っていた雨は朝8:00の段階では止んで曇りとなっています。今にも降り出しそうな天気ではあります。
 先日まで関東直撃というニュースが流れ,週末に予定されていた夏祭りは各地で中止や延期が発表され,商店は休業が予報されていました。
 台風は水害のあった中国・四国地方に向っています。どうなることかと思います。「お気をつけ下さい」としかいえません。

(写真は気象庁のホームページより。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/27

2030年には,人材余剰に?

Ai_illust 三菱総研が2030年の労働市場を試算し,現在の人手不足は一転して人材余剰になると発表しました
 この事はAIの研究が進化してきて,ずいぶん前からいわれてきています。現在の職業を考える限り,ガテン系も事務系も,AIの発達で人の労働が広い意味での機械に置き換えられる事は明らかです。しかし,AIのおかげで今は存在しない,あるいは少ししか需要のない仕事が大きな需要を生むという時代になってくる可能性があります。
 元の記事でも言及されている様に,「2030年には事務職が120万人、生産職が90万人過剰になる。一方、専門技術職は170万人の不足が予測される」というわけですね。不足が予想されている専門技術職の最たるものは,AIをメインテナンスする技術者でしょう。
 単純に過剰と不足を引き算すると,40万人は余剰になるわけですが,おそらくそれで済まないでしょうね。現在たくさん居る事務職・生産職と専門技術職では,労働者の興味のありようというか,文科系と理科系・技術系的な違いがあるでしょうから,事務職がなくなったから専門技術職に就くというわけにはいかないでしょう。単純計算で40万人が余剰という引き算の問題ではなく,専門技術職に就けない人が多くいて,余剰者は40万人どころではなく,専門技術職不足はなかなか解消されないでしょう。
 そう考えると,専門技術職は引く手あまたとなって高給取りになり,AIを運用する為にはかなりコストがかかる事も考えられます。→結局,AIに置き換わらなかったりして・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/26

入れ墨タブー日本

Tatoo 「入れ墨タブー ニッポンは非常識?」という記事が新聞にありました
 記事の冒頭で言及されている,メッシ,ネイマール,ラキティッチなど,明らかに日本人でない人がタトゥーを入れていて入浴したりプールに入っていたりしても構わないのですよ。
 タトゥーを排除するのが本質ではなく,反社会勢力を排除しようという事なのですから。
 日本人でタトゥーを入れるのなら,これらの場所で排除されることを覚悟しときなさいということです。
 外国人でも,中国や韓国の方は,日本人と区別がつきにくいのでお気の毒です。

 日本人でも,ほんの小さなハート形など,いかにも根性なさそうなタトゥーなら,許していいかも。要するに反社会勢力の排除が目的なのだから・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/25

ミニシアター映画館の再生

Movie_theatre シネマコンプレックスは隆盛ですが,街中のミニシアターが消えていく昨今,閉館した映画館を再生させようと奮闘する方の事を書いた記事を読みました

 この男性曰く,「日本はそもそも映画館の運営費用が高すぎるんです。単独資本で運営しようとしたら、今の時代はとてもできない。だからこそ、その地域の行政と組む必要がありました。」・・・ということで,厚木市と組んで,公共施設として閉館した映画館を再生しました。行政も粋な事をやりますね。
 「昨年大ヒットしたアニメ映画「君の名は。」を上映した時のこと,都心部のシネコンの場合、同作の客はほとんどが若者だったが、『アミューあつぎ映画.comシネマ』は高齢者を中心に若者まで幅広い客層が集い、上映終了後、「ああでもないこうでもない」と、観客同士がロビーで感想話に花を咲かせていたという。」
 ネット上では,映画についてのPodcastがあって,リスナーも映画を見ているという前提で「ああでもないこうでもない」と2〜3人で語り合うという番組を配信していますが,それをリアルに行うというわけですね。これは楽しくないわけはありません。
 これだけ映画のDVDレンタルやネット配信が発達している世の中ですが,ここら辺にこの映画館の存在価値がありますね。

現代日本の「ニューシネマパラダイス」。行きたくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/24

SNSのフォロワーやファンを増やすには?

Blog

 ネット上に,「フォロワーやファンが多い人はここが違う SNS上の“セルフブランディング”って?」という記事がありました
 経験から言って,ブログなど一つのSNSには一つのテーマについてだけ書いていくと,フォロワーやファンを得易い様です。
 自分の趣味が多様だからって,読書,仕事,グルメ,数々の趣味など,様々なテーマについて一つのブログに書くと,あまり人気にはなりません。ブログならばテーマごとに独立させなければなりません。
 このブログとは全然違う方針のブログの方がファンが得易いのです。本当は,いろいろな事を一つのブログに書いていいのは,有名になってからにすべきなんですがね・・・www。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/23

カジノ法案成立

Casino 民間事業者のカジノ運営を可能にする統合型リゾート実施法が7月20日に成立しました。
 このカジノ法案は,国民レベルでは反対者が賛成者の3倍程度いる法案ですが,私は国レベルではカジノを開設できる事を決めておいてもいいと思います。
 あとは地方レベルでどうするのかです。カジノというこれだけ国民の反対が多いものを自治体が誘致して,その首長は次の選挙で選ばれるのでしょうか?
 国としてはカジノ開設を可能にして自由度を上げておいて,より住民に近い自治体レベルで「さあどうする?」という話にして,全く問題ないと思っています。

 しかしながら,国民レベルでは反対者が賛成者の3倍程度いる法案が与党などの賛成で通ってしまうという国会の状況は,異常だと思います。
 カジノ法案などは国の後に「自治体はどうするか」という関門があるので,国レベルでは自由度を上げておいて全くかまわないと思いますが,国が決めたらその後の関門がないという法案についても同じ様にやられたら・・・,それは考えねばなりません。

(イラストは,フリーイラスト素材サイト「いらすとや」より。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/22

QRコードでの支払いは便利ですか?

Qrcode 「QRコード決済広がる」という報道がありました
 中国などで盛んに使われているQRコード決済。スマホのアプリを使用するものです。これは本当に便利なんですかね?
 QRコード決済と電子マネーなどカードを使う決済では,カードの方が素早く決済できると思います。
 私は時々喫茶店の代わりにマンガ喫茶を利用しています。そこは,カードでもスマホのQRコードアプリでも利用できる漫喫です。一階のエレベーターに乗るときにカードなりQRコードの用意をはじめて,4階の漫喫カウンターに着くまでの間に,カードは完ぺきに用意できますが,QRコードの方は用意できません。QRコードをエレベータに乗っている時間では用意できずに,カウンターの前で「ちょっと待ってください」ということになってしまいます。
 これは,最近ひいきにしている「いきなりステーキ」も同じです。メンバーカードの方が素早く用意できて,スマホアプリの方はQRコードを開くまでスマホのあっちこっちをタッチしたりページが開くのを待ったりして時間がかかります。
 これらのスマホアプリは,スマホ画面の方にQRコードが表示されるものですが,中国で多く行われているような店側にQRコードが用意され,スマホのアプリでそれを読み取る方法でも,かかる時間は似たようなものだと思います。結局スマホのアプリを起動しなければならないわけですからね。
 しかしカードや電子マネーにしても,店によってさまざまなカードを使い分けなくてはならず,私などはよく使うカードを集めたカードケースと,図書館や漫喫などたまにしか使わないカードを集めたカードケースの二つを常に持っていて,使い分けている状態です。電子マネーだけでも共通化してくれればと,切に願います。

 もちろん「いきなりステーキ」でも,ポイントをあきらめてカードもQRコードも使わずに,現金だけを使うことを考えれば,それが最速となります。残念ながら,支払い時の使い勝手としては現金最強ですね。

(イラストは,フリーイラスト素材サイト「いらすとや」より。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/21

川越の旧鶴川座

Tsurukawa_za1

Tsurukawa_za2Tsurukawa_za3 先日紹介した仮面ライダーWに出てくる鳴海探偵事務所は,埼玉県川越市にある旧映画館です。鶴川座という映画館で,観光地川越のまっただ中の様な場所にあります。たまたま別の用事で川越に行ったので,バスを途中下車して見てきました。
 仮面ライダーWのTVシリーズはもう9年前の作品ですが,この劇場跡はいまだにそのまま健在です。連馨寺(れんせいじ)という寺院の境内に建てられた劇場で,明治31年に出来たそうです。もちろんその後に改築が繰り返されたという事で,今の建物が明治時代のものというわけではないのでしょうが,なかなか趣のある風情です。この旧劇場,今でも連馨寺の持ち物になっているそうですが,境内は小さくなり現在では劇場跡は街中に埋まっています。
 一番上の写真は劇場正面。仮面ライダーWでおなじみの風景ですね。次の写真は,劇場裏の神社境内から見た劇場裏側の写真です。正面から見たときの特徴ある屋根飾りの裏側が見えています。看板的な,全くの飾りなのですね。三番目の写真も,神社境内から撮った写真です。劇場は普通の三角屋根である事が分かります。
 我が家のある東横線沿線から川越へ行くには,東横線−副都心線−西武池袋線に直通し,所沢で西武新宿線に乗換えて本川越駅へ行く方法,東横線−副都心線−東武東上線で川越駅に行く方法があります。以前西武線経由で行きましたが,今回は東武線経由で行きました。東急線各駅で発売されている小江戸川越クーポンという切符を買えば,東急線は発駅から川越までの切符と,川越市内の東武バスが乗り降り自由で利用できます。往復分の鉄道運賃より少し安いくらいの値段で往復利用できますが,市内バス乗り降り自由分がお得になるという感覚です。またこのクーポンには,副都心線全線の乗り降り自由という特典も付いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/20

マックシェイク「カルピス」

Shake_calpis マックシェイクといえば,以前ミルクキャラメル味を紹介しましたが,今回はカルピス味です。以前もカルピス味のマックシェイクがありましたが,今年はよりカルピス感が増している様です。甘酸っぱいシェイクでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/19

ビットコインが急騰

Bitcoin_image 7月17日,低迷していたビットコインが急騰し,7000ドル台になったというニュースがありました。特に理由はないという事です。ビットコインは,特に理由がなくてもこのくらい上下する不安定さがあるともいえますし,一部の投資家などの動きで簡単に上下してしまうと見る事もできるでしょう。
 私が冗談で買った2000円分のビットコインも,売った場合の値段がここのところ長い間2200円程度だったのに,今朝(18日朝)見たら2650円になっていました。
 しかし上下するとはいえ,私のビットコインは,買値の2000円から下がったことは一度もありません。そういう意味からいえば,案に相違して結構堅いものなのかもしれません。
Bitcoin

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/18

観音崎の横須賀美術館へ

Yokosuka1

Yokosuka2 横須賀市観音崎にある横須賀美術館に行ってきました。観音崎には,数十年前に灯台に行ったことがあるだけです。
 海際の新しい美術館で,付近は県立観音崎公園として日本最初の様式灯台や自然博物館など様々な施設もあり,海を見ながら林の中を散策できる様になっています。
 横須賀美術館の海側はレストランになっていて,広い芝生の向うに海を見ながら食事をとることができます。
 二つ目の小さな写真は,上の大きな写真から180度振り向いて海の方を撮ったものです。駐車場は京急観音崎ホテルの駐車場です。このホテルにはスパもあり,レストランもあります。美術館は駐車場が満車状態だったのでホテルの方の駐車場に入りました。ホテルのレストランに入ったのですが,ここも満員状態で,観音崎での食事は諦めました。ホテルのレストランは,ビュッフェ形式のレストラン,喫茶店,フランス料理店があり,目の前に海が広がり,なかなかいい雰囲気の中で食事が出来るようです。
 ここはウチから車で1時間半程度と近くもあり,また来たいと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/17

「コッペんどっと」のコッペパン

Coppe

 横浜日吉と綱島の間にあるショッピングセンター「アピタテラス」。その1階に入っているコッペパンの店が「コッペんどっと」です。聞けば北海道木古内町に本店のあるパン屋さんで,横浜市ケ尾と綱島に支店を出しているそうです。
 ランチのためここで2つばかりコッペパンを仕入れました。一つはベーコンとポテト,もう一つはフルーツ&ホイップ。
 アピタ内にも食べる為の席がありますが,近くのバス停からバスに乗って綱島の漫画喫茶へ。ここのパソコンでnetflixを見ながらコッペパンを満喫のカフェラテと共にいただきました。
 パンは思いのほか大きく,ベーコン&ポテトなどは思いのほかずっしりした重みがありました。食べてみるとパンはしっとりとしていて,小学生の頃のコッペパンとはひと味ちがいます。ポテトの塩味もいい感じで,とても美味しかったです。フルーツ&ホイップは,もも缶のピーチとみかんとホイップクリームがたっぷり入ったもので,こちらもパンの美味しさでたちまち平らげました。
 コッペパン二つでかなりお腹いっぱいでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/16

最近,ポケモンGOが流行っているらしい

Pokemon 一時爆発的にヒットして,猫も杓子もやっていたポケモンGO。私などはアプリのアップデートを行っているものの,プレイはすっかりご無沙汰しています。
 ところが,ネットにあった記事によると,今年5月のポケモンGOの売り上げは約114億円と前年度比174%アップ,プレーヤー数も2016年のピーク以来最高レベルに達しているそうです。
 当初の熱狂から落ち着いて,またじわじわと盛り上がってきたという事の様ですね。
 またはじめるかな〜。

(写真は,アマゾンのホームページより。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/15

シェアハウス?

House ちょっと前から話題になっていたシェアハウス運営企業の破綻事件。
 私の行動範囲にも,数件の「かぼちゃの馬車」という名前のシェアハウスがあります。正に破綻した運営企業が運営を請け負っていたシェアハウスです。(事件については,こちらをご覧ください。)
 一方,知人の30代の女性が自分の持ち家を下宿屋と称してシェアしている方がいますが,それは開設の動機からして最近事件で話題になっているシェアハウスとはちがいます。
 「かぼちゃの馬車」は最初から投資物件としてオーナーが銀行から金を借りて,空家などを買収・改造して開設したもの。知人女性のシェアハウスは,自身がそこに住み,様々な負担をシェアして自身にもメリットを持ち,パートナーとして住む方もアパートより少ない家賃負担で広く設備のいい家に住めるという事です。
 本来のルームシェアというのは,この知人女性の様な動機で開設されたものの事をいうのでしょうね。
 そう考えると最近「シェアハウス」と言っているのは,単にキッチン,トイレ,風呂やシャワー室が部屋ごとに付属していない,まさに昔の下宿屋のようなもの。だから記事にある「1人当たりの面積を小さくするなどの工夫が必要」という発想がでてくる。知人女性の様なシェアハウスでは,そんな事を考えるはずもありません。
 本当のシェアハウスは,シェアをして広く豊かに暮らす為の工夫です。本来のシェアハウスは,投資の対象などにはなり得ません。
 詐欺にあった物件は,シェアハウスという名を雰囲気で無理くり付けただけの,下宿屋物件にすぎないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/14

2050年までに8億人分の仕事が引き継がれる

Robot 「2030年までに8億人分の仕事がロボットに引き継がれる」という記事を読みました
 あと10年ちょっとで,世界人口の1割以上の仕事がロボットに引き継がれるというわけです。
 人の仕事をロボットに引き継いだ方が安上がりになるのは,おそらく先進国でしょうから,この「仕事引き継ぎ」は先進国に偏在するということで,日本などでは人口の1割どころでない「引き継ぎ」が起る事でしょう。

 ITインフラなどがこれから発展するというインドなどと,ある程度発達してしまった先進国では,「これからも人の職業として伸びる」といわれるコンピューターシステム分野でも人の需要,特に必要とする人のレベルが相当異なると思われ,先進国ではかなりの専門性がないとそんな職業にさえ付けないのかもしれません。

 まあ,ベーシックインカムに期待する時代ですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/13

タイのサッカー少年救助成功とイーロン・マスク

Cave タイの洞窟に迷い込んでいたサッカー少年達が全員救出されました。全員重篤な状態に至っていなくて本当によかった。
 救助に当たって,米テスラのイーロン・マスクが専門家を現地へ派遣したり,特性の小型潜水挺での救助を提案したりしました。
 結局,少年1人1人に潜水夫が2名付いて,水がたまっている部分を突破して救助されました。行ってみれば,オーソドックスば方法で無事救助されたわけです。
 イーロン・マスクのすばやい行動は賞賛されますが,奇抜な方法を提案し,結局それは採用されないという事になりました。マスクにかぎらず,先駆を目指している人にはそういう危うさがある様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/12

西日本の洪水被害

Flood 大きな被害を出した西日本の大雨。死亡者が既に150人を超え,行方不明者が70人以上います。残念ですが,まだまだ死傷者の数は増えそうです。
 既に雨は上がり,現地の天気は回復していますが,上流でせき止められていた水が平地に降りてきて,晴れている中での思いがけない洪水が発生している様です。
 地球を取り巻く気候が変わってきているようで,今まで安全に暮らしていた地域でも危険になるという事があります。何百年も人が住んでいた場所は比較的安全ですが,数十年の間に宅地になった場所は危険がある様です。ウチの近くでも,数十年前は水田だった場所,ため池だった場所が埋め立てられて宅地になっていますが,そこは数十年前に川の氾濫で水没した事のある土地です。数十年の間危険でなかったからといって危険がない土地とは言えません。100年単位で見なければ安心は出来ないのです。
 気候が変わってきた事,将来変わる可能性がある事を考えて,住環境の安全性の再点検が必要な時期なのかもしれません。

(イラストは,フリーイラスト素材サイト「いらすとや」より。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/11

「CAFE MOCHA」,ふたたび

Cafe_moca_180708

 以前紹介した横浜日吉と綱島の間にあるレストラン「CAFE MOCHA」。そこへまた行ってきました。
 今回は日替わりおすすめ料理で,今日はポークソテーです。
 皿の上には2枚のお肉がのっているのですが,写真ではほとんど見えません。目立つのは真っ赤なトマトソースです。しょっぱすぎず甘すぎず,ケチャップでもピューレでもなく,おそらく生のトマトを使ったと思われる程よい酸味の美味しいソースでした。
 前述の様にこれはポークソテーで,隣にライスがあるのですが,写真だけ見るとスパゲッティ料理のようですね。
 ゆったり目に配置されたというより大きめのテーブルが並び,それなりに隣席の人との間隔が広くとれていて気持ちいいレストランです。とりわけ通路を広くとっているわけではないのですが,一つ一つのテーブルが大きいので,結果的に隣の人との間隔が広いのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/10

週刊少年ジャンプは創刊50年

Giga 週刊少年ジャンプが,7月11日で創刊50周年になるそうです。
 現在の発行部数は漫画誌トップの176万部だそうですが,一時は600万部に達していたと思います。
 聖闘士星矢,ジョジョの奇妙な冒険,北斗の拳,ドラゴンボール,魁!男塾!!,ハイスクール!奇面組,キャプテン翼,こちら葛飾区亀有公園前派出所,キン肉マン,などなど・・・。漫画史にのこる名作ぞろいですね。
 私が最近読んでいるのは,週刊ジャンプ掲載の麻生周一先生の「斉木楠雄のΨ難」ですが,既に本編は完結していて,現在続編が掲載されているのは季刊のジャンプGIGAなんですよね。

(写真はアマゾン書店のホームページより。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/09

オウム松本死刑囚ら,7人が死刑執行

Ohm サリン事件当時日比谷にオフィスがあり,いつもならば地下鉄日比谷線で被害に遭う時間でしたが,仕事でたまたま早出をしていて,オフィスで外でたくさんのサイレンの音が鳴っているのを不思議に思っていました。そのうち私を含め,社員の家庭から電話がたくさん入ってきて,それで事件を知りました。初めは,「電話では銀座線と言っている」「いやウチからは日比谷線と聞いた」と混乱気味でした。まさか「地下鉄全線で」とは。
 教団での地位,オームが起こした三大事件に対する関与度合いから考えて,まず死刑執行するのはこの人達という選定に間違いはなさそうですが,いまでも麻原死刑囚の憑き物を落とせない人と悔い改めている人の区別はつけてもよかったかもしれない。彼らがなぜインテリであるにもかかわらず麻原死刑囚に憑いていったのかを語らせる為にも。
 しかし,当時の小学生がそろそろ中年になろうかという期間にそんな事を明らかにしなかった死刑囚達が,これ以上待っても口を開くとは思えません。実際のところ,むしろ自分でもなぜ松本死刑囚に憑いていったのか分かっていないのだと思います。
 松本死刑囚が選挙に出たときの奇妙な唄と教祖のコスプレ軍団の投入,投票しようと思っていた人もためらう様な選挙戦。よくニュースで流される「オウムを金儲け集団だと思いたいだろう」という松本死刑囚の当時の言動。実際のところ,金儲けという世俗的な理由がある集団ならば,それほど不気味ではない。
 つまるところ,一般国民と意識がズレまくっていた集団だったのだと思います。そんな集団にしか居場所を設定できなかった人々。それはおそらく,インテリも何も関係ないのでしょうね。

(写真は,アマゾン書店のホームページより。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/08

西日本に大雨

Hevy_rain 西日本の大雨。
 地球環境の変化なのか,昨今雨が集中的に大量に降る様になっている様です。そのために,これまでの治水対策では十分効果を発揮しない事も多くなった印象です。
 治水対策の再構築が必要な時期なのかもしれませんね。首都圏では,新設の公園とか,ショッピングセンターの地下とか,古い団地を大規模にリニューアルする時期に合わせてとか,地下に雨水を貯める施設を作る事が多くなりました。
 土砂崩れも頻発する様になりました。川も山も,いまの雨量には絶えきれなくなってきている様です。今まで安全に住んでいた場所でも,これからは考え直した方がいい時期なのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/07

「機動戦士ガンダム」がハリウッドで実写映画化

Gundam 「機動戦士ガンダム」をハリウッドで実写映画化する計画があるそうです
 株式会社サンライズが,「パシフィック・リム」,「GODZILLA ゴジラ」などの米レジェンダリー・ピクチャーズと共同制作するとの事です。
 まあ,パシフィックリムはとても良いが,Godzillaは断じてゴジラでなかった(別物と割り切ればいいのだが)。
 全ては監督次第。
 日本映画大好きで,アカデミー監督賞を受賞したパシフィックリムのギレルモ・デル・トロが監督してくれればいいのだが。
 デルトロ監督が好きなのは日本の怪獣映画だからなあ・・・。ガンダムはおよびでなかったりして。

(写真は,アマゾン書店のホームページより。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/06

楽天カードの請求のお知らせが届いた

Rakuten_card 楽天カードの「請求のお知らせ」というメールが届きました。
 問題は,私が楽天カードを持っていない事です。楽天は利用していますが,カードは楽天カードではなく別のカードを利用しています。
 それにもう一つ,このメール,niftyのメールアドレスに来たのですが,niftyのメールサーバはこのメールを自動的に「迷惑メール」に分類しました(笑)。
 明らかなスパム釣りメールで,niftyさん,good job。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/05

仮面ライダーW,49作を見終わった

Tsurukawaza 先日記事にした仮面ライダーWのテレビ版,全49作を見終わりました。
 この作品,二つのエピソードが柱となっています。
 一つは,ドーパントという異形の怪人が現れ,それを仮面ライダーが退治するエピソード。ドーパントというのは,人間が身体のどこかにコネクタを設け,ガイアメモリという大型のスティックメモリーを差して変身した結果です。仮面ライダーも特別のガイアメモリを用いてライダーに変身します。
 舞台は架空の街,風都市。その風都市に大きな影響を及ぼしている富豪一家,園咲家。父と娘二人の一家。実は母親と息子もいる事が後半で分かります。その園崎家がガイアメモリを作っていて,園崎家の長女が率いる会社がそれを闇で販売しています。
 仮面ライダー側は街の探偵,左 翔太郎。先代の師匠 鳴海荘吉の跡を継いで鳴海探偵事務所をやっています。それに翔太郎が助けた少年フィリップ。記憶喪失のため自分の名前を知らないので,翔太郎お気に入りのハードボイルド探偵,フィリップ・マーローにちなんでつけた名前です。翔太郎とフィリップの二人が1人の仮面ライダーに変身,左半身が翔太郎,右半身がフィリップ,二人がそれぞれ違うガイアメモリを使う事で,いくつもの組み合わせのラーダーが出来上がります。そして途中から参加するのが警察官である照井 竜警視。仮面ライダーアクセルに変身してWを助けWと共に戦います。
 対ドーパントのエピソードは2作で1話完結となっています。奇数回で事件が起り仮面ライダー側に危機が訪れ,偶数回で解決します。各回に現れるドーパンの正体が,登場人物のうちどの人なのかという事もミステリー的興味となっています。たいていの場合,思いがけない人物がドーパントであったという事になりますが,回を重ねるうちに,なるだけ善人の様に見えて思いがけない人物,例えば事件の依頼人などがそうなのであろうと推測が付く様になりますwww。
 もう一つの柱となるエピソードは,全49作を覆う園崎家内部の対立とその行方,最終的に仮面ライダー達は花崎家に打ち勝つ事が出来るのか,終盤で分かるフィリップの出自と葛藤。花崎家の話は,第一作から,ドーパント怪人が起こす事件と併行して少しづつ描かれ,最終話で仮面ライダー側にとっても,園崎家側にとっても,ハッピーエンドともいえる結果で終わります。
 仮面ライダーといえば初代藤岡弘の仮面ライダーしか知らない私としては,「えっ,敵はショッカーではないの?」「えっ,仮面ライダーは敵側に改造されて変身できる様になったのではないの?」「昆虫がモチーフでもないの?」「えっ,仮面ライダーというのは,ライダーを見た人達が自然に言い出した名前なの?」ということで,ちょっとびっくりでした。あたりまえですが,初代仮面ライダーとは比べ物にならない特撮のクオーリティー,CGが自在に使えるようになったからこそでしょう。それに今回のWの舞台,大は風都タワー,小は鳥形の風見鳥風車,それがからからと回っている「風の街」の風情が,なんとも心地よかったです。
 次の仮面ライダーは,鉄道ファンとしては,電王を見るかな? 検索したら,こちらのライダーは佐藤健なんですね。映画「るろうに剣心」の主演,今のNHK朝ドラの主要キャラクター。若手俳優の登竜門として機能している仮面ライダーは,大変なシリーズですね。

(写真は鳴海探偵事務所として使われた川越「旧鶴川座」。GoogleStreetViewより。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/04

ポーランド相手に健闘

Ball ワールドカップサッカー決勝トーナメント対ポーランド戦。0対1とか0対3などということではなく,負けるとしても点を取りあう事になるという人が多かったのです。
 まさにその通り,先制点は日本がとり,一時は2点差で勝っていましたが,結局2対3で負けてしまいました。
 いったい,私の知人たちの「負けるとしても点を取りあう事になる」という根拠はいずこにあったのでしょうね。あまり詳しくない私としては,よく分かりません。
 しかし正に「もうちょっとというところ」感が強く,「もうちょっとで」世界を狙えるのではないかという感覚です。まあその「もうちょっと」の壁が,相当高いのかもしれませんが・・・。

(イラストは,フリーイラスト素材サイト,「いらすとや」より。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/03

「日本人のコメ離れとパックご飯の爆売れ」という矛盾

Packlice 「日本人のコメ離れとパックご飯の爆売れという矛盾」という記事がありました。全体的に米を食べなくなってきているのに,パックご飯の売れ行きが急成長しているという内容の記事です。
 まあ最近の米離れは,結局のところ食の多様化の結果であろうと思います。むしろ今までが米食が多すぎたということかと。
 買って調理をせずに食べられらるパン,お湯を注ぐだけで出来上がるカップ麺,それと同列の米の商品がパックご飯です。米でパンやカップ麺に対抗できる商品がパックご飯というわけで,その売れ行きが急成長しているのはもっともだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/02

グーグルはサッカー模様

Google_soccer

 サッカーのワールドカップが始まって以来,グーグルの検索ホームページはサッカー模様になっています。
 予選リーグが終わった段階で,いまだにサッカー模様が続いている事の幸せ。フェアプレイと10分間のパス回し,つまりポーランドに勝たせて日本は決勝トーナメントへ進出という決断のおかげです。
 7月3日早朝3時からの対ベルギー戦後も,グーグルのサッカー模様は続いているでしょうか?
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/01

えっ,梅雨が明けた

Sun 6月29日,気象庁から梅雨明け宣言がでましたね。
 6月なのに・・・。水不足や農作物への影響が心配・・・。
 今日はもう7月です。いよいよ夏本番ですか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »