« 新型クラウン登場 | トップページ | キハチのブイヤベース »

2018/11/01

「さようなら,日本型サラリーマン」という記事

Salary 「さよなら、日本型サラリーマン」という記事を読みました。経営共創基盤(IGPI)の代表でパナソニックや東京電力の社外取締役も務める冨山和彦氏の講演麓です。
 「日本型サラリーマンは,既存の製品やサービスを改善・改良することで高品質・高付加価値のものにする改良型イノベーションの時代には良かったが,今はそんな時代ではない」という話ですが,それは本当ですね。
 ただ,ベンチャーなりが考えたイノベーションを売れる形にするという作業は,結構お金がかかる事もあり,そこは役割分担が行われて然るべきだと思います。日本型だけではダメ,日本型でないだけではダメ,そこにはやはりバランスが必要となるのだと思います。

 中国は,アイデアの段階で突っ走るという荒技で,いろいろ問題もありますが,そこら辺,つまり「日本型も必要」というところを上手く回避していると思っています。物にならない場合も多々ありますが,ものになるものも中国発のものとして生まれています。

|

« 新型クラウン登場 | トップページ | キハチのブイヤベース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1297/67321204

この記事へのトラックバック一覧です: 「さようなら,日本型サラリーマン」という記事:

« 新型クラウン登場 | トップページ | キハチのブイヤベース »