« 元住吉とシステムが違った武蔵小杉店,「いきなり!ステーキ」 | トップページ | アップルのワイヤレスイヤホン,「エアポッド」が売れているそうで・・・・・ »

2018/10/14

ブロックチェーン

Blockdhain ブロックチェーンの記事が相変わらずネット上で配信されています。先日も「ブロックチェーンのトラストレスとは何か?」という記事がありました。ブロックチェーンによって「トラストレス」,つまり,中央集権的な巨大IT企業によるプラットフォームを介することなく,「ブロックチェーン」を機能させることでユーザー間の「取引」における信頼性の担保することができるという話を開設しています。
 記事の中ではトラストレスを,「信頼できる第三者機関を必要とすることなく,自発的な当事者間で直接に取引が行われるようにすることである。」と言っています。
 ナカモト氏の論文は「自発的な当事者間で直接に取引が行われる(コンピュータの計算速度が遅い現在のところは)」ことができるのを示したものですが,逆に言えば,信頼できる第三者機関があれば取引が行えるということです。
 アリババが典型的なそんなプレイヤーですね。
 販売店を信用できない消費者と消費者を信用できない販売店の間に立って,そんな中国でアリババを信用させる事によって通販を可能にしたのです。
 ブロックチェーンを利用すれば(今のところ)そんな第三者は必要なくなるわけですが,なぜアリババではいけないのかということああります。
 なぜことさらブロックチェーンを用いて個人間で取引する必要があるのか?
 安上がりだから?
 本当にそうでしょうか?
 ビットコインでは,取引の承認者=マイナーの報酬はビットコインで支払われます。最近ビットコインの対既存通貨レートが落ち着いてきて,ビットコインを持っていることで投機的な利益を得ることができる時代でもなくなってきました。「仮想通貨業界は内部崩壊の瀬戸際」という記事さえ出てきています
 仮想通貨の魔法が解けた将来の世界では,ブロックチェーンを回すには,実はかなり手間と費用がかかるものだと思いますよ。プライベートブロックチェーンがあまりうまくいかないのも,そんなところに原因がありそうです。
 アリババや銀行では,いけないのでしょうか?

 もしアリババや銀行を使って取引できないのならば,それは黒いアンダーグラウンドな取引だからですね。
 そっち方向には,ブロックチェーンは便利なシステムでしょう。

|

« 元住吉とシステムが違った武蔵小杉店,「いきなり!ステーキ」 | トップページ | アップルのワイヤレスイヤホン,「エアポッド」が売れているそうで・・・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1297/67260213

この記事へのトラックバック一覧です: ブロックチェーン:

« 元住吉とシステムが違った武蔵小杉店,「いきなり!ステーキ」 | トップページ | アップルのワイヤレスイヤホン,「エアポッド」が売れているそうで・・・・・ »