« 2018年10月 | トップページ

2018/11/15

最近のビットコイン相場

Bitcoin 私が冗談で買ったビットコイン,2000円分は,ここのところ2400円位で安定しています。
 もっと上下する物と思っていたのですが,ビットコインも安定化し,通常の取引に使える様になるのでしょうか。
 投機用トークンから通常のコインへ変わっていくのかどうか,正念場とも言えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/14

日本の英語力は,非英語圏で49位だそうで・・・・・

English 「日本の英語力は49位 5段階で下から2番目に認定」という記事がありました。スイスの国際語学教育機関が非英語圏88カ国を調査した結果だそうです。
 まあ,日本はそれでやっていけているという事ですね。英語力の高い國は,英語に力を入れざるを得ない事情がある。
 語学の上達は,必要性が全てです。

(イラストは,フリーイラスト素材サイト「いらすとや」より。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/13

コメダ珈琲店のコーヒーゼリー

Komeda 久しぶりに入ったコメダ珈琲店のコーヒーゼリーです。
 スマホいじりに時間を取って,少しソフトクリームが溶けてしまいました。
 これまでコメダは,コーヒーなど飲み物と食べ物のセット的なメニューはなかったと思いましたが,ミニシロノワールと飲み物のセットメニューができていました。シロノワールだけではなく,食べ物は何種類か,飲み物も何種類かの中から選べる様です。まあ,私が頼んだコーヒーゼリーには関係ありませんが・・・。
 ところで,このコーヒーゼリーにはバナナが入っているのですが,何故バナナをコーヒーゼリーに入れようと思ったのか,謎です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/12

川崎駅アトレのあんバターフランス

An_butter 川崎駅のアトレ3階,広い駅中央通路から北側に入ってすぐのところにあるcoffeemilkというカフェ。イートインも設けられているカフェのあんバターパンです。あんことホイップクリームとついたての様に建ててあるバターが特徴。そしてパンはフランスパン。あんバターホイップフランスです。
 このパンを1個テイクアウトしたら,やけにしっかりした布紐付きの大げさな手提げ袋に入れてくれました。
 アンバタにしてはちょっとお高いですが(はっきり覚えていませんが,400円くらい),美味しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/11

18歳の5割は新聞を読まず将来的な購読の意志もなし

Npaper 「18歳の5割は新聞を読まず、将来的な購読の意志もなし」という記事がネット上にありました
 まあネット上のヤフーやsmart news,グノシーのようなサイトをみれば,様々な新聞などから切り抜かれたニュースが無料で閲覧できますから,特に新聞を購読する必要性を感じないでしょう。むしろ5割りは新聞を購読しているという方が驚きです。
 私がお金を出して購読しているのは,地元の神奈川新聞の電子版のみです。ただし,娘がとっている日経電子版とカミさんがとっている毎日新聞の電子版は時々読んでいます。
 神奈川新聞には,他では読めない地元の小さな事件がたくさん載っていて,近所の奥様方との話題のネタを仕入れるにはもってこいです。
 それらの新聞の記事は,前述の様にヤフーニュースなどのニュースサイトなどで読むことができます。たいていダイジェストですけれどもね。
 結局新聞は,将来的に個人向けではなくニュースサイト向けの通信社的なサービスになっていくのではないでしょうか。だって ヤフーなどのニュースサイトでは,新聞社配信記事も共同や時事の通信社配信記事は全く並列で,なんら変わりはないですからね。
 新聞は,BtoCからBtoBへ www。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/10

フードコートの「びっくりドンキー」へいきました

Donky_foodcourt

 横浜鶴見区にあるショッピングセンター,「トレッサ横浜」のフードコートにある「びっくりドンキー」で,ハンバーグをいただきました。「びっくりドンキー」のフードコート店に行ったのは初めてです。
 フードコート店という事で,メニューも少しレストランとは違っていました。ハンバーグは一つ140g,レストランでは150gが単位になっています。レストランの様な300gの大きいハンバーグはありません。そのかわり,2つ盛りのものがあります。
 ハンバーグにソースがあまりかかっていない様ですが,ハンバーグは十分いつものソースの味がします。多分ハンバーグ自体に味を点けているのではないかと思います。レストランでいう「ディッシュ」スタイル,ライスとサラダとハンバーグの一皿盛りですから,ごはんまでソースまみれにならなくて,この方がいいと思います。最近レストラン店に行っていないので錯覚かもしれませんが,同じディッシュ盛りでも,皿がいくぶん小さい様に感じます。それならば,ソースがたくさんかかっていては,ライスがソースまみれになってしまいますね。ソースが少ないのはそこら辺の配慮かもしれません。

(写真はレギュラーバーグのハンバーグ2枚盛り。写真のオレンジジュースのドリンクセットでは,ドリンク普通210円のところ,150円となる。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/09

柄刀 一の「月食館の朝と夜」

Tsukato_gessyoku

 柄刀 一の「月食館の朝と夜」を読みました。奇蹟審問官アーサーシリーズの4冊目の本です。長編作品としては3作目となります。
 ローマ法王庁から派遣され,申告された奇跡を調査して世界中を飛び回る奇跡審問官,アーサー・クレメンスを主人公とする本格推理小説です。
 放浪の陶芸家として世界的に有名な五十幡萬生。萬生は既に亡くなってますが,その長男,昭が住む萬生の屋敷をアーサーが訪れます。霧で有名な竹田城にも近い場所にある屋敷です。そこにはアーサーの日本人の異母弟,高校生の甲斐・クレメンスとガールフレンド,五十畑由比とその父で当主昭の弟である五十幡宗正も滞在していて,アーサーにとっては甲斐と久しぶりの休日を過ごす為の訪問でした。
 その夜は皆既月食の夜。月食マニアの昭が,館の別棟というべき月宮殿の塔の最上階に籠もって月食を観測したはずの次の朝,昭が死体で発見されます。顔などを焼かれ,左腕も手首から上の肩まで,布を巻き付けて火をつけられたらしくもえている。手首から先も異様に黒くなっています。だから殺人に間違いはありません。しかし死体の発見は作品の半ば。遅すぎる・・・・・。
 さらに,五十幡邸に滞在していた遠國という光学器械をこの屋敷に納めた業者の男も刺殺されているのが発見されます。この男は生前,この館には隠し部屋・隠し財産があるかもしれないと言ってました。そこに萬生の遺作が眠っていると言っていた人物でした。
 月宮殿へのアクセスは,暗証番号付きのエレベータとテラスからの外階段だけ。犯人は? そして殺害の目的は? 死体が損壊されていたのは何故?
 照明のスイッチに関する細かい考察や館の構造,そして皆既月食の観測時には、館の全ての照明を落とすという習慣。この作者の推理小説は,分かり易い大トリックを使うというより,小さな考察がたくさん必要な推理小説です。優れた本格推理小説でありながら,この作者が今ひとつ大受けしないのも,そこら辺のトリックの分かり難さ,小粒感,というより細かく難解なトリックが影響しているのだろうと思います。本格好きを唸らせる一方,大受けしないという作品です。
 読者の書評では,分かり難さを云々されている方が見受けられました。トリックの肝の一つである月宮殿の外階段のレイアウトなど,月宮殿自体の図版が欲しかったと思いました。
 これまでの作品では名前だけが登場していたアーサーの弟,甲斐・クレメンスが本格的に登場し,アーサーのワトソン役を勤めている事は,好ましい雰囲気でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/08

新型iPhone XRの増産が中止に・・・・・

Iphonexr 先日発売されたばかりの新型iPhoneの中で,XRの増産が中止になったと話題になっています。Apple自身の発表というわけではなく,Appleが生産を委託している鴻海精密工業と和碩聯合科技などからの情報です。
 発売前には新型iPhoenのうちでXRが一番売れるのではないかという予想もありましたらが,蓋を開けてみれば・・・,というところでしょうか?
 一年前にXを買った知人が,iPhoneが重くて腱鞘炎になったと言っていますが,XRでさえXより重いんですよね。今回のiPhoneが思いという話は,私の周囲でも結構言っている方が多いです。「機能の割には重い」と言っている知人もいます。
 これはもう肩を壊すレベルかwww。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/07

またQRコードの話

Qrcode 売買の決算で,現金が巾を効かせている日本で,政府がキャッシュレスを普及させようとしていて,そのため様々な企業から様々なツールが提案されています
 日本のデンソーが工場で使用する事を目的として開発したQRコードは,スマホと合わせて中国で最も売買の決算に使用されているツールの様ですが,あまり便利な道具ではありません。
 QRコードをスマホ画面に表示させてカウンターで示すのは,とても不便で時間がかかります。何回かタッチやスワイプを行う必要があり,QRコードの画面表示にも案外時間がかかります。特にネットに接続して画面表示する場合は最悪です。ネット状況によっては,通信できない事もあります。
 このようなQRコード方式が普及したら,便利グッズとして,よく使う店のQRコードを印刷したカードを作るサービスができるだろうwww。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/06

久しぶりにリンガーハットの皿うどんを・・・・・

Oimachi_ringerhat めずらしくなもないリンガーハットの野菜たっぷり皿うどんです。
 大井町の阪急ホテルの一階に入っているリンガーハットでいただきました。リンガーハットは様々な所にありますが,ここのリンガーハットの野菜の盛りが格別いい様に思うのですが,どうなんでしょうね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/05

アンパンマンはベーシックインカムの世界

Anpan 5歳になる姪の娘がやってきて,アンパンマンのビデオを見ています。もう20歳を大分超えたうちの娘もアンパンマンをみていました。既に作者のやなせたかし先生は亡くなりましたが,作品は息が長いですね。
 アンパンマンの世界では,お金を見た事がないですね。お金での売買が行われない世界。ジャムオジサンはひたすらパンを供給し,鉄火のコマキちゃんも鉄火巻きを供給する。天丼マンも時々天丼を食べさせてくれる。アンパンマンの世界は,基本的な生活,「食っていく事」が保障されている世界です。
 つまり,物質てきなベーシックインカムが整った世界というわけですね。やなせたかし先生の戦争中の生活,食うに苦労した生活を反映しているといわれています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/04

スーツにリュックは非常識?

Rucksack 「スーツにリュックは非常識」という記事を読みました
 記事を読んでみると,非常識というより似合わないと言った方がいいかもしれません。まあ,似合う似合わないは,見慣れるかどうかですから,あまり気にすべき記事ではないかもしれません。
 しかし実は,わたしはリュックが嫌いです。なんでも一緒くたにいれてしまうという感覚の入れ物で,そういうのは私は好みません。
 私の愛用のカバンは,「ひらくPCバック」というものです。これは以前このブログで紹介した事があります。マジックテープを使ったパーティーションで自在に内部を区切って使う,「一緒くた」のリュックとは真逆のカバンです。
 カバンを肩にかけるのはいいと思います。両手が空いて,歩行の安全性も増すし,両手は何かと便利に使えます。この記事では「リュックサックはスーツの背中、肩、腰回りに接している状態になります。歩いているときに、それらの部分が歩行の振動で擦れるのです。スーツの生地を常にヤスリでこすっている状態といえます。当然生地は磨耗して、接触しているところだけテカテカになったり、傷んだりしてしまいます。これではせっかく買ったスーツが台無しですよね。シワもついてしまうので、スーツの見栄え自体も悪くなります。」と言っていて,記事の筆者は肩掛けカバンを嫌っていますが,「仕事着であるスーツをそんなに大事にしてどうするの?」と思います。そんなに大切なスーツなら,着ないて観賞用に飾っておいたらどうですかwww。
 まあ,カバン,靴をコーディネートしてこそ「スーツ」という考え方もあると思います。スーツを仕事着というより「見かけを気にした仕事ファッション」として見る人がいるというわけです。ある意味そういう見方をする人の前では,スーツさえ着ていれば何とか格好がつくので,楽といえば楽ではあります。

 ところで,リュックで不便なのは,後ろに背負ったリュックがすぐ前へ回し難いところで,スマホなどをリュックに入れておくと必要な時にすぐ取り出し難いというところがあります。結局,よく使う乗り物系のプリペイドカードとかスマホとか,それらを入れて持ち歩く物がリュックとは別に必要となります(それがポケットかもしれません)。しかし,すぐ前へ回せて,小物が他の物と分離収納できて,だからすばやく取り出せて,しかも必要な時にはそのまま手持ちバックにもなるというリュックがあります。前述の「ひらくPCバック」と同じ発売元から出ている「かわるビジネスリュック」です。これはちょと欲しいですね。

(イラストは,フリーイラスト素材サイト「いらすとや」より。「いらすとや」で「リュック」で検索しても,スーツにリュックを背負ったイラストはでてきませんでした。そこまで一般的なイメージではないのかな?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/03

VR効果

Vr VR(仮想現実装置)で断頭台での斬首を経験した人が刀を落とされた瞬間に,しばらく動くこともできないほどの精神的な衝撃を受け,全身から冷や汗が吹き出して,手足が痺れ,力は入らず,意識は遠のき首に違和感が現れたという記事がありました
 この記事に対して,精神科医の方がコメントを出していましたが,我々はの体験というのは,現実そのものではなく,自分がそうであると信じている事を体験している荘なのです。現実がどうこうよりも自分が何を信じたかが体験化されるという事です。そのため,お湯と信じた水で火傷するし,熱くないと信じた火の上を平気で歩けるんですね。そもそも我々が暮らすこの現実世界とは体験化された多数派の信念=集団幻想に過ぎないということです。
 プラシーボ効果というのがあります。思い込みで病気が治ったとか,恋すると美しくなるとか,そんな効果ですが,それに似ていますね。

 そういえば,大昔,こんな記事を書いた事があります。↓
   「化粧品の対面販売」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/02

キハチのブイヤベース

Bouillabaisse

 ちょっとした記念日に,横浜高島屋の8階にあるキハチ高島屋横浜店に行きました。
 ランチだったのですが,魚と肉の両方があるコースでした。
 写真はその魚料理。ポルトガル風ブイヤベースというものですが,コチジャンで辛さを足したりして,キハチらしく無国籍化しています。
 おいしいスープでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/01

「さようなら,日本型サラリーマン」という記事

Salary 「さよなら、日本型サラリーマン」という記事を読みました。経営共創基盤(IGPI)の代表でパナソニックや東京電力の社外取締役も務める冨山和彦氏の講演麓です。
 「日本型サラリーマンは,既存の製品やサービスを改善・改良することで高品質・高付加価値のものにする改良型イノベーションの時代には良かったが,今はそんな時代ではない」という話ですが,それは本当ですね。
 ただ,ベンチャーなりが考えたイノベーションを売れる形にするという作業は,結構お金がかかる事もあり,そこは役割分担が行われて然るべきだと思います。日本型だけではダメ,日本型でないだけではダメ,そこにはやはりバランスが必要となるのだと思います。

 中国は,アイデアの段階で突っ走るという荒技で,いろいろ問題もありますが,そこら辺,つまり「日本型も必要」というところを上手く回避していると思っています。物にならない場合も多々ありますが,ものになるものも中国発のものとして生まれています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年10月 | トップページ