« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019/01/31

元住吉のカレー屋さん,「パピー」

Puppy_curry

 以前もこのブログで紹介した川崎元住吉のカレー屋さん「パピー」。
 久しぶりに行ってみました。お昼時は混みあって,禁煙席に座れないことがあるのですが,11時過ぎではまだ禁煙席が空いていました。この店,10:00から開店していて,少し遅い朝ご飯も可能です。ちなみに朝ご飯にカレーというのは,脳の活動には最適だそうですね。
 さて頼んだのは,このところいつも頼んでいるチキンのカレーセット。まあありきたりですね。
 しかしここのカレーはおいしい。この店に行って,満足しなかったことはありません。いつも「ああ,おいしかった。」と思いつつ店を出ます。
 S&Bやハウスは,なぜこの味のカレーをいまだに作り出せないのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/30

副業しないのはリスキー?

Road_mainte 「副業しないのはリスキー。7つの収入源を持つ女性が語る副業のメリット」という記事を読みました
 趣旨は分かるのですが,この女性が7つの職業で副業しているというのは,副業している事になるのでしょうかね?
 七つの職業とは,「本の執筆,講演,ビジネススクールの客員教授,コンサルティング,エグゼクティブ・コーチング,オンラインコースの運営,そしてメールによるアフィリエイト」

 ビジネススクールの教授が,本を書き,講演をし,コンサル的なことを行い・・・なんて,日本でもお馴染みではないですか?
 大学教授が,競輪選手で,パティシエで,道路工事も請け負っているというのが,複数の職業を持つという私のイメージなんですがwww。
 記事の女性の場合,例えば,教授職で不祥事が発覚すれば,全ての職業がポシャってしまうのではないですか?
 競輪選手とパティシエと道路工事を兼業していれば,教授職で不祥事が発覚しても大丈夫ですよ。
 この記事の女性,やっている仕事が全て一つの職業から派生しているから,7つも兼業できるのですね。大学教授が競輪選手をやるだけでも,たいへんですよ。さらに道路工事を請け負うなど,とても無理でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/29

ビットコイン採掘、世界の大半でもはや採算とれず

Bitcoin 最近ビットコインは対既存通貨価値が減って,評判が悪いです。日本のDMMも北陸地方で行っていたマイニングをやめましたね。
 この動きは世界的なものらしく,ネット上に「ビットコイン採掘、世界の大半でもはや採算とれず」という記事がありました
 しかしどうなんでしょうね。
 ビットコインの対既存通貨がずっと低空飛行してビットコインに人気がなくなり,高額なマイニングができなくなるとマイニングのプレーヤーが減って,専用のコンピュータにより莫大な電力を投入して超高速でマイニングを行う必要がなくなり,通常のPCを使い,マイニングにそれ程の電力も使わなくなるという事が起ります。
 さらに,ビットコインのマイニングとは,ハッシュ値の上位ビットに,10分に一度マイニングが成功する様に自動的に決められた数の0が並ぶパターンをいち早く見つける競争です。ビットコインのマイニングに人気がなくなれば,ナンスに関連するこの0並びも自動的に0の数が緩和され,より早く,簡単に,電力を使わずにマイニングが成功する様になります。
 つまりビットコインのマイニングは,自然にコストを掛けなくてもできる様になり,つまりマイニングコストは放っておけば自動調整されるという事です。
 ビットコインは投機性が減って,ユーザーもスタッフ側(マイナー側)も,現在の,投機や一攫千金を狙うヤクザな人達から,よりまともな人達が係わる様になり,普通に通貨的になっていくのかもしれません。

 この動きは,悪い事ではないですよ。

(しかし仮想通貨がブロックチェーンという分散型台帳で今後も運営されていくのかどうか,はなはだ疑問です。ブロックチェーンは,小規模システムでは改竄が可能である事が実証されているし,最近IBMが量子コンピュータを商用化し,そのIBMの製品でブロックチェーンの改竄が可能かどうかはともかくとして,近い将来は確実にブロックチェーン改竄が可能になるでしょう。仮想通貨は集中型あるいは小規模集中型の統合システムでも運用が可能です。ブロックチェーンの,上のようなナンスを発見する仕組みの冗長さとそれによるコスト高はかならず問題になるでしょう。仮想通貨が対既存通貨に対してこれまでの様に高値をつけられない今日,ブロックチェーンは極めて金のかかるシステムになってしまいます。仮想通貨を分散型台帳で運用する利点は,あまりありません。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/28

髭問題

Hige 大阪市営地下鉄の運転士達が,髭を生やして勤務しているために最低の人事評価にされたのは不当だと訴えた裁判で話題となった「髭問題」。「ひげはステキ?不快?」という記事をネットで読みました
 髭問題は,「人による」としか言い様がないですね。汚い生やし方の人もいます。
 「いいね」と思う人もいますが,たいていの場合,手間と金を十分かけていますね。それだけの覚悟のない人は,やめたほうがいいです。
 だから私は生やしません。髭というアイテムが顔の中に増える事から,それによって良くも悪くも見えてしまうのです。そんなアイテムは手を出さない=生やさないに限ります。

 企業での人事評価として,髭を生やした人を最低にランクした事はどうでしょう。髭はドレスコードの一部です。それを「個人の自由」だとするのは,私はどうかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/27

紙の新聞部数が一年で222万部減

Newspaper 「新聞部数が一年で222万部減…ついに「本当の危機」がやってきた」という記事を読みました
 紙の新聞発行部数が減っても,「電子版を読む人が増えているでしょ」と思うのですが,紙の新聞が売れないと困る事があるらしいのです。
 それは広告。新聞社の収入の柱は,広告収入だというのです。紙面の広告が読まれないと収入源となるそうです。電子版ではどの新聞でも,広告を含めた紙の新聞を完全に再現したモードがありますが,あれは電子版の読者にも紙の新聞を見せようという意図で作られているのでしょうか? しかし折り込み広告は,電子版にも付いてきませんね。
 前述の様に,ヤフーなどの各ニュースサイトでも新聞記事が配信され,何のかんの言ってもネットで新聞記事を目にする機会が多いのですが,確かに広告料は新聞社には入らない。
 まあ,ネット広告というのも画面にあってもほとんど目に入らないものなので,本当は印刷物の広告の方が効果があると思うのですが・・・。
 ネット広告はあまり効果が無いというのは,皆さん気づいているのに知らない振りをしているだけではないかと思っています。紙の新聞のような広告を出すのにもってこいの媒体が衰退し,ほとんど効果のないネット広告が蔓延するというのは,新聞の危機というより広告の危機だと思うのですがね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/26

「教えてもらっていません」

Colleague ネット上に,「教えてもらってませんと平気で言う若手の心理とは」という記事がありました
 教えてもらえば,時間を短縮できるシーンというのは確かにあります。そのとき,的確に教える事ができない先輩というのもどうかと思う場合があります。
 しかし私は,「教えてもらってません」と思っても,口に出していいませんね。
 必要な時は,「そうだったんですか!」などと大げさに驚いてみせれば,相手にとって「教えてなかった!」感は醸し出されるでしょう。
 今の若手は,率直すぎて演技不足ですねwww。
 そこら辺,率直に話すのが常の友人以外,他人と余り係っていない現代の若者らしいのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/25

10連休の海外航空券が高いそうで・・・・・

Bigben ゴールデンウィークの10連休の海外航空券が高いという記事がありました
 なにしろ10連休。ハイシーズンというわけですね。
 眞子内親王や小室さんの出身大学に留学している知り合いの英国人大学生は,10連休の里帰りは韓国仁川経由でロンドン往復するそうな。
 外国は10連休とは関係ないので,ハイシーズンでもなんでもなく,羽田-仁川の近距離を高い航空券で飛べば,仁川-ロンドンは安く行けるのだそうです。
 でもここで引用した記事では,香港経由で22万円とかいてありますから,近くの外国経由でも危ないのではないでしょうか。
 オフシーズンでは,羽田か成田-ロンドンヒースロー空港は往復12万円くらいだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/24

眞子さまの婚約問題

Engagement 秋篠宮家の眞子さまとの婚約が延期になっている小室圭さんの問題。小室氏がコメントを出しましたね。400万円はもらったもので既に解決している話だという趣旨のコメントです。
 小室氏の母親にふられた腹いせに「400万円貸して返してもらってない」とか言っている69歳男が,「あれはあげたものです」と言えばよかったのです。もう遅いけど。
 皇室との結婚をわざと壊そうとしたともとれる行動です。

 結婚を壊そうとか思わなくても,こういう69歳のような男は世の中にいますね。女性と分かれる事になったとたんに,プレゼントしたバッグをかえせ,指輪を返せ,挙げ句の果てにこれまで一緒に食事したレシートを出してきて,半分払えといってくる男。
 付き合っていた時,それで楽しかったのならばそれでチャラにすればいいものを,上の様な事を言い出し,「こんな小さな男と付き合っていたのかしら」と女性や周囲に完璧に愛想をつかされる男ですwww。

 もっとも私が女性なら,返せと言われなくても,もらったバッグや指輪は返していると思いますが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/23

JR東日本はグループのハンバーガーショップでやカフェで,来客者があらかじめ決済できるサービスを実験

Hamburger 「JR東日本はグループの飲食店で、来店客がスマートフォン(スマホ)でメニューを注文・決済できる実験を始める。」という報道がありました。スマホで注文し,クレジットカードなどで事前に決済し,店ではあらかじめ注文されているものをすぐ受け取れるようにするとの事です。ハンバーガーショップやカフェで実験が始まるそうです。
 ネットで予約して,行けばすぐ席に通されて,コースが始まるのは,それなりのレストランでは当然。それがファストフード店やカフェでも始まるわけです。
 しかし,そもそも回転が早く,すぐ着席できる可能性が高く,不意に行ってその場で頼んでも食べ物がすぐ出てくるファストフード店やカフェで,それほどメリットを感じるだろうか?座席の確保まで進めば,まあ確かに座れるという安心感はあるが,どうもそこまではいかず,品物が受け取れるだけらしい。
 事前注文って,かえって面倒くさくない?

 まあこれは,消費者向けのサービスではありませんね。狙いは接客従業員の省略にあるのでしょうね。飲食店でも,人の確保が大変になってきつつありますからね。
 消費者へのサービス提供というより,きわめて販売者側を向いた実験だと思います。記事の終わりにも,いずれは店にタブレットを置くことも考えるそうですから,接客の省略実験以外の何物でもないでしょう。まあそれで,ファストフードは十分かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/22

串カツ田中が全面禁煙にして6ヶ月の結果

Kushikatsu 串カツ田中が昨年6月から禁煙になって,思い切った事をやると思ったら,その後のはじめての決算発表がありました
 結局のところ,サラリーマン客が減り客単価が減ったが,客数が増えたために実質的な3期連続の増収増益(営業利益ベース),既存店売上高は前期比2.6%増だったそうです。
 お酒に親和性の高い串カツ店で,全面禁煙というのは英断だったのだと思いますが,今の所成功している様ですね。店側でも,タバコの処理や喫煙ルームの設置も省略でき,オペレーションが楽になります。
 実際飲食店では,禁煙席は満員で「喫煙席ならご案内できます」という状態である事が多く,それならば禁煙席を増やす,または全面禁煙にする必要があると思います。
 今回の串カツ田中の試みが成功すれば,それがいい前例となって追随するところも出てくると期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/21

買った本の95%は読み切れていない!

Book 「買った本の95%は読み切れていない!」という記事がありました。曰く,「購入された書籍全体の95%は、読了されていない」「購入された書籍全体の70%は、一度も開かれることがない」。
 これは最近の傾向なのか,それとも以前からこれらの数字は変わらないのか,むしろそっちに興味があります。私が思うに,多分以前からそれほどかわっていないのではないかとおもいます。
 「マンガなら読むけど、文字がたくさんある本はちょっと……」とも書いてありますが,わたしはむしろ漫画を読む方が文字の本を読むより面倒くさい。ぱっと見の情報量は漫画の方が多くて,読むのに苦労すると思うんですけれどね。
 ところで,うちのカミさんは,始めの部分を読んであまりにも面白い推理小説は,中を飛ばして最後を読みます。他にも,終わりを読んで安心してから読んでいくという女性の方を知っています。一世を風靡した朝ドラ「おしん」は,まずドラマのはじめにスーパー経営者として成功した晩年の姿を音羽信子の姿で見せておいて,小林綾子の苦しかった少女時代につなげるという演出を行い,視聴者を安心させておいてその後に厳しい物語が続くというドラマになっていました。これなども,先ず安心したいという女性の多い視聴者意識の表われで,結構そういう方は多いのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/20

私達はいつまでこのクソつまらない仕事を続けなければならないのか?

Shigoto 「私達はいつまでこのクソつまらない仕事を続けなければならないのか?」という記事がネット上にありました
 私は,「だからベーシックインカム。」と考えます。
 面白い仕事を探す余裕ができる・・・かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/19

久しぶりにラフテー定食をたべたら

Okinawa_lafte

 久しぶりに,横浜日吉の沖縄食堂でラフテー定食を頼みました。
 卓上のメニューは以前と全く同じもの。ところが,値段は違っていました。メニューは以前のものそのままですから,メニュー上の価格は同じです。しかし,以前は内税であったのが,外税になっていたのです。
 入る時は気づかなかったのですが,出るとき店外にその事が掲示されている事に気づきました。
 880円から950円へ。まあ10月に消費税変更がありそうですし,店にとっていちばん楽な値上げ方法が外税化だったという事ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/18

子どもはテックフリーで育てるべき?

Pc ゲイツやジョブスが,自分の子どもたちには携帯やパソコン類の使用を厳しく制限していた事は,よく知られています。少し前の記事ですが,「シリコンバレーの親が,テックフリー教育を推進する理由」という記事がありました
 携帯やパソコン類の子どもの頃からの使用が,その子にどんな影響を与えるのかは,あまり良く分からないというか,人それぞれだと思います。一概にいいとか悪いとか言えません。
 実際,ゲイツやジョブズの子どもの育て方が正解だったかどうかは,分かりませんね。彼らは少なくとも,自分たちの作った物が,子どもに必要だとは思っていなかったんですね。
 彼らだって,子ども時代は,自分たちが創り上げたものを使っていませんでしたからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/17

仮想通貨やブロックチェーンに関して,負のニュースが拡がる

Mining ここのところ,仮想通貨やブロックチェーンに関して,負のニュースが見受けられます。
 例えば・・・,

・仮想通貨イーサリアム・クラッシックに51%攻撃で改竄か?
・GMOとDMMが,仮想通貨マイニングから撤退
・IBMが量子コンピュータ商業化。これでブロックチェーンは改竄可能になるか?

・・・などなど。

 そこへもう一つ,「米大手マイニング企業Giga Wattがついに電気代が払えず事業停止か?」というニュース
 仮想通貨とブロックチェーンからの脱落と逃避が,ますます拡がっていく・・・。
 そのうち,だれもマイニングする人がいなくなって,ウチのパソコンでもマイニングに勝てるようになるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/16

三津田信三「凶鳥の如き忌むもの」,刀城言耶シリーズ第2作

Magatori

 刀城言耶シリーズの第2長編である「凶鳥の如き忌むもの」。時は昭和30年頃,楫取(かじとり)郡潮鳥(しおとり)町にある兜離の浦(とりのうら)という集落。取材のためにそこを訪れた刀城言耶は,郷土史家の町長から話を聞いているうちに,18年ぶりに近々行われる鵺敷神社に伝わる秘儀「鳥人の儀」に立会って欲しいという依頼を受ける。
 これは,兜離の浦の沖合いに浮かぶ絶海の孤島,鳥坏島の鵺敷神社に伝わる儀式です。18年前,当時の巫女である朱名によって儀式が執り行われたとき,逃げ場がないはずの断崖絶壁の拝殿から,朱名と6人の立会人が忽然と消えてしまい,朱名の6歳の娘,朱音のみが道具倉庫に監禁された状態で見つかるという事件が起きました。
 そんなことが過去にあったため,何かと周囲の人々が心穏やかでない状況下で行なわれた今回の鳥人の儀,巫女として成長した朱音と刀城言耶を含めて7人の立会人が鳥坏島に渡ります。
 そこで起こった消失事件。朱音,さらに3名の立会人が姿を消してしまいました。
 鳥人の儀とは何なのか,18年前の,さらに今回の消失事件の謎は?
 最初から鳥に彩られたミステリー,文中早くから出てくるチベットという言葉,そうなってくると,多分「アレ」ではないかと思うわけですが,やはり「アレ」でした。
 この作品,先日紹介した第三作「首無の如き祟るもの」の複雑さはなく,第一作「厭魅の如き憑くもの」の驚きもないという作品になってしまいました。ちょっと残念。
 Kindleも持っているものの,以前このブログで紹介したいくつかの利点がある為に,電子書籍をKOBO端末で読みました。これまで,刀城言耶シリーズ第一作,第三作,第二作と読んできましたが,楽天KOBOから,「次は山魔の如き嗤うものをお読みください。」というメールが届きました。実際のところ、メールが来るまでもなく,すでに第四作「山魔の如き嗤うもの」はKOBOで購入済みです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/15

カルピスが誕生してから100年

Calpis 「カルピス」が誕生して2019年で100年を迎えるそうですね。
 なぜカルピスは100年も売れ続けてるのかという記事が新聞にありました。どうもこういう話では,健康志向などのことを考えがちのようです。
 しかし,「なぜ?」と言われて考えてみると,子供のころ親しんだ味だからと言わざるを得ないですwww。健康とかはあまり関係ないのでは?
 子供のころの味の次世代の連鎖は,半端ないですよ。親から子へ・・・というわけです。

 それに,カルピスの類似品はたくさんあるのですが,それぞれ味が違うんですよね。健康とかが理由なら,類似品でもいいはずで,カルピスだけが主流として生き残っている理由がわからなくなります。

(写真は,アマゾンのサイトより。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/14

セブンイレブンのカップ冷凍チャーハン

Sevenchahan セブンイレブンのカップ冷凍チャーハンが話題になっていたので,食べてみました。
 至ってチャーハンっぽいチャーハンでした。
 これはカップ麺のようなカップに入ったチャーハンで,冷凍食品なので電子レンジでチンすれば出来上がります。
 一方以前から,カップ麺のごはん版というべきカップヌードルごはんというのがあって,カップ麺のようにお湯を入れて作ります。こちらの方も何回か食べた事があります。ラーメン味のお茶漬けといった雰囲気のものなので,今回の冷凍チャーハンとは違うものなのですが,何故か味的に同じ様な感じのもので,私の中ではどちらも同じカテゴリーにあります。
 セブンの冷凍カップチャーハンと日清のカップごはん,調理と保存の点で一長一短なんですね。セブンの方は冷凍して保存しなければならず,ただでも空きのない冷凍庫の場所を取るとしてカミさんがいい顔をしません。一方の日清カップごはんの方は乾燥食品ですから,戸棚に放り込んでおけばいいので保存は楽です。しかし調理としては,湯を用意する必要があります。一方のセブン冷凍チャーハンはレンジでチンで終わり,調理は手軽です。
 しかしこのカップごはん類,時々食べたくなるのですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/13

恵方巻の廃棄防止を

Futomaki 来月の節分に向けて,恵方巻きの製造計画に取りかかろうというこの時期,農林水産省がコンビニエンスストアやスーパーの業界団体に対して需要に見合った販売をするよう初めて文書で通知するという報道がありました。ここのところ毎年,恵方巻が大量に売れ残り廃棄されることが問題になっていることに鑑みてという事です。
 経済的には廃棄が織り込み済みという事ですが,食べ物を捨てるために作るというのは、どうも・・・。

 しかしこの恵方巻,食べ方が「粋」にみえないので嫌いで,私は自分から手を出した事はありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/12

「シンガポール人は本当に親日なのか?」

Singapole ネット上に「シンガポール人は本当に親日なのか?」という記事がありました。書いた方は,シンガポール出身の日本とのハーフの女性で,シンガポール、日本のどちらにも住んだ経験を持ち,どちらの国の人間としても振舞って来たそうです。2国で教育を受けた経験があり,それぞれに多くの友人がいるといいます。
 この方曰く,「シンガポール人は本当に親日なのか?」と聞かれれば,「YESとは、決して言えない」そうです。第二次世界大戦時,日本軍が占領し,虐殺なども行われた地で合ってみれば,その通りでしょう。
 シンガポールは飲料水をマレー半島からの給水に頼っていたが,それを日本軍が止めてしまったという歴史もあります。戦争記念公園には巨大な日本占領時期死難人民記念碑という塔も建てられています。4本の箸のように見えるこの塔は,日本軍から虐待,虐殺された当時シンガポールにいた各民族,中国人,マレーシア人,インド人などを表しているそうです。

 この記事を読み,それやこれやを思えば,現在のシンガポールの方々がなんと大人であることか。

(写真は,フリー写真素材サイト「足成」より。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/11

韓国LGの巻き取りテレビ

Roll_tv ラスベガスで開催中のCESで発表されたLGの巻取り形有機ELテレビは,床置きの細長い箱からテレビ画面が立ち上がるテレビです。
 本当なら,床置きでなく,映写用ロールスクリーンの様に,天井に巻き取っておくのがいい。

 ただ,有機ELはまだまだ開発途上の技術で,三色発光方式が本来の姿だと思うのですが,LGのものはカラーフィルターを使い,バックライトとして有機ELが白色で光っているようなものなので,有機ELテレビとしては白黒テレビであるわけです。そんな擬似的な(と敢えて言ってしまう)有機ELテレビの時代,しかも量産とはいってもそれ程の量が出ない時代では,世界の電機メーカーがパネルをLG一社にまかせておかざるを得ないのは仕方ないでしょう。

 実際のところ,有機ELテレビというのは研究段階の技術で,未だロールテレビのようなバリエーション的なものを売り出す様な時代ではなく,基礎技術をしっかりしなければならないという時代である様に思っています。
 しかし電機メーカーにとって歯がゆいのは,実は有機ELは素材を提供する化学メーカーの技術開発が重要で,悩みの元である時間劣化の問題(そもそも三色方式が実用的でないのは,三色それぞれの素材の劣化速度が異なり,初めはきれいでもだんだん画面の色味が変わってしまう)などは,電機メーカーでなく化学メーカーの技術開発に依っているなど,電機メーカー単独では解決できない歯がゆさがある様です。LGも住友化学や出光興産など,日本の化学メーカーなくしては有機ELディスプレイの製造はできないと言われる程ですが,電機メーカーとしては,ロールテレビの様なバリエーションを出すしかやる事がないか?
 そんなバリエーション開発ではなく,電機メーカーとしてはもっと基幹の技術,LGの蒸着方式ではなく,印刷方式の開発に注力しているJOLED(パナソニックとSONYの有機ELパネル部門を統合したメーカー)の方向は,電機メーカーでできる研究開発として結構正しいように思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/10

三津田信三「首無の如き祟るもの」

Kubinasi 刀城言耶シリーズ第三作,「首無の如き祟るもの」の舞台は首なしの伝説が生きている姫首村。姫首山の北,東,南に広がる村が舞台です。ここで支配的な地位を得ているのが秘守家という一族。先代の長男が当主である一守家,長女が当主である二守家,次女が当主である三守家の三家が,次の秘守家当主の座をめぐって抗争している状態です。
 初めの事件は,秘守家の子供が13歳のときに行われる十三夜参りという儀式のときに起こります。時は第二次世界大戦の最中の昭和18年。一守家の長男,長寿郎と双子の長女,妃女子が,一人づつ順番に媛首山にある媛神堂に参る行事で,井戸で水を浴び禊をして,婚舎と呼ばれる建物を経て媛神堂へ行くのですが,先に山に入った長寿郎が婚舎で妃女子を待っていても妃女子がやってこない。そこで戻ってみると,井戸の中で2本の脚が井戸水から突き出ているのを発見します。
 実はこのとき,長寿郎をつけて山に入っていた幾多斧高という6歳の少年がいました。身寄りがなく一守家にもらわれてきた一守家最年少の使用人です。斧高は,いつも「よき坊」と呼んでやさしくしてくれる長寿郎の事が心配で,こっそりつけてきたのです。長寿郎は井戸のところまで戻ってきて斧高と出合い,二人で井戸の中の足を発見したのでした。
 もう一人,この行事を心配していた人が居ました。村の駐在である高屋敷巡査です。高屋敷巡査は独断で,3ヶ所ある山の登り口に警察官をつけて,山に不審者が入るのを防いでいました。
 この作品は,斧高少年と高屋敷巡査の視点で交互に語られていきます。
 さてこの井戸の二本足の死体について,一守家は警察に届けることなく,妃女子として早々に火葬を済ませてしまいました。
 それから10年後,長寿郎が23才,斧高が16歳の秋,長寿郎の二十三夜参りが終わり,嫁選びの儀式,婚舎の集いが行われます。秘守一族から選ばれた三人の花嫁候補が三つの婚舎に入った後,三人の中の一人,毬子と思われる首無し全裸死体がその婚舎の中で発見されました。一方,長寿郎は各婚舎に一度は回ってきたらしいのですが,どこにも居らず失踪した状態でした。しかしその後,参道の途中の馬頭観音の祠の中で,長寿郎と思われる首無し全裸死体が発見されます。
 秘守一族の跡継ぎであった長寿蝋が死んだ事から,秘守一族を一守家に集めて,後継ぎ問題の話合いが行われます。その場で,斧高自身さえ知らなかった事実が一守家当主から発表され,長寿郎亡き後,一守家,さらに秘守一族の次期当主は斧高にきまります。斧高は,一守家当主が家庭教師の女性に産ませた子供だったのです。その事実を初めて知って,斧高は失神してしまいます。
 その後,話合いにも出席していなかった二守家の次男,身持ちのよくない紘弐と思われる首無し全裸死体が媛神堂で発見され,しかも祭壇上には発見されていなかった長寿郎の頭部が置かれていました。紘弐の首は林の中に捨ててありました。
 まあこんな調子で語っていったら,冊子になるくらいの長い話になってしまいます。話が複雑で,謎を語ろうとするだけでもいろいろなことを説明しなければならず,非常に紹介しづらい作品です。読み終わっても,よくよく読み込んでいないと誰が誰だか訳が分からず,私は2度読みしました。
 刀城言耶シリーズとはいえ,最後に謎解きをしたのが刀城言耶だったのかどうかも定かでなく,大変難物です。
 この作品,刀城言耶シリーズの最高傑作という誉れ高いのですが,私としては前作(刀城言耶シリーズ第一作),「厭魅の如き憑くもの」の方がすっきりしていて好きですね。そちらの方が,トリックも分かり易く納得できます。

 しかし,被害者が首を切られていること,全裸であることは単に猟奇を狙ったわけではなく,しっかり必然性があって,しかもその理由が想像の右上をいくものであったのには感心しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/09

乱立するキャッシュレス

Cashless 「100億円をばら撒いたPayPay、銀行を作るLINE、QRコード決済の覇権を握るのはどこか?」という記事を読みました。キャッシュレス方法が乱立し,どれが覇権を握るのかという話です。
 何のかんの言っても,使い易いのがいちばんです。だから個人的には,スマホでアプリを立ち上げるのはダメ。
 それと,信用度合いが低い方々でも持つ事ができるのが,多くの人が使う様になるでしょう。日常使いを狙うなら,いかに低所得でも使えるかが鍵ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/08

叙々苑で昼食を

Jojoen

 今日のランチは叙々苑で。
 久しぶりに外で焼き肉を食べました。
 本当はここに冷麺を追加するはずでしたが,焼肉ランチだけでお腹いっぱいになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/07

フレッシュネスバーガーのベーカリーコーナー

Motosumi

 元住吉のフレッシュネスバーガーが,ベーカリーコーナーを設けました。
 様々なパンが置いてあります。もちろん持ち帰りも可能です。
 そこで写真の様な取り合わせも。
 バーガーはスパムバーガー,飲み物はホットレモンティー。パンはごらんのとおり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/06

ブロックチェーンの能天気な記事

Blockdhain 最近はさすがに仮想通貨,ビットコインの明るい未来を語る記事はなくなりましたが,ブロックチェーンについては,まだ時折現れます。この「ブロックチェーン起業家」という記事もそんな記事の一つ

 >送金や決済にかかる手数料というのは、その作業に関わる人が増えるほど、高くなります。

 その通りですが,ブロックチェーンは,大勢の人が分散して同じ台帳を持っているからこそ正確性,非改竄性が保証できる技術。ブロックチェーンは,作業にかかわる人が大勢必要な技術です。
 ビットコインなどは,大勢の人の報酬を幻の通貨(仮想通貨)で払っているから手数料が安いがごとく装えるが,さて,仮想通貨の対既存通貨レートが低迷して人々の仮想通貨へのモチベーションが下がって,だれも仮想通貨を欲しがらなくなったら,ブロックチェーンはどうなるのだろう?
 ブロックチェーンは非常に冗長性のある技術で,コンピュータを動かす電気代も莫大。ビットコインなどはコンピュータ設備代もマイニング代も,手弁当でやっているから送金手数料が少ないように見える。マイニングが成功したら仮想通貨が手に入るから手弁当でやっている。だれも仮想通貨に興味のない世界で,その冗長性を既存通貨で支払わなければならないとしたら,システムを維持できるのだろうか?

 また,コストを下げるためにマイナーを数人しか作らないのなら,分散型とは言えない。昨今小規模ブロックチェーンの改ざん事件が起こっているが,そんな小規模ブロックチェーンは,改ざん可能なものになります。

ブロックチェーンの改ざんについては,次のホームページが分かり易いです。↓
https://www.thoughts-make-things.com/entry/block-chain-tampering

ブロックチェーンには,あまりはまらないほうがいいですね。

(イラストは,フリーイラスト素材サイト「いらすとや」より。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/05

Japan Navy?

Fighter 「日本は軍を保有?」という記事がネット上にありました。韓国海軍駆逐艦が海上自衛隊の哨戒機に火器管制レーダーを照射したとき,自衛隊機が「THIS IS JAPAN NAVY, THIS IS JAPAN NAVY」と呼びかけた事を問題にしている記事です。
 「こういう記事が出る様な時期なのか?」と思いますね。こんな記事が出る為に,議論は少しも進展しない。「日本は「軍」を保有?」などと今さら言っているのか?・・・という気がします。
 今や議論しなければならないのは,日本が軍を持っているかどうかではなく,軍を持っていることを「はっきりさせるのか,あやふやなまま憲法を放っておくのか」ということです。

 実は私,あやふやなまま放っておくというのも,ちょっと高等戦術だと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/04

e-スポーツのゲーマーはアスリートか?

Gamer ネット上に「“eスポーツ後進国・日本” ゲーマーが”アスリート”と呼ばれない理由」という記事がありました
 記事曰く,「90年代初頭の段階では、日米のゲーム競技の発達はほぼ“パラレル”だった。ところがそれ以降、その道は大きく乖離していくことになる。」「米ではゲームはインターネットで繋がったユーザー同士のコミュニケーションです。これまでメーカーが主宰していたゲーム大会が、ユーザー主導となった。」「ユーザー主導となることで起こったのは、『どうやってトッププレイヤーを選ぶか』『どうコミュニティを盛り上げるか』という、極めてスポーツ的な視点。」「景品表示法のより,『ゲーム大会』では最高でも10万円以上の景品は認めらねい。」「日本のゲーム産業が非常に強いのは、ご存じの通り。一方でeスポーツ業界は弱い。これはアブノーマルな状況だと言える。」
 日本で,いわゆるe-スポーツが盛んになる事は,大いにあり得ます。しかし,ゲーマーをアスリートと呼ぶかどうかは微妙ですね。
 日本のスポーツは,○○道的なイメージが強すぎますからね。ゲーマーも,自分たちがやっている事がスポーツと思っていないのでは?
 むしろ,スポーツと思わない方が,自由でいいと思っている・・・。私だったらそう思います。
考えてみてください。ゲーマーが学校の体育会に属する事が考えられますか?
 日本のスポーツのイメージは,体育会ですよ。いつまでも日本のスポーツがそんなイメージならば,ゲーマーはアスリートと呼ばれない事を望むのではないかな?

 人類の狩猟生活時代,スポーツも走ること,ジャンプする事,投げる事。泳ぐ事という生活に密着した個人競技の時代でした。農耕時代に入って,球技をはじめとする団体スポーツの時代に入ります。そして産業革命がおこると,今度はモータースポーツの時代が始まります。自動車競走,バイク競走,モーターボート競技。そんな流れからみると,IT時代に入って,ビデオゲームをスポーツとみなしてe-スポーツと呼んで違和感はありません。スポーツの流れからみると,これまでのスポーツも遊びから発展してきたものであり,それはビデオゲームと同じです。これまでのスポーツもゲームと呼びますしね。
 しかし欧米ではともかく日本では,モータースポーツあたりからアスリートという感じがなくなってきていますね。まあそれ以前,オリンピックにも入っている馬術競技の騎手もアスリートというイメージではありません。それはおそらく,競技というもののあり方が,日本では上述のようなものだからだろうと思います。したがって,その後に続くe-スポーツを行う人も,アスリートという感覚ではないのですね。
 しかし,ゲーマーはアスリートと呼ばれたいですかね? 賞金は多い方がいいし,出場ゲームは多い方がいいでしょうが,呼ばれ方は別にどうでもいいのでは?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/03

ネクタイ

Necktie 先日,お見合いの席に出席したとき(私の見合いではありませんよ),その時はいつものカラーワイシャツ+ブレザー姿にネクタイを締めて臨みました。
 もう何年もネクタイなど締めていないので,締め方は分かっていてもなかなか長さの調整が難しく,苦労しました。そこら辺がネクタイのノウハウですね。
 しかし,いつもの格好+ネクタイで結構正式な席に出る事ができるのならば,「ネクタイ様々,ネクタイ半端ね〜」と思いました。
 皆さんネクタイは嫌いな方が多いと思いますが,これさえ締めれば格好がつくというのは,なかなかスグレモノではないですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/02

夜中に無意識にスマホでメッセージをおくる・・・・・

Dream 「気をつけて! 夜中無意識にメッセージを送ってしまう『スリープ・テキスティング』は本当にある」という記事を見つけました。無意識のうちにテキストメッセージを送り,朝起きたときに覚えていないという事が実際にあるという話です。さらに,スマホの通知音は,完全に目覚めさせはしないとしてもスマートフォンをつかんでメッセージに返信する程度には覚醒させるという事です。
 カミさんは,夜メールやラインを送ると寝ている人のスマホが鳴って迷惑だから,夜のメールは控えると言っていますが,結構それがマナーなのかもしれません。
 しかし,夜寝るときスマホを遠ざけたら,目覚ましアプリで起きられなくなってしまいますね。

 江戸川乱歩は,「うつし世はゆめ 夜の夢こそまこと」といいましたが,夜の夢の中のメールこそ真の心の声だったりして・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/01

あけましておめでとうございます

New_year あけましておめでとうございます。
 本年もよろしくお願いいたします。
 今年は,お供えだけでなく,カミさんがクリスマスプレゼントに娘達から贈られたスノードームをあしらってみました。
 なんでも,ウェッジウッドのものだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »