« 5Gより折りたたみスマホ? | トップページ | 河野裕の「つれづれ、北野坂探偵舎」シリーズの第6作,「物語に祝福された怪物」 »

2019/03/16

外国人の街〜倶知安町

Kuchan 北海道・ニセコエリアの倶知安町は,外国人の住民登録者数が1月末現在で2000人を超えるほどに急増した街。スキーやスノーボードで来日し,それを目当てに外国人向けサービスをするために外国人がまた集まり・・・という具合に増えていった様です。この地域,外国人でも西欧から来た方が多いのが特徴の様です。
 この街のレポートがネット上に上がっていました。
 まあ,アメリカにリトル東京があり,横浜に中華街がある。
 話題ではあるが,それがどうしたという事だろう。何か困った事はあるのか?
 急騰した家賃を払い,ラーメン一杯に3000円も払う裕福な外国人が住む街でwww。

 3000円のラーメンとは言っても,本物のタラバラーメン。そのくらい払わなければ本物は食べられないでしょうwww。多分日本人なら,タラバでもラーメンに3000円は「うっ」と躊躇する事でしょう。タラバガニが食べたければ,それなりの料理があります。それをラーメンで食べてしまうのが裕福な外国人なのでしょうね。普通のラーメンでも西欧では1000円くらいするらしいし。
 日本人住民もそれに慣れていくってもんですね。

|

« 5Gより折りたたみスマホ? | トップページ | 河野裕の「つれづれ、北野坂探偵舎」シリーズの第6作,「物語に祝福された怪物」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 外国人の街〜倶知安町:

« 5Gより折りたたみスマホ? | トップページ | 河野裕の「つれづれ、北野坂探偵舎」シリーズの第6作,「物語に祝福された怪物」 »